霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二六章 宣直歌(のりなほしのうた)〔一一五一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第42巻 舎身活躍 巳の巻 篇:第5篇 出風陣雅 よみ:しゅっぷうじんが
章:第26章 第42巻 よみ:のりなおしのうた 通し章番号:1151
口述日:1922(大正11)年11月25日(旧10月7日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年7月1日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
竜山別は滑稽な歌を歌って口を切り、自分は実ははるか昔に言霊別の御子として生まれた竜山別の生まれ変わりであると明かした。かつて国照姫の命に背いて悪神に従った自分も、今日改めて司となることができたと述懐した。
一同はお互いに別れを惜しむ歌を交わし、それぞれ宣伝の旅に出立することとなった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4226
愛善世界社版:305頁 八幡書店版:第7輯 749頁 修補版: 校定版:315頁 普及版:126頁 初版: ページ備考:
001竜山別(たつやまわけ)常暗(とこやみ)(くも)()てたる()(なか)
002竜山別(たつやまわけ)(かしら)(たふと)き。
003()(たま)(ひか)(しるし)(かうべ)まで
004(きよ)()るなり竜山別(たつやまわけ)は』
005テームス『有難(ありがた)(かうべ)まで()神司(かむづかさ)
006(われ)(あた)へし(かみ)(かしこ)き。
007レーブ、カル(なれ)(よろこ)(かうべ)()
008(かみ)御供(みとも)(つか)へし()をば』
009清照(きよてる)面白(おもしろ)竜山別(たつやまわけ)神司(かむつかさ)
010常世(とこよ)(くに)まで()らしたまはむ』
011黄金(わうごん)()(わた)竜山別(たつやまわけ)(あたま)こそ
012機動(きどう)演習(えんしふ)道場(だうぢやう)なるらむ。
013(つき)()(みな)てり(わた)(かしら)こそ
014(あめ)(つち)とをわがものにせむ』
015竜山別(たつやまわけ)(つき)()(ほし)()るなる(わが)(かうべ)
016なほも宿(やど)らす天地(あめつち)(かみ)
017正直(しやうぢき)(かうべ)(かみ)宿(とま)るてふ
018その神柱(かむばしら)いとど目出度(めでた)き』
019カル『(つき)()(ほし)さへ宿(やど)をカル(かうべ)
020竜山別(たつやまわけ)(かみ)にまします』
021竜山別(たつやまわけ)『アハヽヽヽあきれ()てたる人々(ひとびと)
022その(こと)()(わが)(かほ)()れるも』
023サマリー『お(つむ)りは(ひか)りて老人(おいと)()えぬれど
024(あか)らむ(かほ)(わか)きをぞ()る』
025竜山別(たつやまわけ)(わか)がへり(わか)がへりして(うつ)()
026(うま)(きた)りし竜山別(たつやまわけ)よ。
027(われ)こそは言霊別(ことたまわけ)御子(みこ)なりし
028竜山別(たつやまわけ)(うま)(かは)りぞ。
029顕幽(けんいう)幾度(いくたび)となく出入(でいり)して
030(また)(この)()(はぢ)をかきしよ。
031わが(たま)神代(かみよ)(むかし)エルサレム
032醜原別(しこはらわけ)(したが)ひし(まが)
033国照(くにてる)(ひめ)(みこと)(そむ)きたる
034竜山別(たつやまわけ)(たま)御末(みすゑ)ぞ。
035さりながら(かみ)(ゆる)させたまひけむ
036今日(けふ)(あらた)めて(つかさ)となりぬ。
037ここだくの(つみ)(けが)れも荒磯(あらいそ)
038(なみ)()てたる(われ)(うれ)しき』
039テームス『いざさらば(きみ)御前(みまへ)竜山別(たつやまわけ)
040(つかさ)(とも)首途(かどいで)せむかな』
041竜山別(たつやまわけ)『レーブ、カル、テームス三人(みたり)(われ)(とも)
042三五(あななひ)(みち)(ひら)きゆくべし』
043清照(きよてる)『いざさらば右守(うもり)(かみ)のカールチン
044(えにし)()きじ(また)()はなむ。
045くれぐれも(ゆる)したまはれ(わが)(つみ)
046(うら)みたまはず(にく)みたまはず』
047カールチン『清照(きよてる)(ひめ)(つかさ)をヤスダラ(ひめ)
048(つかさ)(おも)ひし(われ)(おろ)かさ。
049(こころ)から(おも)はれ()はれ()るものと
050笑壺(ゑつぼ)()りし(われ)(おろ)かさ。
051いざさらば清照姫(きよてるひめ)大神(おほかみ)
052(みち)にまさしく(すす)みましませ』
053セーリス『(こころ)にもなき恋衣(こひごろも)着飾(きかざ)りて
054()(おう)せたる(われ)ぞうたてき。
055大君(おほぎみ)のみこと(かしこ)みユーフテスを
056わが()(きみ)(あふ)ぎまつらむ。
057はしたなき(をんな)とおぼし(たま)ふまじ
058まことより()(うそ)悪戯(いたづら)
059(そら)ごとも(いま)はまこととなりにけり
060(あやつ)りし(ひと)(いま)()ひつつ』
061ユーフテス『何事(なにごと)(かみ)()さしのままならば
062(こころ)(やす)かれセーリスの(ひめ)
063恋衣(こひごろも)幾重(いくへ)かさねて(いま)ははや
064()()(がた)()とはなりぬる』
065サモア『(われ)とても(かみ)大道(おほぢ)(そむ)きたる
066(しこ)醜業(しこわざ)(あへ)てせしかな。
067(いと)ひてし(ひと)夫婦(めをと)(ちぎり)をば
068(むす)ぶも(かみ)(こころ)なるらむ。
069(いま)はただ(こひ)しくなりぬマンモスの
070わが()(きみ)千代(ちよ)(ちぎ)らむ。
071マンモスよ(ゆる)させたまへ(いつは)りの
072(こころ)(きたな)(わが)(おこな)ひを』
073マンモス『何事(なにごと)(あした)(つゆ)()()てし
074今日(けふ)(こころ)朝日(あさひ)()るなり。
075朝日影(あさひかげ)(やうや)西(にし)にイルナ(じやう)
076(ゆふべ)(ちぎ)(たの)もしきかな。
077常暗(とこやみ)()(むつ)びあふ(こひ)(みち)
078しばしば(くも)のかからざらめや』
079サモア『(たの)もしきわが()(きみ)(こと)()
080(はな)()(はる)()心地(ここち)せり。
081千代(ちよ)八千代(やちよ)(かは)らず(むつ)(した)しみて
082世人(よびと)のために(みち)(ひら)かむ』
083北光(きたてる)天地(あめつち)(つつ)雲霧(くもきり)くまもなく
084()(わた)りたる今日(けふ)(たふと)き』
085セーラン『常夜(とこよ)()(やみ)()れけり三五(あななひ)
086(つき)(ひかり)()らされし()は』
087黄金(わうごん)(つき)()西(にし)にイルナの(しろ)()
088千代(ちよ)寿(ことほ)群烏(むらがらす)かな』
089清照(きよてる)大神(おほかみ)(ひかり)(くま)なく()(わた)
090イルナの(しろ)()(かげ)もなし』
091竜山別(たつやまわけ)『いざさらば(わが)大君(おほぎみ)(いとま)()
092(つき)山路(やまぢ)()らしゆくべし』
093ハルマン『駒彦(こまひこ)(こころ)(こま)にむちうちて
094ハルナの(みやこ)へかけりゆくかも。
095春駒(はるこま)(いさ)(すす)んで三五(あななひ)
096(みち)(つた)へゆく(われ)(うれ)しき』
097ヤスダラ『大君(おほぎみ)(かな)しき(たもと)(わか)ちつつ
098(うれ)しき(みち)(たび)をなすかな』
099カールチン『いざさらば(もも)(つかさ)(つつが)なく
100(かみ)大道(おほぢ)(すす)()きませ』
101クーリンス『常闇(とこやみ)()()(わた)るイルナ(じやう)
102左守(さもり)(つかさ)(こころ)(いさ)めり。
103ヤスダラの(ひめ)(みこと)(こころ)して
104虎伏(とらふ)野辺(のべ)(すす)()きませ。
105惟神(かむながら)(かみ)(をしへ)をよく(まも)
106(やす)()きませハルナの(みやこ)へ』
107ヤスダラ『いざさらば(ちち)(みこと)よまめやかに
108(いのち)ながらへ(きみ)(つか)へませ』
109 かく(おのおの)(うた)()(かは)し、110()しき(わか)れを()げて、111宣伝(せんでん)(たび)出立(しゆつたつ)する(こと)となつた。112(ふゆ)太陽(たいやう)煌々(くわうくわう)として(ななめ)宣伝使(せんでんし)頭上(づじやう)()らさせ(たま)うた。113あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
 
114大正一一・一一・二五 旧一〇・七 加藤明子録)