霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二五章 惜別歌(せきべつか)〔一一五〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第42巻 舎身活躍 巳の巻 篇:第5篇 出風陣雅 よみ:しゅっぷうじんが
章:第25章 第42巻 よみ:せきべつか 通し章番号:1150
口述日:1922(大正11)年11月25日(旧10月7日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年7月1日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
テームスはこれまでのイルナ国の政変を述懐し、竜山別について月の国を宣伝に回る覚悟を歌った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4225
愛善世界社版:299頁 八幡書店版:第7輯 747頁 修補版: 校定版:309頁 普及版:124頁 初版: ページ備考:
001 テームスは(また)(うた)ふ。
002『ハルナの(みやこ)にあれませる
003大黒主(おほくろぬし)神司(かむつかさ)
004右守(うもり)(かみ)(かた)らひて
005イルナの(しろ)占領(せんりやう)
006セーラン(わう)放逐(はうちく)
007右守(うもり)(かみ)刹帝利(せつていり)
008富貴(ふうき)栄華(えいぐわ)(きは)めむと
009(たくら)()れる由々(ゆゆ)しさに
010左守(さもり)(かみ)のクーリンス
011社稷(しやしよく)(うれ)ひましまして
012大梵天王(だいぼんてんわう)大前(おほまへ)
013(ぬかづ)(いの)りたまふ(をり)
014三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
015黄金(わうごん)世界(せかい)神柱(かむばしら)
016秋野(あきの)(いろ)どる紅葉(もみぢば)
017(かみ)御稜威(みいづ)清照(きよてる)
018(ひめ)(みこと)二柱(ふたはしら)
019イルナの(くに)(よこ)ぎりつ
020ハルナの(みやこ)()でませば
021二人(ふたり)途中(とちう)(むか)()
022イルナの(みやこ)危難(きなん)をば
023()(のぞ)けよと御宣示(ごせんじ)
024いと(たふと)さに左守司(さもりがみ)
025(われ)間近(まぢか)()びたまひ
026四五(しご)従者(じゆうしや)()きつれて
027神力(しんりき)無双(むさう)神司(かむつかさ)
028(むか)へまつりて(きた)れよと
029(あふ)せられしぞ(たふと)けれ
030イルナの(しろ)(あと)にして
031秋風(あきかぜ)(わた)野路(のぢ)()
032イルナの(もり)手前(てまへ)にて
033地底(ちそこ)関所(せきしよ)(きみ)()てば
034(こゑ)(すず)しく宣伝歌(せんでんか)
035(うた)ひて(きた)神司(かむつかさ)
036あゝ有難(ありがた)(たふと)やと
037(こころ)(うち)()(をが)
038(よろこ)()もなく二柱(ふたはしら)
039いづくともなく御姿(みすがた)
040(かく)したまひし(かな)しさよ
041(しば)らくありて二柱(ふたはしら)
042イルナの(みやこ)()でまして
043悪魔(あくま)になやみたまひたる
044セーラン(わう)(すく)()
045高照山(たかてるやま)岩窟(がんくつ)
046(みちび)きたまひて千万(ちよろづ)
047(かみ)(をしへ)()りたまひ
048北光神(きたてるがみ)御恵(みめぐみ)
049(かたむ)きかけしイルナ(じやう)
050(もと)(かへ)して(いま)此処(ここ)
051妖雲(えううん)(たちま)払拭(ふつしき)
052至治太平(しちたいへい)瑞祥(ずゐしやう)
053(みと)めたるこそ(うれ)しけれ
054セーラン(わう)やクーリンス
055(かみ)(つかさ)御教(みをしへ)
056(したが)ひまつりテームスは
057()さへ(たふと)宣伝使(せんでんし)
058竜山別(たつやまわけ)(したが)ひて
059魔神(まがみ)(たけ)荒野原(あらのはら)
060言霊(ことたま)戦隊(せんたい)組織(そしき)して
061(いで)()()とはなりにけり
062(おも)へば(おも)へば天地(あめつち)
063(かみ)(めぐみ)(あさ)からず
064(こころ)(くも)()(わた)
065(きよ)(たふと)宣伝使(せんでんし)
066四方(よも)()()言霊(ことたま)
067(めぐみ)(つゆ)(くさ)()
068堅磐常磐(かきはときは)(すゑ)までも
069(たす)けてゆかむ惟神(かむながら)
070(たふと)(かみ)御前(おんまへ)
071吾等(われら)一行(いつかう)成功(せいこう)
072(つつし)(ゐやま)()ぎまつる
073朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
074(つき)()つとも()くるとも
075たとへ大地(だいち)(しづ)むとも
076(かみ)(つか)へし宣伝使(せんでんし)
077如何(いか)(こころ)(へん)ずべき
078(とら)(おほかみ)獅子(しし)(くま)
079(しこ)餌食(ゑじき)となるとても
080(かみ)のたまひし(わが)身魂(みたま)
081天国(てんごく)浄土(じやうど)参上(まゐのぼ)
082神霊界(しんれいかい)消息(せうそく)
083(あきら)(きた)りて()(うへ)
084(また)もや(うれ)しく降臨(かうりん)
085七度(ななたび)八度(やたび)()きかはり
086()にかはりつつ三五(あななひ)
087(をしへ)(ひら)かで()くべきか
088今日(けふ)目出度(めでた)宣伝使(せんでんし)
089悪魔(あくま)征討(せいたう)首途(かどで)ぞや
090竜山別(たつやまわけ)よレーブ、カル
091(いさ)めよ(いさ)めよよく(いさ)
092(いの)れよ(いの)れよよく(いの)
093(くだ)らぬ理屈(りくつ)()(のぞ)
094仁慈(じんじ)(みち)一条(ひとすぢ)
095四方(よも)国々(くにぐに)委曲(まつぶさ)
096(ひら)きて世人(よびと)天国(てんごく)
097(すく)ひて(すす)宣伝使(せんでんし)
098()にも(たふと)(かぎ)りなり
099セーラン(わう)北光(きたてる)
100(かみ)(つかさ)よ、いざさらば
101(われ)はこれより(いとま)()
102七千余国(しちせんよこく)(つき)(くに)
103(くま)なく(めぐ)大神(おほかみ)
104(たふと)(みち)宣伝(せんでん)
105(なほ)(すす)んで筑紫国(つくしくに)
106竜宮島(りうぐうじま)はまだ(おろ)
107高砂島(たかさごじま)常世国(とこよくに)
108自凝島(おのころじま)()てまでも
109(かみ)(ひかり)()らされて
110(わが)天職(てんしよく)完全(くわんぜん)
111(つく)しまつらむ(いさ)ましさ
112国治立大御神(くにはるたちのおほみかみ)
113豊国主大御神(とよくにぬしのおほみかみ)
114神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
115御前(みまへ)(つつし)()ぎまつる。
116(この)()をば(つく)(たま)ひし国治(くにはる)
117(たち)(みこと)御稜威(みいづ)(たふと)き。
118(われ)(いま)イルナの(みやこ)(あと)にして
119(まこと)(みち)(すす)むうれしさ。
120(すす)()大野(おほの)(はら)にさやりたる
121(しこ)身魂(みたま)()らし()くかも。
122竜山(たつやま)(わけ)(みこと)(かうべ)()
123(あと)(したが)(われ)目出度(めでた)き。
124(やみ)()竜山別(たつやまわけ)諸共(もろとも)
125(すす)()()(くら)からじとぞ(おも)ふ』
126大正一一・一一・二五 旧一〇・七 加藤明子録)