霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二三章 竜山別(たつやまわけ)〔一一四八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第42巻 舎身活躍 巳の巻 篇:第5篇 出風陣雅 よみ:しゅっぷうじんが
章:第23章 第42巻 よみ:たつやまわけ 通し章番号:1148
口述日:1922(大正11)年11月25日(旧10月7日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年7月1日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
竜雲は自らのこれまでの経緯を歌い、悪事をなしていたウラル教時代から三五教宣伝使への改心を歌った。そして名を竜山別と改めて、宣伝使の道を進んで行く覚悟を歌った。
黄金姫、清照姫、ヤスダラ姫らは竜雲の覚悟を祝す歌を歌って応えた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4223
愛善世界社版:280頁 八幡書店版:第7輯 742頁 修補版: 校定版:289頁 普及版:118頁 初版: ページ備考:
001 竜雲(りううん)言葉(ことば)しづかに(うた)ふ。
002(かみ)出現(しゆつげん)ましまして
003善悪邪正(ぜんあくじやせい)立別(たてわ)ける
004(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
005(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
006直日(なほひ)御霊(みたま)(たて)となし
007(みづ)御霊(みたま)(ぬき)として
008()りなされたる綾錦(あやにしき)
009御旗(みはた)(かがや)十曜(とえう)(もん)
010(ぜん)をば(たす)曲津見(まがつみ)
011(まこと)(みち)にまつろはす
012(きよ)(ただ)しき(かみ)(みち)
013われは竜雲(りううん)神司(かむつかさ)
014ウラルの(みち)遵奉(じゆんぽう)
015セーロン(たう)打渡(うちわた)
016彼方(あなた)此方(こなた)とさまよひし
017(とき)しもあれや神地城(かうぢじやう)
018ケーリス(ひめ)のお見出(みだ)しに
019あづかりここに登竜(とうりう)
020門戸(もんこ)(やうや)(ひら)()
021鰻登(うなぎのぼ)りに(のぼ)りつめ
022(こころ)(たか)ぶり(すゑ)(つひ)
023悪逆無道(あくぎやくぶだう)(かぎ)りをば
024(つく)しをへたる醜司(しこつかさ)
025北光神(きたてるがみ)のお(さと)しに
026前非(ぜんぴ)()いて真心(まごころ)
027復活(ふくくわつ)したる(うれ)しさよ
028(こころ)にかかりし醜雲(しこぐも)
029サラリと()れて日月(じつげつ)
030(むね)(かがや)()となりぬ
031これぞ(まつた)三五(あななひ)
032(たふと)(かみ)御恵(おんめぐ)
033御礼(おれい)言葉(ことば)(つく)されず
034悪逆無道(あくぎやくぶだう)竜雲(りううん)
035仁慈(じんじ)無限(むげん)大神(おほかみ)
036(たふと)(こころ)見直(みなほ)され
037聞直(ききなほ)されて村肝(むらきも)
038(こころ)()せぬ修験者(しうげんじや)
039北光神(きたてるがみ)御教(みをしへ)
040七千余国(しちせんよこく)(つき)(くに)
041(あらた)(めぐ)(うれ)しさよ
042沐雨櫛風(もくうしつぷう)(なん)のその
043(むかし)(つみ)(くら)ぶれば
044万分一(まんぶんいち)(おん)(はう)
045げにも(たふと)(かぎ)りなり
046(かみ)(めぐ)みの(さち)はひて
047(こころ)(きよ)()(わた)
048清照姫(きよてるひめ)黄金(わうごん)
049姫命(ひめのみこと)(ともな)はれ
050入那(いるな)(みやこ)(あら)はれて
051セーラン(わう)御為(おんため)
052(こころ)(つく)()(つく)
053(つか)(まつ)りし(うれ)しさよ
054かくなり()てし(うへ)からは
055入那(いるな)(みやこ)竜雲(りううん)
056(こころ)(のこ)(すべ)もなし
057あゝ(いさ)ましや(いさ)ましや
058()れて(うれ)しき宣伝使(せんでんし)
059竜山別(たつやまわけ)(あらた)めて
060四方(しはう)にさやる曲津霊(まがつひ)
061(かぜ)草葉(くさば)のなびく(ごと)
062(ひと)つも(のこ)さず言向(ことむ)けて
063勝鬨(かちどき)あぐる(かみ)(くに)
064(すゑ)(たの)もしき首途(かどで)かな
065いざいざさらばいざさらば
066北光神(きたてるがみ)よセーラン(わう)
067サマリー(ひめ)よカールチン
068左守司(さもりつかさ)のクーリンス
069(その)(ほか)(もも)(つかさ)たち
070(ここ)(わか)れを()げまつる
071テームス、レーブ、カル(つかさ)
072いよいよ(われ)(あづ)かりて
073(つき)御国(みくに)巡歴(じゆんれき)
074(たふと)(きよ)大神(おほかみ)
075(はしら)(つく)(そだ)()
076ウブスナ(やま)のイソ(やかた)
077日出(ひので)(わけ)御前(おんまへ)
078いと(いさ)ましく(かへ)(ごと)
079(まを)しまつらむ惟神(かむながら)
080(かみ)御前(みまへ)()ぎまつる。
081千早振(ちはやぶ)(かみ)(きみ)との(こと)()
082(あまね)()らす()こそ(うれ)しき。
083曲神(まがかみ)にかき(みだ)されし(わが)(たま)
084科戸(しなど)(かぜ)吹払(ふきはら)はれにけり。
085いざさらば竜山別(たつやまわけ)(あらた)めて
086世人(よびと)(ため)(みち)(つた)へむ。
087レーブ、カル、テームス(つかさ)諸共(もろとも)
088荒野(あらの)(すす)()こそ(うれ)しき。
089惟神(かむながら)(たふと)(かみ)御守(みまも)りに
090(やす)(すす)まむ荒野ケ原(あらのがはら)を。
091黄金姫(わうごんひめ)(かみ)(みこと)神柱(かむばしら)
092(すす)ませ(たま)ふハルナぞ(こひ)しき。
093これよりは(つき)国々(くにぐに)経巡(へめぐ)りて
094やがて(すす)まむハルナ(みやこ)へ。
095(きみ)ゆかば鬼熊別(おにくまわけ)御柱(みはしら)
096竜山別(たつやまわけ)をよきに(つた)へよ。
097竜雲(りううん)魔神(まがみ)(みち)にありと()かば
098鬼熊別(おにくまわけ)(した)をまかさむ。
099さりながら()しきをすてて真心(まごころ)
100(はな)()()でしわれは真人(まびと)ぞ』
101黄金(わうごん)竜山別(たつやまわけ)(かみ)(つかさ)(こと)()
102わが()(きみ)によきに(つた)へむ。
103大黒主(おほくろぬし)(かみ)(つかさ)(みみ)()らば
104(たちま)(こころ)ひるがへしなむ。
105竜雲(りううん)(かみ)(つかさ)竜山別(たつやまわけ)
106名乗(なのり)るも(たれ)(まこと)とやせむ』
107竜雲(りううん)竜巻(たつまき)(くも)()()きし(その)(あと)
108(かがや)(わた)(つき)かげもあり
109()(つき)(みな)竜巻(たつまき)につつまれて
110(くも)りし(そら)()らす松風(まつかぜ)
111(まつ)()吹渡(ふきわた)りゆく科戸辺(しなどべ)
112(かぜ)こそ(かみ)御水火(みいき)なりけり』
113清照(きよてる)面白(おもしろ)竜山別(たつやまわけ)のいでたちを
114見送(みおく)るわれはほほゑまれぬる。
115()りわたる(あたま)鉢巻(はちまき)しめながら
116()でます姿(すがた)面白(おもしろ)きかな』
117竜雲(りううん)禿頭(はげあたま)ピカピカ(ひか)鉢巻(はちまき)
118(まが)(した)をば()かせむ(ため)ぞや。
119まかすとは(よわ)きをくじく(ゆゑ)ならず
120(まこと)(みち)にまかすのみなり。
121魔訶不思議(まかふしぎ)悪神(あくがみ)(たちま)(ぜん)となり
122(いま)(たふと)(かみ)(つかさ)よ』
123ヤスダラ『(いさ)ましき竜山別(たつやまわけ)(その)姿(すがた)
124坊主鉢巻(ばうずはちまき)よくも似合(にあ)へる』
125竜山別(たつやまわけ)『いざさらばこれの(やかた)竜山別(たつやまわけ)
126(この)武者振(むしやぶり)をよくみそなはせ。
127()(やま)草木(くさき)(かは)(たちま)ちに
128てらしてゆかむ(この)禿頭(はげあたま)
129()りわたる(かみ)大道(おほぢ)(あゆ)()
130(かみ)宿(やど)りて(かうべ)てるなり。
131禿頭(はげあたま)(くま)なく(ひか)清照(きよてる)
132(ひめ)(みこと)(あら)はれて()く。
133(とし)()いてあが顔色(かんばせ)黄金(わうごん)
134(ひめ)色香(いろか)にうつろひにけり』
135黄金(わうごん)馬鹿々々(ばかばか)(わが)肉体(からたま)()いぬれど
136(こころ)(わか)(はる)野草(のぐさ)よ。
137神国(かみくに)(すす)()()(おい)(わか)きの
138(へだ)てなければいつも(いさ)みぬ。
139(わが)()こそ六十路(むそぢ)(さか)()えぬれど
140(こころ)二八(にはち)優姿(やさすがた)かも』
141竜山別(たつやまわけ)『これはしたりわが言霊(ことたま)のすべりすぎて
142(おも)はぬ(かた)におち()きにける。
143黄金(わうごん)(ひめ)(みこと)(ゆる)せかし
144(きみ)()いしと()ひし(あやま)ち。
145(ことわざ)(すずめ)(ひやく)まで牡鳥(をんどり)
146(わす)れぬと()(なぞ)(わす)れし。
147何事(なにごと)(ひろ)(こころ)神直日(かむなほひ)
148見直(みなほ)(たま)黄金姫司(わうごんひめつかさ)
149黄金(わうごん)不老不死(ふらうふし)(かみ)御国(みくに)()()いて
150常世(とこよ)(はる)をゑらぎ(たの)しむ。
151(この)()をば()てて御国(みくに)(のぼ)るとも
152(わす)れざらまし(きみ)姿(すがた)は』
153竜山別(たつやまわけ)竜山別神(たつやまわけかみ)(みこと)禿頭(はげあたま)
154(わす)れむとして(わす)れざらまし。
155(つき)()もこれの(かうべ)にてりわたり
156(こころ)にしみて(むね)(あきら)けくなりぬ』
157セーラン『面白(おもしろ)(まこと)(みち)にまつろひし
158(ひと)(こと)()罪科(つみとが)もなし』
159大正一一・一一・二五 旧一〇・七 松村真澄録)