霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一四章 天開(てんかい)(はな)〔一二四七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第47巻 舎身活躍 戌の巻 篇:第3篇 天国巡覧 よみ:てんごくじゅんらん
章:第14章 第47巻 よみ:てんかいのはな 通し章番号:1247
口述日:1923(大正12)年01月09日(旧11月23日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年10月6日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
治国別と竜公は一心不乱に油断と慢心の罪を謝し、一時も早くわが精霊に神格が充たされることを祈願していた。そこへ臭気紛々たる病人が膿汁をしたたらせながら二人の前にあらわれた。病人は岩石に躓いて苦悶し始めた。
竜公は、天国にこのような汚れた者がいるはずはないと治国別に訴えて、この場を離れようとする。治国別は、目の前に苦しんでいる人を救うことこそ、自愛を捨てて善と愛の光明にひたることであり、地獄も天国となすと諭した。
打ち倒れた病人は二人を認めると、宣伝使なら自分の膿を吸って苦しみを和らげろと命令した。治国別は言われるがままに病人を介抱し、いやがる竜公を諭した。
病人はますます横柄になり、治国別に膿を吸い出すように命令した。竜公はこの様を見て憤慨し病人をなぐった。すると病人はたちまち容色端麗な女神と変わった。
女神は治国別の神の愛を賞賛し、自ら天教山の木花姫と名乗った。そして先ほど言依別命として二人の前に現れたのは、国治立尊であることを明かした。木花姫は竜公の師匠を思う義を称しつつも、愛を徹底させるようにと諭した。
木花姫は最下層の天国から中間の天国団体へ二人を案内しようと、二人ともに被面布を授けた。二人は木花姫の後を慕い、足に任せて東にさして一瀉千里の勢いで進んで行った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4714
愛善世界社版:203頁 八幡書店版:第8輯 547頁 修補版: 校定版:212頁 普及版:100頁 初版: ページ備考:
001 治国別(はるくにわけ)002竜公(たつこう)両人(りやうにん)一心不乱(いつしんふらん)油断(ゆだん)慢心(まんしん)(つみ)(しや)し、003一時(いちじ)(はや)(わが)精霊(せいれい)神格(しんかく)()たされむ(こと)祈願(きぐわん)しつつあつた。
004 そこへ天国(てんごく)には()るべき(はず)もない臭気紛々(しうきふんぷん)たる弊衣(へいい)(ちやく)し、005二目(ふため)とは()られぬ(やう)醜面(しこづら)()げ、006膿汁(うみしる)のボトボトと(したた)(からだ)をしながら、007三尺(さんじやく)ばかりの百足虫(むかで)(つゑ)をつき二人(ふたり)(まへ)(あら)はれ(きた)り、008(たちま)岩石(がんせき)(つまづ)苦悶(くもん)(はじ)めた。009竜公(たつこう)(おどろ)いて、
010『もし、011先生(せんせい)012天国(てんごく)には(けつ)して斯様(かやう)(きたな)いものは()らない(はず)です。013こりや何時(いつ)()にか慢心(まんしん)して地獄(ぢごく)逆転(ぎやくてん)したのぢやありますまいか。014(この)(とほ)四方(しはう)暗雲(あんうん)(つつ)まれ、015一丁(いつちやう)(さき)()えぬ(やう)になり、016()()はれぬ陰鬱(いんうつ)()(おそ)うて()たぢやありませぬか』
017否々(いやいや)(けつ)して地獄(ぢごく)ではあるまい。018最下層(さいかそう)天国(てんごく)相違(さうゐ)ない。019(しか)しながら矢張(やは)天国(てんごく)にも不幸(ふかう)(ひと)があると()え、020斯様(かやう)業病(ごふびやう)(かか)(くるし)んでゐる(かた)がゐると()える。021(なん)とかして(すく)うてやらねばなるまいが、022吾々(われわれ)(すく)ふと()ふのは(これ)(また)慢心(まんしん)だ。023()うか神様(かみさま)御神格(ごしんかく)(いただ)いて御用(ごよう)使(つか)つて(いただ)()いものだ』
024(かみ)合掌(がつしやう)(はじ)めた。025竜公(たつこう)(そで)()いて小声(こごゑ)になり、
026『もし、027先生(せんせい)028こんな(きたな)人間(にんげん)(さは)らうものなら、029霊身(れいしん)(けが)れて(たちま)地獄(ぢごく)団体(だんたい)落転(らくてん)せねばなりますまい。030(けつ)してお(かま)(あそ)ばすな。031大変(たいへん)(ござ)ります』
032『いや、033さうではない。034天国(てんごく)愛善(あいぜん)(くに)だ。035(かみ)(あい)(しん)とを(もつ)御神格(ごしんかく)(あそ)ばすのだ。036吾々(われわれ)神様(かみさま)(あい)(しん)とを()けなくては生命(せいめい)(たも)(こと)出来(でき)ない。037さうして(かみ)より(いただ)いた(この)(あい)(しん)(あまね)地上(ちじやう)分配(ぶんぱい)せねばなるまい。038地獄(ぢごく)におつるのを(おそ)れて現在(げんざい)()(まへ)(くるし)んでゐる(この)(あは)れな人々(ひとびと)(すく)はないと()ふのは、039所謂(いはゆる)自愛(じあい)(こころ)だ、040自愛(じあい)(こころ)天国(てんごく)にはない。041仮令(たとへ)(この)場所(ばしよ)地獄(ぢごく)のドン(ぞこ)であらうとも、042自愛(じあい)()(ぜん)(あい)との光明(くわうみやう)にひたる(こと)()るならば、043地獄(ぢごく)(たちま)(くわ)して天国(てんごく)となるであらう』
044『さう(うけたま)はればさうかも()れませぬな。045(しか)(なが)斯様(かやう)天国(てんごく)()()りながら、046あの(やう)(きたな)人間(にんげん)()れて、047折角(せつかく)(みが)きかけた精霊(せいれい)(けが)(やう)(こと)があつては、048多勢(おほぜい)人間(にんげん)娑婆(しやば)(かへ)つて(すく)(こと)出来(でき)ますまい。049(ただ)一人(ひとり)(たす)けて精霊(せいれい)(けが)すよりも、050(この)()見逃(みのが)して多勢(おほぜい)()めに(あい)(しん)との(ひかり)(かがや)かす(はう)が、051何程(なにほど)神界(しんかい)(ため)になるか()れませぬぜ。052此処(ここ)(ひと)(かんが)(もの)ですな』
053『いや(けつ)してさうではない。054()(まへ)提供(ていきよう)された、055いはば吾々(われわれ)試験物(しけんぶつ)だ。056(この)(あは)れな人間(にんげん)見逃(みのが)して行過(ゆきす)ぐる(くらゐ)ならば、057到底(たうてい)吾々(われわれ)(あい)(かみ)神格(しんかく)より(きた)(しん)(あい)ではない。058矢張(やは)自然界(しぜんかい)同様(どうやう)自愛(じあい)だ、059地獄(ぢごく)(あい)だ。060斯様(かやう)偽善的(ぎぜんてき)(あい)吾々(われわれ)()るべき(みち)ではない』
061 ()(はな)(とき)しも、062(まへ)(たふ)れた非人(ひにん)治国別(はるくにわけ)打眺(うちなが)め、
063『おい、064そこな宣伝使(せんでんし)065(おれ)(いま)斯様(かやう)業病(ごふびやう)(わづら)ひ、066(あま)つさへ(いは)(つまづ)き、067(この)(とほ)(あし)(くじ)(くるし)(もだ)えて()るのだ。068(はや)()()(おこ)して()れないか』
069 治国別(はるくにわけ)は、
070『ハイ、071承知(しようち)(いた)しました』
072と、073ツと(そば)()(からだ)()(おこ)さうとすれば、074臭気紛々(しうきふんぷん)として(はな)をつき、075身体(しんたい)一面(いちめん)(うじ)がわき、076いやらしき種々雑多(しゆじゆざつた)(むし)(ども)(からだ)一面(いちめん)にウヨウヨと、077肉体(にくたい)(くさ)つた部分(ぶぶん)から(かず)(かぎ)りもなくはみ()してゐる。078治国別(はるくにわけ)がかけた()には幾百(いくひやく)とも(かぎ)()られぬ(うじ)がゾウゾウと(つた)うて、079治国別(はるくにわけ)全身(ぜんしん)(またた)(うち)(つつ)んで()る。080竜公(たつこう)(これ)()て、
081『もし先生(せんせい)082(なん)(なん)でも、083そんな(くさ)つた人間(にんげん)相手(あひて)になさつちや、084いけませぬよ。085到底(たうてい)(たす)かる見込(みこみ)はありませぬよ。086それ御覧(ごらん)なさい、087(からだ)一面(いちめん)(うじ)がわいてるぢやありませぬか』
088 治国別(はるくにわけ)言葉(ことば)(しづ)かに、
089何処(どこ)誰方(どなた)(さま)()りませぬが、090(さぞ)御難儀(ごなんぎ)(ござ)りませう。091サア(わたし)(かた)にお(すが)(くだ)さい。092何処(どこ)(まで)なりとお(たく)(まで)(おく)つて()げませう』
093『うん、094(おれ)()(こと)(なん)でも()くだらうな』
095『ハイ、096如何(いか)なる(こと)でも吾々(われわれ)(ちから)(およ)(かぎ)りは御用(ごよう)(うけたま)はりませう』
097先生(せんせい)098()加減(かげん)()めたら如何(どう)ですか。099あんまり物好(ものず)きぢやありませぬか。100何程(なんぼ)(ひと)(たす)けるが(やく)だと()つても、101二目(ふため)()られぬ(からだ)抱起(だきおこ)して(もら)ひながら、102まるで主人(しゆじん)(しもべ)(たい)する(やう)言葉(ことば)(もち)ゐ、103馬鹿(ばか)にして()やがつて……お(れい)一言(ひとこと)(くらゐ)()つた(ところ)(よろ)しからうに……(その)(やう)(おん)義理(ぎり)()らぬ(くらゐ)だから、104(この)天国(てんごく)()てもやつぱり(くるし)んでゐるのですよ。105神様(かみさま)(ばち)(あた)つてゐるものを、106何程(なんぼ)宣伝使(せんでんし)だつて(かま)はぬでもいいでせう。107(くさ)(くさ)い、108エグイ(にほひ)がして()た』
109『こりや竜公(たつこう)110慢心(まんしん)(いた)すな。111(この)(はう)(あし)(さす)れ』
112『チヨツ、113エー』
114『おい竜公(たつこう)115(おれ)命令(めいれい)だ。116(この)非人(ひにん)さまの()(とほ)り、117(あし)()まして(もら)へ』
118『ぢやと(まを)して、119それが……』
120(なに)が「ぢやと(まを)して」だ。121左様(さやう)不量見(ふれうけん)(やつ)は、122只今(ただいま)(かぎ)師弟(してい)(えん)()る。123(おれ)はもうお(まへ)何処(どこ)へも一緒(いつしよ)には()かない』
124『エーエ、125ぢやと(まを)して、126それが如何(どう)して……』
127『こりや(たつ)128(おれ)(しり)()め。129(はや)()めぬかい』
130『エー、131馬鹿(ばか)にして()やがる。132貴様等(きさまら)のアタ(きたな)(しり)()める(くらゐ)なら、133(おれ)()んだがましだ。134アーン アーン アーン』
135(おもて)(ぜん)標榜(へうぼう)する偽善者(ぎぜんしや)()136(いま)貴様(きさま)(おれ)(やう)病気(びやうき)にかかるが、137それでも()いか』
138『そ……そんな業病(ごふびやう)にかかる(やう)な……ワヽヽ(わる)(こと)はした(こと)はないワイ。139あんまり馬鹿(ばか)にすない。140(おれ)大切(たいせつ)のお師匠(ししやう)さまを、141(しもべ)(なん)ぞの(やう)使(つか)つて、142二目(ふため)()られない(からだ)介抱(かいほう)させ、143(なほ)(その)(うへ)世話(せわ)をさせやがつて……エー、144もう先生(せんせい)145こんな(やつ)はいい加減(かげん)にしておきなさいませ』
146『これも神様(かみさま)御恵(おめぐ)みだ。147(そで)ふり()ふも他生(たしやう)(えん)148かかる(たふと)天国(てんごく)(おい)て、149かうしてお()にかかるのも(なに)かの御神縁(ごしんえん)だらう。150何程(なにほど)(きたな)人間(にんげん)(さま)でも、151神様(かみさま)(あい)神格(しんかく)()らされてからは、152(すこ)しも汚穢(をゑ)(かん)じない。153(じつ)有難(ありがた)(かん)じてゐる。154(まへ)(この)(かた)()うたのを(さいは)ひに、155()(つみ)(つぐの)ふべく介抱(かいほう)をさして(いただ)いたら如何(どう)だ』
156『おい、157治国別(はるくにわけ)158(おれ)(あし)(うら)一寸(ちよつと)()めて()れ。159大分(だいぶん)(うみ)()()(やう)だ。160(この)(うみ)()ひとらねば如何(どう)しても(ある)(こと)出来(でき)ない』
161『ハイ、162有難(ありがた)(ござ)ります。163御用(ごよう)さして(いただ)きます』
164()ひながら、165(あし)(うら)(うみ)をチウチウと()ひかけた。166竜公(たつこう)(たま)りかね、
167無礼者(ぶれいもの)
168()ひながら、169拳骨(げんこつ)をかためて非人(ひにん)(あたま)をポカンと(なぐ)つた。170拍子(ひやうし)醜穢(しうわい)()るに(しの)びなかつた非人(ひにん)姿(すがた)は、171(たちま)容色(ようしよく)端麗(たんれい)なる妙齢(めうれい)美人(びじん)(かは)り、172()()はれぬ(ゑみ)をたたへながら、
173治国別(はるくにわけ)さま、174貴方(あなた)本当(ほんたう)(かみ)(あい)徹底(てつてい)しましたよ。175サア(わらは)天国(てんごく)旅行(りよかう)(いた)しませう。176竜公(たつこう)さまの(やう)無情漢(むじやうかん)は、177此処(ここ)()つといてやりませうよ』
178(わたし)は、179(あは)れな精神上(せいしんじやう)不具(かたわ)なる(この)竜公(たつこう)(なほ)してやらず、180()てて()(こと)出来(でき)ませぬ。181竜公(たつこう)(とも)天国(てんごく)巡覧(じゆんらん)出来(でき)ねば、182最早(もはや)仕方(しかた)がありませぬ。183(かれ)苦楽(くらく)(とも)にする(かんが)へなれば、184何卒(どうぞ)貴女(あなた)はお一人(ひとり)おいでなさいませ』
185成程(なるほど)186さうでなくては(かみ)(あい)徹底(てつてい)したとは()へない。187治国別(はるくにわけ)殿(どの)188天晴(あつぱれ)々々(あつぱれ)189(わらは)天教山(てんけうざん)木花姫(このはなひめ)(ござ)るぞや』
190 治国別(はるくにわけ)二足三足(ふたあしみあし)(あと)へしざり、191大地(だいち)()をついて一言(いちごん)(はつ)()ず、192感謝(かんしや)(なみだ)にくれてゐる。193木花姫(このはなひめ)言葉(ことば)(しと)やかに、
194治国別(はるくにわけ)さま、195貴方(あなた)はよくそこ(まで)(ぜん)(みち)徹底(てつてい)して(くだ)さいましたね。196(さぞ)大神様(おほかみさま)御満足(ごまんぞく)(ござ)りませう。197最前(さいぜん)言依別命(ことよりわけのみこと)(あら)はれ(たま)うたのは、198国治立尊(くにはるたちのみこと)(さま)(ござ)りましたよ』
199『ハイ、200(はじ)めの(うち)智慧(ちゑ)(くら)証覚(しようかく)うとき治国別(はるくにわけ)201(まつた)言依別命(ことよりわけのみこと)(さま)とのみ(おも)()りましたが、202如何(どう)やら大神様(おほかみさま)御化身(ごけしん)なりし(こと)をおぼろげに(かんが)へさして(いただ)きまして、203感謝(かんしや)(なみだ)にくれて()りました(ところ)へ、204貴方様(あなたさま)御試(おこころ)みに(あづか)り、205(ねが)うてもなき御神徳(ごしんとく)頂戴(ちやうだい)(いた)しました。206何卒(なにとぞ)々々(なにとぞ)207(この)竜公(たつこう)(わたくし)同様(どうやう)にお()をかけてやつて(くだ)さいませ』
208竜公(たつこう)さま、209貴方(あなた)随分(ずゐぶん)()(かた)(ひと)ですな。210もう(すこ)(あい)徹底(てつてい)すれば天国(てんごく)立派(りつぱ)被面布(ひめんぷ)をといて(のぼ)れますよ。211師匠(ししやう)(おも)真意(まごころ)(じつ)感服(かんぷく)(いた)しました。212(その)忠良(ちうりやう)なる(こころざし)によつて、213貴方(あなた)(あい)欠点(けつてん)(おぎな)(こと)出来(でき)ますから、214益々(ますます)(たま)(みが)いて天国(てんごく)巡覧(じゆんらん)()さいませ』
215 竜公(たつこう)感涙(かんるゐ)(むせ)びながら、
216重々(ぢゆうぢゆう)御懇切(ごこんせつ)なる御教訓(ごけうくん)217有難(ありがた)(ござ)ります。218左様(さやう)なれば、219(とも)をさして(いただ)きませう』
220『ここは最下層(さいかそう)天国(てんごく)221これより中間(ちうかん)天国(てんごく)団体(だんたい)案内(あんない)(いた)しませう。222中間(ちうかん)天国(てんごく)天人(てんにん)証覚(しようかく)智慧(ちゑ)(およ)(あい)(しん)は、223下層(かそう)天国(てんごく)()天人(てんにん)(くら)ぶれば、224万倍(まんばい)光明(くわうみやう)(そな)はつて()ります。225それ(ゆゑ)(この)天国(てんごく)より一万倍(いちまんばい)(あい)(ぜん)(しん)(しん)226智慧(ちゑ)証覚(しようかく)(そな)へなくては、227仮令(たとへ)天国(てんごく)無理(むり)(のぼ)るとも、228(まなこ)くらみ、229頭痛(づつう)(はなは)だしく、230(ちから)(おとろ)へ、231(ほとん)自分(じぶん)生死(せいし)(ほど)(わか)らない(やう)になるものですよ。232竜公(たつこう)さまは被面布(ひめんぷ)(いただ)かれて、233()(これ)第二(だいに)天国(てんごく)探険(たんけん)出来(でき)ませうが、234治国別(はるくにわけ)(さま)(その)(まま)では到底(たうてい)(まゐ)れますまい。235(わらは)所持(しよぢ)被面布(ひめんぷ)()げませう』
236()ふより(はや)懐中(くわいちう)より取出(とりだ)し、237手早(てばや)治国別(はるくにわけ)頭部(とうぶ)にかけ(たま)うた。238(これ)より治国別(はるくにわけ)239竜公(たつこう)木花姫(このはなひめ)(あと)(した)ひ、240(あし)(まか)せて(ひがし)()して一瀉千里(いつしやせんり)(いきほ)ひで(すす)()くのであつた。
241 あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
242大正一二・一・九 旧一一・一一・二三 北村隆光録)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら
オニド関連サイト最新更新情報
9/15【霊界物語ネット】王仁文庫の第三篇「瑞能神歌」を掲載しました。