霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一〇章 震士震商(しんししんしやう)〔一二四三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第47巻 舎身活躍 戌の巻 篇:第2篇 中有見聞 よみ:ちゅううけんぶん
章:第10章 第47巻 よみ:しんししんしょう 通し章番号:1243
口述日:1923(大正12)年01月09日(旧11月23日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年10月6日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
治国別と竜公は、伊吹戸主神の関所で優待されしばらく休息していた。するとその前を勢いよく通りかかった六十男がある。赤顔の守衛があわてて男を引き留める。
男は鬼淫偽員の欲野深蔵だと名乗り、威張りかえっている。守衛たちに尋問された深蔵は、逆におかしな理屈をまくし立て、大股で関所を突破しようとした。
この騒ぎに伊吹戸主の神は関所の窓を開けてちょっと覗かせ給うた。欲野深蔵は伊吹戸主神の霊光に打たれてその場に悶絶し、泡を吹いて苦しみだした。番卒たちは深蔵の体を荷車に乗せ、地獄道の大門内へ運び去ってしまった。
八衢では、色の白い守衛が天国に行くべき人間を調べ、恐ろしい顔の赤い守衛が地獄へ行くべき人間を調べることになっている。
しばらくすると、バラモン教の宣伝使がここをくぐろうとした。宣伝使は自分が死んだことに気付かずに門を通ろうとするが、守衛に一喝されてようやくここが死後の世界であることを認めた。
守衛の取り調べにより、この宣伝使は神を信ぜずに世人を迷わせた偽宣伝使であることが判明したが、神の存在を無信仰者に伝えた徳によって地獄行きだけは免れた。そして、しばらく中有界で心を磨いて修業する猶予を与えらえた。
守衛は、その間に神様の御神格の内流を得て善と真を知覚し、意識し、証覚しうるものであり、自分の力でそれを得ると思ったら、たちまち天の賊となって地獄へおちなければならない、と注意を与えた。
治国別と竜公は、この様子を見ながら話し合っている。治国別は、善のために善をおこない真のために真を行う真人間にならなければならないと自らを省みた。そして、少しばかり言霊が利くようになったのは自分が修業した結果神力が備わったと思っていたが、それはたいへんな間違いであったと悟った。
いずれも瑞の御霊・神素盞嗚尊様の御神格が自分の精霊を充たし、肉体をお使いになっておられたということに思い至った。そして神様の恵みによってはっきりと霊界の様子を見、悟らせていただいたことに感謝を表した。
治国別と竜公が、神の諭しへの感謝の涙に暮れていると、伊吹戸主神は会釈して座を立ち、館の奥深くに入らせ給うた。二人がその姿を見ると、伊吹戸主神は丸い玉のように光り輝き、その神姿は判然と見えず、月のような光が七つ八つ九つの円球の周囲を取り巻き、次第に奥の間に隠れ給うのだった。
智慧と証覚のすぐれた神人を、それより劣った証覚者が拝するときは、光のように見えて目もまばゆくなるもののである。神の神格は神善と神真であり、それより発する智慧証覚はすなわち光である。
二人は愕然としてものも言わず、再び関所に目を放ち、ここに集まり来る精霊の様子を瞬きもせずにうかがっていた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4710
愛善世界社版:143頁 八幡書店版:第8輯 524頁 修補版: 校定版:151頁 普及版:70頁 初版: ページ備考:
001 治国別(はるくにわけ)002竜公(たつこう)両人(りやうにん)伊吹戸主(いぶきどぬし)(かみ)関所(せきしよ)(おい)優待(いうたい)され茶果(さくわ)饗応(きやうおう)せられ、003少時(しばらく)休息(きうそく)してゐると、004(その)(まへ)をスタスタと(いきほひ)よく(とほ)りかかつたデツプリ()えた六十男(ろくじふをとこ)がある。
005 赤顔(あかがほ)守衛(しゆゑい)はあわてて、006(その)(をとこ)()きとめ、
007『コラ()てツ』
008一喝(いつかつ)した。009(をとこ)(あと)振返(ふりかへ)り、010不機嫌(ふきげん)(かほ)をして、
011(なん)天下(てんか)大道(だいだう)往来(わうらい)するのに、012()てと()つて(さまた)げる不道理(ふだうり)(こと)があるか、013エー、014(おれ)をどなたと心得(こころえ)()る。015傷死位(しやうしゐ)窘死等(くんしとう)死爵(ししやく)鬼族婬偽員(きぞくゐんぎゐん)欲野深蔵(よくのふかざう)といふ紳士(しんし)だ。016邪魔(じやま)(いた)すと、017交番(かうばん)引渡(ひきわた)さうか』
018『オイ、019(その)(はう)はここをどこと心得(こころえ)()る』
020()はいでもきまつた(こと)だ。021野蛮(やばん)未開(みかい)北海道(ほくかいだう)ぢやないか』
022(その)(はう)()うして此処(ここ)()たのだ』
023空中(くうちう)視察(しさつ)(ため)024飛行機(ひかうき)()つて()つた(ところ)025プロペラの加減(かげん)(わる)くて、026風波(かざなみ)でこんな(はう)へやつて()たのだ。027()うだ(おれ)本国(ほんごく)案内(あんない)してくれないか、028さうすりや(くさ)つた(さけ)一杯(いつぱい)()ましてやらぬこともないワイ』
029『コリヤコリヤ欲野深蔵(よくのふかざう)030ここは冥途(めいど)だぞ、031(あめ)八衢(やちまた)()らぬか』
032鳴動(めいどう)爆発(ばくはつ)もあつたものかい、033そんなメードウな(こと)()ふない、034(おれ)こそはフサの(くに)(おい)遠近(ゐんきん)()()られた紳士(しんし)だ……(いな)紳士兼紳商(しんしけんしんしやう)だ。035(をとこ)のボーイに(さけ)をつがす(とき)には男酌閣下(だんしやくかくか)で、036自分(じぶん)一人(ひとり)ついで()(とき)には私酌閣下(ししやくかくか)だ。037エヽーン、038そんなおどし文句(もんく)(なら)べて、039鳴動(めいどう)だの、040破裂(はれつ)だのと()はずに、041(おれ)案内(あんない)でもしたらどうだ、042貴様(きさま)もこんな(ところ)二銭(にせん)銅貨(どうくわ)(やう)(かほ)をして、043しやちこ()つて()つても、044()()かぬぢやないか。045銅銭(どうせん)ロクな(やつ)ぢやあろまいが、046(おれ)大度量(だいどりやう)をオツ()()して、047椀給(わんきふ)門番(もんばん)にでも(すく)うてやらう』
048『コリヤ深蔵(ふかざう)049貴様(きさま)はチツとばかり(さけ)(くら)()うてゐるな、050(いま)紳士(しんし)紳商(しんしやう)だと(ぬか)したが(よく)にかけたら親子(しんし)(あひだ)でも公事(くじ)(いた)したり、051(また)(ひと)悪口(あくこう)針小棒大(しんせうぼうだい)吹聴(ふいちやう)(いた)し、052自己(じこ)名利(めいり)栄達(えいたつ)(はか)り、053身上(しんじやう)(こしら)へた真極道(しんごくだう)だらう、054チヤンとここな帳面(ちやうめん)についてゐるのだ、055何程(なんぼ)娑婆(しやば)羽振(はぶり)がよくても霊界(れいかい)()ては最早(もはや)駄目(だめ)だ。056サ、057ここの(はかり)にかかれ、058貴様(きさま)(つみ)測量(そくりやう)してやらう』
059『さうすると、060此処(ここ)はヤツパリ冥途(めいど)でげすかなア』
061()がついたか、062貴様(きさま)積悪(せきあく)(むくい)()りて、063地震(ぢしん)(ため)震死(しんし)した震死代物(しんししろもの)だらう』
064成程(なるほど)065さう(うけたま)はれば(おぼろ)げに記憶(きおく)()かむで()ますワイ。066飛行機(ひかうき)()つたと(おも)つたのは……さうすると(たましひ)(ちう)()んだのかな』
067 赤面(あかづら)守衛(しゆゑい)帳面(ちやうめん)をくりながら、
068(その)(はう)欲野深蔵(よくのふかざう)()つたな、069幼名(えうめい)渋柿泥右衛門(しぶがきどろうゑもん)(まを)さうがな』
070『ハイ、071ヨク、072(ふか)(ところ)まで御存(ごぞん)じで(ござ)いますなア、073それに間違(まちが)ひは(ござ)いませぬ』
074(その)(はう)娑婆(しやば)(おい)て、075殺人鉄道嵐脈会社(さつじんてつだうらんみやくくわいしや)社長(しやちやう)(けん)取締役(とりしまりやく)(いた)して()つたであらう』
076『ハイ(その)(とほ)りで(ござ)います』
077優先株(いうせんかぶ)だとか、078幽霊株(いうれいかぶ)だとか(まを)して、079沢山(たくさん)(かぶら)大根(だいこん)を、080(かね)()さずに吾物(わがもの)(いた)しただらう』
081『ハイそんな(こと)もあつたでせう、082(しか)しそれを(いた)さねば現界(げんかい)(おい)ては、083鬼族院偽員(きぞくゐんぎゐん)になる(こと)出来(でき)ず、084紳士(しんし)紳商(しんしやう)といはれる(こと)出来(でき)ませぬから、085娑婆(しやば)規則(きそく)()つて()むを()優勝劣敗的(いうしようれつぱいてき)行動(かうどう)(いた)しました、086コリヤ(けつ)して(わたし)(つみ)ではありませぬ、087社会(しやくわい)(つみ)(ござ)います、088何分(なにぶん)社会(しやくわい)組織(そしき)制度(せいど)が、089さうせなくちやならない(やう)になつてゐるのですからなア』
090馬鹿(ばか)(まを)せ、091そんな法律(はふりつ)何時(いつ)発布(はつぷ)されたか』
092表面(へうめん)から()れば、093左様(さやう)(こと)はありませぬが、094(その)内容(ないよう)(および)精神(せいしん)から(かんが)へれば、095法文(はふぶん)(うら)をくぐるべく仕組(しぐ)まれてあるものですから、096(これ)をうまく切抜(きりぬ)ける(もの)が、097娑婆(しやば)有力者(いうりよくしや)()(もの)です、098総理(そうり)大臣(だいじん)(あるひ)小爵(こしやく)柄杓(ひしやく)疳癪(かんしやく)などの高位(かうゐ)(のぼ)らうと(おも)へば、099真面目(まじめ)(くさ)く、100法文(はふぶん)などを(まも)つて()つちや、101娑婆(しやば)では(いぬ)小便(せうべん)をかけられ(ねこ)にふみつぶされて(しま)ひますワ。102(がう)()つては(がう)(したが)へですから、103娑婆(しやば)ではこれでも立派(りつぱ)公民(こうみん)104紳士(しんし)(ちう)でも錚々(さうさう)たる人物(じんぶつ)(ござ)います、105ここへ()れば、106(すべ)ての行方(やりかた)(ちが)ふでせうが、107娑婆(しやば)娑婆(しやば)法律(はふりつ)108霊界(れいかい)霊界(れいかい)法律(はふりつ)があるでせう、109まだ霊界(れいかい)()てから(ぜん)もやつた(こと)がない(かは)りに、110(あく)をやる(ひま)もありませぬ、111娑婆(しやば)(こと)(まで)112()んだ()(とし)をくる(やう)に、113こんな(ところ)でゴテゴテ()はれちや、114やり()れませぬからなア。115エヽ、116(なん)だか()がせく、117斯様(かやう)(ところ)でヒマ()つては、118第一(だいいち)タイムの損害(そんがい)だ、119娑婆(しやば)金貸(かねか)しをして()つた(とき)にや、120()とつても()きとつても、121時計(とけい)(はり)がケチケチと()(うち)に、122(かね)利息(りそく)が、123十円札(じふゑんさつ)一枚(いちまい)づつ、124輪転機(りんてんき)新聞(しんぶん)印刷(いんさつ)する(やう)に、125ポイポイと(うま)れて()たものだが、126最早(もはや)ここへ()ては無一物(むいちぶつ)だ、127(これ)から(ひと)冥途(めいど)開拓(かいたく)して、128娑婆(しやば)()つた(とき)よりもモ(ひと)勉強家(べんきやうか)となり、129大地主(おほぢぬし)となつて、130冥途(めいど)一生(いつしやう)(おく)りたい。131どうぞ邪魔(じやま)をして(くだ)さるな』
132()ひながら、133大股(おほまた)にふん()つて、134関所(せきしよ)突破(とつぱ)せむとする。
135(この)(さわ)ぎに伊吹戸主(いぶきどぬし)(かみ)関所(せきしよ)(まど)をあけて、136一寸(ちよつと)(のぞ)かせ(たま)うた。137欲野深蔵(よくのふかざう)判神(はんしん)霊光(れいくわう)()たれて、138アツと(その)()悶絶(もんぜつ)し、139(かに)(やう)(あわ)()いて(くるし)()した。140(たちま)(やかた)一方(いつぱう)より数人(すうにん)番卒(ばんそつ)(あら)はれ(きた)り、141欲野深蔵(よくのふかざう)(からだ)荷車(にぐるま)()せ、142ガラガラガラガラと(いや)らしき(おと)をさせながら、143何処(どこ)ともなく(はこ)()つた。144(これ)地獄道(ぢごくだう)大門口内(おほもんぐちない)(はふ)()みに()つたのである。145深蔵(ふかざう)(くら)門内(もんない)(はう)()まれ、146ハツと()がつき、147ブツブツ小言(こごと)小声(こごゑ)(ささや)きながら、148トボトボと欲界地獄(よくかいぢごく)()して(すす)()くのであつた。
149 (そもそ)(この)八衢(やちまた)関所(せきしよ)天国(てんごく)(のぼ)()人間(にんげん)地獄(ぢごく)()ちる人間(にんげん)とを(しら)べる(ふた)つの役人(やくにん)があつて、150天国(てんごく)()くべき人間(にんげん)(たい)しては、151(いろ)(しろ)(やさ)しき守衛(しゆゑい)(これ)(しら)べ、152地獄(ぢごく)()くべき人間(にんげん)(たい)しては形相(ぎやうさう)(すさま)じい(あか)(かほ)した守衛(しゆゑい)(これ)(しら)べる(こと)になつてゐる。
153 竜公(たつこう)(この)光景(くわうけい)()て、154(なん)とも()へぬ(おそ)れを(いだ)治国別(はるくにわけ)(たもと)(かた)(にぎ)り、155不安(ふあん)顔付(かほつき)にて(すこ)しばかり(ふる)へながら、156(いき)をこらして数多(あまた)精霊(せいれい)取査(とりしら)べらるるのを冷々(ひやひや)しながら(なが)めて()る。157(しばら)くすると錫杖(しやくじやう)をガチヤンガチヤンと()はせながらやつて()たのは、158バラモン(けう)宣伝使(せんでんし)であつた。159宣伝使(せんでんし)(この)赤門(あかもん)をくぐらうとするや(しろ)160(あか)二人(ふたり)守衛(しゆゑい)門口(もんぐち)立塞(たちふさ)がり、
161(しば)らくお()ちなさい、162取調(とりしら)ぶる(こと)がある』
163()びかけた。164宣伝使(せんでんし)(あと)振返(ふりかへ)怪訝(けげん)(かほ)をして、
165拙者(せつしや)大自在天(だいじざいてん)大国彦命(おほくにひこのみこと)御仁慈(ごじんじ)御神徳(ごしんとく)天下(てんか)紹介(せうかい)(いた)すバラモン(けう)宣伝使(せんでんし)(ござ)る。166拙者(せつしや)をお呼止(よびと)めになつたのは何用(なによう)(ござ)るかな』
167(あか)『ここは霊界(れいかい)八衢(やちまた)だ。168(その)(はう)生前(せいぜん)()ける善悪(ぜんあく)行為(かうゐ)(しら)べた(うへ)でなくては、169(この)(もん)通行(つうかう)させることはなりませぬ。170ここに御待(おま)ちなされ』
171『ハテ心得(こころえ)ぬ、172吾々(われわれ)大黒主(おほくろぬし)(めい)(ほう)じ、173(つき)(くに)巡回(じゆんくわい)(いた)し、174デカタン高原(かうげん)(むか)ふハリスと(まを)(もの)175(けつ)して吾々(われわれ)()んだ(おぼ)えは(ござ)らぬ。176いい加減(かげん)戯談(じやうだん)()つておきなさるがよからう。177大黒主(おほくろぬし)御命令(ごめいれい)178片時(かたとき)猶予(いうよ)してゐる(わけ)には(まゐ)らぬ』
179(また)もや()かむとする。180(あか)()(いか)らし、181大喝一声(だいかついつせい)
182偽宣伝使(にせせんでんし)183(しばら)()てツ』
184呶鳴(どな)りつけた。185ハリスは(この)(こゑ)にハツと()()き、186あたりをキヨロキヨロ見廻(みまは)しながら、
187『ヤアどうやらこれは霊界(れいかい)(やう)(ござ)る、188いつの()斯様(かやう)(ところ)()たのかなア』
189(その)(はう)世界(せかい)人民(じんみん)(かみ)福音(ふくいん)()(つた)天国(てんごく)案内(あんない)すると(まを)しながら、190(その)実際(じつさい)(おい)霊界(れいかい)存在(そんざい)(しん)ぜず、191(かみ)(みと)めず、192半信半疑(はんしんはんぎ)状態(じやうたい)()つて、193数多(あまた)人間(にんげん)中有界(ちううかい)(また)地獄(ぢごく)幾人(いくにん)(おと)したか()れない偽善者(きぜんしや)だ。194(いま)ここで浄玻璃(じやうはり)(かがみ)にかけて、195(その)(はう)霊肉(れいにく)(とも)(をか)したる罪悪(ざいあく)(しら)べてやらう』
196『イヤもう(おそ)()りました。197(あふ)せの(とほ)社会(しやくわい)人民(じんみん)(たい)し、198勧善懲悪(くわんぜんちようあく)(みち)()(また)天国(てんごく)地獄(ぢごく)存在(そんざい)(あさ)から(ばん)(まで)()(さと)して(まゐ)りましたが、199実際(じつさい)(おい)左様(さやう)(ところ)があるものか、200人間(にんげん)(この)肉体(にくたい)()らば、201(あと)(けむり)(ごと)()()せるものだ、202コーランに(しめ)されたる天国(てんごく)地獄(ぢごく)状態(じやうたい)は、203(えう)するに、204社会(しやくわい)人心(じんしん)調節(てうせつ)する方便(はうべん)()ぎないものだと(しん)じて()りました。205それ(ゆゑ)()うしてもハツキリとした(こと)(まを)されず、206自分(じぶん)半信半疑(はんしんはんぎ)ながら天国(てんごく)地獄(ぢごく)消息(せうそく)説諭(ときさと)して()たので(ござ)います。207(いま)となつて(かんが)へてみれば、208死後(しご)世界(せかい)()くも儼然(げんぜん)として存在(そんざい)するとは、209(じつ)驚愕(きやうがく)(いた)りで(ござ)います』
210(その)(はう)宣伝使(せんでんし)のレツテルをつけて世人(よびと)(まよ)はした(つみ)(だい)なりと(いへど)も、211(また)一方(いつぱう)(おい)(おぼろ)げながら、212(かみ)存在(そんざい)無信仰者(むしんかうしや)(つた)へた(とく)()つて、213地獄行(ぢごくゆき)(だけ)(ゆる)して(つか)はす、214少時(しばらく)(この)中有界(ちううかい)にあつて(こころ)(みが)(かみ)(ぜん)(しん)何如(いか)なるものなるかを了解(れうかい)()(まで)215修業(しうげふ)(いた)したがよからう。216ここ三十日(さんじふにち)(あひだ)217中有界(ちううかい)(とど)まることを(ゆる)してやるから、218(その)(あひだ)智慧(ちゑ)証覚(しようかく)()219(あい)(ぜん)(しん)(しん)了得(れうとく)()るならば、220霊相応(みたまさうおう)天国(てんごく)(のぼ)()るであらう。221(この)期限内(きげんない)万々一(まんまんいち)改過遷善(かいくわせんぜん)(じつ)をあげ()ざるに(おい)ては、222()(どく)ながら地獄(ぢごく)(おと)さねばならない、223サア(はや)(ひがし)()して(すす)んだがよからう』
224『ハイ、225特別(とくべつ)御憐愍(ごれんびん)(もつ)地獄落(ぢごくおち)猶予(いうよ)期間(きかん)をお(あた)(くだ)さいまして有難(ありがた)(ござ)います。226左様(さやう)なればこれから中有界(ちううかい)遍歴(へんれき)し、227(ちから)一杯(いつぱい)(ぜん)(ため)(ぜん)(おこな)ひ、228(まよ)()精霊(せいれい)(たい)し、229十分(じふぶん)努力(どりよく)(もつ)て、230(わたし)(さと)()たる(ところ)(つた)へるで(ござ)いませう』
231『コリヤコリヤ、232ハリス、233(その)(はう)(さと)()たと(おも)つたら大変(たいへん)間違(まちがひ)であるぞ、234(みな)(かみ)さまの御神格(ごしんかく)内流(ないりう)()つて、235知覚(ちかく)し、236意識(いしき)し、237証覚(しようかく)()るものだ。238(けつ)して(なんぢ)一力(いちりき)のものと(おも)つたら、239(たちま)(てん)(ぞく)となつて地獄(ぢごく)()ちねばならないぞ、240ええか、241(わか)つたか』
242『ハイ、243(わか)りまして(ござ)います、244(しか)らば(これ)より(ひがし)()して修業(しうげふ)(まゐ)ります』
245期限内(きげんない)(かなら)ずここへ(かへ)つて()るのだぞ、246(その)(とき)(あらた)めて(なんぢ)改過遷善(かいくわせんぜん)度合(どあひ)(しら)べ、247(なんぢ)所住(しよぢゆう)決定(けつてい)するであらう』
248『どうも御手数(おてすう)をかけまして、249(まこと)にすみませぬ、250左様(さやう)なれば御免(ごめん)(くだ)さいませ』
251()ひながら、252(はじ)めの(いきほひ)どこへやら、253悄然(せうぜん)として次第々々(しだいしだい)(その)(かげ)はうすれつつ、254(もや)(なか)()えて(しま)つた。
255 竜公(たつこう)治国別(はるくにわけ)(そで)をひき、256小声(こごゑ)になつて、
257『モシ先生(せんせい)258宣伝使(せんでんし)霊界(れいかい)()ては、259カラキーシ駄目(だめ)ですなア、260現界(げんかい)では(まる)(すくひ)神様(かみさま)(やう)()はれて()つても、261(ここ)()ると本当(ほんたう)()(かげ)もないぢやありませぬか』
262『ウン、263さうぢや、264俺達(おれたち)もまだ天国(てんごく)へは()けず、265中有界(ちううかい)(まよ)うて()るのだからなア、266それだから吾々(われわれ)八衢(やちまた)人足(にんそく)と、267信者(しんじや)以外(いぐわい)連中(れんちう)から()はれても仕方(しかた)がないのだ』
268()うしたら天国(てんごく)()けるでせうかな』
269『さうだ、270(こころ)のドン(ぞこ)より、271(かみ)さまの神格(しんかく)理解(りかい)し、272(かみ)真愛(しんあい)会得(ゑとく)し、273(あい)(ため)(あい)(おこな)ひ、274(ぜん)(ため)(ぜん)(おこな)ひ、275(しん)(ため)(しん)(おこな)真人間(まにんげん)とならなくちや到底(たうてい)駄目(だめ)だ。276俺達(おれたち)(すこ)しばかり言霊(ことたま)()くやうになつて、277自分(じぶん)修行(しうぎやう)した結果(けつくわ)神力(しんりき)(そな)はつたと(おも)うて()つたが、278大変(たいへん)間違(まちが)ひだつた、279(いづ)れも(みな)(みづ)御霊(みたま)神素盞嗚尊(かむすさのをのみこと)(さま)御神格(ごしんかく)(わが)精霊(せいれい)()たし、280(わが)肉体(にくたい)をお使(つか)ひになつて()つたのだつた。281(これ)(おも)へば人間(にんげん)はチツとも()()すことは出来(でき)ない、282何事(なにごと)自分(じぶん)智慧(ちゑ)(ちから)器量(きりやう)だと(おも)ふのは、283所謂(いはゆる)大神(おほかみ)御神徳(ごしんとく)横領(わうりやう)(いた)(てん)(ぞく)だ。284斯様(かやう)(かんが)へで()つたならば、285到底(たうてい)何時迄(いつまで)中有界(ちううかい)(まよ)ふか、286(つひ)には地獄道(ぢごくだう)()ちねばならぬ、287有難(ありがた)(たふと)や、288神様(かみさま)御恵(みめぐみ)()つて、289ハツキリと霊界(れいかい)様子(やうす)()せて(いただ)き、290(じつ)感謝(かんしや)(いた)りである。291(これ)から吾々(われわれ)は、292今迄(いままで)(こころ)()()へて、293何事(なにごと)神様(かみさま)御任(おまか)せするのだなア、294自分(じぶん)(ちから)だと(おも)へば、295そこに慢心(まんしん)(くも)()いて()る。296(つつし)んだ(うへ)にも(つつし)むべきは(こころ)持方(もちかた)である。297あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
298合掌(がつしやう)感涙(かんるゐ)(むせ)ぶのであつた。299竜公(たつこう)(また)無言(むごん)のまま()(あは)せ、300感謝(かんしや)(なみだ)にくれてゐる。301伊吹戸主神(いぶきどぬしのかみ)二人(ふたり)会釈(ゑしやく)し、302スーツと()()つて、303(やかた)(おく)(ふか)()らせ(たま)うた。304二人(ふたり)(あと)(なが)むれば、305伊吹戸主神(いぶきどぬしのかみ)姿(すがた)(まる)(たま)(ごと)(ひか)(かがや)き、306(その)神姿(しんし)判然(はんぜん)()えず、307(つき)(ごと)(ひかり)(なな)()(あるひ)(ここの)円球(ゑんきう)周囲(しうゐ)取巻(とりま)き、308次第々々(しだいしだい)(おく)()(かく)(たま)ふのであつた。
309 (すべ)智慧(ちゑ)証覚(しようかく)のすぐれたる神人(しんじん)を、310それより(おと)りし証覚者(しようかくしや)(はい)する(とき)は、311(ひかり)(ごと)()えて、312()(まばゆ)くなるものである。313(かみ)神格(しんかく)神善(しんぜん)神真(しんしん)であり、314それより(はつ)する智慧(ちゑ)証覚(しようかく)(すなは)(ひかり)なるが(ゆゑ)である。315二人(ふたり)愕然(がくぜん)としてものをも()はず、316(ふたた)八衢(やちまた)関所(せきしよ)()(はな)ちここに(あつ)まり(きた)精霊(せいれい)様子(やうす)(またた)きもせず(うかが)つてゐた。
317大正一二・一・九 旧一一・一一・二三 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)