霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

余白歌

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第42巻 舎身活躍 巳の巻 篇:余白歌 よみ:
章:第42巻 よみ:よはくか 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年7月1日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm428801
愛善世界社版: 八幡書店版: 修補版: 校定版: 普及版: 初版: ページ備考:
から(くに)天竺(あまき)(そら)旭子(あさひこ)
(ひかり)()るる五六七(みろく)神世(みよ)なり〈総説に代へて(初)〉
村肝(むらきも)(こころ)(くだ)魂研(たまみが)
人類愛(じんるいあい)世人(よびと)(みちび)かむ〈総説に代へて(初)〉
久方(ひさかた)雲井(くもゐ)()けてさし(のぼ)
三五(さんご)(つき)(かげ)のさやけさ〈総説に代へて(三)〉
(とき)ならぬ()(あたた)かき天地(あめつち)
()ゆるばかりの(かみ)のわづらひ〈二章(初)〉
(ふゆ)()(さむ)さを()らぬ甲子(きのえね)
(よく)()えたる()(ため)ぞかし〈二章(初)〉
()(そこ)発動(はつどう)したる雷神(らいじん)
(こゑ)()くべき(とき)(ちか)みぬ〈四章(初)〉
ポツポツと()()のつぶやく(こゑ)きけば
まばらの(あめ)()りそそぎをり〈五章(初)〉
以都美(いづみ)なす(めぐ)みの(つゆ)()びながら
()(きよ)めむと右往左往(うおうさおう)する〈八章(初)〉
もろこしの(くに)より(かへ)北村(きたむら)
(いさを)(たか)(ひか)()めけり〈八章(初)〉
から(くに)(かへ)らむ(ひと)松村(まつむら)
いさをは(たか)真澄大空(ますみおほぞら)〈八章(初)〉
大深(おほふか)以都美(いづみ)(きよ)めし(ゆめ)()
金銀鉄面(きんぎんてつめん)三人(さんにん)醜男(しこを)〈九章(初)〉
上中下(じやうちうげ)三枝(さんし)のナイスに憧憬(あこが)れて
(こひ)のとりことなりし醜人(しこびと)〈九章(初)〉
以都美(いつみ)てもでかい眼玉(めだま)でギロギロと
はやぶさの(ごと)(とり)()ねらふ〈九章(初)〉
()(すゑ)(くだ)りて(みやこ)真中(まんなか)
虎狼(とらおほかみ)()(たけ)るなり〈十章(初)〉
国民(くにたみ)(こころ)曇晴(くもりは)れざれば
(かみ)守護(まもり)のいかであるべき〈十二(三)〉
(あさ)にげに(かみ)正道(まさみち)ふみしめて
永遠(とは)(いのち)(たも)国人(くにびと)〈十二章(三)〉
国々(くにぐに)経済界(けいざいかい)()(みだ)
猶太(ユダヤ)邪神(じやしん)はほくそ()みつつ〈十四章(三)〉
国といふ国はことごとマツソンの
経済戦(けいざいせん)(なや)まされをり〈十四章(三)〉
九分九厘(くぶんくり)のドタン()となり千早振(ちはやふ)
(かみ)(ひかり)邪神(まが)(ほろ)びむ〈十四章(三)〉
高見(たかみ)から瞰下(みおろ)(あや)天声社(てんせいしや)
()大元男(おほもとを)直日(なほひ)()るかな〈十五章(初)〉
()もすがら()()(さま)(しの)ぶれば
腮辺(しへん)涙雨(なみだあめ)()りしく〈十六章(初)〉
御空(みそら)()飛行機(ひかうき)のかげ(なが)めつつ
(せま)日本(にほん)(なや)みを(おも)〈十六章(三)〉
国民(くにたみ)今更(いまさら)のごと皇道(くわうだう)
(きわ)めむとして狼狽(うろた)(さわ)げり〈十七章(三)〉
(くに)のため世人(よびと)のために(あさ)(ゆふ)
(こころ)(くだ)くわれぞ甲斐(かひ)なき〈十九章(初)〉
青年(せいねん)(こころ)(つな)(ゆる)みつつ
(とら)ふるものの()きぞうたてき〈十九章(初)〉
()のなやみ(はら)(きよ)めむと(おも)ふゆゑに
(もも)のなやみも(おそ)れざりけり〈十九章(三)〉
(かみ)さびし並木(なみき)(まつ)千代祝(ちよいは)
みさわの(つる)()ぐふ御代(みよ)かな〈二十一章(初)〉
小波(さざなみ)志賀(しが)(うみ)より(ふか)かれと
(いの)言霊(ことたま)琵琶(びは)()すさび〈二十一章(初)〉
唐大和(からやまと)(へだ)芝垣打(しばがきう)ちやぶり
共に(たの)しむデイアヂヤルデーノ(神の国)〈二十二章(初)〉
(よろこ)ぶといふ()は三七二十一
モ一ツ()めば二十二(二重に)(よろこ)〈二十二章(初)〉
()(はら)稲葉(いなば)(やま)紅葉(もみぢば)
()()ふころは(しづ)かなるらむ〈二十三章(初)〉
(ひと)()(せき)さへなくば優美(いうび)なる
(きみ)のみかげにかくれたくぞ(おも)〈二十三章(初)〉
政変(せいへん)(うはさ)きくたび(おも)ふかな
有徳(うとく)人士(じんし)(すくな)日本(にほん)〈巻末(三)〉
(われ)今神国(いまみくに)(ため)(つく)さむと
若人等(わかうどたち)皇道(くわうどう)()けり〈巻末(三)〉
はなばなしく(おもて)(われ)()でざれど
(みづ)()らさぬ経綸(しぐみ)()きをり〈巻末(三)〉
[この余白歌は八幡書店版霊界物語収録の余白歌を参考に作成しました]