霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一七章 惟神(かむながら)(みち)〔一二二七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第46巻 舎身活躍 酉の巻 篇:第3篇 神明照赫 よみ:しんめいしょうかく
章:第17章 第46巻 よみ:かんながらのみち 通し章番号:1227
口述日:1922(大正11)年12月16日(旧10月28日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年9月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
お寅と魔我彦は、友が一刻も早く善道を悟り忠実な神の僕になるようにと親切にほだされて互いに顔を見合わせていた。
しかしお寅は昨日までくだらない情欲に捕われて黄金に目をくらましていたが、神の仁慈に照らされて霊肉ともに向上していた。一方魔我彦は悲嘆の淵に沈み、不安と不平の妖雲に包まれて震えおののいていた。
お寅は恵の雨は天から降るものだということを自覚した。魔我彦は自分の知恵や力や考察力の苦労の結果で、自分の身体から自由自在に雨を降らし得るものと考えていた。ここに神ながらと人ながらの区別がつくのである。
いかなる聖人君子、智者勇者といえども、天の御恵なくしては到底救われることはできない。頭に生えた髪の毛一筋も黒くし白くし得る力はない。この真理を理解して初めて宇宙の真相が悟り得られるのである。これが惟神であり、魔我彦が最善と思って採ったやり方は人ながらであって、神の目から見給うときは慢心とうことになるのである。
真の惟神的精神を理解ともいい、また改心ともいう。神は謙譲の徳を以て第一の道徳律と定め給う。
人間がこの世に生まれ来たり、美醜、強弱、貧富、貴賤の区別がつくのも決して人間業ではない。いずれも惟神のよさしのままに、それ相応の霊徳ともって地上に蒔き付けられたものである。
みな宿世の自ら生み出した因果律によってくるものなれば、各自はめいめいにその最善を尽くし、賤民は賤民として、貴人は貴人として、富者は富者として、貧者は貧者として本分を守るのが天地惟神の大道である。
このように上下が一致的にその本分を守るにおいては、神示にいわゆる升掛引きならして運否のない五六七の世が現出したのである。
瑞月がかくの如き説をなすときは、頑迷固陋の倫理学者、道徳学者は必ず異端邪説として排斥するであろう。しかしながら天地の真理の惟神の大道である以上は、如何ともすることができない。五六七仁慈の大神の心のままに説示しておく次第である。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4617
愛善世界社版:214頁 八幡書店版:第8輯 435頁 修補版: 校定版:225頁 普及版:87頁 初版: ページ備考:
001 お(とら)()アさまと魔我彦(まがひこ)(たがひ)(かほ)見合(みあは)せ、002(とも)一刻(いつこく)(はや)善道(ぜんだう)(さと)り、003忠実(ちうじつ)なる(かみ)下僕(しもべ)となり、004()(かみ)代表者(だいへうしや)005生宮(いきみや)たる(じつ)()げしめむと、006(たがひ)親切(しんせつ)にほだされて(しば)しが(あひだ)黙然(もくねん)として顔色(かほいろ)ばかりを()つめてゐる。007一方(いつぱう)老人(らうじん)にも似合(にあ)はず十七八(じふしちはち)(むすめ)のやうな(いろ)つやを(うか)べ、008ぽつてりと(ふと)り、009活々(いきいき)としてゐるに引替(ひきか)へ、010一方(いつぱう)(ふゆ)()()(こがらし)(たた)(おと)され、011(ゆき)(ふる)へて、012えもいはれぬ(さび)しみを(かん)じた(やう)悄然(せうぜん)たる(おもて)()けてゐる。013(あだか)枯木寒岩(こぼくかんがん)()三冬(さんとう)暖気(だんき)なしといつたやうな、014(ねつ)のあせた(ひや)やかい気分(きぶん)(つつ)まれてゐる。015昨日(きのふ)まで煩悶(はんもん)苦悩(くなう)(ふち)(しづ)み、016(くだ)らぬ情欲(じやうよく)(とら)はれ、017(かつ)黄金(わうごん)(まなこ)をくらましてゐたお(とら)()アさまは、018(かみ)仁慈(じんじ)(てら)されて、019(あだか)無碍光如来(むげくわうによらい)(やう)霊肉(れいにく)(へん)じ、020(いな)向上(かうじやう)し、021一方(いつぱう)魔我彦(まがひこ)悲歎(ひたん)(ふち)(しづ)み、022万劫末代(まんごふまつだい)(うか)()のない八寒地獄(はちかんぢごく)(うゑ)(さむ)さに()亡者(まうじや)(やう)容貌(ようばう)をさらし、023不安(ふあん)不平(ふへい)妖雲(えううん)(つつ)まれ、024(ほほ)()せこけ、025(しわ)(あみ)()(ごと)く、026顔色(がんしよく)青白(あをじろ)く、027(くちびる)紫色(むらさきいろ)(へん)じ、028言葉(ことば)さへもどことなく(ちから)()せピリピリと(ふる)(をのの)いてゐる。029(じつ)信仰(しんかう)(ひかり)といふものは(おそろ)しいものである。030(おな)(やま)(いただき)()(あめ)も、031両半滴(りやうはんてき)()場所(ばしよ)()つて、032(あるひ)(ひがし)()(あるひ)西(にし)()ち、033(みなみ)(きた)(わか)れて()(なが)るる(ごと)く、034()()(はし)(ほど)(ちが)つても大変(たいへん)距離(きより)出来(でき)るものである。035(この)両人(りやうにん)(あだか)(たうげ)(うへ)()つた(あめ)であつた。036如何(どう)してもお(とら)()アさまの(あめ)(あさひ)(むか)つて(なが)れねばならなくなつてゐた。037魔我彦(まがひこ)(あめ)はどうしても夕日(ゆふひ)(はう)(むか)つて(なが)()ちねばならない境遇(きやうぐう)になつてゐた。038善悪正邪(ぜんあくせいじや)分水嶺上(ぶんすゐれいじやう)()(あめ)は、039如何(どう)しても(てん)から()らねばならぬ、040(けつ)して人間(にんげん)身体(からだ)から(あめ)()るものでない。041(ここ)(さと)ると(さと)らざるとの区別(くべつ)がついて()るのである。042(とら)()アさまは(めぐみ)(あめ)(てん)より()るものだといふことを自覚(じかく)した。043そして魔我彦(まがひこ)は、044自分(じぶん)知慧(ちゑ)(ちから)考察力(かうさつりよく)苦労(くらう)結果(けつくわ)で、045自分(じぶん)身体(からだ)から自由自在(じいうじざい)(あめ)()らし()るものと(かんが)へてゐた。046ここに惟神(かむながら)(ひと)ながらの区別(くべつ)のつく所以(ゆゑん)である。047如何(いか)なる聖人(せいじん)君子(くんし)智者(ちしや)勇者(ゆうしや)(いへど)も、048(てん)御恵(みめぐみ)なくしては、049到底(たうてい)(すく)はるることは出来(でき)ない。050広大無辺(くわうだいむへん)天然力(てんねんりよく)(すなは)(かみ)御威光(ごゐくわう)によらなくては、051地上(ちじやう)一切(いつさい)(こと)何一(なにひと)(おも)ひの(まま)出来(でき)るものでない。052(わが)(あたま)()えた(かみ)()一筋(ひとすぢ)だも、053(あるひ)(くろ)くし、054(あるひ)(しろ)くし()(ちから)のない人間(にんげん)だ。055(この)真理(しんり)理解(りかい)して(はじ)めて宇宙(うちう)真相(しんさう)(さと)()るのである。056これが所謂(いはゆる)惟神(かむながら)であり、057魔我彦(まがひこ)最善(さいぜん)思惟(しゐ)して()つたやり(かた)(すなは)(ひと)ながらであつて、058(かみ)御目(おんめ)より見給(みたま)(とき)慢心(まんしん)といふことになるのである。
059 (えう)するに(しん)惟神的(かむながらてき)精神(せいしん)理解(りかい)とも()(また)改心(かいしん)とも()ふ。060仮令(たとへ)(ひと)(まへ)にて(わが)力量(りきりやう)(ほこ)り、061(わが)知識(ちしき)(かがや)かし、062(わが)()(あら)はすとも、063偉大(ゐだい)なる(かみ)御目(おんめ)より見給(みたま)(とき)(じつ)馬鹿(ばか)らしく()えるものである。064(いな)(かへつ)(くら)(けが)らはしく、065悪臭(あくしう)紛々(ふんぷん)として清浄(せいじやう)無垢(むく)天地(てんち)(つつ)むものである。066(ゆゑ)(かみ)謙譲(けんじやう)(とく)(もつ)て、067第一(だいいち)道徳律(だうとくりつ)(さだ)(たま)ふ。068人間(にんげん)謙譲(けんじやう)(しよう)するものは(その)(じつ)表面(へうめん)のみの虚飾(きよしよく)であつて、069所謂(いはゆる)偽善(ぎぜん)骨頂(こつちやう)である。070虚礼(きよれい)虚儀(きよぎ)生活(せいくわつ)(おく)(もの)(しよう)して、071人間(にんげん)社会(しやくわい)にては聖人君子(せいじんくんし)()(はや)されるのだからたまらない。072かかる聖人君子(せいじんくんし)()くべき永住所(えいぢうしよ)は、073(がい)して(あめ)八衢(やちまた)であることは(まを)すまでもない。
074 人間(にんげん)(この)()(うま)(きた)り、075美醜(びしう)076強弱(きやうじやく)077貧富(ひんぷ)078貴賤(きせん)区別(くべつ)がつくのも(けつ)して人間業(にんげんわざ)でない。079(いづ)れも(みな)惟神(かむながら)()さしの(まま)に、080それ相応(さうおう)霊徳(れいとく)をもつて地上(ちじやう)()きつけられたものである。081()める(もの)何処(どこ)までも()み、082(まづ)しき(もの)何処(どこ)までも(まづ)しいのは(その)(れい)内分的(ないぶんてき)関係(くわんけい)から()るものであつて、083(けつ)して外分的(ぐわいぶんてき)関係(くわんけい)より(つく)(いだ)されるものでない。084(まづ)しき(みたま)人間(にんげん)現界(げんかい)活動(くわつどう)し、085巨万(きよまん)(とみ)()み、086金殿玉楼(きんでんぎよくろう)安臥(あんぐわ)し、087富貴(ふうき)一世(いつせい)(ほこ)ると(いへど)も、088依然(いぜん)として(その)(れい)(にく)とは(まづ)しき境遇(きやうぐう)(だつ)する(こと)出来(でき)ない。089丁度(ちやうど)如何(いか)醜婦(しうふ)絶世(ぜつせい)美人(びじん)容貌(ようばう)にならむと、090紅白粉(べにおしろい)(ほどこ)し、091(うる)はしき衣服(いふく)(よそほ)ひ、092あらむ(かぎ)りの人力(じんりよく)(つく)すと(いへど)も、093醜女(しうじよ)依然(いぜん)として醜女(しうぢよ)たるの(ゐき)(だつ)せざると同一(どういつ)である。094(はな)(ひく)(もの)如何(いか)隆鼻術(りうびじゆつ)(ほどこ)すとも、095美顔術(びがんじゆつ)(ほどこ)すとも、096到底(たうてい)駄目(だめ)(をは)(ごと)く、097貧者(ひんじや)何処(どこ)までも貧者(ひんじや)である。098(すべ)貧富(ひんぷ)二者(にしや)物質的(ぶつしつてき)のみに局限(きよくげん)されたものでない。099(しん)()める(ひと)一箪(いつたん)(しよく)100一瓢(いつぺう)(いん)(もつ)て、101天地(てんち)(めぐみ)(たのし)み、102綽々(しやくしやく)として余裕(よゆう)(ぞん)し、103天空海濶(てんくうかいくわつ)たる気分(きぶん)(ただよ)ふ。104如何(いか)巨万(きよまん)財宝(ざいほう)()むとも、105(かみ)より()(まづ)しき(もの)は、106その(こころ)(たひら)かならず(ゆたか)ならず、107(つね)窮乏(きうばふ)()げて(よく)(うへ)にも(よく)(かわ)き、108一時(いちじ)たりとも安心立命(あんしんりつめい)することが出来(でき)ない。109(かね)番人(ばんにん)110守銭奴(しゆせんど)たるの(ゐき)齷齪(あくせく)として(まよ)ふのみである。111(また)天稟(てんぴん)美人(びじん)美人(びじん)としての惟神的(かむながらてき)特性(とくせい)(そな)はつてゐるのである。112美人(びじん)として(つつし)むべき(とく)は、113(われ)以外(いぐわい)醜婦(しうふ)(たい)し、114なるべく()ならざるやう、115(えん)ならざるやう(つと)むるを(もつ)道徳的(だうとくてき)根本律(こつぽんりつ)としてゐるのは、116惟神(かむながら)真理(しんり)(さと)らざる世迷言(よまひごと)である。117美人(びじん)益々(ますます)(よそほ)ひを(つく)せば、118ますます(その)()()し、119(かみ)(また)(ひと)をして喜悦渇仰(きえつかつがう)(ねん)()かさしむるものである。120(これ)(すなは)美人(びじん)として(うま)(きた)りし自然(しぜん)特性(とくせい)である。121これを十二分(じふにぶん)発揮(はつき)するのが惟神(かむながら)真理(しんり)である。122(また)醜婦(しうふ)(けつ)して美人(びじん)(ねた)みそねまず、123自分(じぶん)(しう)をなるべく(よそほ)ひ、124(ひと)不快(ふくわい)(ねん)(おこ)さしめず、125(かつ)(また)美人(びじん)(たい)して尊敬(そんけい)(ねん)(はら)ふのが醜婦(しうふ)としての道徳(だうとく)である。
126 富者(ふうじや)となり貧者(ひんじや)となり、127貴人(きじん)となり賤民(せんみん)となり、128美人(びじん)となり醜婦(しうふ)となり、129智者(ちしや)となり愚者(ぐしや)(うま)(きた)るも、130(みな)宿世(すぐせ)(みづか)()(いだ)したる因果律(いんぐわりつ)()つて()るものなれば、131各自(めいめい)(その)最善(さいぜん)(つく)し、132賤民(せんみん)賤民(せんみん)としての本分(ほんぶん)(まも)り、133貴人(きじん)貴人(きじん)としての徳能(とくのう)発揮(はつき)し、134富者(ふうじや)富者(ふうじや)としての(とく)(あら)はし、135貧者(ひんじや)貧者(ひんじや)としての本分(ほんぶん)(まも)るのが天地(てんち)惟神(かむながら)大道(だいだう)である。136(かく)(ごと)上下(しやうか)万民(ばんみん)一致的(いつちてき)(その)本分(ほんぶん)(まも)るに(おい)ては、137神示(しんじ)所謂(いはゆる)(ます)かけ()きならして、138運否(うんぷ)のなき五六七(みろく)()現出(げんしゆつ)したのである。139瑞月(ずゐげつ)(かく)(ごと)(せつ)をなす(とき)は、140頑迷固陋(ぐわんめいころう)倫理(りんり)学者(がくしや)141道徳(だうとく)学者(がくしや)は、142(かなら)異端邪説(いたんじやせつ)として排斥(はいせき)するであらう。143(しか)(なが)天地(てんち)真理(しんり)惟神(かむながら)大道(だいだう)たる以上(いじやう)は、144如何(いかん)ともすることが出来(でき)ない。145五六七(みろく)仁慈(じんじ)大神(おほかみ)(こころ)(まま)説示(せつじ)しておく次第(しだい)である。
146 あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
147大正一一・一二・一六 旧一〇・二八 松村真澄録)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら