霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

序文(じよぶん)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第43巻 舎身活躍 午の巻 篇:前付 よみ:
章:序文 よみ:じょぶん 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年11月26日(旧10月8日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年7月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
天地惟神の御庇護のもとに口述を開始し、十三か月と十日を費やして、霊界物語第四十三巻を亀岡にて編纂し終わった。
大正十一年十一月二十八日、旧十月十日という因縁の深い吉祥日である。十の月十の日は、円満具足、完全無欠を意味する。
大本秋季大祭の終了後、高熊山参拝を済ませ、その後亀岡にて本巻を講了した。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:前付 1頁 八幡書店版:第8輯 27頁 修補版: 校定版:前付 1頁 普及版:前付 1頁 初版: ページ備考:
001 天地(てんち)惟神(かむながら)御庇護(ごひご)(もと)口述(こうじゆつ)開始(かいし)より今日(こんにち)(いた)(ほとん)十三箇月(じふさんかげつ)十日(とをか)日子(につし)(つひや)し、002瑞月(ずゐげつ)霊界物語(れいかいものがたり)第四十三巻(だいしじふさんくわん)亀岡(かめをか)(おい)編纂(へんさん)(をは)ることを()ました。003筆記者(ひつきしや)(きは)めて熱心(ねつしん)寝食(しんしよく)(わす)れて就事(じうじ)されたのは、004(けつ)して普通事(ふつうじ)ではありませぬ。005(しか)本日(ほんじつ)大正(たいしやう)十一年(じふいちねん)十一月(じふいちぐわつ)二十八日(にじふはちにち)陰暦(いんれき)十月(じふぐわつ)十日(とをか)()ふ、006(かみ)(みち)()つても(もつと)因縁(いんねん)(ふか)吉祥日(きつしやうび)であります。007(ふゆ)(はじ)めとはいへ陽気(やうき)(きは)めて(あたた)かく、008梅花(ばいくわ)(にほ)花鳥(うぐひす)(きた)つて(きみ)()瑞祥(ずゐしやう)(はる)(うた)ふかとばかり(おも)はるるやうな、009気持(きもち)()()であります。010(たり)(つき)(たり)()()円満(ゑんまん)具足(ぐそく)完全無欠(くわんぜんむけつ)意味(いみ)するものです。011口述者(こうじゆつしや)瑞月(ずゐげつ)012侍者(じしや)鮮月(せんげつ)013(まつ)神代(かみよ)永遠無窮(ゑいゑんむきう)聖代(せいだい))に(ちな)みたる姓名(せいめい)松村(まつむら)真澄(まさずみ)()014北光(きたてる)(かみ)()(ちな)みある北村(きたむら)隆光(たかてる)()015(くは)ふるに婦人(ふじん)記録者(きろくしや)として加藤(かとう)明子(はるこ)()三人(さんにん)は、016相変(あひかは)らず綾部(あやべ)より出張(しゆつちやう)して(その)健腕(けんわん)(ふる)ひ、017一言一句(いちごんいつく)()らさず(ひろ)()げられたことを瑞月(ずゐげつ)衷心(ちうしん)より感謝(かんしや)する次第(しだい)であります。018大本(おほもと)秋季(しうき)大祭(たいさい)終了後(しうれうご)019高熊山(たかくまやま)参拝(さんぱい)()ませ、020(その)()引続(ひきつづ)亀岡(かめをか)にて目出度(めでた)本巻(ほんくわん)前後(ぜんご)三日間(みつかかん)光陰(くわういん)(つつ)まれて(やうや)講了(かうれう)いたしました。021惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
022   大正十一年十一月廿八日 旧十月十日