霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一八章 エンゼル〔一二二八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第46巻 舎身活躍 酉の巻 篇:第3篇 神明照赫 よみ:しんめいしょうかく
章:第18章 エンゼル よみ:えんぜる 通し章番号:1228
口述日:1922(大正11)年12月16日(旧10月28日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年9月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
お寅と魔我彦が論戦する中へお千代がやってきた。お千代は二人の前に駆け上がり、もろ手を組んでウンとひと声三尺ばかり空中に飛び上がり、キチンと二人の前に端座した。お寅も魔我彦も威厳備わり優美なお千代の姿に思わず頭を下げ、両手をついてかしこまった。
お千代は自分はユラリ彦命であり、小北山の祭神の善悪正邪についての論戦に結論を与えるために天極紫微宮から降臨したとおごそかに宣旨した。
お千代にかかった天使は、小北山にまつった神は八街にさまよい、または根底の国の醜神であると告げた。そして人は天地の司であるので、けがれた神も救うべきだと述べた。
天使はユラリ彦とはロッキー山の曲神であり、魔我彦を救うために自分はその神名を借りたにすぎないと述べ、小北山は罪や汚れを犯した曲の霊を祀っていると明かした。
魔我彦も天使の託宣に今までの信仰の過ちを悔い、自分の心の曲の仕業であると述べた。お寅は、自分の心の鬼に罪とがをきせてはならないと諭した。魔我彦はエンゼルの訓戒によって心の闇を晴らし、無限の歓喜を感得することを得た。魔我彦はエンゼルに向かってその神恩を感謝した。
魔我彦はこれからは一心に真の神様のために全力を注ぐ考えだと決意を述べた。天使は、神の力は広大無辺だから汝の力を加える余地は少しもない、ただ汝は天の良民として身につける一切のものを完全に照り輝かし、万一余裕があればこれを人に施せと諭した。
あくまで自分は人を救いたいと訴える魔我彦に対し、天使は世を救い人を救うは救世主の神業であると説いた。宣伝使は単に、神の有難きこと、尊きことを体得してこれを世人に宣べ伝えるのみであると教示した。
エンゼルの訓戒にお寅と魔我彦は歓喜の涙をしゃくりあげてうずくまっていた。あたりに芳香薫じ微妙の音楽が耳に入ると見る間に、エンゼルは元津御座に帰り給うた。お千代は元のあどけない少女に代わってしまった。
魔我彦は初めて前非を悔い、神の光に照らされ、松彦の指揮にしたがって小北山の祭神をひとところにあつめて厳粛な修祓式を行った。そして誠の神を鎮祭することを心から承認したのである。松彦を斎主とし、五三公を祓戸主とし、厳粛な遷座式に着手することとなった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4618
愛善世界社版:220頁 八幡書店版:第8輯 437頁 修補版: 校定版:231頁 普及版:91頁 初版: ページ備考:
001 お(とら)002魔我彦(まがひこ)両人(りやうにん)が、003(いぬ)(ねこ)とが(たがひ)(すき)(うかが)ひ、004虚々実々(きよきよじつじつ)論戦(ろんせん)火花(ひばな)()らし、005仁義(じんぎ)(あらそ)ひ、006(もつと)(たけなは)なる(ところ)へ、007エンゼルの(ごと)美人(びじん)(くだ)つて()た。008これは()ふまでもなくお千代(ちよ)であつた。009千代(ちよ)足早(あしばや)二人(ふたり)(まへ)にかけ(あが)り、010双手(もろて)()み、011ウンと一声(ひとこゑ)012三尺(さんじやく)ばかり空中(くうちう)飛上(とびあが)り、013キチンと二人(ふたり)(まへ)端坐(たんざ)した。014(とら)魔我彦(まがひこ)も、015威厳(ゐげん)(そな)はり(なん)となく優美(いうび)なる乙女(をとめ)姿(すがた)に、016(おも)はず()らず(かしら)()げ、017両手(りやうて)をついて(かしこ)まつた。
018千代(ちよ)『われこそはユラリ彦命(ひこのみこと)なり。019汝等(なんぢら)両人(りやうにん)020小北山(こぎたやま)祭神(さいじん)善悪正邪(ぜんあくせいじや)()いて論戦(ろんせん)(やや)(ひさ)しきを()り、021天極紫微宮(てんきよくしびきう)より降臨(かうりん)し、022(なんぢ)両人(りやうにん)迷夢(めいむ)()まさむとす、023謹聴(きんちやう)あれよ』
024とおごそかに宣示(せんじ)した。025(とら)意外(いぐわい)(かん)()たれ、026実否(じつぴ)如何(いかん)と、027神勅(しんちよく)裁断(さいだん)()つてゐる。028魔我彦(まがひこ)(こころ)(うち)にて……それお(とら)さま、029御覧(ごらん)なさい、030ヤツパリ(わたし)信仰(しんかう)するユラリ彦命(ひこのみこと)さまは(まこと)(かみ)だろ、031(この)エンゼルの降臨(かうりん)()つて、032一切(いつさい)迷夢(めいむ)()ましなされ……と(くち)には()はねど、033(こころ)(うち)期待(きたい)してゐる。
034魔我(まが)『これはこれはユラリ彦様(ひこさま)035よくマア御降臨(ごかうりん)(くだ)さいました。036(じつ)(ところ)はお(とら)さまと、037神様(かみさま)御事(おんこと)信仰上(しんかうじやう)(てん)(つい)衝突(しようとつ)(きた)し、038(たがひ)論戦(ろんせん)をしてゐた(ところ)(ござ)います。039どうぞ明晰(めいせき)なる御宣示(ごせんじ)(ねが)ひたう(ござ)います』
040天使(てんし)魔我彦(まがひこ)041(なんぢ)苦悶(くもん)をはらすべく降臨(かうりん)せしものなれば、042遠慮会釈(ゑんりよゑしやく)はいらぬ、043何事(なにごと)でも質問(しつもん)をなされよ』
044(しか)らばお言葉(ことば)(あま)へてお(たづ)(いた)しますが、045(この)小北山(こぎたやま)にお(まつ)りしてある神様(かみさま)有名無実(いうめいむじつ)だとお(とら)さまが(まを)しますが、046実際(じつさい)如何(いかが)(ござ)いませうか。047ある(かみ)ならばあると仰有(おつしや)つて(いただ)きたい。048なき(かみ)ならば、049ないと仰有(おつしや)つて(くだ)さらば、050それにて(わたし)去就(きよしう)(けつ)します』
051(この)小北山(こぎたやま)(まつ)られたる大小(だいせう)無数(むすう)神霊(しんれい)は、052宇宙(うちう)存在(そんざい)せるは(たしか)なる事実(じじつ)である。053生羽(いきば)神社(じんしや)大神(おほかみ)054リンドウビテンの大神(おほかみ)055五六七成就(みろくじやうじゆ)(かみ)056木曽義姫(きそよしひめ)大神(おほかみ)057(あさひ)豊栄昇(とよさかのぼ)(ひめ)大神(おほかみ)058()世界(せかい)大神(おほかみ)059()丸姫(まるひめ)大神(おほかみ)060義理天上日(ぎりてんじやうひ)出神(でのかみ)061玉則姫(たまのりひめ)062大将軍(だいしやうぐん)063常世姫(とこよひめ)064ヘグレ神社(じんしや)大神(おほかみ)065末代日(まつだいひ)王天(わうてん)大神(おほかみ)066上義姫(じやうぎひめ)大神(おほかみ)067(その)(ほか)いろいろ雑多(ざつた)祭神(さいじん)は、068(たしか)存在(そんざい)する(かみ)なることは証明(しようめい)しておくぞよ』
069 魔我彦(まがひこ)狂喜(きやうき)しながら、070(とら)(はう)打見(うちみ)やり、071したり(がほ)にて、
072『コレお(とら)さま、073如何(どう)でげす、074ヤツパリ(わたし)(かんが)へは(ちが)ひますかな』
075(やや)得意(とくい)(おもて)をさらしてみせる。
076(とら)『そりや(まつ)つてある以上(いじやう)神霊(しんれい)はなけねばなりませぬ』
077魔我(まが)『それ御覧(ごらん)なさい、078それなら朝夕(あさゆふ)御給仕(おきふじ)をしても差支(さしつかへ)はないぢやありませぬか』
079天使(てんし)(かみ)といへば皆斉(みなひと)しくや(おも)ふらむ
080(とり)なるもあり(むし)なるもあり。
081よき(かみ)(まが)れる(かみ)もおしなべて
082(かみ)()ふなり天地(あめつち)(うち)は』
083(とら)『どうも有難(ありがた)(ござ)いました。084コレ魔我彦(まがひこ)さま、085神様(かみさま)には(ちが)ひないが、086(かみ)(なか)にも百八十一(ひやくはちじふいち)階段(かいだん)があるのだから、087そこを(かんが)へねばなりますまいぞや』
088魔我(まが)『エンゼル(さま)(かさ)ねてお(たづ)(いた)します。089小北山(こぎたやま)(まつ)られたる神々様(かみがみさま)は、090(うへ)第一天国(だいいちてんごく)より、091()世界(せかい)御守護(ごしゆご)(あそ)ばす(しゆ)なる神様(かみさま)()きましたが、092それに間違(まちが)御座(ござ)りますまいなア』
093天使(てんし)小北山(こぎたやま)宮居(みやゐ)数多(あまた)()ちぬれど
094まつれる(かみ)八衢(やちまた)にます。
095八衢(やちまた)にさまよふ(かみ)はまだおろか
096根底(ねそこ)(くに)醜神(しこがみ)にます。
097さりながら(ひと)天地(てんち)(つかさ)なれば
098(けが)れし(かみ)(すく)ふも()べよ。
099()(まも)(ひと)身魂(みたま)(まも)るてふ
100(まこと)(かみ)(この)(かみ)ならず。
101(この)(かみ)(つみ)(けが)れを(をか)したる
102(まが)(みたま)をいつきしものぞ。
103(をが)むより(すく)うてやれよ小北山(こぎたやま)
104まつれる(かみ)()(あは)れみて。
105われこそはユラリの(ひこ)()りつれど
106(ただ)魔我彦(まがひこ)(すく)はむがため。
107ユラリ(ひこ)(かみ)とふ(かみ)常世国(とこよくに)
108ロツキー(ざん)(わだか)まる(まが)
109松彦(まつひこ)をユラリの(ひこ)(たふと)みて
110(うやま)(つか)ふる(ひと)(おろ)かさ。
111松彦(まつひこ)(その)真相(しんさう)(さと)れども
112(なれ)(すく)はむとしばし(しの)びつ。
113松姫(まつひめ)上義(じやうぎ)(ひめ)曲神(まがかみ)
114()(こと)()らぬ生宮(いきみや)でなし。
115さりながら(まよ)へる(ひと)(すく)ふべく
116あらぬ御名(みな)をば(しの)びゐる(かな)
117魔我(まが)『これはしたり世人(よびと)(すく)神々(かみがみ)
118(おも)ひし(こと)(あだ)となりしか。
119(わけ)もなき(かみ)山々(やまやま)いつかひて
120()(まよ)はせし(こと)(くや)しさ。
121(いま)よりは(こころ)(こま)()(なほ)
122皇大神(すめおほかみ)(みち)(つか)へむ』
123(とら)『エンゼルの(いづ)言霊(ことたま)(かがや)きて
124魔我彦(まがひこ)(やみ)()らし(たま)ひぬ。
125有難(ありがた)(こころ)にかかる村雲(むらくも)
126(はら)(たま)ひし(かみ)(うれ)しき。
127魔我彦(まがひこ)もさぞ(いま)よりは村肝(むらきも)
128(こころ)(そら)(つき)(あふ)がむ』
129魔我(まが)久方(ひさかた)(こころ)(そら)()れにけり
130(かみ)使(つか)ひのエンゼルの(こゑ)に』
131(とら)(わが)言葉(ことば)()()れざりし魔我彦(まがひこ)
132(かみ)使(つか)ひにまつろふ(うれ)しさ。
133()(たま)(ひかり)()らぬ(われ)なれば
134魔我彦司(まがひこつかさ)(すく)ひかねつつ。
135有難(ありがた)(かみ)使(つかひ)(くだ)りまし
136()らし(たま)ひぬ二人(ふたり)(むね)を』
137天使(てんし)相生(あひおひ)(まつ)より()れし愛娘(まなむすめ)
138千代(ちよ)(かた)めを(ここ)(きづ)きぬ。
139これよりは小北(こぎた)(やま)神々(かみがみ)
140(まつ)(なほ)せよ(かみ)(ことば)に』
141(とら)『いかにして(かみ)御言(みこと)(そむ)くべき
142(いさ)(すす)むで(つか)へまつらむ』
143魔我(まが)(いま)(ただ)(かみ)御旨(みむね)(まか)すのみ
144(ちから)知慧(ちゑ)()らぬ(わが)()は。
145掛巻(かけま)くも(かしこ)(かみ)御恵(みめぐみ)
146うるほひにけりかわきし(たま)も。
147うゑかわき(なや)(くるし)(わが)(たま)
148(みづ)御魂(みたま)(よみがへ)りける。
149瑞御霊(みづみたま)(いづ)御霊(みたま)神柱(かむばしら)
150おろそかにせしわれぞ(くや)しき。
151今迄(いままで)(ふか)罪科(つみとが)(ゆる)せかし
152(こころ)(まが)仕業(しわざ)なりせば』
153(とら)魔我彦(まがひこ)(こころ)(おに)罪科(つみとが)
154きせてはならぬ(なれ)()(さび)
155(まよ)ひたる(なれ)身魂(みたま)(おに)()みて
156あらぬ御業(みわざ)(つか)へせしかな』
157天使(てんし)二柱(ふたはしら)(まよ)ひの(くも)(はる)(みづ)
158(こほり)となりて()けし(うれ)しさ。
159()(かみ)永遠(とは)にまします神国(かみくに)
160常世(とこよ)(はる)(はな)()(にほ)ふ。
161(ひと)()(あま)御空(みそら)神国(かみくに)
162真人(まびと)とならむ苗代(なはしろ)にこそ。
163()(うへ)(けが)()てたるものなりと
164(おも)ふは(こころ)(まよ)ひなりけり。
165村肝(むらきも)(こころ)(かみ)(くに)あらば
166(この)()(うへ)神国(かみくに)となる。
167()(うへ)(かみ)御国(みくに)()ておほせ
168おかねば()して神国(かみくに)はなし。
169()(うへ)()みて地獄(ぢごく)()をおかば
170まかれる(のち)(おに)となるらむ。
171(おに)大蛇(をろち)(しこ)曲霊(まがひ)(たけ)()
172(こころ)(きよ)くば(かみ)花園(はなぞの)
173うつし()地獄(ぢごく)修羅(しゆら)(とな)へつつ
174さげすみ(くら)(ひと)ぞゆゆしき。
175(ひと)(みな)天津御国(あまつみくに)(のぼ)るべく
176()みなされたる(かみ)御子(みこ)ぞや。
177()(かみ)青人草(あをひとぐさ)霊体(れいたい)
178もらさず(おと)さず天国(てんごく)(すく)ふ。
179(すく)はむと御心(みこころ)いらち(たま)へども
180(ひと)(みづか)(やみ)におちゆく。
181()(くに)(そこ)(くに)なる(やみ)()
182おちゆく(たま)(すく)大神(おほかみ)
183(この)(かみ)(みづ)御霊(みたま)とあれまして
184三五(あななひ)(みち)(ひら)(たま)へり。
185三五(あななひ)(みち)(まこと)(まも)()
186いかでおとさむ根底(ねそこ)(くに)へ。
187(かみ)(あい)(かみ)智慧(ちゑ)をば理解(りかい)して
188()めば地上(ちじやう)天国(てんごく)(はる)
189秋冬(あきふゆ)(よる)をも()らぬ天国(てんごく)
190(ひと)()むべきパラダイスなり。
191永久(とこしへ)(はな)()(にほ)()()まで
192(ゆたか)(かみ)(くに)(たの)しき。
193()(かみ)数多(あまた)のエンゼル()(くだ)
194()(すく)ふべく(まも)らせ(たま)ふ。
195三五(あななひ)教司(をしへつかさ)はエンゼルよ
196ゆめ(うたが)ふな(かみ)(ことば)を』
197魔我(まが)『ウラナイの(かみ)(つかさ)皇神(すめかみ)
198(うづ)使(つか)ひにおはしまさずや』
199天使(てんし)『ウラナイの(かみ)(つかさ)(とり)(けもの)
200虫族(むしけら)なぞを(すく)正人(まさびと)
201魔我(まが)虫族(むしけら)(かみ)御水火(みいき)(うま)れたる
202ものとし()けば(すく)はむとぞ(おも)ふ』
203天使(てんし)大神(おほかみ)(こころ)(もち)ひて(すく)ふべし
204(ひと)(あい)する(かみ)ならざるを()れ』
205(とら)(この)(やま)にまつれる(かみ)虫族(むしけら)
206(すく)(もと)むる(かみ)にますらむ』
207天使(てんし)『さに(あら)虫族(むしけら)までも()りて()
208(まが)(かみ)ぞや(こころ)(ゆる)すな』
209 魔我彦(まがひこ)(はじ)めて、210エンゼルの訓戒(くんかい)()り、211(こころ)(やみ)をはらし、212(にはか)顔色(がんしよく)(きよ)く、213元気(げんき)百倍(ひやくばい)して無限(むげん)歓喜(くわんき)感得(かんとく)する(こと)()た。214魔我彦(まがひこ)はエンゼルに(むか)ひ、215(なみだ)(とも)(その)神恩(しんおん)感謝(かんしや)した。
216魔我(まが)(たふと)(きよ)きエンゼルの御降臨(ごかうりん)217御蔭(おかげ)()りまして、218(いま)までの(わたし)(まよ)ひも(はる)(ゆき)太陽(たいやう)にとけるが(ごと)氷解(ひようかい)する(こと)()ました。219(じつ)無限(むげん)努力(どりよく)生命(せいめい)とを賦与(ふよ)されたやうな(おも)ひに(ただよ)ひます、220歓喜(くわんき)(なみだ)にうるほひました。221(この)(うへ)今迄(いままで)(おろか)なる(こころ)立直(たてなほ)し、222(ただ)一心(いつしん)(まこと)神様(かみさま)(ため)全力(ぜんりよく)(そそ)(かんが)へで(ござ)います』
223天使(てんし)魔我彦(まがひこ)224(なんぢ)(いま)神様(かみさま)(ため)()(ため)(つく)すと()つたが、225(かみ)(ちから)広大無辺(くわうだいむへん)226(なんぢ)(ちから)(くは)ふべき余地(よち)(すこ)しもないぞよ。227(ただ)(なんぢ)(てん)良民(りようみん)として(なんぢ)()につける一切(いつさい)(もの)完全(くわんぜん)()(かがや)かし、228万一(まんいち)余裕(よゆう)あらば(これ)(ひと)(ほどこ)すべきものだ。229(しか)(なが)人間(にんげん)として、230どうして()(すく)ひ、231(ひと)(すく)(こと)出来(でき)ようぞ。232(なんぢ)(みづか)らの()(もつ)て、233(なんぢ)(かほ)(およ)()()(こと)()るならば、234(はじ)めて(ひと)幾分(いくぶん)なりとも(すく)ふべき(ちから)(そな)はつたものだ。235(これ)(おも)へば、236(ひと)()として、237如何(いか)でか余人(よじん)(すく)(こと)()む。238(かく)(ごと)(かんが)へを(いう)する(あひだ)は、239(いま)慢心(まんしん)(くも)()れきらぬものなるぞ』
240『ハイ、241いろいろの御教訓(ごけうくん)242(まこと)(もつ)有難(ありがた)(ござ)います。243(しか)(なが)吾々(われわれ)自分(じぶん)()(すく)うて、244それで(けつ)して満足(まんぞく)出来(でき)ませぬ。245(あは)れな同胞(どうはう)身魂(みたま)(すく)つてやりたいので(ござ)います。246宣伝使(せんでんし)必要(ひつえう)(わが)()(すく)(ため)では(ござ)いますまい。247ここをハツキリと御教示(ごけうじ)(ねが)ひたいもので(ござ)います』
248宣伝使(せんでんし)()んで()(ごと)く、249(かみ)有難(ありがた)(こと)250(たふと)(こと)体得(たいとく)して、251(これ)世人(よびと)()(つた)ふる使者(ししや)である。252(けつ)して一人(ひとり)なりとも(すく)ふべき権利(けんり)はない。253()(すく)ひ、254(ひと)(すく)ふは(すなは)救世主(きうせいしゆ)神業(しんげふ)である。255(ただ)宣伝使(せんでんし)たるものは、256(かみ)(くに)(いた)亡者引(もさひき)である。257(この)亡者引(もさひき)は、258ややもすれば(まなこ)くらみ、259八衢(やちまた)にさまよひ、260(あるひ)根底(ねそこ)(くに)(きやく)(みちび)き、261(みづか)らも()()くものである。262それ(ゆゑ)何事(なにごと)惟神(かむながら)(まか)すが一等(いつとう)だ。263何程(なにほど)人間(にんげん)知識(ちしき)ありとて、264(ちから)ありとて、265()()一枚(いちまい)()()(こと)出来(でき)ないではないか。266一塊(いつくわい)(つち)たりとも産出(さんしゆつ)する(こと)出来(でき)ない()(もつ)て、267いかでか世人(よびと)(すく)(ちから)あらむ。268(ただ)宣伝使(せんでんし)(およ)信者(しんじや)たるものは、269(かみ)理解(りかい)(かみ)(くに)方向(はうかう)()り、270(まよ)へる亡者(まうじや)をして天国(てんごく)(もん)(みちび)(こと)(つと)むれば、271これで人間(にんげん)としての職務(しよくむ)(つと)まつたのだ。272それ以上(いじやう)(すく)ひは(かみ)御手(みて)にあることを(わす)れてはなりませぬ』
273『ハイ、274(なに)から(なに)まで親切(しんせつ)なる御教訓(ごけうくん)有難(ありがた)(ぞん)じます』
275最前(さいぜん)(とら)どのの(くち)をかつて、276惟神(かむながら)説明(せつめい)(いた)しておいたが、277(その)(はう)はお(とら)肉体(にくたい)軽蔑(けいべつ)して()るから、278(まこと)(こと)()つて()かしても(その)(はう)(わか)らなかつた。279そこで今度(こんど)清浄(せいじやう)無垢(むく)少女(せうぢよ)(からだ)をかつて、280(かみ)魔我彦(まがひこ)(ため)訓戒(くんかい)(あた)へたのである、281(けつ)して慢心(まんしん)(いた)すでないぞや』
282 魔我彦(まがひこ)歓喜(くわんき)(なみだ)をしやくり()げ、283(たたみ)(うるほ)はし(うづく)まる。284(とら)有難涙(ありがたなみだ)にくれ、285(かほ)もえ()げず、286合掌(がつしやう)して伏拝(ふしをが)む。287四辺(あたり)芳香(はうかう)(くん)微妙(びめう)音楽(おんがく)(みみ)()るよと()()に、288エンゼルは(もと)御座(みくら)(かへ)(たま)ひ、289可憐(かれん)なるお千代(ちよ)(やさ)しき姿(すがた)は、290依然(いぜん)として十二才(じふにさい)のあどけなき少女(せうぢよ)(かは)つて(しま)つた。
291 魔我彦(まがひこ)(はじ)めて前非(ぜんぴ)()ひ、292(かみ)(ひかり)()らされ、293松彦(まつひこ)指揮(しき)(したが)つて小北山(こぎたやま)祭神(さいじん)一所(ひととこ)(あつ)め、294厳粛(げんしゆく)なる修祓式(しうばつしき)(おこな)ひ、295(まこと)(かみ)鎮祭(ちんさい)する(こと)(こころ)より承認(しようにん)したのである。296いよいよこれより松彦(まつひこ)斎主(さいしゆ)とし、297五三公(いそこう)祓戸主(はらひどぬし)となし、298厳粛(げんしゆく)なる遷座式(せんざしき)着手(ちやくしゆ)することとなつた。
299 あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
300大正一一・一二・一六 旧一〇・二八 松村真澄録)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら
オニド関連サイト最新更新情報
4/18【霊界物語ネット】山吹の花」(吉野山神業の記録)を掲載しました。
4/8【霊界物語ネット】民謡 波の上』と『民謡 月の都』(王仁三郎の歌集)を掲載しました。