霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第九章 文明(ぶんめい)〔一二一九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第46巻 舎身活躍 酉の巻 篇:第2篇 狐運怪会 よみ:こうんかいかい
章:第9章 第46巻 よみ:ぶんめい 通し章番号:1219
口述日:1922(大正11)年12月15日(旧10月27日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年9月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
文助は朝から晩まで白装束に白袴を着け、松に一本角の黒蛇、蕪、大根を書いていた。そこへお菊がやってきて、蠑螈別がお寅に三万両を渡したことを話した。そして不思議なことなので来て見てやってくれと頼む。
お菊は文助を先導して教主館へと導いた。文助は奥の間にいるお寅に向かい、蠑螈別が三万両の大金を持って帰ってきたことへの祝を言った。
お寅は身を正すと、文助に対して自分は今、けっこうなご神徳をいただいたと語りだした。そして蠑螈別が金を置くと牛のような古狐となって向こうの森に逃げてしまったという。
この有様を見てお寅は今まで自分の胴欲が目を曇らせていたのだと悟ったという。蠑螈別は酒に身魂を腐らし、高姫を慕いお民という女に迷っている。それもすっかり判って執着心も晴れ、これからは魂を入れ替えて天地の祖神を祀りなおすと心情を明かした。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4609
愛善世界社版:122頁 八幡書店版:第8輯 403頁 修補版: 校定版:127頁 普及版:50頁 初版: ページ備考:
001 文助(ぶんすけ)(あさ)から(ばん)まで置物然(おきものぜん)として白装束(しろしやうぞく)白袴(しろばかま)()け、002相変(あひかは)らず(まつ)一本角(いつぽんつの)黒蛇(くろくちなは)003(かぶら)004大根(だいこん)(ゑが)いて()た。005そこへお(きく)がソツとやつて()て、
006『もし、007文助(ぶんすけ)さま、008(まへ)チヨツト此方(こつち)()(くだ)さらぬか。009大変(たいへん)面白(おもしろ)いもの()せてあげますよ』
010文助(ぶんすけ)何程(なにほど)面白(おもしろ)いものでも、011(わし)()せてやらうと()ふのは無理(むり)註文(ちうもん)だ。012(めくら)芝居(しばゐ)013(つんぼ)浄瑠璃聞(じやうるりきき)(おな)じだから、014まあ()めておかう』
015(きく)(なに)016(まへ)さま、017(かぶら)大根(だいこん)()ける(くらゐ)なら()えぬ(はず)がない。018()ようと(おも)つたら屹度(きつと)()えるだらう。019本当(ほんたう)(めう)(こと)があるのよ。020(ひと)(わか)らぬ(うち)021ソツと()ておくれよ』
022『さう受付役(うけつけやく)(せき)()つて此処(ここ)をあけておく(わけ)にもゆかないから、023(また)(ひま)(とき)()せて(もら)はう』
024『そんな()(なが)(こと)()つてゐたら駄目(だめ)よ。025(いま)(うち)()()なくちやいけない。026(じつ)(ところ)は、027蠑螈別(いもりわけ)さまが(かへ)つて()たのよ。028さうして三万両(さんまんりやう)(かね)をお(かあ)さまにやつて()るのよ』
029(なに)030三万円(さんまんゑん)のお(かね)をお(かあ)さまにあげられましたか。031流石(さすが)蠑螈別(いもりわけ)さまだ。032夜前(やぜん)()ぬけをなさつたとかで随分(ずゐぶん)(うへ)(した)への大騒動(おほさうどう)033どうなることかと(わし)心配(しんぱい)してをつたが、034あゝ有難(ありがた)有難(ありがた)い、035あの(かた)(かへ)つて(くだ)さつたら小北山(こぎたやま)大丈夫(だいぢやうぶ)だ。036神様(かみさま)有難(ありがた)(ござ)ります』
037一寸(ちよつと)()()(くだ)さいな。038どうも不思議(ふしぎ)(たま)らないのよ』
039(なに)040(かね)人間(にんげん)()つものだから三万円(さんまんゑん)(くらゐ)()つて(かへ)つたつて(べつ)不思議(ふしぎ)はない。041あの(かた)だから(ひと)(もの)泥棒(どろばう)なさる(はず)がない。042それは神様(かみさま)からお(なさけ)でお(かね)()らして(くだ)さつたのでせう。043さうして(その)(かね)をお(かあ)さまは如何(どう)なさいました』
044直様(すぐさま)(ふところ)捻込(ねぢこ)んで(しま)つたのよ』
045『そりや()(こと)をなさいました。046あの(かた)にお()たせして()くといけませぬから。047神様(かみさま)有難(ありがた)(ござ)ります』
048(また)(をが)む。
049(きく)(なに)050そればつかしぢやないのよ。051(あと)から()いて()れば、052まだあと二十七万両(にじふしちまんりやう)053(ふところ)()つて()ると()つてゐたよ』
054文助(ぶんすけ)(なに)055二十七万円(にじふしちまんゑん)056ハヽヽそりや大方(おほかた)()(ちが)ひだ。057二十七銭(にじふしちせん)だらう』
058阿呆(あはう)らしい、059二十七万円(にじふしちまんゑん)二十七銭(にじふしちせん)取違(とりちがひ)へる(やう)(わたし)馬鹿(ばか)ぢやありませぬ。060(たしか)二十七万両(にじふしちまんりやう)061十分(じふぶん)(いち)()らうと()つて三万両(さんまんりやう)()()したのだもの、062さうしてまだお(たみ)さまに二十万両(にじふまんりやう)やつて()たと()つてゐましたよ。063文助(ぶんすけ)さま、064(はや)()(くだ)さいな。065(たみ)さまの(ところ)へ、066これから()くなんて()つてゐますよ。067(わたし)068それ()いて()()でないので、069ソツと貴方(あなた)(たの)みに()たのよ。070蠑螈別(いもりわけ)さまは貴方(あなた)()(こと)()いて()れるけれども、071(かあ)さまの(こと)()いてくれぬのだから』
072『そりや大変(たいへん)だ。073あんな(ひと)に、074そんな大金(たいきん)()たせておいたら、075どんな(こと)をするか()れやしない。076人間(にんげん)()いから(すぐ)(ひと)にとられて(しま)ひ、077神様(かみさま)()(わる)くするやうにしちや大変(たいへん)だから。078それなら()きませう』
079文助(ぶんすけ)さま、080ソツと()(くだ)さいや。081あまり(ひと)(きこ)えちや都合(つがふ)(わる)いかも()れぬから』
082受付係(うけつけがかり)文助(ぶんすけ)
083(おも)はぬ(はなし)()かされて
084(なん)とはなしに(いさ)()
085(おも)たい(しり)をあげながら
086咫尺(しせき)()えぬ()()つて
087(つゑ)(ちから)にトボトボと
088(きく)(あと)(したが)ひて
089蠑螈別(いもりわけ)住居(すまゐ)なる
090(やかた)をさして()でて()
091(きく)(さき)()ちながら
092『これこれもうし文助(ぶんすけ)さま
093此処(ここ)(おもて)入口(いりぐち)
094さあさあ(わたし)()()いて
095教祖(けうそ)のお居間(ゐま)(まゐ)りませう』
096()へば文助(ぶんすけ)首肯(うなづ)いて
097一寸(ちよつと)(ゑみ)をば(たた)へつつ
098(とし)(わか)いに()もやらず
099(なに)から(なに)まで(かぶら)から
100大根(だいこん)菜種(なたね)(はし)までも
101()のつく(むすめ)()めながら
102(おく)一間(ひとま)(すす)()
103『これこれもうしお(とら)さま
104目出度(めでた)(こと)出来(でき)ました
105蠑螈別(いもりわけ)教祖(けうそ)さまは
106御無事(ごぶじ)でお(かへ)(あそ)ばして
107(わたし)(うれ)しう(ござ)ります
108その(うへ)沢山(たくさん)のお(かね)をば
109土産(みやげ)にもつてお(かへ)りと
110(わたし)()いて()(あが)
111大神様(おほかみさま)御礼(おんれい)
112直様(すぐさま)申上(まをしあ)げました
113昨夜(ゆうべ)蠑螈別(いもりわけ)(さま)
114駆落(かけおち)なさつたと()いてから
115(やかた)上下(うへした)大騒動(おほさうどう)
116数多(あまた)信者(しんじや)信仰(しんかう)
117ぐらつき()して(わたくし)まで
118(あたま)(いた)めて()りました
119(その)(うへ)(なほ)神様(かみさま)
120(たふと)(めぐ)みによりまして
121三十万両(さんじふまんりやう)(かね)もつて
122無事(ぶじ)にお(かへ)りなさるとは
123(なに)(たと)へむものもなき
124歓喜(くわんき)(きは)みで(ござ)ります
125これこれもうし教祖(けうそ)さま
126(わたし)文助(ぶんすけ)受付(うけつけ)
127時間(じかん)(ぬす)んで御挨拶(ごあいさつ)
128(いた)さにやならぬとお(きく)さまに
129()をひかれて(まゐ)りました
130何卒(どうぞ)結構(けつこう)なお(はなし)
131(わたし)()かして(くだ)さんせ
132(まこと)(うれ)しい(こと)ですよ
133(つる)千歳(ちとせ)()(あそ)
134(かめ)万歳(まんざい)(うた)()
135こんな目出度(めでた)いお目出度(めでた)
136(こと)如何(どう)して()たものか
137これもやつぱりユラリ(ひこ)
138末代日(まつだいひ)王天(わうてん)(かみ)
139五六七成就(みろくじやうじゆ)大御神(おほみかみ)
140リントウビテン大神(おほかみ)
141()出神(でのかみ)義理天上(ぎりてんじやう)
142大将軍(だいしやうぐん)常世姫(とこよひめ)
143(あさひ)豊栄昇(とよさかのぼ)(ひめ)
144(その)(ほか)(たふと)神様(かみさま)
145御守護(ごしゆご)(とく)(ござ)りませう
146あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
147何程(なにほど)(うれ)しいと()つたとて
148(くち)(ふさ)がる(はず)がない
149蠑螈別(いもりわけ)さま、お(とら)さま
150あまり(わたし)をじらさずに
151(はや)くお(はな)(くだ)さんせ
152()がせきます』と()ばはれば
153(とら)(あき)れて(たふ)れたる
154身体(からだ)ムツと()(おこ)
155火鉢(ひばち)(まへ)座蒲団(ざぶとん)
156キチンと()いて行儀(ぎやうぎ)よく
157(ひざ)両手(りやうて)をおきながら
158文助(ぶんすけ)さまか、よくもまあ
159()(わる)いにトボトボと
160(たづ)ねなさつて(くだ)さつた
161(わたし)結構(けつこう)御神徳(ごしんとく)
162今日(けふ)(はじ)めて()けました
163(あま)岩戸(いはと)(ひら)けたる
164やうな心地(ここち)(いた)します
165何卒(どうぞ)(よろこ)んで(くだ)さんせ
166本当(ほんたう)目出度(めでた)吉日(きちにち)』と
167(まを)せば文助(ぶんすけ)(いさ)()
168『そりやまあ結構(けつこう)(こと)でした
169蠑螈別(いもりわけ)教祖(けうそ)さまは
170(おほ)きな神徳(しんとく)(いただ)いて
171三十万両(さんじふまんりやう)(ふところ)
172()れてお(かへ)(あそ)ばして
173十分一(じふぶんいち)三万両(さんまんりやう)
174(まへ)さまにスツパリ(くだ)さつた
175やうにお(きく)さまに()きました
176本当(ほんたう)目出度(めでた)(こと)ですな
177(わたし)直接(ちよくせつ)(いただ)いた
178やうに(うれ)しう(ござ)ります
179さうして蠑螈別(いもりわけ)さまは
180(こゑ)()つから(きこ)えぬが
181(くたぶ)()ててグツスリと
182(やす)みなさつて(ござ)るのか
183それならそれで(わたくし)
184(やす)みなさる邪魔(じやま)をしちや
185(まこと)()まない(こと)(ゆゑ)
186これからお(いとま)(まを)します
187これこれもうしお(とら)さま
188娘御寮(むすめごれう)のお(きく)さま
189これから御免(ごめん)(かうむ)つて
190()(のこ)したる(かぶら)()
191スツカリ仕上(しあ)げた(その)(うへ)
192(ひま)(いただ)()えの(ばん)
193(あし)()ばして今夜(こんや)こそ
194グツスリ()さして(もら)ひませう
195(いづ)れもサラバ』と立上(たちあが)
196(この)(とき)(とら)(こゑ)をかけ
197文助(ぶんすけ)さまよ(いま)(わし)
198結構(けつこう)なお神徳(かげ)(いただ)いた
199(あま)岩戸(いはと)(ひら)けたと
200()つたは(かね)(こと)でない
201百万両(ひやくまんりやう)はまだ(おろ)
202幾千万(いくせんまん)とも(かぎ)りなき
203(たと)(がた)なき神徳(しんとく)
204スツカリ()けた(こと)ですよ
205蠑螈別(いもりわけ)突然(とつぜん)
206(この)()(かへ)(きた)りまし
207三万両(さんまんりやう)小判(こばん)をば
208ゾロリと(わたし)()(まへ)
209(なら)べて()れたと(おも)ふうち
210(あに)(はか)らむや蠑螈別(いもりわけ)
211(たちま)姿(すがた)変更(へんかう)
212(うし)(やう)なる古狐(ふるぎつね)
213クワイ クワイ クワイと()きながら
214(むか)ふの(たに)森林(しんりん)
215目蒐(めが)けて姿(すがた)をかくしました
216あまり(わたし)胴欲(どうよく)
217(きたな)(こと)のみ朝夕(あさゆふ)
218(おも)つて()たのが(つみ)となり
219(きよ)(たふと)(たましひ)
220自然(しぜん)(くも)つて()つたのか
221(この)有様(ありさま)()るよりも
222一度(いちど)(ひら)蓮花(はちすばな)
223サラリと()いた(むね)(やみ)
224これ(ほど)(うれ)しい(こと)はない
225蠑螈別(いもりわけ)教祖(けうそ)さまは
226(まへ)()つてゐる(とほ)
227(さけ)身魂(みたま)(くさ)らして
228前後(ぜんご)夢中(むちう)(くび)をふり
229精神病者(せいしんびやうしや)となつてゐる
230あんな(わか)らぬ(をとこ)をば
231何程(なにほど)大切(だいじ)にしたとても
232(かみ)のお(みち)何処(どこ)までも
233(ひろ)まりさうな(こと)はない
234(また)あの(ひと)はお(たみ)()
235(をんな)(まよ)三五(あななひ)
236(みち)(ござ)高姫(たかひめ)
237(した)うて朝晩(あさばん)(むね)(いた)
238鬱散(うつさん)ばらしに(さけ)をのみ
239()るやうな(ひと)(わたくし)
240何程(なにほど)大切(だいじ)(おも)うても
241最早(もはや)駄目(だめ)だと()(うへ)
242執着心(しふちやくしん)(なに)もかも
243速河(はやかは)()(なが)()
244(いま)(うれ)しき水晶(すゐしやう)
245御空(みそら)(ごと)くになりました
246(よろこ)(いさ)神様(かみさま)
247(れい)(まを)して(くだ)さんせ
248(わたし)もこれから(たましひ)
249()()天地(てんち)祖神(おやがみ)
250(まつ)(なほ)して神妙(しんめう)
251一心不乱(いつしんふらん)(つか)へます
252文助(ぶんすけ)さまよ今迄(いままで)
253(わたし)醜行(しうかう)見直(みなほ)して
254愛想(あいそ)つかさず何処(どこ)までも
255交際(かうさい)なされて(くだ)さんせ
256今日(けふ)(あらた)めて(ねが)ひます
257朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
258(つき)()つとも()くるとも
259仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
260もう(この)(うへ)(わが)(こころ)
261(けつ)して(けつ)して(かは)らない
262天地(てんち)(かみ)百神(ももがみ)
263(はじ)めて(さと)吾々(われわれ)
264(まこと)(みち)御光(みひかり)
265いや永久(とこしへ)()らしつつ
266(この)肉体(にくたい)()ふも(さら)
267(この)()()つて神界(しんかい)
268旅立(たびだ)ちする(とき)(わが)(たま)
269(やす)きに(すく)(たま)へかし
270(かみ)吾等(われら)(すく)(ぬし)
271(こころ)()をも(かたむ)けて
272(ひとへ)(ねが)(たてまつ)
273あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
274御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
275大正一一・一二・一五 旧一〇・二七 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)