霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一〇章 (よる)(ひる)〔一一六一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第43巻 舎身活躍 午の巻 篇:第3篇 河鹿の霊嵐 よみ:かじかのれいらん
章:第10章 夜の昼 よみ:よるのひる 通し章番号:1161
口述日:1922(大正11)年11月27日(旧10月9日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年7月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
宣伝使亀彦は治国別と名を改めて、万公、晴公、五三公の三人の供を従え、河鹿峠の山麓に進んできた。一行は頂上に着き、あたりの岩に腰を掛けて四方の原野を見晴らし、これまでの来し方行く末を語り合っていた。
治国別は、バラモン軍が峠を渡って斎苑館に攻めてくるという神素盞嗚大神の言を三人に伝えた。そして、宣伝使の組を四つも五つも派遣したのは攻めてくるバラモン軍に対して言霊戦を開始するためであろうと述べた。
万公、晴公、五三公は滑稽なやり取りをしながら腹ごしらえをした。そのうちに人馬の物音が騒々しく聞こえてきた。治国別と晴公は宣伝歌を歌いながら道を下って行った。一行はバラモン軍を待ち受けるのに適切な急坂の上に陣取った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:147頁 八幡書店版:第8輯 82頁 修補版: 校定版:155頁 普及版:63頁 初版: ページ備考:
001斎苑(いそ)(やかた)()れませる
002(みづ)御魂(みたま)救主(すくひぬし)
003神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
004神言(みこと)(かしこ)亀彦(かめひこ)
005治国別(はるくにわけ)(あらた)めて
006万公(まんこう)晴公(はるこう)五三公(いそこう)
007三人(みたり)御供(みとも)(したが)へつ
008(かみ)(をしへ)菊子姫(きくこひめ)
009(つま)(みこと)相別(あひわか)
010(こがらし)(すさ)(あき)()
011(あし)(まか)せてテクテクと
012河鹿峠(かじかたうげ)山麓(さんろく)
013(すす)(きた)れる(をり)もあれ
014千引(ちびき)(いは)()()れと
015いはぬ(ばか)りに()きつける
016科戸(しなど)(かぜ)(おもて)をば
017さらして(やうや)頂上(ちやうじやう)
018(いき)をはづませ(のぼ)りつき
019あたりの(いはほ)(こし)をかけ
020四方(よも)原野(げんや)()はらして
021(わが)()のこし(かた)行末(ゆくすゑ)
022(おも)ひまはすぞ(ゆか)しけれ。
023万公(まんこう)先生様(せんせいさま)024(なん)()風景(ふうけい)ぢやありませぬか。025河鹿峠(かじかたうげ)頂上(ちやうじやう)から四方(しはう)()はらす光景(くわうけい)何時(いつ)素的(すてき)ですが、026あれを御覧(ごらん)なさいませ。027広大(くわうだい)なる原野(げんや)(はて)に、028白雲(しらくも)(きぬ)(かぶ)つて、029(あたま)をチヨツクリと()してる()高山(かうざん)は、030(なん)とも()へぬ(ただ)しい姿(すがた)ぢやありませぬか。031八合目(はちがふめ)以下(いか)綿(わた)(ころも)(つつ)まれ、032(あたま)(うへ)常磐木(ときはぎ)鬱蒼(うつさう)()(しげ)り、033(こし)あたりに白雲(しらくも)(おび)引締(ひきし)めてゐる光景(くわうけい)()つたら、034(なん)とも()へない(ゆか)しさ(いな)035(なが)めですなア。036()四方(しはう)()はらした(やま)(うへ)()つてゐると、037(なん)だか第一天国(だいいちてんごく)へでも(のぼ)りつめたやうな気分(きぶん)(ただよ)ふぢやありませぬか。038(ねが)はくはいつ(まで)斯様(かやう)崇高(すうかう)景色(けしき)(なが)めて、039ここに千年(せんねん)万年(まんねん)粘着(ねんちやく)して()りたいものですなア』
040治国別(はるくにわけ)『さうだ、041(まへ)()(とほ)り、042雄大(ゆうだい)景色(けしき)だなア。043佐保姫(さほひめ)もこれ(だけ)(にしき)を、044広大無辺(くわうだいむへん)原野(げんや)一時(いちじ)(おり)なすといふのは、045余程(よほど)(ほね)()れる(こと)だらう。046これを(おも)へば天然力(てんねんりよく)(いな)(かみ)(ちから)偉大(ゐだい)なものだ。047造化(ざうくわ)妙機(めうき)活動(くわつどう)(くら)ぶれば、048(じつ)吾々(われわれ)活動(くわつどう)九牛(きうぎう)一毛(いちまう)にも()らないやうな(かん)じがして、049(まこと)神様(かみさま)(たい)しお(はづ)かしいやうだ。050アヽかかる(うる)はしき地上(ちじやう)天国(てんごく)晏如(あんじよ)として(せい)(おく)らして(いただ)吾々(われわれ)(かみ)()(なん)たる幸福(かうふく)なことであらう。051(かみ)(つく)られし山河原野(さんかげんや)俺達(おれたち)のやうに(べつ)(あさ)から(ばん)まで(やかま)しく言問(ことと)ひせなくても、052(はな)()時分(じぶん)には一切(いつさい)平等(べうどう)(はな)()かし、053()(むす)(とき)には統一的(とういつてき)()(むす)ぶ。054(じつ)(かみ)(ちから)絶大(ぜつだい)なものだ』
055晴公(はるこう)(じつ)晴々(はればれ)とした光景(くわうけい)ですなア。056(てん)()()(てん)か、057(ほとん)判別(はんべつ)がつかないやうな極楽(ごくらく)光景(くわうけい)ぢやありませぬか。058(この)無限(むげん)絶大(ぜつだい)なる世界(せかい)(せい)()け、059自然(しぜん)天恵(てんけい)十二分(じふにぶん)(たのし)み、060自由自在(じいうじざい)一切(いつさい)万物(ばんぶつ)左右(さいう)()権能(けんのう)(あた)へられ(なが)ら、061(ちひ)さい(よく)(とら)はれて屋敷(やしき)(さかひ)(あらそ)うたり、062田畑(たはた)(くろ)取合(とりあ)ひしたりしてゐる人間(にんげん)(こころ)(わか)らぬぢやありませぬか。063(わたし)(いま)となつて(この)景色(けしき)()るに()け、064神様(かみさま)のお(ちから)偉大(ゐだい)なるに(おどろ)きました。065ヤツパリ人間(にんげん)(ひく)(ところ)齷齪(あくせく)して世間(せけん)()ずに(くら)してると、066自然(しぜん)()(ちひ)さくなり、067小利小欲(せうりせうよく)(とら)はれて、068(みづか)苦悩(くなう)(たね)()くやうになるものですなア。069あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
070治国別(はるくにわけ)(しか)(なが)大神様(おほかみさま)(うけたま)はれば、071バラモン(けう)大黒主(おほくろぬし)軍勢(ぐんぜい)(この)(たうげ)(わた)りて斎苑(いそ)(やかた)()(きた)るとの(こと)だ。072吾々(われわれ)宣伝使(せんでんし)四組(よくみ)五組(いつくみ)(つき)(くに)御派遣(ごはけん)(あそ)ばしたのも、073(ふか)思召(おぼしめし)のあることだらう。074ハルナの(みやこ)などは黄金姫(わうごんひめ)(さま)御一行(ごいつかう)がお()でになれば十分(じふぶん)だ。075(えう)するに吾々(われわれ)大黒主(おほくろぬし)軍隊(ぐんたい)(むか)つて言霊戦(ことたません)開始(かいし)すべく派遣(はけん)されたのであらう。076さうでなくては、077何程(なにほど)勢力(せいりよく)無限(むげん)大黒主(おほくろぬし)だとて斎苑(いそ)(やかた)宣伝使(せんでんし)078(ほとん)総出(そうで)といふやうな大袈裟(おほげさ)なことは神様(かみさま)(あそ)ばす(はず)がない。079前達(まへたち)(その)(かんが)へで()らなくてはならないぞ。080(つき)(くに)()()大国(たいこく)五天竺(ごてんじく)といつて五州(ごしう)大別(たいべつ)され、081七千余ケ国(しちせんよかこく)刹帝利族(せつていりぞく)国王(こくわう)となつて、082(たがひ)(しのぎ)(けづ)り、083(この)(うる)はしき地上(ちじやう)天国(てんごく)修羅道(しゆらだう)現出(げんしゆつ)してゐるのだから、084仁慈(じんじ)無限(むげん)大神(おほかみ)(こころ)奉戴(ほうたい)し、085吾々(われわれ)一行(いつかう)如何(どう)しても五六七(みろく)神政(しんせい)出現(しゆつげん)()めに粉骨砕身的(ふんこつさいしんてき)活動(くわつどう)(はげ)まねばなるまい、086(じつ)重大(ぢゆうだい)なる使命(しめい)(あた)へられたものだ。087天地(てんち)大神様(おほかみさま)十分(じふぶん)感謝(かんしや)をせなくてはならない。088あゝ有難(ありがた)有難(ありがた)し、089惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
090合掌(がつしやう)瞑目傾首(めいもくけいしゆ)してゐる。
091五三公(いそこう)『モシ先生様(せんせいさま)092(はなし)(とほ)りならば、093大黒主(おほくろぬし)軍隊(ぐんたい)はキツと途中(とちう)吾々(われわれ)遭遇(でくわ)すでせうなア』
094治国別(はるくにわけ)『ウン、095最早(もはや)()もあるまい。096各自(かくじ)腹帯(はらおび)(しつか)()めておかねばなるまいぞ』
097五三公(いそこう)『ハイ、098それは斎苑館(いそやかた)出立(しゆつたつ)(とき)から、099(はら)瓢箪(へうたん)になる(ほど)細帯(ほそおび)でしめて()ました。100(あか)(すぢ)がついて(いた)(くらゐ)ですもの、101大丈夫(だいぢやうぶ)ですワ。102(しか)(すこ)しく(はら)()りましたから、103ここでパンでも(いただ)きますか。104さうでなくては、105一度(いちど)()(なほ)さなくちやズリさうになつて()ました』
106治国別(はるくにわけ)『アハヽヽヽ』
107万公(まんこう)『オイ五三(いそ)108(わか)らぬ(をとこ)だなア。109そんな腹帯(はらおび)ぢやないワイ。110(こころ)腹帯(はらおび)をしめ……と仰有(おつしや)るのだ』
111五三公(いそこう)(こころ)腹帯(はらおび)て、112どんなものだい。113無形(むけい)腹帯(はらおび)如何(どう)して()めるのだ。114そんな荒唐無稽(くわうたうむけい)のことをいふと、115人心(じんしん)惑乱(わくらん)(つみ)で、116バラモン(しよ)拘引(こういん)されるぞ』
117万公(まんこう)『アツハヽヽヽ徹底的(てつていてき)没分暁漢(わからずや)だなア。118(てん)配剤(はいざい)(よろ)しきを()たりといふべしだ。119至聖(しせい)大賢(たいけん)(ばか)りが()(そろ)つてゐると、120道中(だうちう)固苦(かたくる)しくて()つから興味(きようみ)がないと(おも)つてゐたが、121五三公(いそこう)のやうなゴサゴサ人足(にんそく)混入(こんにふ)してゐるとは、122面白(おもしろ)いものだ。123(わる)()へば(てん)悪戯(いたづら)124よく()へば(てん)配剤(はいざい)だ。125チツとばかり貴様(きさま)がゐると(むし)(くすり)になるかも()れない。126アハヽヽヽ』
127五三公(いそこう)『コリヤ(あま)(くち)()ぎるぢやないか。128(なん)だ、129結構(けつこう)(かみ)生宮(いきみや)さまを(つか)まへて(たけ)()医者(いしや)(なん)ぞのやうに、130(てん)配剤(はいざい)だとは、131(あま)りバカにするぢやないか』
132万公(まんこう)『クス クス クス』
133五三公(いそこう)『コリヤ、134(たぬき)青松葉(あをまつば)(くす)べた(とき)のやうに、135(なに)をクスクス(ぬか)すのだ。136チツと(おれ)のいふことも()せんやく煎薬(せんやく))して()け、137こうやく膏薬(かうやく))の(ため)になるから、138ヤクザ人足(にんそく)()139そんな(こと)でマサカの(とき)のおやく()つかい、140エヽー』
141万公(まんこう)『そんなこた、142如何(どう)でもいゝワ。143(はや)くパンでも(いただ)いて(はら)をドツシリと(こしら)へ、144(てき)襲来(しふらい)(そな)へるのだ。145グヅグヅしてはゐられないぞ』
146五三公(いそこう)(てき)(そな)へてやる(だけ)のパンがあるかい。147自分(じぶん)生宮(いきみや)鎮座(ちんざ)まします(のど)神様(かみさま)仏様(ほとけさま)(そな)へる(だけ)より()つてゐないのだから、148余計(よけい)(てき)世話(せわ)(まで)やく必要(ひつえう)があるか。149(てき)兵糧(ひやうらう)(あた)へる(やつ)ア、150馬鹿(ばか)骨頂(こつちやう)だ』
151万公(まんこう)神様(かみさま)(みち)からいへば、152(てき)味方(みかた)(けつ)してあるものでない。153三十万年(さんじふまんねん)未来(みらい)に、154自転倒島(おのころじま)謙信(けんしん)155信玄(しんげん)といふ大名(だいみやう)があつて、156戦争(せんそう)をやつた(とき)に、157一方(いつぱう)(てき)()けて(しほ)(おく)つたといふ美談(びだん)があるさうだから、158(てき)仁慈(じんじ)(もつ)言向和(ことむけやは)すのには、159恩威(おんゐ)(なら)(おこな)はねば到底(たうてい)駄目(だめ)だ。160貴様(きさま)筆法(ひつぱふ)()へば丸切(まるき)りウラル(けう)(しき)だ。161自分(じぶん)さへよければ(ひと)はどうでもいいといふ邪神的(じやしんてき)主義精神(しゆぎせいしん)だから、162そんなことでは大任(たいにん)双肩(さうけん)(にな)(たま)治国別(はるくにわけ)先生(せんせい)のお(とも)(かな)はぬぞ。163アーン』
164治国別(はるくにわけ)『オイ万公(まんこう)165五三公(いそこう)166いらざる兄弟喧嘩(けうだいげんくわ)はやめたがよからうぞ。167サア(これ)からがお前達(まへたち)活動(くわつどう)舞台(ぶたい)だ』
168万公(まんこう)(てき)片影(へんえい)()ず、169(いま)から捻鉢巻(ねぢはちまき)をして気張(きば)つた(ところ)で、170マサカの(とき)になつたら()草臥(くたび)れて(ちから)()けて(しま)ふぢやありませぬか』
171治国別(はるくにわけ)『イヤイヤ半時(はんとき)(ばか)()てばキツと敵軍(てきぐん)出会(しゆつくわい)するにきまつてゐる。172玉国別(たまくにわけ)吾々(われわれ)とが(さか)上下(うへした)から言霊(ことたま)打出(うちだ)して、173(まこと)(みち)帰順(きじゆん)せしむべき段取(だんどり)がチヤンとついてゐるのだ。174()(こころ)落着(おちつ)けて、175(さわ)がない(やう)にせなくちやならぬぞ。176千載一遇(せんざいいちぐう)好機(かうき)だ、177(これ)(いつ)しては、178(かみ)大前(おほまへ)勲功(くんこう)(あら)はす時期(じき)はないぞ』
179万公(まんこう)『それ(ほど)(てき)間近(まぢか)押寄(おしよ)せて()りますか。180さう(うけたま)はらば吾々(われわれ)もウカウカしては()られませぬ。181(しか)(なが)黄金姫(わうごんひめ)(さま)照国別(てるくにわけ)(さま)一行(いつかう)大衝突(だいしようとつ)をやられたでせうなア』
182治国別(はるくにわけ)多少(たせう)衝突(しようとつ)はあつたであらう。183(しか)(いづ)れも御無事(ごぶじ)だ。184あの方々(かたがた)吾々(われわれ)とは使命(しめい)(ちが)ふのだから……丁度(ちやうど)(この)(くだ)(ざか)(たて)にとつて、185言霊戦(ことたません)開始(かいし)すれば屈竟(くつきやう)地点(ちてん)だ』
186 五三公(いそこう)は、
187『ヤアそれは大変(たいへん)188(とき)こそ(いた)れり、189(てき)間近(まぢか)(おし)よせたり。190(われ)こそは三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)治国別(はるくにわけ)幕下(ばくか)五三公命(いそこうのみこと)だ。191バラモン(けう)奴原(やつばら)192サア()(きた)れ。193一人(ひとり)二人(ふたり)邪魔(じやま)(くさ)いイヤ面倒(めんだう)だ。194百人(ひやくにん)千人(せんにん)(そく)()うて(たば)ねて一度(いちど)にかかれ。195ウンウンウン』
196左右(さいう)(こぶし)(かた)め、197(やや)()気味(ぎみ)になつて、198(むね)(あた)りをトントントンとなぐつてゐる。
199治国別(はるくにわけ)『アツハヽヽ五三公(いそこう)武者振(むしやぶ)りは(いま)(はじ)めて拝見(はいけん)した。200何時迄(いつまで)(その)(いきほひ)(つづ)けて(もら)ひたいものだなア』
201万公(まんこう)『コリヤ五三(いそ)蔭弁慶(かげべんけい)202(なん)(いま)からさうはしやぐと、203肝腎要(かんじんかなめ)(とき)になつて、204精力(せいりよく)消耗(せうもう)し、205弱腰(よわごし)()かし、206泣面(なきづら)天日(てんぴ)(さら)さねばならぬやうになるぞ。207モウ(すこ)沈着(ちんちやく)(かま)へぬかい。208狼狽者(あわてもの)だなア』
209五三公(いそこう)(てき)間近(まぢか)襲来(しふらい)()いて、210如何(どう)してこれが(さわ)がずに()られようか。211弓腹(ゆはら)ふり()堅庭(かたには)向股(むかもも)ふみなづみ、212淡雪(あはゆき)なせる()えちらし、213(いづ)雄健(をたけ)びふみ(たけ)び、214(いづ)嘖譲(ころび)(おこ)して、215(うみ)()かば水潜屍(みづくかばね)216(やま)()かば草生屍(くさむすかばね)大神(おほかみ)()にこそ()なめ、217(のど)には()なじ、218(ひたひ)()()(とも)背中(そびら)()()てじ、219(かへり)みは()じと、220弥進(いやすす)みに(すす)み、221弥逼(いやせま)りに(せま)り、222(やま)尾毎(をごと)()()せ、223(かは)瀬毎(せごと)()()らし、224(まつろ)(やは)言向和(ことむけやは)五三公(いそこう)さまの獅子(しし)奮迅(ふんじん)武者振(むしやぶり)だ。225(この)(くらゐ)(いきほひ)がなくて、226如何(どう)して大敵(たいてき)(あた)られるものかい』
227万公(まんこう)貴様(きさま)(しき)りに愚問(ぐもん)(はつ)するから、228此奴(こいつ)ア、229チト低能児(ていのうじ)だと(おも)つてゐたが、230比較的(ひかくてき)悧巧(りかう)なことを(なら)()てるぢやないか』
231五三公(いそこう)『きまつたことだい。232三五教(あななひけう)祝詞仕込(のりとじこみ)だ。233祝詞(のりと)(その)ままだ。234(むらが)りよせ()(てき)(はら)(たま)(きよ)(たま)へと(まを)すことの(よし)を、235(たひ)らけく(やす)らけく(きこ)()せと(まを)す。236惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
237万公(まんこう)『アツハヽヽヽ此奴(こいつ)(また)(えら)空威張(からゐば)りだなア、238のう晴公(はるこう)239余程(よほど)いゝ掘出(ほりだ)(もの)ぢやないか。240マサカの(とき)になつたら、241(しり)()かけてスタコラヨイサと()()代物(しろもの)だぜ』
242晴公(はるこう)『ウツフヽヽヽ』
243万公(まんこう)(ひと)此処(ここ)風流(ふうりう)気分(きぶん)(やしな)つて(まゐ)りませうか。244大敵(たいてき)(まへ)(ひか)悠々(いういう)として余裕綽々(よゆうしやくしやく)たりといふ益良男(ますらを)一団(いちだん)ですからなア』
245治国別(はるくにわけ)『ウン、246(ひと)つやつて()よ』
247万公(まんこう)()わたせば四方(よも)山野(やまの)(にしき)()
248(わが)一行(いつかう)(むか)へゐる(かな)
249五三公(いそこう)『なあんだ、250そんな怪体(けたい)(うた)があるかい、251かう(うた)ふのだ、252エヽー……
253()わたせば、山野(やまの)木々(きぎ)()れはてて
254(にしき)のやうに()えにける(かな)
255万公(まんこう)『ハツハヽヽヽ(なん)名歌(めいか)だなア、256柿本人麿(かきのもとひとまろ)運上取(うんじやうと)りに()るぞ』
257五三公(いそこう)(かき)(もと)ぢやないワ、258山上赤人(やまのうへのあかひと)だ。259(ひと)足曳(あしびき)山鳥(やまどり)()をやつてみようかな、260エヽー』
261万公(まんこう)『そりや面白(おもしろ)からう。262サアサア()んだり()んだり三十一文字(みそひともじ)を……』
263五三公(いそこう)(やま)()にあかん(ひと)こそ()ちにけり
264万更(まんざら)馬鹿(ばか)とは()えぬ万公(まんこう)
265万公(まんこう)『コリヤ五三(いそ)266チツと御無礼(ごぶれい)ぢやないか。267礼儀(れいぎ)といふことを(わきま)へてゐるか』
268五三公(いそこう)礼儀(れいぎ)()らぬ(やつ)がどこにあるかい。269擂鉢(すりばち)(なか)味噌(みそ)()れてする(やつ)ぢやないか、270エヽー。271それが(ちが)うたら、272売僧坊主(まいすばうず)失敗(しつぱい)言訳(いひわけ)(はら)()真似(まね)する道具(だうぐ)だ。273エヽー』
274万公(まんこう)『アハヽヽヽ此奴(こいつ)アいよいよ馬鹿(ばか)だ。275レンギと礼儀(れいぎ)間違(まちが)へてゐやがる』
276五三公(いそこう)(その)(くらゐ)間違(まちがひ)当然(たうぜん)だよ、277間違(まちがひ)だらけの()(なか)だ。278石屋(いしや)医者(いしや)間違(まちが)へたり、279役者(やくしや)学者(がくしや)混同(こんどう)したり、280大鼓(たいこ)大根(だいこ)とを(ひと)つにしたりする()(なか)だもの、281当然(たうぜん)だ。282エヽー』
283万公(まんこう)『ウツフヽヽヽだ、284イツヒヽヽヽだ、285アツハヽヽヽ阿呆(あはう)らしいワイ。286そんな馬鹿(ばか)なことをいつてゐると、287それ()ろ、288(とび)(やつ)289(おほ)きな(くち)をあけて(わら)つてゐやがるワ』
290五三公(いそこう)『きまつたことだよ。291()(はな)れた脱線(だつせん)()りを発揮(はつき)してるのだもの。292(とび)だつて、293(わら)つたり(あき)れたり(した)()いたりするだらうかい』
294治国別(はるくにわけ)三人(さんにん)ともパンを()つたかなア、295まだなら(はや)()つておかないと、296時期(じき)切迫(せつぱく)したやうだ』
297五三公(いそこう)『ハイ時機(じき)切迫(せつぱく)仰有(おつしや)いましたが、298(かしこ)まりました。299ジキに切迫(せつぱく)とパクついて(はら)でも(こしら)へませう。300ハラヒ(たま)(きよ)(たま)へだ』
301無駄口(むだぐち)(たた)(なが)ら、302パンを取出(とりだ)し、303パクつき(はじ)めた。
304 (かぜ)がもて()人馬(じんば)物音(ものおと)騒々(さうざう)しく()()(ごと)(みみ)()る。
305万公(まんこう)『ヤアお(いで)たなア。306コリヤア面白(おもしろ)い。307先生(せんせい)308(ひと)万公(まんこう)活躍(くわつやく)ぶりを御覧(ごらん)(くだ)さい、309花々(はなばな)しき大活躍(だいくわつやく)(えん)じて()ませう』
310治国別(はるくにわけ)(こころ)(おち)つけて三五教(あななひけう)精神(せいしん)(おと)さない(やう)一番槍(いちばんやり)功名(こうみやう)をやつて()たがよからう。311サア()かう』
312蓑笠(みのかさ)をつけ、313(つゑ)左手(ゆんで)(にぎ)り、314(のぼ)()(てき)(むか)つて悠々(いういう)(せま)らざる態度(たいど)()し、315宣伝歌(せんでんか)(うた)(なが)(くだ)つて()く。
316治国別(はるくにわけ)(かみ)(おもて)(あら)はれて
317(ぜん)(あく)とを立別(たてわ)ける
318(この)()(つく)りし(くに)(おや)
319国治立(くにはるたち)大神(おほかみ)
320(まも)(たま)へる(かみ)(みち)
321(あさ)(ゆふ)なに()(つく)
322(こころ)(つく)三五(あななひ)
323(かみ)(はしら)()れませる
324神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
325()れこそ(うづ)神司(かむつかさ)
326治国別(はるくにわけ)宣伝使(せんでんし)
327万世(よろづよ)(いは)亀彦(かめひこ)
328()さへ目出(めで)たき万公(まんこう)
329暗夜(やみよ)(はら)晴公(はるこう)さま
330三五(さんご)(つき)御教(みをしへ)
331ゆかりの(ふか)五三公(いそこう)
332三人(みたり)(つかさ)諸共(もろとも)
333七千余国(しちせんよこく)(つき)(くに)
334天地(てんち)(ふさ)曲神(まがかみ)
335(かみ)(たま)ひし言霊(ことたま)
336(まつろ)(やは)天国(てんごく)
337地上(ちじやう)()てむ御神策(ごしんさく)
338岩石(がんせき)崎嶇(きく)たる河鹿山(かじかやま)
339(はげ)しき(かぜ)()かれつつ
340()もなく()えて(きた)りけり
341あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
342御霊(みたま)(さち)はひましまして
343ハルナの(みやこ)(わだか)まる
344八岐大蛇(やまたをろち)化身(けしん)なる
345大黒主(おほくろぬし)軍隊(ぐんたい)
346これの難所(なんしよ)()()けて
347一人(ひとり)(のこ)さず言霊(ことたま)
348打平(うちたひら)げて斎苑館(いそやかた)
349(うづ)御前(みまへ)(かへ)(ごと)
350(まを)さむ(とき)こそ(きた)りけり
351あゝ(いさ)ましし(いさ)ましし
352(あさひ)()るとも(くも)るとも
353(つき)()つとも()くるとも
354(あらし)如何(いか)(つよ)くとも
355(てき)幾万(いくまん)()()とも
356いかでか(おそ)れむ生神(いきがみ)
357(をしへ)(まも)(わが)一行(いつかう)
358朝日(あさひ)(つゆ)(はる)(ゆき)
359(もろ)くも()ゆる曲津日(まがつひ)
360(みたま)行方(ゆくへ)(あは)(なり)
361(この)()(つく)(たま)ひたる
362国治立大神(くにはるたちのおほかみ)
363吾等(われら)一行(いつかう)信徒(まめひと)
364広大無辺(くわうだいむへん)神徳(しんとく)
365(くだ)(たま)ひて(この)(たび)
366吾等(われら)征途(せいと)()らしまし
367紅葉(もみぢ)あやなす(あき)()
368木々(きぎ)(こずゑ)()(あた)
369(しこ)(あらし)()ひし(ごと)
370(まが)千里(せんり)()()らし
371(てき)(まこと)言向(ことむ)けて
372(すく)ひやらむは()のあたり
373玉国別(たまくにわけ)一行(いつかう)
374(かみ)御言(みこと)(かしこ)みて
375(ほこら)(もり)木下蔭(こしたかげ)
376(つき)(ひかり)()(なが)
377吾等(われら)一行(いつかう)()つならむ
378(うへ)(した)より(はさ)(うち)
379神算鬼謀(しんさんきぼう)(この)仕組(しぐみ)
380暗黒無明(あんこくむみやう)(みたま)()
381片彦(かたひこ)久米彦(くめひこ)将軍(しやうぐん)
382()んで()()(なつ)(むし)
383(ふくろ)(ねづみ)(おな)じこと
384(おも)へば(おも)へば()(どく)
385直日(なほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)
386詔直(のりなほ)しつつ天地(あめつち)
387(をしへ)(みち)(すく)()
388(わが)()(うへ)(たの)しけれ
389あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
390御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
391 万公(まんこう)(あし)爪先(つまさき)(ちから)()れ、392(ふたた)()()夜嵐(よあらし)(おもて)()(なが)ら、393(つき)()(みち)(うた)ひつつ(くだ)りゆく。
394今宵(こよひ)(つき)(もち)(つき)
395(ひる)白昼(はくちう)(ごと)くなり
396河鹿(かじか)(やま)頂上(ちやうじやう)
397()ちて四方(しはう)()はらせば
398大野ケ原(おほのがはら)綾錦(あやにしき)
399紅葉(もみぢ)(その)となり()てぬ
400吾等(われら)一行(いつかう)四人連(よにんづれ)
401(ひる)(よる)とを間違(まちが)へて
402(たうげ)(うへ)佇立(ちよりつ)して
403四方(しはう)()はらす(とき)もあれ
404目下(ました)(きこ)ゆる(とき)(こゑ)
405(かぜ)がもて()足音(あしおと)
406つつ()(あが)りウントコシヨ
407バラモン(けう)魔軍(まいくさ)
408()(きた)りしと(おぼ)えたり
409いざいざさらば いざさらば
410千変万化(せんぺんばんくわ)言霊(ことたま)
411打出(うちだ)(てき)(ことごと)
412(あめ)(つち)との正道(まさみち)
413(まつろ)(やは)天国(てんごく)
414(その)(たの)しみを()(うへ)
415常磐堅磐(ときはかきは)()てむとて
416さしもに(けは)しき坂路(さかみち)
417(いきほひ)()んで(くだ)りゆく
418あゝ面白(おもしろ)面白(おもしろ)
419(かみ)(まか)せし吾々(われわれ)
420仮令(たとへ)数万(すまん)敵軍(てきぐん)
421如何(いか)でか(おそ)れひるまむや
422あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
423(かみ)(まも)りを(かうむ)りて
424晴公(はるこう)五三公(いそこう)二人(ふたり)とも
425シツカリ(いた)せよ(いま)(とき)
426(てき)間近(まぢか)(おし)よせた
427あれあれあの(こゑ)()いたかい
428半死半生(はんしはんしやう)(さけ)(ごゑ)
429兵児(へこ)()れよつた塩梅(あんばい)
430(こま)(またが)りハイハイと
431(のぼ)つて(きた)(こゑ)がする
432俺等(おれら)(さか)のてつぺから
433生言霊(いくことたま)打出(うちだ)せば
434不意(ふい)()たれし敵軍(てきぐん)
435(めん)(くら)つて(たちま)ちに
436潰走(くわいそう)するは()のあたり
437面白(おもしろ)うなつてお()でたな
438(あさひ)()るとも(くも)るとも
439(つき)()つとも()くるとも
440仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
441三五教(あななひけう)はやめられぬ
442(みち)(まも)つてゐたおかげ
443こんな勇壮(ゆうさう)活溌(くわつぱつ)
444実地(じつち)(いくさ)出来(でき)るのだ
445(むか)ふは兇器(きようき)数多(かずおほ)
446(やり)切先(きつさき)(そろ)()
447(はやし)(ごと)()(かざ)
448(せま)(きた)るに()きかへて
449此方(こちら)神変不可思議(しんぺんふかしぎ)
450無形(むけい)言霊(ことたま)(いさぎよ)
451ドンドンドンと()(いだ)
452(うへ)(した)への大戦(おほいくさ)
453(ちから)(ため)(とき)()
454ウントコドツコイ ドツコイシヨ
455(いま)こそ大事(だいじ)(からだ)ぞや
456一人(ひとり)(もつ)幾百(いくひやく)
457魔神(まがみ)(あた)貴重(きちよう)()
458(ゆび)(ひと)つでも怪我(けが)したら
459大神様(おほかみさま)()まないぞ
460あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
461(かみ)(ひかり)()のあたり
462(かがや)かし()らす(とき)()
463(すす)めよ(すす)めいざ(すす)
464(かみ)吾等(われら)(とも)にあり
465アイタヽタツタ(よる)(みち)
466目玉(めだま)(くる)うてしくじつた
467これこれモウシ宣伝使(せんでんし)
468ここが適当(てきたう)場所(ばしよ)でせう
469(てき)(のぼ)るを()()せて
470不意(ふい)打出(うちだ)言霊(ことたま)
471大接戦(だいせつせん)をやりませうか』
472治国別(はるくにわけ)(あま)(あわ)てて(くだ)るにも(およ)ぶまい。473ここが屈竟(くつきやう)場所(ばしよ)だ。474()(うた)でも(うた)つて、475(てき)近付(ちかづ)くのを()(こと)にしよう。476()()急坂(きふはん)だから、477(ちか)くに()えてゐても容易(ようい)(のぼ)つては()られまい』
478万公(まんこう)『ハアさうですなア。479()()(てき)行列(ぎやうれつ)拝見(はいけん)して(おもむろ)不意打(ふいうち)()はしてやりませうかい。480アハヽヽヽ』
481大正一一・一一・二七 旧一〇・九 松村真澄録)