霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一二章 双遇(さうぐう)〔一一六三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第43巻 舎身活躍 午の巻 篇:第3篇 河鹿の霊嵐 よみ:かじかのれいらん
章:第12章 双遇 よみ:そうぐう 通し章番号:1163
口述日:1922(大正11)年11月27日(旧10月9日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年7月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:182頁 八幡書店版:第8輯 95頁 修補版: 校定版:192頁 普及版:78頁 初版: ページ備考:
001 晴公(はるこう)夜道(よみち)(くだ)りながら、002(さる)人真似(ひとまね)気分(きぶん)(うた)ひだした。
003(ひる)さへ嶮岨(けんそ)山道(やまみち)
004ドンドンドンと(くだ)りゆく
005こりや(また)(なん)とした(こと)
006ウントコドツコイ ヤツトコシヨ
007(これ)矢張(やつぱり)(つき)さまの
008吾等(われら)()らしたまふ()
009どうしても月日(つきひ)()(なか)
010なければドツコイをさまらぬ
011月日(つきひ)(こま)()(ごと)
012早暮(はやく)れかかる(よる)(みち)
013ヒンヒンヒンと遠近(をちこち)
014(うま)(いなな)(きこ)()
015バラモン(けう)奴原(やつばら)
016()()()いたお(うま)さま
017(こゑ)まで貧相(ひんさう)(やつ)ぢやなア
018(ひん)すりや(どん)すと()(こと)
019(おれ)(まへ)から()いて()
020ヒンヒン()える痩馬(やせうま)
021(どん)(をとこ)()つて()
022河鹿峠(かじかたうげ)峻坂(しゆんぱん)
023一泡(ひとあわ)()いて()げかかる
024その為体(ていたらく)()るにつけ
025愛想(あいさう)()きてウントコシヨ
026早速(さつそく)(くち)(ふさ)がらぬ
027片彦(かたひこ)久米彦(くめひこ)将軍(しやうぐん)
028余程(よつぽど)(よわ)いやつぢやなア
029(ただ)一人(いちにん)(はる)さまの
030生言霊(いくことたま)()(おそ)
031全体(ぜんたい)(のこ)らず総崩(そうくづ)
032バラバラバラと坂道(さかみち)
033小石(こいし)()ちあけたその(ごと)
034味方(みかた)()()()()えて
035(いのち)からがら()()せぬ
036よい腰脱(こしぬ)けもあるものぢや
037大黒主(おほくろぬし)がウントコシヨ
038何程(なにほど)軍勢(ぐんぜい)()つとても
039あれ(ほど)(よわ)代者(しろもの)
040ウントコドツコイ ヤツトコシヨ
041()れて道中(だうちう)がなるものか
042足手(あして)(まと)ひにドツコイシヨ
043なる(やつ)ばかり、エンヤラヤ
044三千世界(さんぜんせかい)穀潰(ごくつぶ)
045(こめ)(たか)うなつたのも
046ガラクタ(ども)沢山(たくさん)
047ウヨウヨして()るその(ため)
048この調子(てうし)ではどうしても
049食料(しよくれう)問題(もんだい)ドツコイシヨ
050()(あが)らねば(をさ)まらぬ
051(かげ)(つき)(かく)したる
052(くも)(ころも)がぬげたよだ
053(みち)(にはか)(しろ)みえる
054(この)足形(あしがた)(なん)だらう
055痩馬(やせうま)(ども)爪先(つまさき)
056(かた)()ちたる蹄鉄(ていてつ)
057半月形(はんげつけい)沢山(たくさん)
058あちらこちらに()ちて()
059あゝ面白(おもしろ)面白(おもしろ)
060(かみ)御稜威(みいづ)()らされて
061(とら)(おほかみ)()えたける
062(うはさ)(たか)(この)(やま)
063()もなく(すす)吾々(われわれ)
064ウントコドツコイ天下一(てんかいち)
065古今無双(ここんむさう)豪傑(がうけつ)
066治国別(はるくにわけ)宣伝使(せんでんし)
067(さぞ)得意(とくい)(ござ)いませう
068(わたし)のやうなよい弟子(でし)
069よくマア(さが)()てたもの
070何程(なにほど)世界(せかい)(さが)しても
071二人(ふたり)(けつ)してありませぬ
072オツトドツコイ ドツコイシヨ
073()らず()らずに慢心(まんしん)
074(おに)()(つの)()りたてて
075つまらぬ(こと)をドツコイシヨ
076晴公(はるこう)(くち)から(ほざ)きよつた
077あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
078(たふと)(かみ)のお(まも)りに
079稜威(いづ)宮居(みやゐ)(この)(からだ)
080悪魔(あくま)(おそ)(こと)もなく
081いとすくすくと(かみ)(みち)
082(すす)ませ(たま)天地(あめつち)
083(たふと)(かみ)御前(おんまへ)
084(こころ)()るる晴公(はるこう)
085(かしこ)(かしこ)()ぎまつる
086あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
087御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ』
088 五三公(いそこう)(また)(うた)()したり。
089朝日(あさひ)(かがや)(つき)()
090斎苑(いそ)(やかた)神風(かみかぜ)
091()かれて(すす)吾々(われわれ)
092治国別(はるくにわけ)(したが)ひて
093河鹿峠(かじかたうげ)頂上(ちやうじやう)
094(また)もや(かぜ)にドツコイシヨ
095()きまくられて()(なや)
096あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
097(かみ)吾等(われら)をウントコシヨ
098()てさせたまはず直々(すくすく)
099さしも難所(なんしよ)坂道(さかみち)
100(こころ)(たひら)(やす)らかに
101(わた)らせたまひし有難(ありがた)
102バラモン(けう)神司(かむづかさ)
103片彦(かたひこ)久米彦(くめひこ)両人(りやうにん)
104数多(あまた)兵士(へいし)引率(いんそつ)
105吾等(われら)一行(いつかう)のウントコシヨ
106彼等(かれら)()つと()らずして
107(こま)(むちう)ちエイエイと
108()(なや)みたる(さか)(みち)
109(のぼ)(きた)るぞをかしけれ
110治国別(はるくにわけ)御許(おゆる)しを
111()けて万公(まんこう)()(いだ)
112胸突坂(むなつきざか)大手(おほて)をば
113(ひろ)げて(たちま)仁王立(にわうだ)
114似合(にあ)ふか()あはぬか()らないが
115言霊機関(ことたまきくわん)閉塞(へいそく)
116眼玉(めだま)をキヨロキヨロ()きだして
117絶句(ぜつく)したるぞをかしけれ
118ウントコドツコイ ドツコイシヨ
119又々(またまた)(つき)黒雲(くろくも)
120すつかりかかつて()たやうだ
121(わが)()(きみ)(みな)さまよ
122足許(あしもと)()をつけ(くだ)りませ
123(ほこら)(もり)(ちか)づいた
124懐谷(ふところだに)右手(めて)()
125(ましら)(こゑ)()きながら
126(こころ)いそいそ(すす)()
127(われ)天下(てんか)宣伝使(せんでんし)
128とは()ふもののドツコイシヨ
129(おほ)きな(こゑ)では()はれない
130やつとの(こと)候補生(こうほせい)
131まだぬくぬくの俺達(おれたち)
132ウントコドツコイ ドツコイシヨ
133又々(またまた)(つき)(あら)はれた
134矢張(やつぱり)俺等(おれら)はドツコイシヨ
135ドツコイドツコイ ヤツトコシヨ
136武運(ぶうん)(つよ)いに(ちが)ひない
137五三公(いそこう)五三公(いそこう)沢山(たくさん)
138万公(まんこう)さまが仰有(おつしや)るが
139この五三公(いそこう)があればこそ
140前代未聞(ぜんだいみもん)面白(おもしろ)
141山路(やまぢ)(たび)出来(でき)るのだ
142アイタヽヽタツタ(つまづ)いた
143あんまり(しや)べつて足許(あしもと)
144留守(るす)になつたと()えるわい
145(さか)(くだ)るに第一(だいいち)
146注意(ちゆうい)(えう)する(あし)(さき)
147(くち)()ぎるとウントコシヨ
148(わが)()(きみ)にウントコシヨ
149沈黙(ちんもく)(まも)れと(しか)られる
150ほんとにきつい坂路(さかみち)
151(そら)(つき)(かがや)きて
152(わが)(むね)さへも()(わた)
153()()(かぜ)(なん)のその
154(ちつと)(こころ)にかからない
155あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
156(かみ)(めぐみ)今更(いまさら)
157(つつし)感謝(かんしや)(たてまつ)
158朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
159(つき)黒雲(くろくも)(かく)るとも
160(とら)(おほかみ)()ゆる()
161悪魔(あくま)征討(せいたう)旅立(たびだ)ちは
162金輪奈落(こんりんならく)やめられぬ
163こんな愉快(ゆくわい)(こと)あろか
164あゝ面白(おもしろ)面白(おもしろ)
165アイタタツタツタまた()けた
166ドテライお(しり)(だい)なしに
167ウンと()(ほど)()ちました
168こりやこりや晴公(はるこう)万公(まんこう)
169(しばら)()つて()れぬかい
170(あし)(あや)しくなつて()
171折角(せつかく)此処(ここ)まで()いて()
172(とも)見捨(みす)ててスタスタと
173(すす)()くとは(なん)(こと)
174友達(ともだち)甲斐(がひ)のない(をとこ)
175そんな薄情(はくじやう)(こと)すると
176(この)()()つて幽界(いうかい)
177()ちた(その)(とき)ドツコイシヨ
178かういふもののアイタタツタ
179アイタタツタツタ(いた)いわいな
180地獄(ぢごく)(おに)()がやつて()
181八万地獄(はちまんぢごく)突落(つきおと)
182きつと成敗(せいばい)するだらう
183後生(ごしやう)(ため)(おも)ふなら
184(おれ)(たす)けて()くがよい
185(けつ)して(おれ)(ため)ぢやない
186(まへ)来世(らいせ)にウントコシヨ
187善因善果(ぜんいんぜんくわ)(よろこ)びを
188(ひと)にも()けずまる(もら)
189(その)種蒔(たねま)きぢやドツコイシヨ
190(おれ)同情(どうじやう)して()れよ
191あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
192(かみ)大地(おほぢ)にありながら
193仁義(じんぎ)をしらぬ万公(まんこう)
194晴公(はるこう)さまのすげなさよ
195これこれモーシ宣伝使(せんでんし)
196二人(ふたり)(しか)つて(くだ)しやんせ
197(かみ)かけ(ねん)(たてまつ)る』
198 万公(まんこう)()()まり、199(こし)(かが)めて(くだ)りゆく五三公(いそこう)(なが)め、
200『チエ、201(なん)だい、202肝腎要(かんじんかなめ)(とき)(くたば)りやがつて一体(いつたい)(その)腰付(こしつき)はどうしたのだい、203まるで二重腰(にぢゆうごし)ぢやないか』
204五三公(いそこう)『さうだから、205最前(さいぜん)から()つて()れと()つたぢやないか、206どうやら(こし)(ほね)(はづ)れたやうだ。207一寸(ちよつと)()()れないか』
208万公(まんこう)馬鹿(ばか)()へ、209(こし)(はづ)れたものが一足(ひとあし)だつて(ある)けるかい。210大方(おほかた)大腿骨(だいたいこつ)岩角(いはかど)()つたのだらう。211エヽ厄介者(やつかいもの)だなア。212グヅグヅして()ると宣伝使(せんでんし)(さま)(おく)れて仕舞(しま)ふ。213(しか)(これ)()りかけた(ふね)だ、214サア(なほ)してやらう』
215()ひながら、216平手(ひらて)()()五三公(いそこう)(こし)のあたりをピシヤピシヤと()つた。
217五三公(いそこう)『アイタタツタ、218これで(いき)(らく)になつた。219ヤア有難(ありがた)う、220()つべきものは矢張(やつぱり)親友(しんいう)だ』
221万公(まんこう)『サア(はや)()かう。222とうとう先生(せんせい)(かげ)()えなくなつて(しま)つた。223いそげ いそげ』
224五三公(いそこう)は、225『よし()た。226駆歩々々(かけあしかけあし)』と()(なが)万公(まんこう)(あと)について(けは)しき坂路(さかみち)(くだ)()く。
227
228 (はなし)(もと)(もど)る。229玉国別(たまくにわけ)230道公(みちこう)231純公(すみこう)三人(さんにん)は、232伊太公(いたこう)行方(ゆくへ)不明(ふめい)となつたのを()(あん)(なが)ら、233(いま)治国別(はるくにわけ)言霊(ことたま)()たれて(かへ)()るべき(てき)を、234言向和(ことむけやは)さむと、235手具脛(てぐすね)ひいて()つて()た。
236純公(すみこう)随分(ずゐぶん)道公(みちこう)(めう)(ゆめ)()たものだなア。237矢張(やつぱり)常平生(つねへいぜい)から、238仕様(しやう)もない(こと)(かんが)へて()るから、239(ばく)()はないやうな、240()(たい)(ゆめ)()よつたのだ。241本当(ほんたう)(これ)(おも)へばお(まへ)身魂(みたま)開闢(かいびやく)以来(いらい)デレさまと()えるのう、242ウフヽヽヽ』
243道公(みちこう)俺達(おれたち)(ゆめ)()づザツトあのやうな華々(はなばな)しいものだ。244前達(まへたち)()(ゆめ)は、245鬼婆(おにばば)()ひかけられたり、246()(そこ)なつて糞壺(くそつぼ)()()んだ(ぐらゐ)なものだ。247(ゆめ)だつて(あま)馬鹿(ばか)にならぬぞ。248(ゆめ)浮世(うきよ)だから、249何時(いつ)かはそれが現実(げんじつ)になるのだ。250前途多望(ぜんとたばう)良青年(りやうせいねん)だからなア』
251純公(すみこう)良青年(りやうせいねん)がそんな(いや)らしい(ゆめ)()るものか、252ジヤラジヤラとした……先生様(せんせいさま)(まへ)だぞ、253不謹慎(ふきんしん)にも(ほど)があるわ。254ナア先生(せんせい)255本当(ほんたう)可笑(をか)しいやつですね。256あまりの(こと)(へそ)転宅(てんたく)しかけましたよ』
257 玉国別(たまくにわけ)()(おさ)へながら、258いとも冷然(れいぜん)として『ウフヽヽヽ』と(しづ)かに(わら)つて()る。259この(とき)(さか)彼方(かなた)より騒々(さうざう)しき物音(ものおと)(きこ)えて()た。260()るまに(くら)をおいた荒馬(あれうま)七八頭(しちはつとう)速力(そくりよく)()して(ほこら)(まへ)()げて()く。
261道公(みちこう)『ヤア面白(おもしろ)面白(おもしろ)い、262いよいよ出会(でつくは)したな。263落花狼藉(らくくわらうぜき)264(うま)(まで)(おどろ)いて敗走(はいそう)()えるわい。265(やが)落武者(おちむしや)(ども)がやつて()るだらう、266サアこれから(ひと)捻鉢巻(ねじはちまき)だ。267生言霊(いくことたま)連発銃(れんぱつじう)だ、268オイ純公(すみこう)269(しつか)(たの)むぞ』
270捻鉢巻(ねじはちまき)きをしながらお相撲(すもう)さまのやうにトントンと四股踏(しこふ)んで雄猛(をたけ)びして()る。
271 かかる(ところ)死物狂(しにものぐるひ)となつた数十人(すうじふにん)(てき)(ほこら)(もり)にて残党(ざんたう)(あつ)めむとやつて()た。272玉国別(たまくにわけ)一行(いつかう)姿(すがた)()片彦(かたひこ)(こゑ)(いか)らせ、
273片彦(かたひこ)『ヤア(その)(はう)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)274いい(ところ)出会(であ)つた。275貴様(きさま)家来(けらい)生擒(いけどり)(いた)して、276()れて(かへ)つたのも()らず、277のめのめとよう()()やがつた。278サア貴様(きさま)三五教(あななひけう)片割(かたわ)れ、279江戸(えど)(かたき)長崎(ながさき)かも()らぬが(はら)いせにやつてやらう。280オイ(もの)(ども)281此奴等(こいつら)(やり)()(さき)(そろ)へて()(かか)れ』
282(きび)しく号令(がうれい)して()る。283数人(すうにん)(てき)三人(さんにん)目蒐(めが)けて猛虎(まうこ)(いきほひ)(すさま)じく()いて(かか)る。284三人(さんにん)不意(ふい)(くら)つて手早(てばや)()をかはし(ほこら)(たて)にとつて(ふせ)(たたか)はむとする。285されども大将(たいしやう)玉国別(たまくにわけ)()(いた)め、286激烈(げきれつ)なる頭痛(づつう)(なや)んで()る。287如何(いか)(ゆう)ありとて無茶(むちや)()()(てき)には無茶(むちや)()かねばならず、288(てき)()(あま)大軍(たいぐん)289あはや三人(さんにん)(いのち)風前(ふうぜん)灯火(ともしび)()危機一髪(ききいつぱつ)(さい)(にはか)(きこ)ゆる獅子(しし)(うな)(ごゑ)山岳(さんがく)(くづ)るる(ばか)りであつた。290(この)(こゑ)(てき)(ふる)(をのの)(おも)はず()らず大地(だいち)(みみ)(おし)つけて(しやが)んで(しま)つた。291()れば巨大(きよだい)なる獅子(しし)時置師神(ときおかしのかみ)(またが)つて()る。292玉国別(たまくにわけ)はこれを()(おも)はず()らず両手(りやうて)(あは)せ、
293木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)(さま)294()(がた)(ござ)います』
295感謝(かんしや)(なみだ)(むせ)ぶ。296獅子(しし)()つた時置師神(ときおかしのかみ)もの()はず(けは)しき(やま)()(のぼ)何処(いづく)ともなく姿(すがた)(かく)した。
297 坂道(さかみち)彼方(かなた)より(さかん)宣伝歌(せんでんか)(きこ)えて()た。298一旦(いつたん)大地(だいち)(しやが)んだ(てき)はムクムクと()(あが)り、299(さき)(あらそ)ひバラバラと人馬(じんば)諸共(もろとも)300(くだ)(ざか)目蒐(めが)けて一人(ひとり)(のこ)らず()げて()く。
301道公(みちこう)『ハヽヽヽヽ、302御神力(ごしんりき)()ふものは(えら)いものだなア、303三五教(あななひけう)には立派(りつぱ)生神様(いきがみさま)御守護(ごしゆご)していらつしやるからうまいものだ。304モシ先生様(せんせいさま)305結構(けつこう)ぢや(ござ)いませぬか、306虎口(ここう)(のが)れるとは(この)(こと)(ござ)いませう』
307玉国別(たまくにわけ)『ウン、308(じつ)有難(ありがた)(こと)ぢや。309(しか)(いま)(きこ)える宣伝歌(せんでんか)(こゑ)(まさ)しく治国別(はるくにわけ)(さま)ぢや、310出迎(でむか)へするがよからうぞ』
311道公(みちこう)『ナニ、312治国別(はるくにわけ)さまですか、313ヤそいつは有難(ありがた)い、314よい(ところ)()(くだ)さつた。315如何(いか)にも先生(せんせい)仰有(おつしや)つた(とほ)一分一厘(いちぶいちりん)間違(まちが)ひは(ござ)いませぬねえ。316いやもう感心(かんしん)(いた)しました。317オイ純公(すみこう)(なに)をキヨロキヨロして()るのだ、318(はや)くお(むか)への用意(ようい)をせぬかい。319エ、320辛気(しんき)(くさ)(やつ)ぢや』
321純公(すみこう)(あま)有難(ありがた)いのと(うれ)しいのとで、322どうしてよいか(わか)りやしないわ。323こりや道公(みちこう)(ゆめ)ぢやあるまいかな。324(いま)(まへ)(ゆめ)(はなし)をして()つたであらう、325(おれ)如何(どう)しても本当(ほんたう)(おも)へないわ。326モシモシ先生様(せんせいさま)327現実(げんじつ)ですか』
328『ウン、329(たしか)現実(げんじつ)だ。330(はや)一足(ひとあし)なりとお(むか)へに()かねば()むまいぞ』
331純公(すみこう)『ヤア本当(ほんたう)とあればキヨロキヨロしては()られない、332オイ道公(みちこう)サア()かう。333それそれそこにどうやら(くろ)姿(すがた)()えて()た。334あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)335あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
336大正一一・一一・二七 旧一〇・九 加藤明子録)