霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二〇章 脱線歌(だつせんか)〔一一八九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第44巻 舎身活躍 未の巻 篇:第3篇 珍聞万怪 よみ:ちんぶんばんかい
章:第20章 第44巻 よみ:だっせんか 通し章番号:1189
口述日:1922(大正11)年12月09日(旧10月21日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年8月18日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
一同はお寅とお菊を見送りながらそれぞれ歌を歌った。万公、五三公、アク、タクは万公の過去話を元にして脱線歌を歌っている。
松彦は先に立って歩きだした。五三公は一足一足坂道を登りながら、ふたたびお寅から聞いた万公の過去の悪行を肴にして滑稽な宣伝歌を歌った。
万公は負けぬ気になって負け惜しみの宣伝歌を歌うが、歌い終わりにへばってしまって休憩を提案した。松彦も休息を認め、一同は石に腰を下ろした。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4420
愛善世界社版:271頁 八幡書店版:第8輯 236頁 修補版: 校定版:284頁 普及版:121頁 初版: ページ備考:
001 松彦(まつひこ)はお(とら)002(きく)(あと)見送(みおく)つて、
003万公(まんこう)がお(とら)()さまに(めぐ)()
004(うら)みの数々(かずかず)(きく)さま(かな)
005万更(まんざら)()てたものではあるまいと
006たかを(くく)つた五三公(いそこう)(くち)
007(かは)()(むかし)(あか)(なが)しけり
008万公末代(まんこうまつだい)()れぬ(つみ)とがを。
009荒波(あらなみ)伊猛(いたけ)(くる)河鹿川(かじかがは)
010丸木(まるき)(はし)(わた)(あやふ)さ。
011(さる)(さけ)野中(のなか)(もり)立出(たちい)でて
012()さンとはまつた万公(まんこう)破目(はめ)
013万公(まんこう)『お(とら)さま、お(きく)をつれて(かは)()
014万公(まんこう)()ると(ここ)松彦(まつひこ)
015あま(さう)なお(さと)浮名(うきな)永久(とこしへ)
016(なが)しける(かな)河鹿川原(かじかがはら)に』
017五三(いそ)()(あぶら)とられた(うへ)小言(こごと)をば
018菊子(きくこ)(ひめ)(みみ)(いた)さよ。
019偉相(えらさう)(この)行先(ゆくさき)()はれまい
020(さと)(わか)つた万公(まんこう)()は』
021万公(まんこう)『コラ五三公(いそこう)、おればつかりぢやない(ほど)
022貴様(きさま)(しり)(くさ)(やつ)だよ。
023(わが)(しり)(あか)いを()らぬ山猿(やまざる)
024(ひと)(こと)をばかきまはすなり』
025五三(いそ)(はぢ)をかき(あたま)をかきてベソをかき
026(とら)()さまにかき(むし)られる。
027アハヽヽヽ()いた(くち)さへ(ふさ)がらぬ
028ローマンスのロは(くち)(まを)せば。
029大根畑(だいこんばた)(あら)野鼠(のねずみ)土竜(もぐらもち)
030(さと)(いも)(あな)までねらふか』
031万公(まんこう)穴尊(あなたふ)(あな)ない(をしへ)(あな)()
032宣伝使(せんでんし)にも(いも)()るぞよ』
033五三(いそ)(いも)をほり(かぶら)をぬいてくらふ(やつ)
034三五教(あななひけう)大根役者(だいこんやくしや)よ』
035万公(まんこう)馬鹿(ばか)()ふな(かぶら)をぬいた(その)(あと)
036てまりの(やう)(あな)があるぞよ。
037三五(あななひ)(かみ)(をしへ)()()うた
038貴様(きさま)(かほ)にも抜穴(ぬけあな)がある。
039()けた面口(つらくち)あンぐりとあけ(なが)
040三五教(あななひけう)とはよくぬかしたり。
041五三公(いそこう)のローマンスをば(たづ)ぬれば
042(いそ)(あわび)片思(かたおも)ひかも。
043万公(まんこう)(なん)()うても色男(いろをとこ)
044(さと)(かた)(おも)はれたぞや。
045(おも)はれて(おも)(かへ)すは益良男(ますらを)
046権威(けんゐ)()らぬ馬鹿者(ばかもの)もあり』
047アク『アク()れのババに(あく)()(ぐち)いはれ
048へこ()れよつた万公(まんこう)(つら)
049万公(まんこう)『こりやアク()(なに)()らずに(やか)ましう
050きさまが(くち)をアク(とこ)でない。
051山猿(やまざる)(やう)(つら)した(その)(はう)
052(こひ)(わか)つてたまるものかい』
053アク『仕殺(しころ)したお(さと)(こと)(おも)()
054ホヽヽヽとほほゑみをする。
055幾度(いくたび)もホヽヽヽヽと(もり)(なか)
056(やみ)(まぎ)れて死嬶(しにかか)(した)ふ。
057おかし(やつ)何程(なにほど)こがれ(した)うとも
058幽霊(いうれい)()いては()られまいぞや』
059万公(まんこう)『こらアクよ、貴様(きさま)(なに)幽霊(いうれい)
060無礼(ぶれい)()ふも(ほど)があるぞや』
061タク『コレは(また)面白(おもしろ)うなつて()よつたぞ
062(さと)(はか)からお()でお()でする』
063万公(まんこう)『タクの(やつ)(なに)()らずに八釜(やかま)しい
064子供(こども)(こひ)(わか)るものかい』
065タク『タクさまは、タク(さん)(ひめ)()つたぞよ
066天下無双(てんかむさう)のナイスばかりを』
067万公(まんこう)(なに)ぬかす蜥蜴(とかげ)のやうな(つら)をして
068ナイスもクソもあつたものかい』
069テク『こりやタクよ慢心奴(まんしんやつこ)(とら)まへて
070相手(あひて)にするな(ひと)(わら)ふぞ』
071タク『(わら)うてもかまふものかい(わら)はれて
072(あぶら)()られた万公(まんこう)ぢやもの』
073テク『三五(あななひ)(をしへ)(みち)万公(まんこう)
074(ばば)(むすめ)にくはれける(かな)
075万公(まんこう)『テク(まで)(なに)ゴテゴテと(さへづ)るか
076(おれ)(こころ)()つて()るかい。
077万公(まんこう)(いま)こそ(まけ)()るけれど
078(きく)成人(せいじん)した(とき)()よ』
079五三(いそ)『お(きく)さま(おほ)きくなつたら(また)やろと
080(まん)(いち)をばあてにしてるのか』
081万公(まんこう)『コリヤ五三公(いそこう)(いそ)いで(こと)はなるものか
082(さき)三年(みとせ)(はる)()()れ』
083五三(いそ)(また)してもそンな野心(やしん)(おこ)すなよ
084今度(こんど)(くび)(どう)(わか)れる』
085万公(まんこう)三年(さんねん)(さき)になつたらお(とら)さま
086冥途(めいど)(たび)()つたあとだよ。
087何事(なにごと)(まん)さまなればお(きく)ぢやと
088(いま)から秋波(しうは)(おく)()るらし』
089松彦(まつひこ)腰折(こしを)れのみ(うた)ばかりをうたひ()
090うたてき(こと)(かぎ)りつくせし。
091サア万公(まんこう)五三公(いそこう)、アク、タク、テク五人(ごにん)
092もうボツボツと(やま)(のぼ)ろか』
093万公(まんこう)(よろ)しかろお(とら)()さまはさておいて
094(きく)(やつ)()つてゐるから』
095五三(いそ)執着(しふちやく)(ふか)(やつ)ぢやと(おも)たけれど
096これ(ほど)(まで)とは(おも)はなかつた』
097万公(まんこう)(あき)れたかオツたまげたか五三公(いそこう)
098(ひと)()かけによらぬ(もの)だよ。
099さり(なが)(おれ)(まこと)(みち)をゆく
100万公(まんこう)なれば(こひ)(はい)した。
101心配(しんぱい)をどうぞなさつて(くだ)さるな
102メツタにお(きく)(おも)はないから』
103五三(いそ)『さうだらう、何程(なにほど)(おも)うてみた(とこ)
104(むか)ふが(いや)なら仕方(しかた)なからう』
105アク『コレは(また)面白(おもしろ)うなつて()たわやい
106(たび)(なぐさ)(この)(うへ)もなし』
107テク『テクついて(かは)(ほとり)()()れば
108()さンに()はれてバサンとはまる。
109アク(うん)(つよ)いお(かた)(たす)かつて
110()(めづら)しき(はなし)きく(かな)
111万公(まんこう)(まん)さまがあつたらこされお前等(まへら)
112歓喜(くわんき)(ゑみ)(ただよ)うたのだ。
113心霊(しんれい)()さは歓喜(くわんき)()ふぢやないか
114おれを(いのち)(おや)(たふと)め』
115 松彦(まつひこ)(さき)()つて(あゆ)()せば、116五三公(いそこう)一足(ひとあし)々々(ひとあし)坂道(さかみち)(のぼ)(なが)(わら)半分(はんぶん)(うた)(はじ)むる。
117(かみ)(おもて)にはれて
118(ぜん)(あく)とを立分(たてわ)ける
119ババが川辺(かはべ)(あら)はれて
120万公(まんこう)とアクを(くる)しめる
121(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
122(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
123(この)()(おに)(めぐ)()
124(こころ)もひどく悄気返(せうげかへ)
125(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
126直日(なほひ)見直(みなほ)宣直(のりなほ)
127(ただ)何遍(なんべん)(ひと)(まへ)
128なぶられものに()はされて
129()(あやま)ちは宣直(のりなほ)
130()(あやま)ちを()べられて
131万公(まんこう)(やつ)がベソをかく
132(あさひ)()(とも)(くも)(とも)
133アク(こう)(かは)へはまる(とも)
134(つき)()(とも)()くる(とも)
135(つみ)のあり(だけ)さらす(とも)
136仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)(とも)
137(たとへ)(かた)なき大痴呆(だいちほう)
138(まこと)(ちから)()(すく)
139万公(まんこう)畜生(ちくしやう)夜這(よば)ひする
140三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
141ウラルの(をしへ)穴捜(あなさが)
142ウブスナ(やま)(あと)にして
143河鹿峠(かじかたうげ)をよぢ(のぼ)
144ウツカリ川辺(かはべ)(めぐ)()
145(かか)(おや)になぐられる
146(ほこら)(もり)()()れば
147玉国別(たまくにわけ)宣伝使(せんでんし)
148野中(のなか)(もり)立出(たちい)でて
149たまたま()うた婆娘(ばばむすめ)
150(さる)目玉(めだま)をかき()られ
151()(どく)なりける次第(しだい)なり
152(さら)のよな目玉(めだま)をむき()され
153()()でならぬ次第(しだい)なり
154(けは)しき(さか)をエチエチと
155(くだ)りて(やうや)山口(やまぐち)
156(けは)しき(なが)れを(うち)わたり
157やうやう(ここ)(いき)(やす)
158魔性(ましやう)(をんな)出会(でつく)はし
159荒肝(あらきも)とられし可笑(をか)しさよ
160万公(まんこう)(ばば)()ひつかれ
161欠点(あら)さらされし可笑(をか)しさよ
162あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
163御霊(みたま)(さちは)ひましませよ
164あゝ(かな)はぬから(かな)はぬから
165目玉(めだま)飛出(とびだ)しましませよ
166アハヽヽツハ アハヽヽヽ
167イヒヽヽツヒ イヒヽヽヽ
168ウントコドツコイきつい(さか)
169万公(まんこう)(あし)だるからう
170おれも一度(いちど)はお(きく)さまに
171(なん)とか都合(つがふ)よく(めぐ)()
172一度(いちど)万公(まんこう)臆病(おくびやう)()
173一伍一什(いちぶしじふ)打明(うちあ)けて
174愛想(あいさう)をつかさせやらうかい
175それが万公(まんこう)一生(いつしやう)
176(ため)になるに(ちがひ)ない
177これこれもうし(まつ)さまへ
178(わたし)()ふのが(ちが)うたら
179どうぞ(しか)つて(くだ)さンせ
180ウントコドツコイ小北山(こぎたやま)
181ウラナイ(けう)本山(ほんざん)
182一寸(ちよつと)よう()名称(めいしよう)
183此奴(こいつ)大方(おほかた)高姫(たかひめ)
184黒姫(くろひめ)さまの慢心(まんしん)
185(その)ほとばりが()をふいて
186怪体(けたい)(をしへ)()(とほ)
187十曜(とえう)(もん)(ひき)つけて
188世界(せかい)をごまかし()るのだろ
189(なん)だか()らぬが五三公(いそこう)
190一寸(ちよつと)気乗(きのり)がせないぞや
191(とら)のよな皺苦茶(しわくちや)
192()さまばかりがウヨウヨと
193両手(りやうて)(あは)水鼻汁(みづばな)
194(すす)りまはして八釜(やかま)しう
195(くだ)らぬ(こと)(ささや)きつ
196曲津(まがつ)(をが)みてゐるのだろ
197あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
198目玉(めだま)飛出(とびだ)しましませよ
199アハヽヽハツハ アハヽヽヽ
200最早(もはや)ここらでやめておこ
201これから万公(まんこう)(ばん)ぢやぞや
202あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
203(いき)がつまつて()()ない』
204 万公(まんこう)(まけ)()になつて(うた)()した。
205『ウントコドツコイドツコイシヨ
206五三公(いそこう)(やつ)めが悋気(りんき)して
207(なん)ぢやかンぢやと(そし)りよる
208貴様(きさま)(こと)ぢやあるまいし
209かもうておくれなホツトイテ
210法界悋気(ほふかいりんき)(ほど)がある
211(むかし)におうた古疵(ふるきず)
212一寸(ちよつと)物言(ものい)うたばつかりだ
213これも(ひと)つの御愛嬌(ごあいけう)
214(むかし)はつまらぬ(やつ)なれど
215(いま)立派(りつぱ)宣伝使(せんでんし)
216治国別(はるくにわけ)片腕(かたうで)
217ゴテゴテ()うて(もら)うまい
218おれにはおれの権利(けんり)ある
219松彦(まつひこ)さンが(えら)うても
220ウブスナ(やま)神様(かみさま)
221(ゆる)して(もら)うた(こと)もなく
222ホンの内証(ないしよう)宣伝使(せんでんし)
223治国別(はるくにわけ)留守役(るすやく)
224本当(ほんたう)(こと)()うたなら
225万公(まんこう)さまが宣伝使(せんでんし)
226臨事(りんじ)代理(だいり)となる(とこ)
227コラコラ五三公(いそこう)アク(こう)
228タク、テク両人(りやうにん)よつく()
229すべて(この)()大業(たいげふ)
230なさうと(おも)人物(じんぶつ)
231(おほ)きな(かげ)のあるものだ
232それをばおかげといふのだぞ
233冷血漢(れいけつかん)五三公(いそこう)
234どうして英雄(えいゆう)豪傑(がうけつ)
235心裡(しんり)(わか)つてたまらうか
236子供(こども)子供(こども)のやうにして
237沈黙(ちんもく)してるが悧巧(りかう)だぞ
238モウ(これ)からは万公(まんこう)
239遠慮会釈(ゑんりよゑしやく)はせぬ(ほど)
240正々堂々(せいせいだうだう)(さき)()
241治国別(はるくにわけ)代弁(だいべん)
242(つと)めて()よう(みな)(やつ)
243おれの命令(めいれい)(そむ)くのは
244治国別(はるくにわけ)命令(めいれい)
245つまり(そむ)くといふものだ
246(あさひ)()(とも)(くも)(とも)
247五三公(いそこう)はこける(とも)(すべ)(とも)
248(つき)()(とも)()くる(とも)
249(きつね)()(とも)()えるとも
250仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)(とも)
251仮令(たとへ)五三公(いそこう)平太(へた)(とも)
252(まこと)(ちから)()(すく)
253曲津(まがつ)五三公(いそこう)()(みだ)
254(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
255(この)(やま)(のぼ)(かみ)御子(みこ)
256(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
257乞食(こじき)(あが)りの(みな)(やつ)
258(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
259(たか)山路(やまみち)シトシトと
260直日(なほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)
261(なみ)ンでドシドシ(のぼ)りゆけ
262()(あやま)ちは()(なほ)
263(みな)(あやま)つてふン()びよ
264三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
265アブナイ(けう)のセンチ(むし)
266治国別(はるくにわけ)(したが)ひて
267ハアハア山路(やまみち)()(のぼ)
268悪魔(あくま)征途(せいと)(のぼ)りゆく
269飽迄(あくまで)つづくセンチ(むし)
270あははツは アハヽヽヽ
271どうやら(たね)()れて()
272小北(こぎた)(やま)真中(まんなか)
273ババを()れるかこきたない
274たうとう(おれ)もへこたれた
275ハーハー フーフー フースースー
276オイ(みな)(やつ)277ドウコイ、278(みな)立派(りつぱ)なお(かた)279万々(まんまん)ここで御休息(ごきうそく)なさつたら()うですか。280(うた)のまづい松彦(まつひこ)さまに、281テクの下手(へた)なテク(こう)282ゴータクの上手(じやうづ)なタク(こう)283悪運(あくうん)(つよ)いアク(こう)284東海道(とうかいだう)五十三次(ごじふさんつぎ)285(ひと)つここらで、286(やす)まう……かい』
287 松彦(まつひこ)()()し、
288『ハハー、289たうとう(よわ)りよつたなア、290川端(かはばた)ではいぢめられ、291(もり)(なか)ではおどかされ、292(また)山路(やまみち)(くるし)められ、293よくよく(まん)(わる)(をとこ)だなア。294アハヽヽヽ、295(しか)(なん)だか松彦(まつひこ)(あし)(へん)になつて()た。296(さいはひ)ここにロハ(だい)(なら)ンでゐる。297全体(ぜんたい)とまれツ』
298 (この)(こゑ)(をは)るか(をは)らぬに万公(まんこう)はドスンと(こし)をおろす。299(つづ)いて一同(いちどう)(うれ)(さう)(こし)()ろし休息(きうそく)する。
300大正一一・一二・九 旧一〇・二一 松村真澄録)
301(昭和九・一二・二九 王仁校正)