霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

総説(そうせつ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第43巻 舎身活躍 午の巻 篇:前付 よみ:
章:総説 よみ:そうせつ 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年11月26日(旧10月8日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年7月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
フサの国ウブスナ山のイソ館から神素盞嗚命の命により、インドの国のハルナの都にバラモン教の大黒主を言向け和し帰順せしめようと、黄金姫母娘と照国別の一行が旅立った。
その後、玉国別一行と治国別一行が、河鹿峠の南坂においてバラモン軍の先鋒である片彦、久米彦将軍の一隊と出くわし、言霊により敵を坂の下まで追い返した物語である。
玉国別の遭難により治国別兄弟の対面や、五十子姫が夫玉国別の危難を知って祠の森まで訪ねてくる悲痛な物語でもある。信仰の本義、師弟の情誼、夫婦の信愛、兄弟の友誼、朋友の信義等が本巻において説きしめされている。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:3頁 八幡書店版:第8輯 29頁 修補版: 校定版:3頁 普及版:1頁 初版: ページ備考:
001 本巻(ほんくわん)波斯国(フサのくに)産土山(うぶすなやま)斎苑館(いそやかた)より神素盞嗚命(かむすさのをのみこと)(めい)()印度(いんど)(くに)ハルナの(みやこ)婆羅門教(ばらもんけう)本拠(ほんきよ)(かま)へ、002五天竺(ごてんぢく)七千余ケ国(しちせんよかこく)有言不実行的(いうげんふじつかうてき)(をしへ)(ひら)き、003世界(せかい)攪乱(かくらん)せむとする大黒主(おほくろぬし)(はじ)(その)一派(いつぱ)(かみ)(たち)天地(てんち)惟神(かむながら)大道(だいだう)帰順(きじゆん)せしめむと、004黄金姫(わうごんひめ)母娘(おやこ)一行(いつかう)照国別(てるくにわけ)一行(いつかう)(はや)くも印度(いんど)()りし(のち)005玉国別(たまくにわけ)一行(いつかう)治国別(はるくにわけ)一行(いつかう)河鹿峠(かじかたうげ)南坂(みなみざか)(おい)てバラモン(ぐん)先鋒(せんぽう)片彦(かたひこ)006久米彦(くめひこ)将軍(しやうぐん)一隊(いつたい)出会(しゆつくわい)言霊(ことたま)打出(うちだ)(てき)(さか)(した)まで追還(おひかへ)したる大体(だいたい)物語(ものがたり)であります。007途中(とちう)玉国別(たまくにわけ)遭難(さうなん)より治国別(はるくにわけ)兄弟(きやうだい)対面(たいめん)008五十子姫(いそこひめ)(をつと)玉国別(たまくにわけ)危難(きなん)()つて、009負傷(ふしやう)(をつと)介抱(かいほう)せむと万難(ばんなん)(しの)びて(ほこら)(もり)まで(たづ)()たりたる、010悲痛(ひつう)物語(ものがたり)であります。011(また)信仰(しんかう)本義(ほんぎ)012師弟(してい)情誼(じやうぎ)013夫婦(ふうふ)親愛(しんあい)014兄弟(けいてい)友誼(いうぎ)015朋友(ほういう)信義(しんぎ)(とう)は、016本巻(ほんくわん)(おい)()(しめ)されてあります。017(さいはひ)御一読(ごいちどく)あらむことを希望(きばう)いたします。
018   大正十一年十一月廿八日 旧十月十日