霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

序文(じよぶん)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第48巻 舎身活躍 亥の巻 篇:前付 よみ:
章:第48巻 よみ:じょぶん 通し章番号:
口述日:1923(大正12)年01月12日(旧11月26日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年10月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
社会の一般的傾向がようやく民衆的になりつつあると共に、宗教的信仰も寺院や教会に依頼せず、各自の精神にもっとも適合するところを求めて、その粗弱な精霊の満足をはかろうとする趨勢になりつつあるようだ。
宣伝使や僧侶の説くことを聴きつつ、自ら神霊の世界を想像しこれを語り、いわゆる自由宗教の殿堂を各自の精神内に建設しようという時代である。
既成宗教の経典からも自ら認めて合理的、詩的とするところを読み、世界のどこかに真の宗教を見出そうとしている。宗教趣味が薄らいだところを補うために、芸術趣味が広まりつつある。
従前の宗教は政治的・専制的であったのに引き換え、現今は芸術的であり民衆的となってきたのも、天運循環の神律によってみろく出現の前提と言ってもよいのである。
この霊界物語もまたきわめて民衆的かつ芸術的に、惟神の時機を得て大神より直接間接の方法をもって現代ならびに末代の人生に対し、深遠な神理を宣旨・伝達せしめ給うたのである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:前付 1頁 八幡書店版:第8輯 585頁 修補版: 校定版:前付 1頁 普及版:前付 1頁 初版: ページ備考:
001 社会(しやくわい)一般的(いつぱんてき)傾向(けいかう)が、002(やうや)民衆的(みんしうてき)になりつつあると(とも)に、003宗教的(しうけうてき)信仰(しんかう)(あなが)寺院(じゐん)教会(けうくわい)依頼(いらい)せず、004各自(かくじ)精神(せいしん)(もつと)適合(てきがふ)する(ところ)(もと)めて(その)粗弱(そじやく)なる精霊(せいれい)満足(まんぞく)(はか)らむとするの趨勢(すうせい)となりつつあるやうだ。005宣伝使(せんでんし)僧侶(そうりよ)()(ところ)()きつつ(おの)(みづか)神霊(しんれい)世界(せかい)想像(さうざう)(これ)(かた)りて、006所謂(いはゆる)自由(じいう)宗教(しうけう)殿堂(でんだう)各自(かくじ)精神内(せいしんない)建設(けんせつ)せむとする時代(じだい)である。007既成(きせい)宗教(しうけう)経典(きやうてん)何事(なにごと)()いてあらうが、008(みづか)(みと)めて合理的(がふりてき)とし、009詩的(してき)とする(ところ)()み、010世界(せかい)何処(どこ)かに(しん)宗教(しうけう)見出(みいだ)さむものとして()る、011今日(こんにち)(ひろ)芸術(げいじゆつ)趣味(しゆみ)(ひろ)まりつつあるのは宗教(しうけう)趣味(しゆみ)(うす)らいだ(ところ)(おぎな)ふやうになつてゐる。012従前(じゆうぜん)宗教(しうけう)政治的(せいぢてき)であり専制的(せんせいてき)なりしに引替(ひきか)へ、013現今(げんこん)芸術的(げいじゆつてき)であり民衆的(みんしうてき)となつて()たのも、014天運循環(てんうんじゆんくわん)神律(しんりつ)()つて仁慈(みろく)出現(しゆつげん)前提(ぜんてい)()つても()いのである。
015 この霊界物語(れいかいものがたり)(また)(きは)めて民衆的(みんしうてき)()芸術的(げいじゆつてき)に、016惟神(かむながら)時機(じき)()大神(おほかみ)より直接(ちよくせつ)間接(かんせつ)方法(はうはふ)(もつ)現代(げんだい)(ならび)末代(まつだい)人生(じんせい)(たい)し、017深遠(しんゑん)なる神理(しんり)宣示(せんじ)()(これ)伝達(でんたつ)せしめ(たま)うたのであります。018惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
019  大正十二年一月十二日  王仁識