霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二一章 応酬歌(おうしうか)〔一一四六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第42巻 舎身活躍 巳の巻 篇:第5篇 出風陣雅 よみ:しゅっぷうじんが
章:第21章 第42巻 よみ:おうしゅうか 通し章番号:1146
口述日:1922(大正11)年11月25日(旧10月7日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年7月1日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
北光神は、宣伝歌を歌いながらどこからともなくイルナ城の一同の前に現れた。
神が人間をこの世に下し給うたのは、天国浄土の繁栄を開くためである。
選び清めた魂が高天原に現れて霊的活動をなし、天男天女が産み落とした霊子が地上世界に産み落とされ、人間界の夫婦に巻き付けられる。
人間はこうして神の御子として地上に生まれ、教育を受け、霊肉共に発達し、この世を捨てて天国の御園に帰るのである。
肉体とは、天人の霊子が発育を遂げる苗代なのである。種がまかれ苗が育ち、天国に移植される。そのとき人は現界を離れて天に復活し、天国浄土の神業に参加する時なのである。
神の御国を天国浄土の写しとしてこの世に建設し、短きこの世を楽しみつつ、元津御霊を健やか磨き育て、神の国に帰るのである。
イルナの国のセーラン王をはじめ、右守、ヤスダラ姫らは三五教の教えを聞いて、ようやく人生の尊き使命を悟り、改心することができたことのうれしさ、めでたさよ。
一同は北光神を最敬礼をもって迎えた。北光神は莞爾として一同に対して改心ができたことに対する祝歌と教歌を歌った。一同はこれに対して述懐の歌と改心の覚悟を表す歌を歌って答えた。
セーラン王はこれまでのいきさつを述懐しつつ、自ら改心後の治世に対する思いを読み込んだ宣伝歌を歌った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4221
愛善世界社版:255頁 八幡書店版:第7輯 734頁 修補版: 校定版:262頁 普及版:110頁 初版: ページ備考:
001(かみ)(おもて)(あら)はれて
002善神(ぜんしん)邪神(じやしん)立別(たてわ)ける
003(そもそも)(かみ)人間(にんげん)
004(この)()(くだ)(たま)ひしは
005天国(てんごく)浄土(じやうど)繁栄(はんゑい)
006(ひら)かむための思召(おぼしめ)
007()(きよ)めたる(たま)(たま)
008高天原(たかあまはら)(あら)はれて
009夫婦(めをと)(みち)(ひら)きつつ
010現界人(げんかいじん)同様(どうやう)
011霊的(れいてき)活動(くわつどう)開始(かいし)して
012(じやう)(じやう)との(むす)()
013天人(てんにん)男女(なんによ)相共(あひとも)
014美斗能麻具倍比(みとのまぐはひ)なしながら
015(きよ)(ただ)しき霊子(たまのこ)
016地上(ちじやう)世界(せかい)()(おと)
017人間界(にんげんかい)活動(くわつどう)する
018夫婦(ふうふ)(たい)()きつける
019(てん)より(くだ)せし霊子(たまのこ)
020(ちち)(はは)との御水火(みいき)にて
021(たちま)母体(ぼたい)浸入(しんにふ)
022動静解凝引弛分合(どうせいかいぎよういんちぶんがふ)
023()つの(ちから)剛柔流(がうじうりう)
024()つの(たい)をもととして
025十月(とつき)(あひだ)(おや)()
026(ひそ)みて身体(しんたい)完成(くわんせい)
027霊子(れいし)(みや)機関(きくわん)とし
028(この)()(あら)はれ(きた)るなり
029(ひと)()として(うま)れたる
030(かみ)御子(みこ)なる人々(ひとびと)
031地上(ちじやう)()ける教育(けういく)
032完全無欠(くわんぜんむけつ)()けながら
033霊肉(れいにく)ともに発達(はつたつ)
034(その)成人(せいじん)(あかつき)
035(この)()()てて天国(てんごく)
036御園(みその)(かへ)るものぞかし
037(そも)人間(にんげん)肉体(にくたい)
038天津御国(あまつみくに)(すま)ひたる
039天人(てんにん)どもの(たま)()
040発育(はついく)()ぐる苗代(なはしろ)
041(たね)()(なへ)()天国(てんごく)
042田畑(たはた)移植(いしよく)する(とき)
043(ひと)(いよいよ)現界(げんかい)
044(はな)れて(てん)復活(ふくくわつ)
045天国(てんごく)浄土(じやうど)神業(しんげふ)
046参加(さんか)しまつる(とき)ぞかし
047あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
048(かみ)御国(みくに)()のあたり
049(この)()(うへ)建設(けんせつ)
050天国(てんごく)浄土(じやうど)移写(いしや)として
051(みじか)(この)()(たの)しみつ
052元津御霊(もとつみたま)(すこや)かに
053(みが)きつ(そだ)てつ雲霧(くもきり)
054押分(おしわ)(かへ)(かみ)(くに)
055あゝ有難(ありがた)有難(ありがた)
056イルナの(みやこ)刹帝利(せつていり)
057セーラン(わう)(いま)までは
058天津御国(あまつみくに)消息(せうそく)
059()らざるために種々(いろいろ)
060地上(ちじやう)()ける欲望(よくばう)
061(こころ)()られ()たりしが
062三五教(あななひけう)御教(みをしへ)
063()きてやうやう人生(じんせい)
064(たふと)使命(しめい)(さと)りつつ
065(みじか)(この)()欲望(よくばう)
066達成(たつせい)せむと(たく)みたる
067悪逆無道(あくぎやくぶだう)右守(うもり)をば
068直日(なほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)
069(すく)(あた)へし健気(けなげ)さよ
070(われ)北光彦(きたてるひこ)(かみ)
071(あめ)目一(まひと)神司(かむつかさ)
072高照山(たかてるやま)()()でて
073(なれ)(みこと)身辺(しんぺん)
074(まも)(すく)はむその(ため)
075(やみ)(まぎ)れて()()れば
076()にも目出度(めでた)今日(けふ)(そら)
077月日(つきひ)(ひかり)(さはや)かに
078入那(いるな)(しろ)永久(とこしへ)
079(はな)()(にほ)()となりぬ
080黄金姫(わうごんひめ)清照姫(きよてるひめ)
081(うづ)(みこと)やヤスダラ(ひめ)
082竜雲司(りううんつかさ)(はじ)めとし
083テームス、レーブ、カル、リーダー
084(その)(ほか)(もも)(つかさ)()
085(きよ)(こころ)(はな)()
086(よろこ)(いさ)(むね)(うち)
087三五教(あななひけう)御教(みをしへ)
088(あまね)地上(ちじやう)(わた)りなば
089(てき)もなければ味方(みかた)なし
090善悪邪正(ぜんあくじやせい)おしなべて
091(たふと)(かみ)御恵(みめぐみ)
092(うるほ)ひまつり天国(てんごく)
093姿(すがた)地上(ちじやう)(あら)はすは
094(いま)()のあたり()(ごと)
095()にも(たふと)(くに)(おや)
096国治立大御神(くにはるたちのおほみかみ)
097(みづ)御霊(みたま)大御神(おほみかみ)
098天教山(てんけうざん)()れませる
099木花咲耶姫(このはなさくやひめ)(かみ)
100大地(だいち)をかねて(まも)ります
101金勝要大御神(きんかつかねのおほみかみ)
102御稜威(みいづ)(かがや)()出別(でわけ)
103()出神(でのかみ)神徳(しんとく)
104(たちま)(ひら)常暗(とこやみ)
105(あま)岩戸(いはと)永久(とことは)
106(ふさ)がであれや惟神(かむながら)
107(かみ)御前(みまへ)北光(きたてる)
108(あめ)目一(まひと)神司(かむつかさ)
109至仁至愛(みろく)(かみ)(こころ)もて
110天地(てんち)万有(ばんいう)一切(いつさい)
111(かは)りて(ねが)(たてまつ)
112あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
113御霊(みたま)(さち)はへましませよ』
114(うた)ひながら、115北光(きたてる)(かみ)悠然(いうぜん)として(おく)()より(あら)はれ(きた)(その)不思議(ふしぎ)さ。116セーラン(わう)(はじ)一同(いちどう)突然(とつぜん)目一(まひと)(のかみ)降臨(かうりん)驚嘆(きやうたん)やるかたなく、117最敬礼(さいけいれい)(もつ)(これ)(ぐう)し、118北光神(きたてるのかみ)正座(しやうざ)()(まつ)つた。
119 北光神(きたてるのかみ)莞爾(くわんじ)として一同(いちどう)見廻(みまは)し、
120千早振(ちはやぶ)(かみ)(をしへ)(ひら)(ぐち)
121(まこと)(ひと)つの手力男神(たぢからをのかみ)
122手力男(たぢからを)(かみ)(みこと)何処(いづく)なる
123(まこと)(まも)(ひと)(こころ)に。
124高天(たかあま)(はら)御国(みくに)何処(いづく)なる
125(まこと)(つよ)(ひと)(こころ)に。
126国治(くにはる)立命(たちのみこと)御舎(みあらか)
127()肉体(からたま)臍下丹田(したついはね)に。
128入那山(いるなやま)()()のさやぐ醜風(しこかぜ)
129()ぎて(しづ)けき今日(けふ)(そら)かな。
130高照(たかてる)(やま)立出(たちい)北光(きたてる)
131(かみ)(ひかり)(かがや)きにけむ』
132セーラン『(たま)()はふ(かみ)(ひかり)()らされて
133入那(いるな)(やみ)()(わた)りけり。
134()(した)ふヤスダラ(ひめ)肉体(からたま)
135(わす)()てけり(かみ)のまにまに。
136ヤスダラ(ひめ)(かみ)(みこと)(こころ)せよ
137(なれ)をば(にく)(こころ)にあらぬを。
138さりながら(まこと)(みち)()らされて
139()()せにけり(こひ)黒雲(くろくも)
140(うる)はしくいとしく(おも)(わが)(むね)
141(いま)(むかし)(かは)らざりけり。
142(みち)()世人(よびと)のために()(くる)
143(こころ)(こま)()きしばり()く。
144(こころ)にもあらぬ美辞(よごと)()ぶるより
145(かみ)のまにまに打明(うちあ)かしおく』
146ヤスダラ『有難(ありがた)(わが)大君(おほぎみ)御心(みこころ)
147幾世(いくよ)()ぬとも(わす)れざらまし。
148大君(おほぎみ)よサマリー(ひめ)常永遠(とことは)
149御国(みくに)(まも)(かみ)のまにまに。
150(いま)よりは三五教(あななひけう)神司(かむつかさ)
151世人(よびと)のために鹿島立(かしまだ)ちせむ。
152サマリーの(ひめ)(みこと)(もの)(まを)
153(まこと)(ささ)(きみ)(つか)へよ』
154サマリー『心安(うらやす)思召(おぼしめ)しませ姫命(ひめみこと)
155(あさ)(ゆふ)なに(きよ)(つか)へむ。
156(きみ)()かば(あと)(のこ)りし吾々(われわれ)
157(こころ)(さび)しく()(おく)るらむ。
158さりながら(かみ)御手(おんて)(いだ)かれし
159(わが)()(うへ)(あん)(たま)ふな。
160大君(おほぎみ)誠心(まことごころ)(ささ)げつつ
161(わが)国民(くにたみ)(やす)(まも)らむ』
162黄金(わうごん)村肝(むらきも)(こころ)(なや)()せにけり
163(ひめ)(ひめ)との(やは)らぎを()て』
164清照(きよてる)天津(あまつ)()御空(みそら)(たか)清照(きよてる)
165(ひめ)(こころ)(かがや)(わた)る。
166カールチン右守(うもり)(つかさ)(もの)(まを)
167(わが)悪戯(いたづら)(ゆる)(たま)はれ。
168何事(なにごと)見直(みなほ)しするは(かみ)(みち)
169もとより()しき(こころ)ならねば』
170カールチン『有難(ありがた)清照姫(きよてるひめ)御言葉(みことば)
171(さび)しき(われ)生命(いのち)なりけり。
172今日(けふ)よりは(いや)しき(こころ)取直(とりなほ)
173(かみ)(きみ)とに(まこと)(つく)さむ』
174セーリス『()くすれば()くなるものと()りながら
175()くに()かれぬ場合(ばあひ)なりけり
176天地(あめつち)皇大神(すめおほかみ)(ゆる)しませ
177()りて(をか)せし(いつは)りの(つみ)を』
178北光(きたてる)何事(なにごと)(みな)惟神(かむながら)々々(かむながら)
179(たま)()はへませ教子(をしへご)()に。
180()しと()()ししと()ふも(ひと)()
181かりの(へだ)てと聞直(ききなほ)(かみ)
182(われ)こそは天津誠(あまつまこと)御教(みをしへ)
183四方(よも)国々(くにぐに)(ひら)神司(みつかさ)
184さりながら(つき)村雲(むらくも)(はな)(かぜ)
185(ゆき)朝日(あさひ)のあたる()(なか)
186何事(なにごと)(かみ)御胸(みむね)にまかすこそ
187高天(たかま)(はら)にのぼる架橋(かけはし)
188 セーラン(わう)(こゑ)(すず)しく(うた)ふ。189(その)(うた)
190(かみ)(おもて)(あら)はれて
191イルナの(しろ)(わだか)まる
192(しこ)枉津(まがつ)()(はら)
193言向(ことむ)(たま)ひし(たふと)さよ
194(われ)はイルナの刹帝利(せつていり)
195バラモン(けう)神司(かむつかさ)
196鬼熊別(おにくまわけ)御教(みをしへ)
197(あさ)(ゆふ)なに(つつし)みて
198(つか)へまつりし甲斐(かひ)ありて
199妻子(さいし)()れます黄金(わうごん)
200(ひめ)(みこと)清照(きよてる)
201(うづ)(つかさ)(たす)けられ
202(また)もや北光神司(きたてるかむづかさ)
203(その)(ほか)忠義(ちうぎ)人々(ひとびと)
204()(まも)られて入那城(いるなじやう)
205(ふたた)(わう)君臨(くんりん)
206()常久(とことは)(まも)()
207(うれ)しき()とはなりにけり
208朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
209(つき)()つとも()くるとも
210仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
211三五教(あななひけう)御教(みをしへ)
212堅磐常磐(かきはときは)(わす)れまじ
213三五教(あななひけう)やウラル(けう)
214バラモン(けう)種々(いろいろ)
215(をしへ)名称(めいしよう)(かは)れども
216天地(てんち)(つく)(たま)ひたる
217(まこと)(かみ)一柱(ひとはしら)
218国治立大神(くにはるたちのおほかみ)
219(ひと)つに()するものぞかし
220梵天(ぼんてん)帝釈(たいしやく)自在天(じざいてん)
221盤古大神(ばんこだいじん)塩長(しほなが)
222(ひこ)(みこと)御守護(おんまもり)
223(いよいよ)(たか)(ふか)くして
224宇内(うだい)唯一(ゆゐいつ)三五(あななひ)
225(をしへ)(みちび)(たま)ひたる
226宏大無辺(くわうだいむへん)神徳(しんとく)
227(つつし)感謝(かんしや)(たてまつ)
228左守(さもり)(かみ)のクーリンス
229右守(うもり)(かみ)のカールチン
230(こころ)(きよ)()(きよ)
231いざこれよりは入那城(いるなじやう)
232セーラン(わう)聖職(せいしよく)
233輔翼(ほよく)しまつり国民(くにたみ)
234塗炭(とたん)(くる)しをば(のが)れしめ
235天国(てんごく)浄土(じやうど)真諦(しんたい)
236(みちび)(さと)天国(てんごく)
237地上(ちじやう)(つぶ)さに建設(けんせつ)
238(ひと)(うま)れし天職(てんしよく)
239上下(うへした)(むつ)(した)しみて
240(つか)へまつらむ(わが)(こころ)
241麻柱(あなな)ひませよ惟神(かむながら)
242(かみ)(ちか)ひて諸々(もろもろ)
243(つかさ)(まへ)()(つた)
244あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
245御霊(みたま)(さち)はへましませよ』
246大正一一・一一・二五 旧一〇・七 北村隆光録)