霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一九章 野襲(やしふ)〔一一四四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第42巻 舎身活躍 巳の巻 篇:第4篇 怨月恨霜 よみ:えんげつこんそう
章:第19章 第42巻 よみ:やしゅう 通し章番号:1144
口述日:1922(大正11)年11月24日(旧10月6日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年7月1日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
イルナ城の奥の間には、黄金姫、清照姫、ヤスダラ姫、セーリス姫の四人が火鉢を囲みながら神話にふけり、やがて話題はカールチンの身の上に移った。
黄金姫と清照姫は、カールチンは本当に改心したわけではないだろうから、用心しなければならないと警戒している。
ヤスダラ姫はイルナの城に暗闘が絶えないことを嘆いた。黄金姫は、これもセーラン王の治世が開けるために通らなければならない道であろうと諭した。そして右守も同じ神様の分霊であり、善導しなければならないと自ら戒めた。
そこへセーラン王は竜雲他を引き連れて現れ、黄金姫たちに挨拶し感謝の意を述べた。一同はそれぞれ述懐の歌を歌った。
にわかに玄関口が騒がしくなり、レーブが視察に出た。すると右守をはじめユーフテス、マンモス、その他十数人が地面に坐して酒を飲み、歌ったり刀を引き抜いて空を切ったり駆けまわったりしている。
レーブはこのありさまを王に復命した。王は、やがて目が覚めるまでそのままにしておくのがよかろうと答えた。一同はそれぞれの寝室に入って夜を明かした。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4219
愛善世界社版:223頁 八幡書店版:第7輯 722頁 修補版: 校定版:228頁 普及版:96頁 初版: ページ備考:
001 入那城(いるなぢやう)(おく)一間(ひとま)には、002黄金姫(わうごんひめ)003清照姫(きよてるひめ)004ヤスダラ(ひめ)005セーリス(ひめ)四人(よにん)火鉢(ひばち)(なか)(かこ)みながら、006神話(しんわ)(ふけ)り、007(はなし)(てん)じてカールチンの()(うへ)(うつ)つた。
008黄金(わうごん)右守司(うもりつかさ)種々(いろいろ)雑多(ざつた)として刹帝利(せつていり)(くらゐ)にならうと(おも)ひ、009工夫(くふう)工夫(くふう)(めぐ)らしてゐたが、010とうとう(きよ)さまの美貌(びばう)(まよ)ひ、011(よく)(こひ)との二道(ふたみち)(あゆ)まむとして、012(いち)()らず()()らず、013しまひの(はて)には(あきら)めたと()え………兵士(つはもの)をハルナの(くに)(つか)はして、014(つばさ)()られしやもめ(どり)あはれ………なぞと王様(わうさま)(まへ)泣言(なきごと)をいつて(かへ)つて(しま)つたが、015(しか)しあれは本気(ほんき)改心(かいしん)をしたのではありますまい。016キツと今晩(こんばん)あたり、017失恋組(しつれんぐみ)(かた)らうてむし(かへ)しに()るかも()れませぬから、018(みな)さま、019(けつ)して油断(ゆだん)はなりませぬぞや』
020セーリス『左様(さやう)御心配(ごしんぱい)()りますまい。021………かくならば最早(もはや)右守(うもり)神司(かむづかさ)022(きみ)御前(みまへ)(いのち)(ささ)げむ………と()つたのですから、023ヨモヤそんな(こと)出来(でき)ますまい。024三百騎(さんびやくき)味方(みかた)(すで)にハルナの(くに)派遣(はけん)し、025武力(ぶりよく)(すで)(すで)根底(こんてい)から()がれてゐるのだから、026何程(なにほど)(むか)()ずの右守(うもり)だつて、027そんな馬鹿(ばか)なことは(いた)しますまいよ。028………いざさらば(いのち)をめせよセーラン(わう)029(よく)(こひ)とに(まよ)ひし(われ)を………と()つて、030(いのち)まで差出(さしだ)したのですからな』
031清照(きよてる)『さう楽観(らくくわん)出来(でき)ますまいよ。032(こひ)意地(いぢ)といふものは(おそ)ろしいものですからなア。033(わたし)がヤスダラ(ひめ)(さま)になりすまして、034(ちから)一杯(いつぱい)翻弄(ほんろう)したのだから、035(をとこ)(つら)()げて、036どうしてあのまま()寝入(ねい)りが出来(でき)ますものか。037(かあ)アさまの仰有(おつしや)(とほ)り、038キツと今晩(こんばん)あたり、039失恋組(しつれんぐみ)暗殺隊(あんさつたい)組織(そしき)してやつて()るに(ちが)ひありませぬ………(おも)はざる(ひと)(おも)はれ()はれしと、040(おも)ひしことを(かな)しくぞ(おも)ふ………と()つて、041未練(みれん)らしく愚痴(ぐち)をこぼしてゐましたもの、042キツと(この)(まま)()寝入(ねい)りは(いた)しますまい』
043セーリス『それでも右守司(うもりつかさ)は………(いま)よりは(うま)赤子(あかご)になり(かは)り、044(かみ)(きみ)とに(まこと)(ささ)げむ………と王様(わうさま)(まへ)言明(げんめい)したではありませぬか。045あの(とき)こそ(わたし)右守司(うもりつかさ)(こころ)(そこ)から()言葉(ことば)(かん)じました』
046ヤスダラ『如何(どう)してマア(この)入那(いるな)(しろ)暗闘(あんとう)()えないのでせう。047(むかし)から左守(さもり)048右守(うもり)犬猫(いぬねこ)同様(どうやう)ぢやと()いてゐました。049(なか)(わる)(もの)同志(どうし)標語(へうご)(いぬ)(さる)とではなくて、050入那城(いるなじやう)左守(さもり)051右守(うもり)()用語(ようご)(まで)出来(でき)てゐるではありませぬか。052(なん)とかしてかういふことのないやうに(まも)つて(もら)ひたいものでありますなア』
053黄金(わうごん)『ヤア(これ)(まこと)(みち)(ひら)ける径路(けいろ)かも()れませぬ。054イヤ(これ)(かへつ)神様(かみさま)(たふと)御守護(ごしゆご)ですよ。055王者争臣(わうじやさうしん)五人(ごにん)あれば(その)(くらゐ)(うしな)はず、056諸侯争臣(しよこうさうしん)三人(さんにん)あれば(その)(くに)(うしな)はず、057大夫争臣(たいふさうしん)二人(ににん)あれば(その)(いへ)(うしな)はずとかいひまして、058如何(どう)しても(あらそ)ひといふものは根絶(こんぜつ)するものではありませぬ。059(また)(あらそ)ひの根絶(こんぜつ)した(とき)国家(こくか)(ほろ)ぶる(とき)ですから、060動中静(どうちうせい)あり、061静中動(せいちうどう)ありといふ惟神(かむながら)御経綸(ごけいりん)でせう。062右守司(うもりつかさ)陰謀(いんぼう)があつた(ため)063セーラン王様(わうさま)御威勢(ごゐせい)天下(てんか)(かがや)くのでせう。064いつもかも平穏(へいおん)無事(ぶじ)であれば、065王様(わうさま)(はじ)人心(じんしん)弛緩(ちくわん)して国家(こくか)はますます衰頽(すゐたい)し、066政治(せいぢ)(をこた)り、067(つひ)には国家(こくか)自滅(じめつ)悲運(ひうん)(おちい)るものです。068これを(おも)へば右守司(うもりつかさ)だつてヤツパリ入那(いるな)(くに)柱石(ちうせき)069(こころ)(たく)みは(にく)むべきであるが、070(かれ)謀反(むほん)(たく)んだ(ため)(わう)位置(ゐち)はますます鞏固(きようこ)となり、071入那城(いるなじやう)(ゆる)んで()つた(たが)緊張(きんちやう)し、072国家(こくか)百年(ひやくねん)基礎(きそ)(つく)つたやうなものですから、073右守司(うもりつかさ)にして改心(かいしん)した以上(いじやう)は、074何処(どこ)までも(ゆる)してやらねばなりますまい。075なア、076ヤスダラ(ひめ)(さま)077貴女(あなた)如何(いか)思召(おぼしめ)しますか』
078何事(なにごと)善悪正邪(ぜんあくせいじや)神様(かみさま)御審判(おさばき)(あそ)ばすのですから、079吾々(われわれ)としては右守司(うもりつかさ)(つみ)糺弾(きうだん)することは出来(でき)ますまい。080(また)自分(じぶん)(かへり)みて()れば、081(つみ)(けが)れた吾々(われわれ)同志(どうし)が、082如何(いか)にして(ひと)審判(さば)(こと)出来(でき)ませうぞ。083(ただ)惟神(かむながら)御任(おまか)せするより仕方(しかた)はありませぬ』
084『さうですなア。085右守司(うもりつかさ)だつて吾々(われわれ)(おな)神様(かみさま)分霊(ぶんれい)086もとより悪人(あくにん)ではありませぬ。087悪神(あくがみ)憑依(ひようい)されて、088良心(りやうしん)(ゆる)さぬ野心(やしん)遂行(すゐかう)しようとしたのですから、089(その)悪神(あくがみ)(あは)れみ肉体(にくたい)(あは)れんで、090善道(ぜんだう)立帰(たちかへ)るやうにせなくては、091吾々(われわれ)宣伝使(せんでんし)職務(しよくむ)(つと)まりますまい。092(おな)神様(かみさま)氏子(うぢこ)だから、093(ただ)一人(ひとり)でもツツボにおとしては神界(しんかい)()みませぬ。094右守司(うもりつかさ)春秋(しゆんじう)筆法(ひつぱふ)(もつ)(ろん)ずれば、095右守司(うもりつかさ)王位(わうゐ)(まも)入那城(いるなじやう)忠勤(ちうきん)(はげ)むと見直(みなほ)聞直(ききなほ)すことも出来(でき)ませう。096()はば入那城(いるなじやう)(たい)する(すく)ひの(かみ)ですワ。097あの(たか)といふ(とり)は、098生餌(なまゑ)ばかり()つて()きてる猛鳥(まうてう)だが、099(ふゆ)になると爪先(つまさき)()えて、100(わが)()()てないので、101(ぬく)(どり)といつて、102小鳥(ことり)捕獲(ほくわく)し、103両足(りやうあし)(つめ)でソツと(にぎ)り、104(わが)(つめ)(あたた)め、105ソツと(はな)してやるといふことだ。106そして(その)小鳥(ことり)()げて()つた方向(はうかう)をよく(みと)めておいて、107三日(みつか)(あひだ)(その)方面(はうめん)小鳥(ことり)(とら)へないといふぢやありませぬか。108(とり)でさへもそれ(だけ)勘弁(かんべん)があるのだから、109いはば王様(わうさま)(たか)で、110右守司(うもりつかさ)(ぬく)(どり)のやうなものだ。111キツと賢明(けんめい)王様(わうさま)右守司(うもりつかさ)(つみ)をお(ゆる)(あそ)ばすでせう。112どうで今宵(こよひ)夜襲(やしふ)()るでせうが、113大江山(たいかうざん)眷族(けんぞく)(あさひ)114月日(つきひ)115高倉明神様(たかくらみやうじんさま)がお(まも)りある以上(いじやう)は、116キツと目的(もくてき)得達(えたつ)せず、117改心(かいしん)(いた)すでせう』
118 かく(はな)(ところ)へ、119セーラン(わう)竜雲(りううん)(その)()忠実(ちうじつ)なる臣下(しんか)(したが)(あら)はれ(きた)り、120黄金姫(わうごんひめ)(むか)ひ、
121『いろいろ雑多(ざつた)御心(おこころ)(くば)りに()つて、122入那城(いるなじやう)(やや)安泰(あんたい)曙光(しよくくわう)(みと)めました。123(まつた)黄金姫(わうごんひめ)(さま)母子(おやこ)御守護(ごしゆご)賜物(たまもの)(ござ)います。124(かへ)(がへ)すも有難(ありがた)(ぞん)じます』
125感謝(かんしや)()()()てる。126黄金姫(わうごんひめ)(うた)(もつ)(これ)(こた)ふ。
127(つき)()入那(いるな)(しろ)(あら)はれて
128三五(さんご)(つき)(をしへ)()らせり。
129三五(あななひ)(かみ)(をしへ)(かしこ)みて
130これの大道(おほぢ)(まも)りませ(きみ)
131()(なか)()しも()しきも(わか)ちなく
132(まも)らせ(たま)(かみ)御稜威(みいづ)は』
133セーラン『(いま)となり(かみ)(をしへ)(たふと)さを
134(さと)りし(われ)(おろか)なりけり。
135(おろ)かなる(こころ)智慧(ちゑ)御光(みひかり)
136()らさせ(たま)ひし三五(あななひ)(かみ)
137ヤスダラ『大君(おほぎみ)御為(おんため)(くに)御為(おんため)
138(おも)(なや)みて(かみ)(わす)れつ。
139(かみ)なくて如何(いか)でか(くに)(をさ)まらむ
140われはこれより(かみ)一筋(ひとすぢ)
141(かみ)(きみ)(あふ)ぎまつりて国民(くにたみ)
142(まこと)(をし)(さと)()かなむ』
143竜雲(りううん)三五(あななひ)大道(おほぢ)(すす)()なりせば
144(しこ)曲津(まがつ)もさやるべきかは。
145村肝(むらきも)(こころ)ねぢけし竜雲(りううん)
146(かみ)()らされ真人(まびと)となりぬ。
147(かみ)()(をしへ)()るは(ひと)()
148()第一(だいいち)(つと)めなるらむ』
149清照(きよてる)皇神(すめかみ)御稜威(みいづ)(そら)清照姫(きよてるひめ)
150(かみ)(つかさ)(こころ)(かがや)く。
151(いま)ははや入那(いるな)(しろ)(つつ)みたる
152雲霧(くもきり)(はら)ひし心地(ここち)こそすれ』
153黄金(わうごん)(いま)しばし(しこ)雲霧(くもきり)(つつ)むとも
154(かみ)伊吹(いぶき)(はら)ひよけなむ。
155セーランの(きみ)(みこと)よきこしめせ
156今宵(こよひ)右守(うもり)のすさびあるべき』
157セーラン『よしやよし右守司(うもりつかさ)(すさ)ぶとも
158(かみ)(まも)りの(しげ)(わが)()ぞ。
159惟神(かむながら)(かみ)(をしへ)(まか)してゆ
160(こころ)にかかる村雲(むらくも)もなし。
161(かな)しみも(また)(をのの)きも()()せぬ
162(かみ)(ひかり)()らされし()は』
163セーリス『大君(おほぎみ)(こころ)ゆるさせ(たま)ふまじ
164ひまゆく(こま)(しげ)()なれば』
165レーブ『われは(いま)(かみ)(つかさ)(したが)ひて
166高天原(たかあまはら)()心地(ここち)なり。
167さりながら高天原(たかあまはら)(くる)しみの
168(まじ)らふ()ぞと(こころ)(ゆる)さず』
169カル『かけまくも(かしこ)(かみ)御光(みひかり)
170(あふ)(うやま)()こそ(やす)けれ。
171黄金姫(わうごんひめ)(うづ)(みこと)(したが)ひて
172入那(いるな)(しろ)(きた)りし(うれ)しさ』
173テームス『()りわたる(たふと)(かみ)御教(みをしへ)
174常世(とこよ)(くに)(やみ)()らさむ。
175常世(とこよ)ゆく(あま)岩戸(いはと)(かく)れます
176皇大神(すめおほかみ)引出(ひきだ)しまつれ。
177(いま)(はや)(あま)岩戸(いはと)(ひら)(ぐち)
178イルナの(くに)もやがて(さか)えむ』
179清照(きよてる)大神(おほかみ)(きみ)(くに)との(その)(ため)
180(こころ)(つく)しの(はて)までゆかむ』
181セーリス『よからざる(こと)()りつつユーフテスを
182あやつり(きた)りし(こころ)(はづか)し。
183さはいへど(かみ)(きみ)との(ため)ならば
184(ゆる)させ(たま)三五(あななひ)(かみ)
185清照(きよてる)『われも(また)よからぬ(こと)()りながら
186右守(うもり)(かみ)をあやなしにけり。
187カールチン右守(うもり)(つかさ)(ゆる)せかし
188清照姫(きよてるひめ)のいたづら(ごと)を。
189右守(うもり)をばもとより(にく)しと(おも)はねど
190(みち)(ため)には是非(ぜひ)もなければ』
191竜雲(りううん)何事(なにごと)皇大神(すめおほかみ)(ゆる)すべし
192身欲(みよく)(ため)のわざにあらねば』
193 かく(うた)(とき)しも、194(にはか)玄関口(げんくわんぐち)(さわ)がしさに、195レーブは一同(いちどう)(ゆる)しを()け、196視察(しさつ)のために(おもて)()()した。197レーブは(いき)()らして(そと)様子(やうす)(うかが)()るに、198右守司(うもりつかさ)(はじ)めユーフテス、199マンモス(その)()十数人(じふすうにん)は、200(には)敷物(しきもの)()かずドツカと()し、201(たづさ)()つた(ひさご)(さけ)をグビリグビリと()みながら、202()()つて(しき)りに(うた)つてゐる。203かと(おも)へば、204大刀(だいたう)引抜(ひきぬ)(くう)()り、205(みぎ)(ひだり)へかけまはりつつ、206バタリと(たふ)れては起上(おきあが)り、207一種(いつしゆ)異様(いやう)狂態(きやうたい)(えん)じてゐる。208レーブは不審(ふしん)()れやらず、209(ただち)奥殿(おくでん)引返(ひつかへ)し、210(わう)(まへ)復命(ふくめい)した。
211申上(まをしあ)げます、212庭先(にはさき)騒々(さうざう)しさに、213(めい)()つて何事(なにごと)ならむと(うかが)ひみれば、214(あに)はからむや、215右守司(うもりつかさ)216門先(もんさき)十数人(じふすうにん)部下(ぶか)(とも)にドツカと()し、217(さけ)()(かは)し、218(うた)つて()るかと()れば、219長刀(なぎなた)引抜(ひきぬ)き、220前後左右(ぜんごさいう)()(まく)つて()りました。221(さつ)する(ところ)222白狐(びやくこ)さまに(だま)されて、223(つき)()(つち)(うへ)によい()になつて酒宴(しゆえん)(もよほ)してゐるのでせう。224右守司(うもりつかさ)大変(たいへん)ないい(こゑ)詩吟(しぎん)をやつてゐました………月卿雲客(げつけいうんきやく)(あるひ)長汀(ちやうてい)(つき)(むち)をあげ、225(あるひ)曲浦(きよくほ)(なみ)(さを)をさし(たま)へば、226巴猿(はゑん)一度(ひとたび)(さけ)んで(ふね)明月峡(めいげつけふ)(ほとり)(とど)め、227胡馬(こば)(たちま)(いなな)いて(みち)黄沙磧(くわうさせき)(うら)(うしな)ふ………なんて意気(いき)揚々(やうやう)剣舞(けんぶ)をやつてゐましたよ。228あの()から(かんが)へて()ますれば、229(おそれおほ)くも王様(わうさま)放逐(はうちく)し、230あとの天下(てんか)(にぎ)つた(ゆめ)()てゐるらしう(ござ)います。231(じつ)乱痴気(らんちき)(さわ)ぎといつたら()られたものぢや(ござ)いませぬ』
232(やが)()()めるだらうから、233明日(あす)(あさ)まで()ちやつておくがよからう。234折角(せつかく)天下(てんか)()つた(ゆめ)()(よろこ)んでゐるのに、235中途(ちうと)(さま)してやるのは()(どく)だ。236(ゆめ)になりとも一度(いちど)天下(てんか)()つて()たいといふ(もの)がある()(なか)だから、237一刻(いつこく)(なが)()()めぬやうに(たのし)ましてやるがよからう。238アハヽヽヽ』
239黄金(わうごん)『オホヽヽヽ王様(わうさま)余程(よほど)仁慈(じんじ)(こころ)発達(はつたつ)しましたねえ。240(その)御心(おこころ)でなくては、241(ひと)(かしら)にはなれませぬぞ。242サア(みな)さま、243明日(あす)(あさ)まで、244ゆつくりと就寝(しうしん)(いた)しませう。245明日(あす)(また)面白(おもしろ)芝居(しばゐ)()られませうからなア』
246『お()アさま、247御願(おねがひ)ですが、248(わたし)だけ一寸(ちよつと)(その)()出張(しゆつちやう)させて(いただ)(わけ)には()きませぬか。249メツタに心機一転(しんきいつてん)して、250右守司様(うもりのかみさま)秋波(しうは)(おく)るやうなことは(いた)しませぬから………』
251『オホヽヽヽ(なん)()つても剣呑(けんのん)(たま)らないから、252(きよ)さまは(はは)(そば)一寸(ちよつと)(はな)れちやなりませぬ、253(ねこ)鰹節(かつをぶし)だからなア。254オホヽヽ』
255『お()アさまの御心配(ごしんぱい)なさらぬやうに、256セーリス(ひめ)(さま)257貴女(あなた)二人(ふたり)(まゐ)りませうかねえ。258さうすりや、259()アさまだつて心配(しんぱい)はなされますまい』
260『イエイエ、261それでも貴女(あなた)はカールチンさまに、262(わたし)はユーフテスさまに揶揄(からか)つた(おぼ)えがあるのだもの、263(そで)ふり()ふも多生(たしやう)(えん)()つて、264万更(まんざら)他人(たにん)ではありませぬからねえ。265ヒヨツとして出来心(できごころ)(おこ)つたら、266(また)()アさまに()らぬ()()ませねばなりますまい。267モウやめませうか』
268『だつて貴女(あなた)269(この)(まま)()るのも、270(なん)だか()()きませぬワ』
271『コレ(きよ)さま、272(はら)(わる)い。273(また)しても老人(としより)()()まさうと(おも)つて揶揄(からか)つてゐるのだなア。274モウ何時(なんどき)だと(おも)つてゐなさる。275山河草木(さんかさうもく)(ねむ)丑満(うしみつ)(こく)ですよ』
276王様(わうさま)(まへ)だから………左様(さやう)ならば、277今晩(こんばん)はドツと譲歩(じやうほ)しまして、278()アさまの提案(ていあん)盲従(まうじゆう)(いた)しませう。279盲従組(まうじゆうぐみ)のお(かた)起立(きりつ)(ねが)ひます。280オホヽヽヽ』
281 セーラン(わう)微笑(びせう)(うか)べながら(ひと)寝室(しんしつ)()る。282黄金姫(わうごんひめ)(その)()一同(いちどう)微笑(びせう)しながら、283それぞれ(まう)けられた寝室(しんしつ)()つて()()かす(こと)となつた。
284大正一一・一一・二四 旧一〇・六 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)