霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一二章 怪段(くわいだん)〔一二二二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第46巻 舎身活躍 酉の巻 篇:第2篇 狐運怪会 よみ:こうんかいかい
章:第12章 怪段 よみ:かいだん 通し章番号:1222
口述日:1922(大正11)年12月15日(旧10月27日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年9月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
万公は後髪を引かれる心地しながら、お菊への愛におぼれて神務を打ち忘れ、木枯らしすさぶ山の尾の上の薄雪を踏みしめながら、駆け落ちの道中歌いだした。
しかしお菊は足早に前を走って行き、万公は息が切れだした。万公はお菊に待ってくれと声をかけ、慌てて走って行くが追いつかない。
実際は万公はとぼけた面をして神社の細い階段を上っては下り、下っては上りを繰り返しているだけだった。お菊とお千代が石段のところに来ると、万公が何かわからぬことをブツブツ言いながら行ったり来たりしているのが見えた。
お菊が万公に呼びかけると、万公は大金を持ってお菊と逃げているつもりになってお菊に返事をした。お菊とお千代は狐につままれたのだろうと万公を笑っている。万公は下を向いて汗をたらたら垂らしながら階段を降って行ってしまった。
魔我彦は狐に膏をしぼられて松彦館を訪ねようと階段を上って行くと、万公が気の抜けた顔をして下ってくるのにばったり出会った。魔我彦に声をかけられてようやく正気に戻った万公は、今度は本物のお菊を狐だと思って掴みかかった。
魔我彦にたしなめられて、万公はお菊と駆け落ちをした気になっていたことを白状し反省した。そこへ五三公、アク、タク、テクの四人が松彦館を訪ねてやってきた。万公は反省の歌を歌い、一同は戒めの歌を交わした。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:156頁 八幡書店版:第8輯 414頁 修補版: 校定版:164頁 普及版:64頁 初版: ページ備考:
001 万公(まんこう)後髪(うしろがみ)()かるる心地(ここち)しながら、002肝腎要(かんじんかなめ)神務(しんむ)()(わす)れ、003(きく)(あい)(おぼ)れて、004(かね)(いろ)との二道(ふたみち)かけ、005木枯(こがらし)(すさ)高山(たかやま)()()薄雪(うすゆき)()みしめながら、006(きく)のやさしき後姿(うしろすがた)()(なが)め、007(かほ)(ひも)まで(ほど)いて道々(みちみち)(うた)()した。
008(かみ)(おもて)(あら)はれて
009(ぜん)(あく)とを()てわける
010(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
011(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
012(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
013直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)
014()(あやま)ちを()(なほ)
015三五教(あななひけう)神様(かみさま)
016この万公(まんこう)(こひ)(やみ)
017(まよ)うて脱線(だつせん)した(こと)
018(こころ)(やす)らに(たひ)らかに
019(かなら)(ゆる)させたまふべし
020河鹿峠(かじかたうげ)をのり()えて
021治国別(はるくにわけ)諸共(もろとも)
022野中(のなか)(もり)(まで)やつて()
023(とき)しもあれや亀彦(かめひこ)
024弟子(でし)万公(まんこう)()()てて
025(くも)(かすみ)とかくれけり
026これを(おも)へば万公(まんこう)
027もはや御用(ごよう)()んだのか
028一本橋(いつぽんばし)(たもと)にて
029(こひ)しきお(きく)(めぐ)()
030(とら)()さまにいろいろと
031(にが)意見(いけん)()かされて
032大分(だいぶん)(こころ)(あらた)まり
033松彦(まつひこ)さまと諸共(もろとも)
034悪魔(あくま)征途(せいと)(のぼ)るべく
035(よろこ)(いさ)んで()たものを
036どうした身魂(みたま)因縁(いんねん)
037(むす)ぶの(かみ)()(あは)
038いとし可愛(かあい)愛娘(まなむすめ)
039(きく)(ふか)(おも)はれて
040()くに()かれぬ羽目(はめ)となり
041(こころ)ならずも(かみ)(みち)
042(しばら)()てて()きまする
043国治立大御神(くにはるたちのおほみかみ)
044豊国主大御神(とよくにぬしのおほみかみ)
045三五教(あななひけう)太柱(ふとばしら)
046神素盞嗚大御神(かむすさのをのおほみかみ)
047(まこと)()まぬ(こと)ながら
048(しばら)くお(ひま)(くだ)しやんせ
049(これ)から二人(ふたり)(やま)()
050(つた)(つた)ひて(つき)(くに)
051何処(いづく)(はて)にか()(ひそ)
052二人(ふたり)(なか)よく()(おく)
053さうした(うへ)神様(かみさま)
054きつと御用(ごよう)(いた)します
055(いま)(しばら)くは是非(ぜひ)なしと
056何卒(なにとぞ)見直(みなほ)(くだ)さつて
057(こひ)(ゆる)させたまへかし
058まだ十七(じふしち)愛娘(まなむすめ)
059肩揚(かたあげ)さへも()れぬよな
060あれ(ほど)可愛(かあい)(をんな)をば
061何程(なにほど)(かみ)(みち)ぢやとて
062これが見捨(みす)ててやれませうか
063夫婦(ふうふ)となるも前世(さきのよ)
064(ふか)(えにし)でありませう
065(きく)(あね)中々(なかなか)
066(ひと)(すぐ)れた器量(きりやう)もの
067ほんとに()しい(こと)をした
068そのお(さと)にも弥勝(いやまさ)
069(すず)のやうなる(まる)()
070(はな)のやうなる(くちびる)
071ニツと(わら)うた(その)(とき)
072()らず()らずに(たましひ)
073中空(ちうくう)()んで()くやうだ
074エヘヽヽヘツヘ(なん)とまア
075面工(めんく)のよい(こと)出来(でき)たのか
076矢張(やつぱ)身魂(みたま)がよい(ゆゑ)
077(こころ)(はな)()()めて
078(ふく)(かみ)めが()つて()
079二人(ふたり)(なか)をば円満(ゑんまん)
080神聖(しんせい)(こひ)完全(くわんぜん)
081(まも)りなさるに(ちが)ひない
082(おも)へば(おも)へば(おれ)のよな
083幸福者(しあはせもの)()にあろか
084これこれお(きく)ちよつと()
085(まへ)子供(こども)似合(にあ)はない
086随分(ずゐぶん)(はや)(あし)だなア
087(みち)もないよな(やま)()
088さう安々(やすやす)(ある)くのは
089矢張(やは)(むす)ぶの神様(かみさま)
090(まへ)(からだ)委曲(まつぶさ)
091(まも)りなさるに(ちが)ひない
092(しばら)()つて()れぬかい
093俺等(おいら)呼吸(いき)()れさうだ』
094()てよ()てよと()ばはれば
095(きく)(うしろ)()()いて
096『これ(まん)さま(じれ)つたい
097(いま)(しばら)くは()(かぎ)
098(あし)(つづ)かむ(その)(かぎ)
099(はし)つて()かねばなりませぬ
100もしも追手(おつて)()つけられ
101(とら)はれようものならば
102それこそ(ひど)(こと)になる
103大泥棒(おほどろばう)駆落(かけおち)()
104(この)(まま)(ゆる)しは(いた)さぬと
105蠑螈別(いもりわけ)(はら)()
106どんな(こと)をなさるやら
107(わか)つたものぢやありませぬ
108それが(わたし)()にかかる
109もう一息(ひといき)ぢや(まん)さまよ
110サアサア(はや)()きませう』
111言葉(ことば)(あと)(のこ)しつつ
112小松(こまつ)(しげ)れる(やま)()
113()えつかくれつ(はし)()
114万公(まんこう)(いき)(はづ)まして
115『おいおい()つたお(きく)さま
116それ(ほど)(はや)(はし)るなよ
117姿(すがた)()えずなつたなら
118この深山(しんざん)(なん)とする
119(まへ)(おれ)(ただ)二人(ふたり)
120(ほか)(ちから)になるものは
121(ねこ)()一匹(いつぴき)()らぬぞや
122まアまア()つて(くだ)しやんせ
123アイタヽタツタ(つまづ)いた
124(みち)なき(ところ)をスタスタと
125ようまアそれだけ(はし)られる
126(さすが)万公(まんこう)(した)()
127()()降参(かうさん)せにやならぬ
128そりや(その)(はず)ぢや(たれ)だとて
129大胆(だいたん)至極(しごく)(こと)をして
130()うしてゆつくり(ある)かれよか
131これから肝玉(きもだま)(はふ)()して
132もう一気張(ひときば)りお(きく)さまの
133(あと)(した)うて()つて()よう
134(なん)とはなしに呼吸(こきふ)めが
135(くる)しくなつて()たわいな
136此処(ここ)一服(いつぷく)しよぢやないか
137これだけ()げて()(うへ)
138よもや追手(おつて)もかかるまい
139アイタヽタツタ()をついた
140松葉(まつば)(やつ)めが()しやばつて
141大事(だいじ)大事(だいじ)(まなこ)をば
142遠慮(ゑんりよ)もなしに()きよつた
143こりやこりやお(きく)どこへ()つた
144子供(こども)(くせ)にとんとんと
145はぐれて仕舞(しま)つたら(なん)とする
146(むか)()ずにも(ほど)がある
147()()(しば)()(しば)し』
148()ひながら、149(とぼ)けたやうな(つら)をして(ほそ)階段(かいだん)(のぼ)つては(くだ)り、150(くだ)つては(のぼ)り、151(なに)(くち)をもがもがと(うご)かして幾度(いくど)となく上下(じやうげ)して()る。
152 お(きく)とお千代(ちよ)()()きながら石段(いしだん)(ところ)まで()りて()た。153()れば万公(まんこう)(なに)かブツブツ(わか)らぬ(こと)(つぶや)きながら、154石段(いしだん)をトントントンと(くだ)つたり(のぼ)つたりして()る。
155(きく)『お千代(ちよ)さま、156あの万公(まんこう)さまを御覧(ごらん)157間抜(まぬ)けた(かほ)して、158千度(せんど)をして()るぢやありませぬか、159(なん)(また)あんな(めう)(こと)をするのでせうなア』
160千代(ちよ)万公(まんこう)さまが、161(きつね)(つま)まれて()るのでせうよ。162随分(ずゐぶん)小北山(こぎたやま)には古狐(ふるぎつね)(あな)沢山(たんと)ありますからなア』
163(ひと)背中(せなか)でも(たた)いて()をつけてやりませうか』
164()(かく)「オイ」と()つて()なさい。165そしたら()()くかも()れませぬぜ』
166 お(きく)(のぼ)つて()階段(かいだん)(うへ)()一間(いつけん)(ほど)(まへ)から、
167『オイ万公(まんこう)さま、168(しつか)りせぬかいな』
169(こゑ)をかけた。170万公(まんこう)矢庭(やには)(くち)(おも)たげに、
171『オーイお(きく)172さう(はし)つては追付(おつつ)かれない。173二十七万両(にじふしちまんりやう)(かね)(おと)しては大変(たいへん)だぞ。174まアちつと()つてはどうだ。175もう此処(ここ)まで()げて()たら大丈夫(だいぢやうぶ)ぢや』
176『ホヽヽヽ()かぬたらしい。177万公(まんこう)さまは(わたし)駆落(かけおち)をして()(ゆめ)でも()()るのだらうか、178なアお千代(ちよ)さま』
179『きつとさうですよ、180あの(かほ)御覧(ごらん)なさい。181あれは(きつね)(つま)まれて()るのですよ。182さうして(ゆめ)()()るのですよ。183(こま)つた()()かない(をとこ)ですなア』
184 万公(まんこう)(また)(した)()いてトントントンと(あせ)をタラタラ(なが)しながら(くだ)つて()く。185魔我彦(まがひこ)散々(さんざん)(きつね)(あぶら)()られ、186松彦館(まつひこやかた)(たづ)ねむと階段(かいだん)(のぼ)()くと、187万公(まんこう)()のぬけたやうな(かほ)して()りて()るのにベツタリと出会(であ)つた。188魔我彦(まがひこ)は、
189『ハヽ此奴(こいつ)(わる)(きつね)にやられよつたのぢやな。190(おれ)ばかりかと(おも)へば、191伴侶(つれ)もあるワイ。192こいつは大方(おほかた)193(きく)駆落(かけおち)でもして()(つも)りで(つま)まれて()るのだらう、194オイ万公(まんこう)195(なに)をグヅグヅして()るのだ、196(なに)(しやべ)つて()るのだ』
197()ひながら、198(ちから)をこめて(せな)(みつ)()()(たた)途端(とたん)万公(まんこう)()がつき、
199『アヽ一体(いつたい)此処(ここ)何処(どこ)だ、200(きく)何処(どこ)()つたのだ、201オーイ、202(きく)ヤーイ、203オーイ』
204魔我(まが)『アハヽヽヽ、205これ(まん)206(しつか)りして()れい、207最前(さいぜん)から随分(ずゐぶん)ここを(あが)つたり(くだ)つたりして()たさうだが、208大方(おほかた)(きつね)(つま)まれたのだらう。209(あま)りお(きく)(おも)つて()るから、210こんな()()ふのだよ』
211万公(まんこう)『ここは一体(いつたい)何処(どこ)だと()ふのだ』
212(わか)らぬ(やつ)だなア、213小北山(こぎたやま)階段(かいだん)だ。214()(ふさ)いどつては(わか)らぬぢやないか。215(なん)だい、216(おほ)きな(くち)()けやがつて』
217『エヽ馬鹿(ばか)にしやがつた。218(あま)りド(ぎつね)悪口(わるくち)()つたものだから、219(やつこ)さん仕返(しかへ)しをしやがつたな』
220『アハヽヽヽ、221(おれ)二代目(にだいめ)出来(でき)たわい、222ウフヽヽヽ』
223 お(きく)(そば)(はし)(きた)り、
224『これ(まん)さま、225(まへ)最前(さいぜん)からここに(なに)して()るの』
226 万公(まんこう)はお(きく)首筋(くびすぢ)グツと(にぎ)り、
227『これド(ぎつね)228(なん)(ひと)馬鹿(ばか)にしやがるのだ。229サアもう了簡(れうけん)せぬぞ、230覚悟(かくご)せい』
231(きく)(まん)さま(こは)い、232魔我(まが)さま(たす)けてえ』
233魔我(まが)『こりやこりや万公(まんこう)234(きつね)()けたお(きく)と、235本物(ほんもの)のお(きく)とごつちやにしては(こま)るぢやないか、236ちつと(しつか)りさらさぬかい』
237万公(まんこう)『ウンさうだつたか、238そりや()まぬ(こと)をした。239(かみ)さまは(こは)いものぢや、240もう()うなつては白状(はくじやう)するが、241(じつ)はお(きく)駆落(かけおち)をした(つも)りだつた。242矢張(やつぱ)神様(かみさま)()()かれたのかなア』
243 ()()(ところ)へ、244五三公(いそこう)245アク、246タク、247テク四人(よにん)松彦館(まつひこやかた)(たづ)ねむと階段(かいだん)(した)までやつて()た。248魔我彦(まがひこ)(ただち)に、
249小北山(こぎたやま)(しこ)(きつね)にだまされて
250この階段(かいだん)(のほ)りつ(くだ)りつ。
251(きく)さまと()()きあうて駆落(かけおち)
252してる覚悟(かくご)(おな)じとこゆく』
253五三(いそ)『お(とら)さま魔我彦(まがひこ)さまをたばかりし
254(しこ)(きつね)仕業(しわざ)なるらむ』
255万公(まんこう)二十(にじふ)あまり七万両(しちまんりやう)(かね)もつて
256駆落(かけおち)せしと(おも)ひけるかな』
257アク『馬鹿(ばか)だなアお(きく)にうつつ()かしよつて
258(きつね)にまでも(だま)されてけり』
259万公(まんこう)木石(ぼくせき)にあらぬ()なれば(おれ)だとて
260(をんな)(こころ)(うご)かざらめや』
261タク『(をんな)なら是非(ぜひ)はなけれどド(ぎつね)
262まゆ()よまれて馬鹿(ばか)()るかな』
263万公(まんこう)(おれ)だとて(きつね)(くらゐ)にやだまされぬ
264つもりぢやけれどまんが(わる)うて』
265タク『慢心(まんしん)頂上(ちやうじやう)までも(のぼ)りつめ
266この浅猿(あさま)しき(ざま)となりぬる』
267万公(まんこう)(きつね)まで()けて()れよる(おれ)(かほ)
268どこかに柔和(やさ)しいとこあるだらう』
269テク『テクテクと二百(にひやく)階段(かいだん)()(のぼ)
270(だま)されきつた馬鹿者(ばかもの)あはれ』
271万公(まんこう)『ここは(また)高天(たかま)(のぼ)階段(かいだん)
272(なに)()らずにゴテゴテ()ふな。
273(きつね)にもせめて一度(いちど)(つま)まれて
274()ねば社会(しやくわい)(こと)(わか)らぬ』
275五三(いそ)村肝(むらきも)(こころ)(まよ)ひある(とき)
276(しこ)曲津(まがつ)(さそ)ふものなり。
277万公(まんこう)さま(こころ)(こま)()(なほ)
278(きつね)のやつにもてあそばれて。
279如何(いか)にして(かみ)御業(みわざ)がつとまろか
280ほうけ(をとこ)(ともな)ひし()は』
281万公(まんこう)(はづ)かしや(こひ)(きつね)にたばかられ
282(おも)はぬ醜態(しこざま)(あら)はれにけり。
283大神(おほかみ)(みち)おろそかにした(つみ)
284(いま)()のあたり(あら)はれてけり』
285大正一一・一二・一五 旧一〇・二七 加藤明子録)