霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一九章 (あや)しの(もり)〔一二二九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第46巻 舎身活躍 酉の巻 篇:第4篇 謎の黄板 よみ:なぞのおうばん
章:第19章 第46巻 よみ:あやしのもり 通し章番号:1229
口述日:1922(大正11)年12月16日(旧10月28日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年9月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
小北山には松姫、魔我彦、お菊、お千代、文助らをはじめとして役員信者が三五の誠の教えを守り、天国の福音を説き諭されて歓喜法悦の涙にくれていた。一方お寅を加えた松彦一行七人は、河鹿川の橋を渡って浮木の森を指して進んで行った。
話は少し戻る。浮木の森の手前に小さな森があり、怪しの森と言われていて絶えず不思議があり恐れられている。そこで追っ手から逃げる時にはこの森に逃げ込むと、もう追及されないのが例となっていた。
この森の入り口は河鹿峠の本道と間道が分かれるところであり、そこに四五人のバラモン教の荒男が目付として張り込んでいた。夜の闇の中、一同はこの近くのウラナイ教は最近勢いが盛んで、自分たちがひどい目にあわされた三五教でさえも近寄れないと噂をしている。
そこへ一人の女が走ってくるのが見えた。それは蠑螈別と駆け落ちして逃げてくるお民であった。男たちはバラモン軍の目付だとお民の前に立ちはだかるが、お民は男たちを馬鹿にして取り合わない。
無理矢理通ろうとするお民に、バラモン軍の男たちは飛び掛かるが、お民は柔術の手で投げつけて格闘を始める。そこへ一人の男が走ってきた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4619
愛善世界社版:239頁 八幡書店版:第8輯 444頁 修補版: 校定版:251頁 普及版:98頁 初版: ページ備考:
001小北(こぎた)(やま)(つつ)みたる
002(しこ)八重雲(やへくも)(くま)もなく
003()(はら)ひたる時津風(ときつかぜ)
004斎苑(いそ)神風(かみかぜ)しとやかに
005世人(よびと)(こころ)(つも)りたる
006(ちり)(あくた)(はら)ひつつ
007平和(へいわ)花園(はなぞの)(たちま)ちに
008(かみ)(やかた)(ひら)けけり
009あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
010八十(やそ)曲津(まがつ)醜魂(しこたま)
011とらはれ(くる)しむ枉人(まがびと)
012(やうや)(ねむ)りの(ゆめ)()めて
013(とら)()さまを(はじ)めとし
014魔我彦(まがひこ)文助(ぶんすけ)(その)(ほか)
015(かみ)(つかさ)信徒(まめひと)
016(まこと)(かみ)恩恵(おんけい)
017(こころ)(そこ)より摂受(せつじゆ)して
018(いさ)みの(こゑ)(てん)()
019地上(ちじやう)(ゆる)ぐばかりなり
020三五教(あななひけう)(つか)へたる
021松彦司(まつひこつかさ)(はじ)めとし
022五三公(いそこう)万公(まんこう)(その)(ほか)
023(きよ)(つかさ)()(きよ)
024(こころ)(きよ)天地(あめつち)
025(まこと)(かみ)(まつ)()
026以前(いぜん)(かみ)一所(ひととこ)
027(いは)ひをさめて一同(いちどう)
028(うれ)しき(わか)れを()げながら
029(やかた)(あと)宣伝歌(せんでんか)
030(うた)(うた)ひて(すす)()
031(とら)()さまは松彦(まつひこ)
032(あと)(したが)(われ)(いま)
033(まこと)(かみ)(すく)はれぬ
034悪魔(あくま)(とりこ)となり()てし
035蠑螈別(いもりわけ)やお(たみ)をば
036(まこと)(みち)(いざな)ひて
037(まなこ)()まし(すく)はねば
038天地(てんち)(かみ)相対(あひたい)
039(なん)弁解(べんかい)あるべきか
040何処(いづく)までもと()()きて
041是非(ぜひ)とも真理(しんり)(つた)へむと
042松彦(まつひこ)一行(いつかう)(したが)ひて
043老躯(らうく)をひつさげスタスタと
044(すす)()くこそ健気(けなげ)なれ。
045 小北山(こぎたやま)には松姫(まつひめ)046魔我彦(まがひこ)047(きく)048千代(ちよ)(おも)なる神柱(かむばしら)となり、049文助(ぶんすけ)依然(いぜん)として受付(うけつけ)忠実(ちうじつ)につとめ、050(その)(ほか)(もも)役員(やくゐん)信者(しんじや)(よろこ)んで三五(あななひ)(まこと)(をしへ)遵奉(じゆんぽう)し、051天国(てんごく)福音(ふくいん)(つぶ)さに()(さと)され歓喜(くわんき)法悦(はふえつ)(なみだ)にくれて()た。
052 一方(いつぱう)松彦(まつひこ)一行(いつかう)七人(しちにん)小北山(こぎたやま)神殿(しんでん)伏拝(ふしをが)み、053河鹿川(かじかがは)(はし)(わた)つて浮木(うきき)(もり)をさして(すす)()(こと)となつた。
054 (はなし)(あと)(もど)る。055浮木(うきき)(もり)三里(さんり)ばかり手前(てまへ)一寸(ちよつと)した(ちひ)さき(もり)がある。056ここは河鹿峠(かじかたうげ)本街道(ほんかいだう)間道(かんだう)との(わか)(みち)である。057治国別(はるくにわけ)058松彦(まつひこ)通過(つうくわ)したのは、059山口(やまぐち)(もり)から近道(ちかみち)(えら)んで間道(かんだう)()たものであつた。060(この)(もり)(あや)しの(もり)()つて()えず不思議(ふしぎ)があると(つた)へられてゐた。061(この)(もり)(はい)つたものは到底(たうてい)無事(ぶじ)(かへ)れないと()(うはさ)()つてゐる。062それだから追手(おつて)出会(であ)つた(とき)(など)は、063(かなら)(この)(もり)(かく)れさへすれば追手(おつて)大抵(たいてい)(とき)追及(つゐきふ)せないのが(れい)となつてゐる。064(ゆゑ)一名(いちめい)難除(なんよ)けの(もり)とも(とな)へられてゐた。065(この)(もり)入口(いりぐち)066河鹿峠(かじかたうげ)本道(ほんだう)067間道(かんだう)(わか)れてゐる(つじ)(かど)四五人(しごにん)荒男(あらをとこ)がバラモン(けう)目附(めつけ)()えて車座(くるまざ)となつて退屈(たいくつ)ざましに雑談(ざつだん)(ふけ)つてゐた。
068コー『おい、069ワク、070(この)(さむ)いのに()()かず、071(ひる)となく()となく、072こんな(みち)辻地蔵(つじぢざう)代用(だいよう)(おほ)()けられて()つてもつまらぬものだな』
073ワク『一体(いつたい)(この)(いくさ)如何(どう)なるだらうかな』
074『どうなるつて、075勝敗(しようはい)(すう)(まさ)歴然(れきぜん)たるものだ。076衆寡(しうくわ)(てき)せず、077窮鼠(きうそ)(ねこ)()むと()(こと)があるだらう。078(しう)所謂(いはゆる)(くわ)(てき)する(こと)出来(でき)ないのだ。079(いよいよ)となれば(ねずみ)(ねこ)()むやうなものだ。080(いよいよ)真剣(しんけん)となつた(とき)にや、081どうしても小人数(こにんず)(はう)(こころ)一致(いつち)して大勝利(だいしようり)()るものだよ』
082『それだつて衆寡(しうくわ)(てき)せずとは多勢(たぜい)一人(ひとり)とは(かな)はぬと()(こと)だ。083多勢(たぜい)小人数(こにんず)とは(かず)(おい)(えき)(おい)て、084(すべ)ての(てん)(おい)(かな)はないものだ。085(つよ)いものが()ち、086(よわ)いものは()けるのは天地(てんち)道理(だうり)だ。087それだから衆寡(しうくわ)(てき)せずと()ふのだ。088貴様(きさま)解釈(かいしやく)矛盾(むじゆん)してるぢやないか』
089衆寡(しうくわ)(てき)せずと()ふのは(しう)(くわ)(てき)せずと()ふのだ。090(くわ)(しう)(てき)せぬ(とき)寡衆(くわしう)(てき)せずと()ふのだ。091(しか)しあまり寡衆(くわしう)(てき)せずと()(こと)()いた(こと)がない。092(その)証拠(しようこ)には河鹿山(かじかやま)(たたか)ひを(かんが)へても(わか)るぢやないか。093(てき)(わづか)四人(よにん)094(しか)武器(ぶき)()つて()ない(てき)(たい)し、095数百(すうひやく)勇士(ゆうし)(もろ)くも潰走(くわいそう)したぢやないか。096(これ)衆寡(しうくわ)(てき)せずの実例(じつれい)だ』
097エム『(とき)兄弟(きやうだい)098小北山(こぎたやま)にはウラナイ(けう)とか()つて大変(たいへん)信者(しんじや)(あつ)まつてゐると()(こと)だが、099こんな衛兵(ゑいへい)(やく)さへなければ、100一遍(いつぺん)()んな(こと)をやつてゐるか研究(けんきう)のため()つて()たいものだな』
101コー『随分(ずゐぶん)沢山(たくさん)(をんな)がゐるさうだ。102浮木(うきき)(さと)(をんな)()(をんな)大方(おほかた)あの小北山(こぎたやま)とかへ避難(ひなん)してるさうだ。103(しか)し、104あこへ()つたものを(うば)つて()ると()(こと)到底(たうてい)出来(でき)ないさうだ。105(なん)でも神変(しんぺん)不思議(ふしぎ)(じゆつ)使(つか)ひ、106素盞嗚尊(すさのをのみこと)でさへも如何(どう)する(こと)出来(でき)ないと()(いきほひ)だからな』
107エム『さうすると、108余程(よほど)(つよ)(やつ)()ると()えるな。109吾々(われわれ)大将(たいしやう)素盞嗚尊(すさのをのみこと)弟子(でし)奴等(やつら)三四人(さんよにん)(もろ)くも敗走(はいそう)したのだ。110三五教(あななひけう)(えら)いと(おも)つてゐたが、111小北山(こぎたやま)はさうするとそれ以上(いじやう)だな。112(なん)(うへ)には(うへ)があるものだな』
113コー『きまつた(こと)よ。114無茶(むちや)ほど(つよ)いものはないからな』
115エム『だつて片彦(かたひこ)将軍(しやうぐん)だつて、116ランチ将軍(しやうぐん)だつて、117無茶(むちや)()つたぢやないか。118無茶(むちや)()つのなら、119あんなみつともない敗北(はいぼく)はとりさうな(はづ)がないぢやないか』
120ワク『そこが人間(にんげん)智慧(ちゑ)(わか)らぬ(ところ)だ。121勝敗(しようはい)(とき)(うん)()ふからな。122(とき)俺達(おれたち)()毎日(まいにち)単純(たんじゆん)無意味(むいみ)生活(せいくわつ)(つづ)けて()つてもつまらぬぢやないか。123女房(にようばう)はあつてもハルナの(みやこ)()いてあるなり、124本当(ほんたう)陣中(ぢんちう)無聊(むれう)には閉口(へいこう)せざるを()ないな』
125コー『(たれ)此処(ここ)へナイスでもやつて()たら、126面白(おもしろ)いがな』
127エム『さう誂向(あつらへむき)にいつたら()いが、128こんな物騒(ぶつそう)(ところ)へナイスが(とほ)(はず)があるか』
129ワク『それでも小北山(こぎたやま)には沢山(たくさん)(をんな)()つて()るさうだから、130ここを(とほ)らなくちや(とほ)(ところ)がないぢやないか』
131エム『(この)(ごろ)吾々(われわれ)浮木(うきき)(もり)()つてゐるから、132どれもこれも(おそ)れて、133(はし)から此方(こちら)へは()ないと()ふのだから、134サツパリ駄目(だめ)だよ。135(よる)大分(だいぶん)()けたし、136(さむ)うはあるし、137()()けば軍律上(ぐんりつじやう)(てき)所在(ありか)()られるとか()つて八釜(やかま)しいなり、138本当(ほんたう)因果(いんぐわ)商売(しやうばい)だな』
139 ()(はなし)して()(ところ)へ、140(かみ)()(みだ)(いき)せき()つて(はし)つて()一人(ひとり)(をんな)があつた。
141コー『おい、142(むか)ふを()よ。143誂向(あつらへむき)にやつて()たよ。144如何(どう)やら(つき)()かして()れば、145あの足許(あしもと)()(をんな)らしい。146(ひと)(にはか)泥棒(どろばう)()けて(おど)かしてみようぢやないか』
147両人(りやうにん)『そりや面白(おもしろ)からう』
148 かかる(ところ)へスタスタやつて()たのは小北山(こぎたやま)()()したお(たみ)であつた。149(たみ)野中(のなか)(もり)をさして()くつもりだつたが、150(なん)とはなしに人声(ひとごゑ)(もり)(なか)(きこ)えて()るので、151引返(ひきかへ)して(みち)此方(こちら)へとり、152本街道(ほんかいだう)()るつもりでやつて()たのであつた。
153コー『そこなお女中(ぢよちう)154一寸(ちよつと)()たつせい。155ここを何処(どこ)だと(かんが)へてゐる。156(をんな)()として(みだ)りに通行(つうかう)(ゆる)さない(ところ)だ』
157(たみ)『ホヽヽヽヽ、158天下(てんか)往来(わうらい)何故(なぜ)(とほ)れないのですか。159(この)(みち)はお(まへ)さまが(つく)つたのぢやありますまい。160(とほ)るなと仰有(おつしや)つても(わたし)権利(けんり)(とほ)ります。161(かま)うて(くだ)さいますな』
162コー『(なん)()つても(とほ)さないと()つたら金輪際(こんりんざい)(とほ)さないのだ。163(おれ)誰様(どなた)心得(こころえ)てる』
164(たみ)あた阿呆(あはう)らしい。165誰様(どなた)此方(こなた)もあつたものか。166(まへ)さまは立派(りつぱ)(をとこ)(うま)れながら、167こんな(みち)(つじ)(ばん)をさされてゐるのぢやないか。168技能(ぎのう)知識(ちしき)とあればランチ将軍(しやうぐん)陣営(ぢんえい)にあつて帷幕(ゐばく)(さん)重要(ぢゆうえう)相談(さうだん)(あづか)るのだが、169何処(どこ)使(つか)()のない屑人足(くづにんそく)だから、170石地蔵(いしぢざう)(やう)に、171こんな辻番(つじばん)をさされてゐるのだ。172そんな(をとこ)空威張(からゐばり)をしたつて(たれ)(おそ)れるものがありませうぞ。173すつこんでゐなさい』
174ワク『(なん)渋太(しぶと)(あま)つちよだな』
175(たみ)渋太(しぶと)(あま)つちよだよ。176何程(なにほど)(をんな)(よわ)いと()つても、177(まへ)さま(たち)のやうな番犬(ばんけん)代理(だいり)をつとめて()るやうなお(かた)(よわ)るやうな(をんな)は、178(ひろ)世界(せかい)一人(ひとり)だつてありやせないワ』
179ワク『番犬(ばんけん)とは(なん)だ。180あまり(くち)()ぎるぢやないか』
181(たみ)()ぎたつて事実(じじつ)なれば仕方(しかた)がないぢやないか。182(まへ)183そんな(こと)()つて()れば、184(いま)吠面(ほえづら)かわかなくちやなりませぬぞや。185小北山(こぎたやま)(とき)めき(たま)ふウラナイ(けう)教祖(けうそ)蠑螈別(いもりわけ)(いま)()ぐお()しだから、186神変(しんぺん)不思議(ふしぎ)(わざ)(もつ)て、187(まへ)さま(たち)五十人(ごじふにん)百人(ひやくにん)一息(ひといき)()いて()ばされる(やう)()()ひますよ。188そんな馬鹿(ばか)(こと)()はずに其処(そこ)退()きなさい。189こんな(よる)(みち)髯武者(ひげむしや)狼面(おほかみづら)した(をとこ)()つては(とほ)(こと)出来(でき)ぬぢやないか。190往来(わうらい)妨害(ばうがい)(つみ)でバラモン(しよ)(うつた)へて()げませうか』
191エム『おい、192ワク、193コー、194(なん)押尻(おしけつ)(つよ)代物(しろもの)だな。195此奴(こいつ)(ただ)(たぬき)ぢやあるまいぞ。196(ひと)非常(ひじやう)手段(しゆだん)をとつて何々(なになに)しようぢやないか』
197(たみ)『ホヽヽヽ、198(さつ)しの(とほ)(ただ)(たぬき)ぢやありませぬぞえ。199小北山(こぎたやま)大神(おほかみ)眷属(けんぞく)ですよ』
200コー『(なに)201(おほかみ)眷属(けんぞく)202此奴(こいつ)(また)(ふと)()よつたものだ』
203(たみ)(なに)(ふと)くも(ほそ)くも、204ありやせないよ。205(とら)さまと喧嘩(けんくわ)して此処(ここ)まで()たのだ』
206コー『(なに)207大虎(おほとら)喧嘩(けんくわ)する。208此奴(こいつ)ア、209素敵(すてき)代物(しろもの)だな』
210エム『此奴(こいつ)ア、211さうすると(おほかみ)()けてゐやがるのだな。212道理(だうり)でお内儀(かみ)さまの(ふう)になつてゐやがる』
213ワク『(なに)214(おほかみ)ぢやない。215大神(おほかみ)さまの眷属(けんぞく)()つて()やがるのだ。216さうしてお寅婆(とらばあ)さまと()ふ、217()でも菎弱(こんにやく)でも()かぬ悪垂婆(あくたればば)()るさうだから、218そのお寅婆(とらばば)(いぢ)められて()げて()よつたに相違(さうゐ)ない。219何程(なにほど)(つよ)(をんな)だと()つても多寡(たくわ)(をんな)一人(ひとり)220此方(こちら)三人(さんにん)だ。221まだ(その)(ほか)にお添物(そへもの)として(よわ)(やつ)二匹(にひき)(ふる)うて()る。222此奴(こいつ)223やつつけようぢやないか。224これ(をんな)225貴様(きさま)は、226(ばば)悋気(りんき)されて()()されて()たのだらう。227どうも(あわ)てた様子(やうす)だ。228さア此処(ここ)通過(つうくわ)するなら通過(つうくわ)さしてやらぬ(こと)もないが、229()のまはり一切(いつさい)(おれ)(さま)(わた)して()け』
230(たみ)『オホヽヽヽヽ、231甲斐性(かひしやう)のない(をとこ)だこと、232(おほ)きな(からだ)()ちながら、233(ひと)(もの)()つて生活(せいくわつ)せなくては(この)()(わた)れぬとは、234(あは)れなものだな。235衛兵(ゑいへい)になつたり泥棒(どろばう)になつたり、236ようへぐれる代物(しろもの)だな』
237コー『馬鹿(ばか)(こと)()ふない。238軍人(ぐんじん)()ふものは強盗(がうたう)強姦(がうかん)天下(てんか)御免(ごめん)でやるのが所得(しよとく)だ。239所謂(いはゆる)役徳(やくとく)だ。240(ある)(とき)正義(せいぎ)軍人(ぐんじん)となり、241(ある)(とき)財宝(ざいほう)掠奪(りやくだつ)公盗(こうたう)となり、242(ある)(とき)猥褻公許者(わいせつこうきよしや)となるのだ。243さうだから(をとこ)(うま)れた甲斐(かひ)にや、244如何(どう)してもバラモン(けう)軍人(ぐんじん)にならなくちや(はば)()かないのだ』
245(たみ)『えー、246八釜(やかま)しい、247耄碌(もうろく)248其処(そこ)()け』
249無理(むり)(とほ)()ぎようとする。250三人(さんにん)はお(たみ)(くら)ひつき一歩(いつぽ)(すす)ませじとあせる。251(たみ)全身(ぜんしん)(ちから)()めて荒男(あらをとこ)をヤスヤスと柔術(じうじゆつ)()()げつける。252かかる(ところ)へ「おーいおーい」と(くる)しげな(こゑ)()して此方(こなた)(むか)つて()()一人(ひとり)(をとこ)があつた。
253大正一一・一二・一六 旧一〇・二八 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)