霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一八章 酊苑(ていゑん)〔一一四三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第42巻 舎身活躍 巳の巻 篇:第4篇 怨月恨霜 よみ:えんげつこんそう
章:第18章 第42巻 よみ:ていえん 通し章番号:1143
口述日:1922(大正11)年11月24日(旧10月6日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年7月1日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
カールチンの一党は王の居間に侵入し、大音声で怒鳴りつけた。黄金姫、清照姫、セール姫その他の近侍は武器を取って戦ったが、セーリス王たちは一人残らず打ち取られてしまった。
カールチンらは王たちの死骸をイルナ川に投げ込み、奥殿で勝利の酒宴を開いた。一同が先勝を誇りあっていると、サマリー姫、サモア姫、ハルマンがやってきた。
その場に出現したセールス王の幽霊によってカールチンたちが王を殺害したことを知ったサマリー姫とサモア姫は、カールチンに打ってかかった。
カールチンは娘のサマリー姫を切り殺した。しかし戦いの中、切られたはずのサマリー姫は元通りとなり、カールチンの部下たちを倒してしまった。
そこへ北光神が歌う宣伝歌が聞こえてきた。気が付けば、カールチン、ユーフテス、マンモスは城内の庭先の土の上に坐して幻覚を見せられていただけであった。門番のミル、ボルチーは酔いが覚めると、右守たちが庭土の上に泥酔していることを見つけて驚き、奥殿にかけいった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4218
愛善世界社版:212頁 八幡書店版:第7輯 718頁 修補版: 校定版:217頁 普及版:91頁 初版: ページ備考:
001 表門(おもてもん)(くぐ)りの()いて()たのを(さいは)ひ、002カールチン、003ユーフテス、004マンモスの失恋党(しつれんたう)十数人(じふすうにん)部下(ぶか)(とも)玄関(げんくわん)()蹴破(けやぶ)り、005大刀(だいとう)をズラリと()()き、006セーラン(わう)居間(ゐま)闖入(ちんにふ)し、007ヤスダラ(ひめ)(のぞ)くの(ほか)008(わう)(はじ)黄金姫(わうごんひめ)009清照姫(きよてるひめ)010セーリス(ひめ)(その)()近侍(きんじ)(ども)手当(てあた)次第(しだい)()()てむと、011(わう)居間(ゐま)(ちか)(すす)()り、012カールチンは大音声(だいおんじやう)にて、
013(われ)こそは、014右守(うもり)(かみ)015カールチンで(ござ)る。016日頃(ひごろ)目的(もくてき)(たつ)せむ(ため)017夜陰(やいん)(じやう)じ、018右守(うもり)(かみ)019御首(おんくび)頂戴(ちやうだい)せむ(ため)立向(たちむか)ふたり。020最早(もはや)(かな)はぬ(ところ)021尋常(じんじやう)割腹(かつぷく)あるか、022(ただし)はカールチンが()(くだ)さうか、023返答(へんたふ)(うけたま)はらむ……黄金姫(わうごんひめ)024清照姫(きよてるひめ)魔神(まがみ)使(つか)うてイルナ(じやう)攪乱(かくらん)し、025(ひと)(まよ)はす悪神(あくがみ)張本(ちやうほん)026最早(もはや)(かな)はぬ百年目(ひやくねんめ)027覚悟(かくご)せよ』
028呶鳴(どな)りつけた。029(この)(こゑ)(おどろ)いて黄金姫(わうごんひめ)030清照姫(きよてるひめ)031セーリス(ひめ)(その)()近侍(きんじ)は、032(やり)033薙刀(なぎなた)各自(かくじ)引提(ひつさ)げ、
034(なに)猪口才(ちよこざい)反逆人(はんぎやくにん)(ども)035この神譴(しんけん)(くら)へ』
036()ふより(はや)()いてかかる。037カールチン、038ユーフテスは「(なに)猪口才(ちよこざい)な」と獅子(しし)奮迅(ふんじん)(いきほひ)(すさま)じく、039松明(たいまつ)()()()()()つてかかる。040一上一下(いちじやういちげ)041上段(じやうだん)下段(げだん)火花(ひばな)()らす(その)(すさま)じさ。042(やうや)くにして(わう)(はじ)黄金姫(わうごんひめ)043清照姫(きよてるひめ)044ヤスダラ(ひめ)045セーリス(ひめ)(その)()一人(ひとり)(のこ)らず()たれて仕舞(しま)つた。046カールチン一派(いつぱ)()てる(やいば)は、047(あるひ)()(あるひ)(のこぎり)()(ごと)くになつて()た。048カールチンは死骸(しがい)部下(ぶか)(めい)一々(いちいち)門外(もんぐわい)()(はこ)ばしめ、049イルナ(がは)激流(げきりう)目蒐(めが)けてザンブとばかり水葬(すゐさう)をなし、050()凱旋(がいせん)酒宴(しゆえん)()らむと(ふたた)奥殿(おくでん)(すす)()り、051(さけ)()()はし、052自慢話(じまんばなし)053成功話(せいこうばなし)(とき)(うつ)し、054ゲラゲラと(わら)(その)高声(たかごゑ)門外(もんぐわい)にまで(ひび)(わた)つて()た。
055 正座(しやうざ)にはカールチン、056王者然(わうじやぜん)として脇息(きようそく)(もた)れ、057酒倉(さかぐら)より秘蔵(ひざう)美酒(びしゆ)()()さしめ、058十五六人(じふごろくにん)一隊(いつたい)は、059胡坐(あぐら)をかいて無礼講(ぶれいかう)雑談(ざつだん)(ふけ)る。
060右守(うもり)さま、061いやいや刹帝利様(せつていりさま)062随分(ずゐぶん)神変(しんぺん)不思議(ふしぎ)御活動(ごくわつどう)(あそ)ばしましたなア。063()づこれで一安心(ひとあんしん)でございます。064どうぞ今日(けふ)はお目出度(めでた)()だから、065十分(じふぶん)(すご)(くだ)さいませ。066このユーフテスも、067(なん)だか気分(きぶん)がいそいそ(いた)します』
068(なん)()つても智謀(ちぼう)絶倫(ぜつりん)(それがし)069作戦(さくせん)計劃(けいくわく)(すこ)しの違算(ゐさん)もないのだから、070今日(けふ)成功(せいこう)(まへ)(もつ)(わか)つて()たのだ。071ハヽヽヽヽ、072(この)カールチンに(むか)つて、073夜叉(やしや)(ごと)(つつ)かけ(きた)るヤスダラ(ひめ)074こいつばかりは(たす)けたいと何程(なにほど)(あせ)つたか()れなかつたが、075(あしら)うて()れば(つひ)には(おのれ)(いのち)(あぶ)なくなつたものだから、076手練(しゆれん)槍先(やりさき)077ヤツとかけた一声(いつせい)に、078ヤスダラ(ひめ)(くび)(ちう)()(あが)つた(とき)(うれ)しさ()しさ、079こればかりは千載(せんざい)恨事(こんじ)だよ、080エーン』
081『どうせこんな大望(たいもう)遂行(すゐかう)せむとすれば、082多少(たせう)犠牲(ぎせい)(はら)はなくてはなりますまい。083(しか)しながら(この)ユーフテスだつて、084セーリス(ひめ)バラした(とき)残念(ざんねん)さ、085愉快(ゆくわい)さ、086(なん)()つてよいか、087(おも)へば(おも)へば愛恋(あいれん)(なみだ)(こぼ)れますわい、088アーン』
089 マンモスは(はや)くも(した)(もつ)らせながら、
090『エヘヽヽヽ、091(まこと)掌中(しやうちう)(たま)無残(むざん)(くだ)いた御両人様(ごりやうにんさま)092(さつ)(まを)します。093サモア(ひめ)はお蔭様(かげさま)此処(ここ)()()なんだものだから、094(いのち)(たす)かつて()ります。095それを(おも)へば、096このマンモス(くらゐ)幸福(かうふく)(もの)はありませぬなア』
097『ウフヽヽヽ、098(なに)()ふのだ。099肱鉄(ひぢてつ)()はされたサモア(ひめ)に、100まだヤツパリ執着心(しふちやくしん)をもつて()るのか、101(こま)つた代物(しろもの)だなア。102貴様(きさま)のやうに不幸(ふかう)なものはない。103カールチン(さま)もいや刹帝利様(せつていりさま)も、104このユー(さま)(こひ)(かたき)105肱鉄(ひぢてつ)をかました(をんな)をバラしたのだから、106もはや執着心(しふちやくしん)はとつて仕舞(しま)つたのだから、107こんな幸福(かうふく)はない。108貴様(きさま)はまだサモアが(この)()(のこ)つて()るのだから、109(さぞ)()()める(こと)だらう。110エヘヽヽヽ、111()うと()まぬが、112サモア(ひめ)は、113キツト(おれ)()()だ。114そんな(こと)はチヤンと(この)(あひだ)面会(めんくわい)した(とき)黙契(もくけい)してあるのだ。115このユーさまに(むか)つて(はな)つた視線(しせん)は、116(まこと)至誠(しせい)(こも)つて()たよ。117(おれ)()(まぶ)しい(ほど)電波(でんぱ)(おく)つたのだ。118もうかうなつちや、119マンモス、120貴様(きさま)()加減(かげん)見切(みき)つたら……いや断念(だんねん)したらよからうぞ』
121 かかる(ところ)へ、122サマリー(ひめ)123サモア(ひめ)124ハルマンの三人(さんにん)(あわただ)しく()(きた)り、125(この)(てい)()て、
126サマリー『お父様(とうさま)127セーラン王様(わうさま)(さだ)めて御健全(ごけんぜん)にゐらせられませうなア』
128『ウン、129まアまア何処(どこ)かの(くに)御健全(ごけんぜん)であらうよ』
130『よもや、131貴方(あなた)不軌(ふき)(はか)つたのぢやありますまいな。132万々一(まんまんいち)左様(さやう)(こと)をなされたとすれば、133(わらは)はセーラン(わう)(きさき)134(わう)(あだ)()たねばなりませぬ。135(とき)あつて親子(おやこ)主従(しゆじゆう)()()(あらそ)ふは武士(もののふ)(みち)136(その)覚悟(かくご)十分(じふぶん)(ござ)りませうなア』
137如何(いか)(をつと)(ため)だとて、138(おや)刃向(はむか)(やつ)何処(どこ)にあるか。139不孝者(ふかうもの)()140(さが)()らう』
141と、142()(ほこ)りたる(こころ)より(しか)りつけるやうに()(はな)つた。
143 (この)(とき)茫然(ばうぜん)として(けむり)とも(きり)とも(わか)らぬモヤモヤの(なか)から、144白装束(しろしやうぞく)でパツと(あら)はれたのは(わう)幽霊(いうれい)であつた。145(わう)(かす)かな(こゑ)で、
146『カールチンに夜襲(やしふ)せられ、147(いのち)()られたワイ……(なんぢ)サマリー(ひめ)148(をつと)大事(だいじ)(おも)へば、149カールチンの(いのち)()つて()れよ』
150『ヤア、151さては(その)(はう)カールチン、152王様(わうさま)(ころ)したのだな。153もう(この)(うへ)了簡(れうけん)(いた)さぬ。154このサマリー(ひめ)(やいば)(さび)155覚悟(かくご)めされ』
156其所(そこ)()ちてあつた薙刀(なぎなた)()るより(はや)く、157水車(みづぐるま)(ごと)()(まは)()(くる)ふ。158カールチンも死物狂(しにものぐる)ひ、159大刀(だいたう)をスラリと()()き、160サマリー(ひめ)(むか)つて()りつくれば、161無残(むざん)やサマリー(ひめ)肩先(かたさき)七八寸(しちはつすん)ばかり()()げられ、162タヂタヂと七八歩(しちはつぽ)(あと)しざりして()(たふ)れ、163無念(むねん)歯噛(はがみ)をなし、164(その)()(いき)()えて(しま)つた。
165『アハヽヽヽ、166女童(をんなわらべ)大事(だいじ)場所(ばしよ)()しやばつて、167(この)(はう)大望(たいまう)邪魔(じやま)をなし、168天罰(てんばつ)(たちま)(いた)つてこの(むご)(ざま)169(わが)()ながらも愛想(あいさう)がつきたわい。170アハヽヽヽ』
171豪傑(がうけつ)(わら)ひに(まぎ)らして()れど、172(なん)となく(かな)しみの(こも)つた(こゑ)であつた。173サモア(ひめ)(また)もや薙刀(なぎなた)小脇(こわき)()()み、
174(ひめ)(さま)(かたき)175(おも)()れよ』
176()ひも()へず、177カールチンに()つてかかる、178カールチンはヒラリと(たい)をかはし、179前後左右(ぜんごさいう)()びまはり、
180『まづまづ()つた』
181(こゑ)(かぎ)りに(せい)しつつ()(まは)る。182サモア(ひめ)(みみ)にもかけず、183カールチン目蒐(めが)けて()りつくる。184(さすが)のカールチンも()()(うしな)ひ、185井戸(ゐど)(なか)ざんぶとばかり()()んで(しま)つた。186ユーフテス、187マンモスは、
188狼藉者(らうぜきもの)189容赦(ようしや)はならぬ』
190左右(さいう)よりサモア(ひめ)(むか)つて()つて(かか)る。191サモア(ひめ)のキツ(さき)()えに二人(ふたり)(きも)(つぶ)し、192大地(だいち)太刀(たち)()()て、193両手(りやうて)(あは)せて(すく)ひを(もと)むる腑甲斐(ふがひ)なさ。194ハルマンは井戸(ゐど)(そこ)()()りたるカールチンを(やうや)くにして(すく)()げ、195サモア(ひめ)(むか)つて言葉(ことば)(はげ)しく、
196(しばら)()てエー』
197一喝(いつかつ)した。198(この)(とき)カールチンに()(ころ)されたサマリー(ひめ)は、199いつの()にか(もと)姿(すがた)となり、200(また)もや薙刀(なぎなた)水車(みづぐるま)(ごと)()(まは)し、201カールチン目蒐(めが)けて()()ける。202カールチンも、
203『もう(この)(うへ)(やぶ)れかぶれだ』
204()ひながら、205(ふたた)薙刀(なぎなた)()(かざ)し、206カチンカチンと(かたな)(あは)せ、207火花(ひばな)()らして(たたか)ふ。208十二三人(じふにさんにん)従者(じゆうしや)(またた)(ひま)にサマリー(ひめ)209サモア(ひめ)薙刀(なぎなた)()(たふ)されて仕舞(しま)つた。210かかる(ところ)何所(いづこ)ともなく宣伝歌(せんでんか)(こゑ)(きこ)えて()た。
211(かみ)(おもて)(あら)はれて
212(ぜん)(あく)とを立別(たてわ)ける
213(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
214(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
215(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
216直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)
217()(あやま)ちは()(なほ)
218(まこと)(かみ)御教(おんをしへ)
219バラモン(けう)神館(かむやかた)
220イルナの(しろ)刹帝利(せつていり)
221夜陰(やいん)(じやう)じて襲撃(しふげき)
222()(ほろ)ぼして(その)(のち)
223掠奪(りやくだつ)せむと(たく)みたる
224(こころ)(きたな)きカールチン
225(その)運命(うんめい)(つき)(くに)
226イルナの(しろ)庭先(にはさき)
227()()(あら)(おや)()
228無残(むざん)至極(しごく)活劇(くわつげき)
229(いづ)れも(こころ)(まよ)ひより
230突発(とつぱつ)したるものぞかし
231(よく)(こころ)(くら)みたる
232右守(うもり)(かみ)よ、よつく()
233天地(てんち)(かみ)(つく)らしし
234(うづ)聖所(すがど)()くからは
235仮令(たとへ)深山(みやま)(おく)までも
236(かみ)(いま)さぬ(ところ)なし
237(こひ)(よく)とに()(まよ)
238直日(なほひ)(みたま)(くも)らして
239(みづか)地獄(ぢごく)()ちて()
240(その)惨状(さんじやう)(すく)はむと
241高照山(たかてるやま)(あと)にして
242(やうや)此処(ここ)北光(きたてる)
243(われ)目一(まひと)神司(かむづかさ)
244右守(うもり)(かみ)のカールチン
245(こひ)(まよ)へるユーフテス
246マンモス諸共(もろとも)よつく()
247朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
248(つき)()つとも()くるとも
249仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
250(まこと)(ひと)つは()(すく)
251(まこと)(ひと)つの麻柱(あななひ)
252(みち)(はづ)れて()(なか)
253どうして(ひと)()つものか
254一日(ひとひ)(はや)片時(かたとき)
255()(あらた)めよ三人(みたり)(とも)
256至仁(しじん)至愛(しあい)大神(おほかみ)
257(なんぢ)三人(みたり)悪心(あくしん)
258(あら)(きよ)めて天国(てんごく)
259(すく)はむ(ため)朝夕(あさゆふ)
260(こころ)(くば)らせたまひつつ
261()身辺(しんぺん)(まも)ります
262(その)御心(みこころ)()らずして
263私欲(しよく)(こひ)()(まよ)
264根底(ねそこ)(くに)門口(かどぐち)
265(あさ)(ゆふ)なに(ひら)かむと
266()せるは(おろか)(いた)りなり
267あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
268御霊(みたま)(さち)はへましまして
269(この)三人(さんにん)曲霊(まがたま)
270(あら)(きよ)めて天地(あめつち)
271(かみ)より()けし大本(おほもと)
272(いづ)御霊(みたま)となさしめよ
273あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
274御霊(みたま)(さち)はへましませよ』
275 (この)(こゑ)にカールチン、276ユーフテス、277マンモスはフト()がつき()れば、278サマリー(ひめ)もサモア(ひめ)(かげ)(かたち)もなく、279(また)ハルマンの姿(すがた)もない。280(つき)()(わた)城内(じやうない)庭先(にはさき)(つち)(うへ)に、281(いづ)れもドツカと()して()(こと)(わか)つた。282かく幻覚(げんかく)()せられたのは、283(まつた)(かみ)御経綸(ごけいりん)であつて、284(あさひ)285月日(つきひ)286高倉明神(たかくらみやうじん)活動(くわつどう)結果(けつくわ)であつた。287(しか)(さけ)()んだことだけは、288矢張(やはり)事実(じじつ)であつて、289(いづ)れも()はチラつき、290足腰(あしこし)()たないばかりに泥酔(でいすゐ)して()た。291さうかうする(うち)292東天(とうてん)(くれなゐ)(てい)し、293()はガラリと()(はな)れ、294煌々(くわうくわう)たる(ふゆ)太陽(たいやう)(ななめ)下界(げかい)()らしたまうた。
295 門番(もんばん)のミル、296ボルチーは()()まし、297庭先(にはさき)(つち)(うへ)右守(うもり)(かみ)以下(いか)泥酔(でいすゐ)して()るに()(おどろ)き、298奥殿(おくでん)さして駆入(かけい)つた。
299大正一一・一一・二四 旧一〇・六 加藤明子録)