霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一〇章 奇遇〔一一七九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第44巻 舎身活躍 未の巻 篇:第2篇 月明清楓 よみ:げつめいせいふう
章:第10章 第44巻 よみ:きぐう 通し章番号:1179
口述日:1922(大正11)年12月08日(旧10月20日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年8月18日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
女は自分は楓という名であり、父は珍彦、母は静子、別れた兄は俊というと明かした。治国別は、女の両親はきっと生きていて無事であろうと安堵させた。
晴公は楓の身の上話を聞いてふさぎ込んでいる。万公に問い詰められた晴公は、自分が楓の兄の俊であることを明かした。
兄妹は再会を果たし、二人はうれし涙に暮れた。楓は兄たち三五教の宣伝使一行に、両親を助けてくれるように頼みこんだ。
治国別は二人の再会を祝福し、両親の無事と再会を祈る宣伝歌を歌った。楓と晴公はそれぞれ述懐の歌を歌い、その他の供人たちも二人を励ます歌を歌った。治国別一行はふたたび眠りに就いたが、晴公と楓の兄妹は一睡もせずに涙と共にこれまでの物語を語り明かそうと森の外に立って行った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4410
愛善世界社版:130頁 八幡書店版:第8輯 185頁 修補版: 校定版:135頁 普及版:58頁 初版: ページ備考:
001 万公(まんこう)002晴公(はるこう)003竜公(たつこう)はやつと(むね)()(おろ)し、004(おこり)()ちたやうな(かほ)をして(をんな)(かほ)不思議(ふしぎ)さうに見守(みまも)つて()る。005松彦(まつひこ)(なに)(くれ)となく親切(しんせつ)(をんな)(いたは)り、006いろいろと慰安(ゐあん)言葉(ことば)(あた)へて()る。007治国別(はるくにわけ)()(どく)さに(あたま)()れ、008()(しばたた)(なみだ)をそつと(ぬぐ)ひながら、
009(うけたま)はれば貴女(あなた)家庭(かてい)には悲惨(ひさん)(まく)()りたものですなア。010そして黄金姫(わうごんひめ)(さま)神様(かみさま)(はなし)()かして(いただ)三五教(あななひけう)祝詞(のりと)奏上(そうじやう)して()たために、011バラモンに(とら)へられなさつたとは(じつ)()(どく)(こと)だ。012(しか)(なが)御安心(ごあんしん)なさいませ。013キツと貴女(あなた)両親(りやうしん)(いのち)別条(べつでう)ありませぬよ。014これから(わたし)(なん)とかして(すく)()して貴女(あなた)にお(わた)(いた)しませう』
015 (をんな)は、016(うれ)(なみだ)(ぬぐ)ひながら、
017『ハイ御親切(ごしんせつ)によう()つて(くだ)さいました、018あり(がた)(ござ)います。019神様(かみさま)()ふたやうに(ぞん)じます。020何卒(どうぞ)(あは)れな(わたし)境遇(きやうぐう)021(たす)(くだ)さいませ。022両親(りやうしん)はキツと(たす)かりませうかなア』
023『キツと(たす)けてみせませう。024御心配(ごしんぱい)なさいますな。025さうして貴女(あなた)両親(りやうしん)()(なん)()ひますかな』
026『ハイ(ちち)()珍彦(うづひこ)027(はは)静子(しづこ)(まを)します。028そして(わたし)()(かへで)(まを)します』
029『さうしてお(まへ)(たづ)ぬる(あに)()(なん)()ふのかなア』
030『ハイ、031(あに)()(とし)(まを)しました。032(その)(あに)(まは)()ひたいばかりに、033親子(おやこ)三人(さんにん)(ひろ)いフサの(くに)彷徨(さまよ)ひ、034(やうや)くライオン(がは)(ほとり)まで(まゐ)つて……両親(りやうしん)()い、035(あし)(あゆ)みも、036はかばかしくないので、037つひそこへ住居(ぢうきよ)(さだ)めて()たので(ござ)います』
038 晴公(はるこう)(この)(をんな)物語(ものがたり)()き、039(ふと)(いき)をつき、040(くち)をへの()(むす)び、041()(ふさ)いで、042(しき)りにウンウンと溜息(ためいき)()きながら、043(なに)(ふか)(かんが)へに(しづ)ンで()る。
044 万公(まんこう)(いきほ)ひよく、
045『オイ晴公(はるこう)046(なん)だい、047こくめい(かほ)をしよつて、048貴様(きさま)()ンだナイスぢやないか。049仕様(しやう)もない言霊(ことたま)()して鬼女(きぢよ)()ンだと(おも)へば(なん)(こと)はない、050天下無双(てんかむさう)のナイスだ。051ちつと(はしや)がぬかい、052こンな(とき)こそ貴様(きさま)威張(ゐば)(とき)だよ。
053(おも)ひきや鬼女(きぢや)(おも)ひし(その)(かげ)
054(たと)(かた)なきナイスなりとは
055だ。056本当(ほんたう)貴様(きさま)今夜(こんや)言霊戦(ことたません)殊勲者(しゆくんしや)だ。057この(をんな)発見(はつけん)して(ひと)()がかりを()058ランチ将軍(しやうぐん)陣営(ぢんえい)根底(こんてい)より(くつが)へし神力(しんりき)(あら)はす機運(きうん)()いたのだ。059(なに)をウンウンと溜息(ためいき)をつくのだ。060ちつと(しつか)りせぬかい、061エーン』
062 晴公(はるこう)(ちから)なげに、
063『アヽ()まぬ。064如何(どう)したらよからうかなア』
065()ひながら(まめ)のやうな(なみだ)をパラパラと()らして()る。066(をり)から十八夜(じふはちや)(つき)は、067河鹿山(かじかやま)をかすめて(のぼ)(はじ)めた。068(もり)(なか)とは()全体的(ぜんたいてき)にホンノリと四辺(あたり)(あか)くなつて()た。069蝋燭(らふそく)()はつぎ()へられた。
070 万公(まんこう)元気(げんき)よく、
071(なん)晴公(はるこう)072貴様(きさま)()いて()るのだな。073三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)(たまご)(なん)だ、074メソメソと吠面(ほえづら)をかわくと()(こと)があるかい。075(おれ)(ひと)(くわつ)()れてやらう(しつか)りせい』
076()ひながら(こぶし)(かた)めて(ふた)()晴公(はるこう)()をつづけ()ちにした。
077(いま)あの(かへで)()つた(あに)()ふのは(おれ)だよ、078この晴公(はるこう)だよ』
079(なに)080(まへ)があのナイスの兄貴(あにき)か、081ヨウさう()くと、082どこともなしに()よつた(ところ)があるやうだ。083もし先生(せんせい)(めう)(こと)があるものですな。084これもやつぱり神様(かみさま)のお()(あは)せでせう。085晴公(はるこう)がしやうもない言霊(ことたま)()もせずに()げて()つたのを()怪体(けたい)(をとこ)だと(あや)しみながら()()ましたが、086矢張(やつぱ)(むし)()らしたので()られなかつたのですな。087兄妹(きやうだい)霊魂(れいこん)交通(かうつう)したのでせうかな。088ヤア晴公(はるこう)さまお目出度(めでた)う。089(かへで)さまお目出度(めでた)う。090(いは)(まを)します。091(わたし)先生(せんせい)もこの松彦(まつひこ)さまと(ひさ)()りで兄弟(きやうだい)御対面(ごたいめん)なさつたのだ、092(なん)人間(にんげん)運命(うんめい)(わか)らぬものだなア、093先生(せんせい)094本当(ほんと)不思議(ふしぎ)ぢや御座(ござ)いませぬか』
095『さうだなア、096不思議(ふしぎ)(こと)もあればあるものだ。097(いづ)宣伝使(せんでんし)になるものは(おや)兄弟(きやうだい)()(わか)れたり、098(ふたた)()()()からざる運命(うんめい)(おちい)つた(もの)ばかりが(かみ)(めぐみ)(すく)はれて御用(ごよう)をして()るのだから、099(たれ)だつて(その)来歴(らいれき)(あら)(さら)せば、100(みな)悲惨(ひさん)(もの)ばかりだよ。101人間心(にんげんごころ)()(かへ)つて(かんが)()した(くらゐ)なら一時(いちじ)(こころ)(やす)むずる(こと)出来(でき)ないのだが、102(あい)(しん)神様(かみさま)光明(くわうみやう)()らされて地上(ちじやう)()さを(わす)れて()るのだからなア』
103悄然(せうぜん)として首垂(うなだ)れる。104万公(まんこう)涙声(なみだごゑ)(わざ)元気(げんき)らしく、
105先生(せんせい)貴方(あなた)からそう悄気(しよげ)(もら)つては、106吾々(われわれ)如何(どう)するのです。107(ひと)心霊(しんれい)歓喜(くわんき)のために存在(そんざい)すると何時(いつ)仰有(おつしや)つたぢやありませぬか。108どうやら貴方(あなた)歓喜(くわんき)()つて悲哀(ひあい)(きた)ると()状態(じやうたい)ですよ。109ちつと(しつか)りして(くだ)さいな』
110『イヤわしは歓喜(くわんき)(あま)つての悲哀(ひあい)だ。111つまり有難涙(ありがたなみだ)()れて()るのだ。112神様(かみさま)御恵(おめぐみ)今更(いまさら)(ごと)感謝(かんしや)して()随喜(ずいき)(なみだ)だからさう心配(しんぱい)をして()れるな』
113(わたし)歓喜(くわんき)(なみだ)がアンアンアン(こぼ)れますわい。114オンオンオンオイ晴公(はるこう)115いや(とし)さま、116(まへ)(うれ)(なみだ)(こぼ)れるだらう。117歓喜(くわんき)(なみだ)なら堤防(ていばう)(くづ)れる(ところ)(まで)(なが)したらよからう。118アンアンアン(あま)(うれ)しくて()堪能(たんのう)仕度(した)いわい』
119 晴公(はるこう)(また)涙声(なみだごゑ)にて、
120治国別(はるくにわけ)先生様(せんせいさま)()(がた)(ござ)います。121何卒(どうぞ)(いもうと)()(うへ)(よろ)しくお(ねが)(いた)します』
122『ウン(わたし)満足(まんぞく)だが、123(まへ)(さぞ)満足(まんぞく)だらう』
124『あなたは兄上(あにうへ)(ござ)いましたか、125(わたし)(かへで)(ござ)ります。126ようまあ無事(ぶじ)()(くだ)さいました。127どうぞお(とう)さまやお(かあ)さまの(いのち)(すく)うて(くだ)さいませ。128貴兄(あなた)にこの(こと)さへ()らして()けば(かへで)(この)(まま)()すとも(この)()(おも)ひは(のこ)りませぬ、129あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
130(いもうと)随分(ずゐぶん)苦労(くらう)をしたであらうなア、131(おれ)だとて親兄妹(おやきやうだい)(こと)一時(いちじ)(わす)れた(こと)はない。132(あめ)(あした)(かぜ)(ゆふべ)アーメニヤの(そら)(なが)め、133両親(りやうしん)如何(いか)に、134(いもうと)如何(いか)にと、135(なみだ)(たね)がつきる(ほど)どれ(だけ)()()らしたか()れない。136治国別(はるくにわけ)宣伝使(せんでんし)(ひろ)はれて神様(かみさま)のお(みち)()り、137歓喜(くわんき)(あめ)(よく)し、138「かへらぬ(こと)(おも)ふまい」といつも(こころ)(まぎ)らし、139馬鹿口(ばかぐち)ばかりたたいて浮世(うきよ)三分五厘(さんぶごりん)表面(へうめん)()らして()るものの、140恩愛(おんあい)(きづな)はどうしても()(こと)出来(でき)ぬ。141(いもうと)142(おれ)()ひたかつた』
143人目(ひとめ)(かま)はず(かへで)(からだ)(いだ)きかかへ、144一言(ひとこと)(はつ)()()(くづ)れて()る。145(いさ)みをつけむと治国別(はるくにわけ)()(あが)(こゑ)(すず)しく(うた)()しぬ。
146朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
147(つき)()つとも()くるとも
148仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
149曲津(まがつ)(かみ)(すさ)ぶとも
150(まこと)(ひと)つの三五(あななひ)
151(をしへ)(みち)()(すく)
152(かみ)(おもて)(あら)はれて
153善神邪神(ぜんしんじやしん)()()ける
154(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
155(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
156(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
157直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)
158()(わざはひ)()(なほ)
159天地(てんち)(つく)りたまひたる
160(まこと)(かみ)のます(かぎ)
161(しん)(あい)との(そな)はりし
162(まこと)氏子(うぢこ)()(うへ)
163(まも)りたまはぬ(こと)やある
164晴公(はるこう)(かへで)両人(りやうにん)
165(こころ)(やす)けく(たひ)らけく
166(かみ)(まか)せよ千早(ちはや)()
167(たふと)(かみ)御恵(みめぐみ)
168親子(おやこ)兄妹(きやうだい)(めぐ)()
169天国(てんごく)浄土(じやうど)(たの)しみを
170摂受(せつじゆ)()るは()のあたり
171治国別(はるくにわけ)三五(あななひ)
172(かみ)(ちから)(たよ)りつつ
173汝等(なんぢら)二人(ふたり)(のぞ)みをば
174(かなら)(かな)(あた)ふべし
175(かみ)(なんぢ)(とも)にあり
176吾等(われら)(かみ)()(かみ)(みや)
177(かみ)(まか)せし()(うへ)
178如何(いか)悪魔(あくま)(すさ)ぶとも
179如何(いか)でか(おそ)れむ敷島(しきしま)
180大和心(やまとごころ)()(おこ)
181四方(よも)醜草(しこぐさ)薙払(なぎはら)
182天地(てんち)(ふさ)がる叢雲(むらくも)
183生言霊(いくことたま)神力(しんりき)
184()(はら)ひつつ(あま)つたふ
185(つき)(ひかり)(きよ)きごと
186天津(あまつ)()かげの()(ごと)
187()神力(しんりき)(かがや)かし
188バラモン(けう)曲神(まがかみ)
189言向(ことむ)(やは)歓楽(くわんらく)
190(うみ)真如(しんによ)日月(じつげつ)
191(うか)べて歓喜(くわんき)小波(さざなみ)
192(この)()(わた)(のり)(ふね)
193(こころ)(やす)けくおぼされよ
194いざこれよりは曲神(まがかみ)
195(いくさ)(とりで)()(むか)
196天津御神(あまつみかみ)(たま)ひてし
197生言霊(いくことたま)()()して
198天地清浄(てんちしやうじやう)山川(やまかは)
199木草(きくさ)(はし)(いた)るまで
200歓喜(くわんき)(あめ)(よく)せしめ
201(すく)ひて()かむ惟神(かむながら)
202(かみ)御前(みまへ)亀彦(かめひこ)
203治国別(はるくにわけ)(あら)はれて
204(ひとへ)(ねが)(たてまつ)
205あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
206御霊(みたま)(さち)はへましませよ。
207(いま)のぼる(つき)御光(みひかり)(おや)()
208()行末(ゆくすゑ)(まも)らせたまへ。
209(いま)(しば)(とき)をまたせよ楓姫(かへでひめ)
210珍彦(うづひこ)静子(しづこ)(おや)()はさむ。
211たらちねの(おや)(めぐみ)日月(じつげつ)
212(そら)(かがや)(ひかり)なるかも。
213七里(ななさと)()らすと()へる垂乳根(たらちね)
214(おや)(ひかり)ぞめでたかりけり。
215治国別(はるくにわけ)(かみ)(みこと)村肝(むらきも)
216(こころ)(かぎ)(なれ)をたすけむ』
217 (かへで)(うた)ふ。
218『たまちはふ(すく)ひの(かみ)()ひしごと
219(われ)(こころ)(いさ)()にけり。
220有難(ありがた)(かみ)(めぐみ)()らされて
221(わが)父母(ちちはは)()()()たるる。
222(わが)(あに)(おも)はぬ(ところ)(めぐ)()
223(うれ)(なみだ)のとめどなきかな。
224三五(あななひ)(かみ)(うら)みし(われ)こそは
225()(おろか)さを(いま)()いぬる。
226垂乳根(たらちね)(おや)如何(いか)にと朝夕(あさゆふ)
227(むね)(せま)りつつ神詣(かみまう)でせし。
228父母(ちちはは)(うば)()りたる曲神(まがかみ)
229(にく)みしあまり醜業(しこわざ)せしかな。
230大空(おほぞら)()らして(のぼ)月影(つきかげ)
231()るにつけてもうら(はづ)かしきかな』
232晴公(はるこう)三五(あななひ)(めぐみ)(つゆ)(よく)しつつ
233浮世(うきよ)(ゆめ)(さま)しけるかな。
234(いもうと)()くより(こころ)()()ちて
235()きつきたくぞ(おも)ひけるかな。
236バラモンに(とら)へられたる父母(ちちはは)
237()行末(ゆくすゑ)()かなくぞ(おも)ふ。
238さりながら(かみ)(めぐみ)垂乳根(たらちね)
239()(くま)もなく(まも)りたまはむ。
240垂乳根(たらちね)(ちち)珍彦(うづひこ)(はは)(きみ)
241(いま)兄妹(きやうだい)(すく)ひまつらむ。
242さは()へどか(よわ)きわれの(ちから)ならず
243産土山(うぶすなやま)(かみ)(めぐ)みに。
244治国別(はるくにわけ)(かみ)(つかさ)(たす)けられ
245(わが)垂乳根(たらちね)(すく)(うれ)しさ。
246曲神(まがかみ)如何(いか)(ほど)せまり(きた)るとも
247(かみ)(ちから)におひ退()けやらむ。
248(いもうと)(こころ)(やす)かれ三五(あななひ)
249(かみ)吾等(われら)見捨(みす)てたまはじ』
250(かへで)有難(ありがた)(あに)(みこと)(こと)()
251(むね)にたたみて(まも)りとやせむ。
252アーメニヤ(こひ)しき(いへ)をふり()てて
253(さまよ)ひし親子(おやこ)()(はか)なさよ。
254黄金姫(わうごんひめ)(かみ)(つかさ)(たす)けられ
255またもやここに(すく)はれにけり。
256何事(なにごと)(みな)神様(かみさま)御経綸(おんしぐみ)
257見直(みなほ)()れば()(こと)もなし。
258()(こと)のなほ(この)(うへ)(つも)るとも
259(なに)(おそ)れむ(かみ)のまにまに』
260松彦(まつひこ)(つき)()大空(おほぞら)()()(なか)
261(まが)のかくらふ(すき)はあらまし。
262ランチてふ(いくさ)(つかさ)(まへ)()
263生言霊(いくことたま)をたむけてや()む。
264愛信(あいしん)(まこと)(つるぎ)()りかざし
265(まが)のとりでを()りはふりなむ。
266面白(おもしろ)しあゝ(いさ)ましき門出(かどで)かな
267(かみ)(つか)へし軍司(いくさづかさ)の』
268万公(まんこう)()(なか)(わが)()(まさ)(たから)なし
269珍彦(うづひこ)静子(しづこ)(こころ)しのばゆ。
270珍彦(うづひこ)静子(しづこ)(ひめ)()てしばし
271(すくひ)(かみ)(あら)はれゆかむ。
272ゆくりなく(めぐ)()ひたる山口(やまぐち)
273(もり)(むす)びの(かみ)にますらむ』
274竜公(たつこう)常暗(とこやみ)(もり)()らして(すす)()
275(あや)しき(かげ)(おどろ)きしかな。
276さりながら()にも(まれ)なるナイスぞと
277(さと)りし(とき)(こころ)(やす)けさ。
278(いま)となり()(おろ)かさを(かへり)みて
279(かほ)(いろ)さへ(あか)くなりぬる。
280(わが)(むね)(しこ)曲津(まがつ)(ひそ)むらむ
281(ただ)しき(ひと)をおぢ(おそ)れけり。
282村肝(むらきも)(こころ)(ひそ)曲神(まがかみ)
283(はら)はせたまへ三五(あななひ)(かみ)
284治国別(はるくにわけ)(かみ)(つかさ)(したが)ひて
285言霊戦(ことたまいくさ)(むか)(うれ)しさ』
286治国別(はるくにわけ)山口(やまぐち)(もり)(やす)らひ兄妹(おとどひ)
287名乗(なの)りあげたる(こと)(ゆか)しさ。
288片彦(かたひこ)やランチ将軍(しやうぐん)何者(なにもの)
289(かれ)(ひと)()(ひと)()なれば。
290(われ)こそは(かみ)御子(みこ)なり(かみ)(みや)
291いかで(おそ)れむ(ひと)御子(みこ)らに。
292さりながら(こころ)(たか)ぶる(こと)(なか)
293言霊戦(ことたません)(むか)人々(ひとびと)
294たらちねの親子(おやこ)兄妹(きやうだい)(めぐ)()
295(いだ)(よろこ)(とき)()たるる。
296()()けぬ(つき)御空(みそら)(のぼ)りましぬ
297いざいねませよ(もも)人達(ひとたち)
298晴公(はるこう)神司(かむづかさ)()らせたまへる(こと)()
299(まも)るよしなき今日(けふ)(うれ)しさ。
300村肝(むらきも)(こころ)(いさ)みて(もり)()
301()けゆく(そら)()ちあぐむなり』
302(かへで)『なつかしき(あに)(みこと)治国別(はるくにわけ)
303(かみ)(つかさ)御言(みこと)(まも)りませ
304さりながら(わらは)(こころ)(いさ)()
305ねるに()られぬ今宵(こよひ)ばかりは』
306治国別(はるくにわけ)兄妹(きやうだい)(こころ)はさもやあるべしと
307直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)しおく
308いざさらば万公(まんこう)五三公(いそこう)竜公(たつこう)
309松彦(まつひこ)(とも)(ひと)ねむりせよ』
310松彦(まつひこ)(わが)(あに)言葉(ことば)にならひ人々(ひとびと)
311よくねむりませ(とら)(こく)まで』
312 ()(うた)ひて治国別(はるくにわけ)一行(いつかう)は、313やすやすと(ねむ)りについた。314晴公(はるこう)315(かへで)兄妹(きやうだい)(うれ)しさの(あま)一睡(いつすゐ)もせず(あた)りを(はばか)り、316ひそびそと長物語(ながものがたり)(なみだ)とともに(かた)()かさむと(この)()立出(たちい)兄妹(きやうだい)月光(げつくわう)()びて(もり)(そと)逍遥(せうえう)する真夜中(まよなか)317初冬(しよとう)(つき)皎々(かうかう)として満天(まんてん)(かがや)き、318(この)(もり)外面(ぐわいめん)(しろ)(ひか)つて()る。
319大正一一・一二・八 旧一〇・二〇 加藤明子録)
320(昭和九・一二・二七 王仁校正)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら