霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一四章 至愛(しあい)〔一二六八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第48巻 舎身活躍 亥の巻 篇:第3篇 愛善信真 よみ:あいぜんしんしん
章:第14章 第48巻 よみ:しあい 通し章番号:1268
口述日:1923(大正12)年01月14日(旧11月28日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年10月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
日の若宮にて神徳を摂受した二人は、第二、第三天国の旅行にはもはや何の苦痛もなかった。しかし降り来るにつれて、その神力が減退し想念も劣ってくるように思われた。
八衢の関所に着くと、伊吹戸主神が数多の守衛を率いて二人を歓迎し歓談した。伊吹戸主神は、天界は厳格に証覚に応じて区切られており、通常は層を超えての行き来はおろか、意志の疎通もできないものであるが、二人は大神様の特別の許しをうけて霊国宣伝使に伴われて上ったから、首尾よく巡覧できたのだと説明した。
八衢へ来てから天国で摂受した証覚が鈍ってしまったと心配する治国別に対して、伊吹戸主神は、現界では最奥天国の証覚は必要ない、ただ愛と信のみを基礎とすべきであると諭した。
そして、最高天国の消息を伝えたところで猫に小判を与えるようなものであるから、現界では、中有界の消息を程度として万民を導くがよく、その中で少し身魂が磨けた人間に対しては、第三天国の門口程度で諭すのがよいと答えた。
あまり高遠な道理を明かすと、かえって疑惑の種をまき、霊界の存在を認めない者を作ってしまいかねない。また現界の学者たちが霊界の消息を探ろうと研究会などを設立しても、霊相応の理によって中有界の一部にしか踏み入ることができないのだから、彼らに天界は理解できないだろうと続けた。
伊吹戸主神は、竜公には「玉依別」という神名は霊界で賜ったものであるから、現界では使用してはならないと気を付けた。落胆する竜公に、伊吹戸主神は二人の精霊がいただいた神徳は潜在的に保たれて決して廃れないと説明した。
しかしまた、自身が油断したり慢心したりすると、その神徳は脱出してしまい神の御手に帰ってしまうと注意も与えた。
伊吹戸主神は、自分たち祓戸四柱の兄弟たちが日の大神の貴の御子でありながら、あらゆる汚れを取り除き清める職掌を司っていることを喩に引いて、二人に教示を与えた。治国別と竜公は、神恩の甚深なることを感じ、その場に打ち伏して感謝した。
伊吹戸主神は二人に別れを告げた。二人はその後ろ姿を見送り恭しく拝礼して館を立ち出で、白と赤の守衛に感謝を述べて八衢の関所を後にした。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4814
愛善世界社版:200頁 八幡書店版:第8輯 663頁 修補版: 校定版:207頁 普及版:105頁 初版: ページ備考:
派生[?]この文献を底本として書かれたと思われる文献です。[×閉じる]出口王仁三郎著作集 > 第一巻「神と人間」 > 『霊界物語』 抄 > 愛善信真
001 治国別(はるくにわけ)002玉依別(たまよりわけ)最高(さいかう)霊国(れいごく)(あと)にして、003帰途(きと)中間霊国(ちうかんれいごく)横断(わうだん)し、004最下層(さいかそう)天国(てんごく)(くだ)つて()た。005(ゆき)がけは(その)証覚(しようかく)006両人(りやうにん)(とも)(いま)(ごと)くならざりし(ゆゑ)007非常(ひじやう)にまばゆく(かん)じたりしが、008()若宮(わかみや)(おい)神徳(しんとく)摂受(せつじゆ)したる二人(ふたり)は、009最早(もはや)第三天国(だいさんてんごく)旅行(りよかう)(なん)苦痛(くつう)もなかつた。010(しか)しながら第一(だいいち)011第二(だいに)012第三(だいさん)下降(かかう)(きた)るにつれて、013(われ)ながら(その)神力(しんりき)減退(げんたい)する(ごと)(おも)はれ、014また明確(めいかく)なる想念(さうねん)(はなはだ)しく(おと)りし(ごと)(おも)はるるのは、015(じつ)不思議(ふしぎ)であつた。016(やうや)くにして二人(ふたり)は、017八衢(やちまた)関所(せきしよ)()いた。018伊吹戸主(いぶきどぬし)(かみ)数多(あまた)守衛(しゆえい)(ひき)ゐて二人(ふたり)歓迎(くわんげい)した。019二人(ふたり)(やかた)(おく)()(みちび)かれ、020茶菓(さくわ)饗応(きやうおう)()け、021霊界(れいかい)(くわん)する種々(いろいろ)談話(だんわ)交換(かうくわん)した。
022伊吹(いぶき)治国別(はるくにわけ)(さま)023首尾(しゆび)()最奥天国(さいあうてんごく)024霊国(れいごく)がきはめられましてお目出度(めでた)(ござ)います。025さぞ面白(おもしろ)きお(はなし)(ござ)いませうねえ』
026何分(なにぶん)(とく)()らないものですから、027(いづ)れの天国(てんごく)(おい)ても()(おも)すぎて、028非常(ひじやう)屁古(へこ)たれました。029(しか)しながら(しよ)エンゼルの(みちび)きによつて、030(から)うじて最奥天国(さいあうてんごく)まで(みちび)かれ、031(その)団体(だんたい)一部(いちぶ)巡拝(じゆんぱい)し、032(やうや)此処(ここ)まで(かへ)つて(まゐ)りました。033(しか)しながら不思議(ふしぎ)(こと)には、034下層(かそう)天国(てんごく)より(じゆん)()うて最奥天国(さいあうてんごく)(のぼ)(とき)(くるし)さは(たと)へられませぬ。035丁度(ちやうど)三才(さんさい)童子(どうじ)(おも)黄金(わうごん)(ぼう)()はせたやうなもので、036(あま)結構(けつこう)()ぎて、037それに相応(さうおう)する神力(しんりき)なき(ため)038(いた)(ところ)(はぢ)()いて(まゐ)りました』
039『お(くだ)りの(とき)はお(らく)(ござ)いましたらうなア』
040『ハイ、041(かへ)りは(かへ)りで(また)(くる)しう(ござ)いました。042(なん)だかダンダンと神徳(しんとく)()ける(やう)(ござ)いましたよ』
043『すべて霊界(れいかい)想念(さうねん)世界(せかい)(ござ)います、044それ(ゆゑ)情動(じやうどう)変移(へんい)によつて、045国土(こくど)相応(さうおう)証覚(しようかく)(ぢゆう)するのですから、046()づそれで順序(じゆんじよ)をお()みになつたのです。047高天原(たかあまはら)規則(きそく)大変(たいへん)厳格(げんかく)なもので、048(たがひ)(その)範囲(はんゐ)(をか)(こと)出来(でき)ない(やう)になつて()ります。049最高天国(さいかうてんごく)050中間天国(ちうかんてんごく)051下層天国(かそうてんごく)(およ)三層(さんそう)霊国(れいごく)は、052厳粛(げんしゆく)区別(くべつ)()てられ、053各天界(かくてんかい)諸天人(しよてんにん)(たがひ)往来(わうらい)する(こと)さへも出来(でき)ないのです。054下層天国(かそうてんごく)天人(てんにん)中間天国(ちうかんてんごく)(のぼ)(こと)出来(でき)ず、055(また)上天国(じやうてんごく)(もの)以下(いか)天国(てんごく)(くだ)(こと)出来(でき)ないのが規則(きそく)です。056もしも(した)天国(てんごく)より(うへ)天国(てんごく)(のぼ)()天人(てんにん)があれば(かなら)(いた)(その)(こころ)(なや)ませ、057(くるし)(もだ)え、058自分(じぶん)身辺(しんぺん)()(もの)さへ()えない(やう)に、059(まなこ)(くら)むものです。060ましてや上天国(じやうてんごく)天人(てんにん)言語(げんご)(まじ)ゆる(こと)などは到底(たうてい)出来(でき)ませぬ。061(また)上天国(じやうてんごく)から下天国(かてんごく)(くだ)(きた)天人(てんにん)(たちま)(その)証覚(しようかく)(うしな)ひますから、062言語(げんご)(まじ)へむとすれば、063弁舌(べんぜつ)(しぶ)りて(おも)く、064(その)意気(いき)(まつた)沮喪(そさう)するものです。065(ゆゑ)下層天国(かそうてんごく)天人(てんにん)中間天国(ちうかんてんごく)(いた)るとも、066(また)中間天国(ちうかんてんごく)天人(てんにん)最奥天国(さいあうてんごく)(いた)るとも、067(けつ)して(その)()(たい)して幸福(かうふく)(あぢ)はふ(こと)出来(でき)ませぬ。068(わが)居住(きよぢゆう)天国(てんごく)以上(いじやう)天人(てんにん)は、069(その)光明(くわうみやう)(かがや)き、070(その)威勢(ゐせい)()たるるが(ゆゑ)に、071()もくらみ、072(ただ)一人(ひとり)天人(てんにん)をも()(こと)出来(でき)ませぬ。073つまり内分(ないぶん)なるもの、074上天国天人(じやうてんごくてんにん)(ごと)(ひら)けないが(ため)であります。075(ゆゑ)()視覚力(しかくりよく)(あきら)かならず、076心中(しんちう)非常(ひじやう)苦痛(くつう)(おぼ)え、077自分(じぶん)生命(せいめい)有無(うむ)さへも(おぼ)えない(やう)(くる)しみに()ふものです。078(しか)しながら貴方(あなた)(がた)大神様(おほかみさま)特別(とくべつ)のお(ゆる)しを()け、079媒介天人(ばいかいてんにん)(すなは)霊国(れいごく)宣伝使(せんでんし)(ともな)はれて、080(のぼ)りになりましたから、081各段(かくだん)(およ)各団体(かくだんたい)交通(かうつう)(みち)(ひら)かれ、082(その)(ため)巡覧(じゆんらん)首尾(しゆび)よく出来(でき)たのです。083(しか)して大神様(おほかみさま)上天(じやうてん)下天(かてん)連絡(れんらく)(つう)(たま)ふに、084二種(にしゆ)内流(ないりう)によつて(これ)成就(じやうじゆ)(たま)ふのです。085(しか)して二種(にしゆ)内流(ないりう)とは、086(いち)直接内流(ちよくせつないりう)087(いち)間接内流(かんせつないりう)であります』
088玉依(たまより)直接内流(ちよくせつないりう)089間接内流(かんせつないりう)とは如何(いか)なる方法(はうはふ)()ふので(ござ)いますか』
090大神様(おほかみさま)上中下(じやうちうげ)三段(さんだん)天界(てんかい)をして、091()つて一丸(いちぐわん)となし、092一切(いつさい)事物(じぶつ)をして、093(その)元始(げんし)より終局点(しうきよくてん)(いた)るまで(ことごと)連絡(れんらく)あらしめ、094一物(いちぶつ)(いへど)()らさせ(たま)(こと)はありませぬ。095(しか)して直接内流(ちよくせつないりう)とは大神様(おほかみさま)から(ただち)天界(てんかい)全般(ぜんぱん)御神格(ごしんかく)流入(りうにふ)するものであり、096間接内流(かんせつないりう)とは各天界(かくてんかい)天界(てんかい)との(あひだ)に、097神格(しんかく)(なが)(つう)ずるのを()ふのです』
098治国(はるくに)如何(いか)にも、099それにて一切(いつさい)疑問(ぎもん)氷解(ひようかい)(いた)しました。100(わたし)(これ)よりお(いとま)(まを)し、101現界(げんかい)(かへ)らねばなりませぬ。102(しか)しながらどちらへ(かへ)つてよいか、103サツパリ(わか)らなくなりました。104最高天国(さいかうてんごく)から(くだ)るに()いて、105折角(せつかく)(いただ)いた(わが)証覚(しようかく)(にぶ)り、106(いま)では(もと)杢阿弥(もくあみ)107サツパリ現界(げんかい)方角(はうがく)さへも()えなくなつて(しま)ひました。108(これ)でも現界(げんかい)(かへ)りましたら、109神様(かみさま)(たま)はつた神力(しんりき)依然(いぜん)として(たも)たれるでせうか』
110現界(げんかい)(おい)最奥天国(さいあうてんごく)()けるが(ごと)智慧証覚(ちゑしようかく)必要(ひつえう)がありませぬ。111(ただ)必要(ひつえう)なるは(あい)(しん)のみです。112(その)(ゆゑ)最高天国(さいかうてんごく)天人(てんにん)証覚(しようかく)第二天国人(だいにてんごくじん)知覚(ちかく)()らず、113第二天国人(だいにてんごくじん)証覚(しようかく)第三天国人(だいさんてんごくじん)()()()るる(ところ)とならない(やう)に、114中有界(ちううかい)なる現界(げんかい)(おい)て、115(あま)最高至上(さいかうしじやう)真理(しんり)()いた(ところ)有害無益(いうがいむえき)ですから、116(ただ)貴方(あなた)大神様(おほかみさま)(さづ)かりなさつた(その)神徳(しんとく)を、117(はら)(なか)(をさ)めておけば()いのです。118大神様(おほかみさま)でさへも地上(ちじやう)(くだ)り、119世界(せかい)万民(ばんみん)(みちび)かむとなし(たま)(とき)は、120(ある)精霊(せいれい)(その)神格(しんかく)(みた)し、121化相(けさう)(はふ)によつて予言者(よげんしや)(あら)はれ、122予言者(よげんしや)(つう)じて現界(げんかい)(つた)(たま)ふのであります。123それ(ゆゑ)神様(かみさま)和光同塵(わくわうどうぢん)(さう)(げん)じ、124(にん)()(はふ)()け、125(がう)()つては(がう)(したが)へとの、126国土(こくど)相応(さうおう)活動(くわつどう)(あそ)ばすのです。127貴方(あなた)(いま)最高天国(さいかうてんごく)より、128段々(だんだん)(くだ)りになるにつけ、129証覚(しようかく)(おとろ)へたやうに(かん)じられたのは、130(これ)自然(しぜん)摂理(せつり)です。131(これ)から現界(げんかい)()て、132(わけ)(わか)らぬ人間(にんげん)最高天国(さいかうてんごく)消息(せうそく)をお(つた)へになつた(ところ)で、133(あだか)(ねこ)小判(こばん)(あた)ふると同様(どうやう)です。134()貴方(あなた)現界(げんかい)御帰(おかへ)りになれば、135中有界(ちううかい)消息(せうそく)程度(ていど)として万民(ばんみん)(みちび)きなさるが(よろ)しい。136(その)(なか)(おい)(すこ)しく身魂(みたま)(みが)けた人間(にんげん)(たい)しては、137第三天国(だいさんてんごく)門口(かどぐち)(ぐらゐ)程度(ていど)でお(さと)しになるが(よろ)しい。138それ以上(いじやう)御説(おと)きになれば、139(かへつ)(ひと)慢心(まんしん)させ害毒(がいどく)(なが)すやうなものです。140人三化七(にんさんばけしち)社会(しやくわい)人民(じんみん)(たい)して、141(あま)高遠(かうゑん)なる道理(だうり)()かすのは、142(かへつ)疑惑(ぎわく)(たね)()き、143(つひ)には霊界(れいかい)存在(そんざい)否認(ひにん)する(やう)不心得者(ふこころえもの)(あら)はれるものです。144(ゆゑ)現界(げんかい)(おい)数多(あまた)学者(がくしや)(ども)(くび)(あつ)(あたま)(なや)ませ、145霊界(れいかい)消息(せうそく)(さぐ)らむとして霊的(れいてき)研究会(けんきうくわい)などを設立(せつりつ)して()りますが、146(これ)霊相応(みたまさうおう)道理(だうり)により、147中有界(ちううかい)一部分(いちぶぶん)より(ほか)一歩(いつぽ)()()るる(こと)霊界(れいかい)(おい)(ゆる)してありませぬ。148それ(ゆゑ)貴方(あなた)現界(げんかい)(かへ)学者(がくしや)にお()ひになつた(とき)は、149(その)(せつ)をよく()()り、150対者(たいしや)証覚(しようかく)程度(ていど)(うへ)をホンの(はり)(さき)(ほど)()けば()いのです。151それ以上(いじやう)()きになれば彼等(かれら)(たちま)(わが)癲狂痴呆(てんきやうちはう)たるを(わす)れ、152(かへつ)高遠(かうゑん)なる真理(しんり)反対的(はんたいてき)癲狂者(てんきやうしや)(げん)となし、153痴呆(ちはう)()となし、154精神病者扱(せいしんびやうしやあつかひ)をするのみで(すこ)しも受入(うけい)れませぬ。155(ゆゑ)現界(げんかい)博士(はくし)156学士連(がくしれん)には、157霊相応(みたまさうおう)()によつて肉体(にくたい)のある野天狗(のてんぐ)狐狸(こり)158(へび)などの動物霊(どうぶつれい)(くわん)する現象(げんしやう)説示(せつじ)し、159卓子(テーブル)傾斜(けいしや)運動(うんどう)160空中(くうちう)拍手音(はくしゆおん)161自動(じどう)書記(しよき)162幽霊(いうれい)写真(しやしん)163空中(くうちう)浮上(うきあが)り、164物品(ぶつぴん)引寄(ひきよ)せ、165超物質化(てうぶつしつくわ)166天眼通(てんがんつう)167天言通(てんげんつう)168精神(せいしん)印象(いんしやう)鑑識(かんしき)169読心術(どくしんじゆつ)170霊的(れいてき)療法(れうほふ)(など)地獄界(ぢごくかい)(およ)精霊界(せいれいかい)劣等(れつとう)なる霊的(れいてき)現象(げんしやう)(しめ)し、171霊界(れいかい)(なに)ものたるをお()きになれば、172それが現代人(げんだいじん)(たい)する身魂相応(みたまさうおう)です。173それでも神界(しんかい)連絡(れんらく)()れた人獣合一的(にんじうがふいつてき)人間(にんげん)非常(ひじやう)(あたま)(なや)ませ、174学界(がくかい)大問題(だいもんだい)として(さわ)()てますよ。175アツハヽヽヽ』
176玉依(たまより)『モウシ、177伊吹戸主神(いぶきどぬしのかみ)(さま)178(わたし)()若宮(わかみや)(おい)て、179王母様(わうぼさま)より玉依別(たまよりわけ)といふ()(たま)はりましたが、180これは最高天国(さいかうてんごく)名乗(なの)()(ござ)いませうか、181現界(げんかい)(おい)ても(もち)ひて差支(さしつかへ)ありますまいか』
182現界(げんかい)へお(かへ)りになれば、183現界(げんかい)法則(はふそく)があります。184貴方(あなた)治国別(はるくにわけ)(さま)徒弟(とてい)たる以上(いじやう)は、185現界(げんかい)(かへ)ればヤハリ竜公(たつこう)さまでお(はたら)きなされ。186治国別(はるくにわけ)(さま)がお(ゆる)しになれば、187如何(いか)なる()をおつけになつても(よろ)しいが、188貴方(あなた)現界(げんかい)業務(げふむ)()へ、189霊界(れいかい)()られた(とき)(はじ)めて名乗(なの)称号(しやうがう)です。190霊界(れいかい)(たま)はつた(こと)霊界(れいかい)にのみ(もち)ふるものです。191(しか)しマア復活後(ふくくわつご)は、192結構(けつこう)玉依別(たまよりわけ)(さま)()称号(しやうがう)(すで)(すで)(いただ)けたのですから、193目出度(めでた)(ござ)います。194(けつ)して霊界(れいかい)称号(しやうがう)(もち)ひてはなりませぬぞや』
195『ハイ、196(かしこ)まりました、197(しか)らば只今(ただいま)より竜公(たつこう)()んで(くだ)さいませ』
198『モウ(しばら)玉依別(たまよりわけ)さまと申上(まをしあ)げねばなりませぬ』
199『アーア、200玉依別(たまよりわけ)さまもモウ少時(しばらく)()かなア、201折角(せつかく)最高天国(さいかうてんごく)まで(のぼ)つて、202結構(けつこう)神力(しんりき)(いただ)いたが、203現界(げんかい)(かへ)れば(また)(もと)杢阿弥(もくあみ)かなア。204(かげ)をサツパリ(おと)して(かへ)るのかと(おも)へば、205(なん)だか心細(こころぼそ)くなりました』
206(けつ)してさうではありませぬ。207貴方(あなた)精霊(せいれい)(いただ)いた神徳(しんとく)は、208()にも()けず、209(みづ)にも(おぼ)れず、210(ひと)(ぬす)みませぬ。211三五教(あななひけう)神諭(しんゆ)にも……御魂(みたま)(もら)うた神徳(しんとく)は、212何者(なにもの)(ぬす)(こと)()(いた)さぬぞよ……と(あら)はれてありませう。213貴方(あなた)天国(てんごく)(おい)(いただ)かれた神徳(しんとく)は、214潜在意識(せんざいいしき)となつて(いな)潜在神格(せんざいしんかく)となつて、215どこ(まで)(すた)りませぬ。216(この)神徳(しんとく)内包(ないはう)しあれば、217マサカの(とき)にはそれ相当(さうたう)神徳(しんとく)(あら)はれます。218(しか)しながら油断(ゆだん)をしたり慢心(まんしん)をなさると、219(その)神徳(しんとく)何時(いつ)()にやら脱出(だつしゆつ)(もと)(かみ)御手(みて)(かへ)りますから、220御注意(ごちゆうい)なさるが(よろ)しい。221(しか)して()りにも現界(げんかい)人間(にんげん)(たい)し、222最奥天国(さいあうてんごく)神秘(しんぴ)()らしてはなりませぬぞ。223(かへつ)(かみ)御神格(ごしんかく)冒涜(ばうとく)するやうになります。224霊界(れいかい)秘密(ひみつ)(みだ)りに(かた)るものではありませぬ。225愚昧(ぐまい)なる人間(にんげん)(むか)つて分不相応(ぶんふさうおう)なる(をしへ)()くは、226所謂(いはゆる)(ぶた)真珠(しんじゆ)(あた)ふるやうなものです。227(たちま)貴重(きちよう)なる真珠(しんじゆ)をかみ(くだ)かれ、228一旦(いつたん)(その)汚穢(をえ)なる腹中(ふくちう)(くぐ)り、229糞尿(ふんねう)(なか)へおとされて(しま)ふやうなものですよ』
230治国別(はるくにわけ)さま、231駄目(だめ)ですよ、232(わたし)天国(てんごく)消息(せうそく)実見(じつけん)さして(いただ)き、233(これ)から現界(げんかい)(かへ)つて、234先生(せんせい)(とも)現界(げんかい)()ける霊感者(れいかんしや)双璧(さうへき)となり、235(おほい)敏腕(びんわん)(ふる)つてみようと、236(いま)(いま)まで(たの)しんで()りましたが、237最早(もはや)伊吹戸主様(いぶきどぬしさま)のお(せつ)()いてガツカリ(いた)しました。238さうするとヤツパリ身魂(みたま)因縁(いんねん)だけの(こと)より出来(でき)ぬのですかなア。239(たから)持腐(もちぐさ)れになるやうな()がして(いささ)()しう(ござ)いますワ』
240『アツハヽヽヽヽ』
241(わたし)伊邪那岐尊(いざなぎのみこと)御禊(みそぎ)によつて(うま)れました四人(よにん)兄弟(きやうだい)です。242されど(その)身魂(みたま)因縁(いんねん)性来(しやうらい)によつて祓戸(はらひど)(かみ)となり、243最高天国(さいかうてんごく)より(この)八衢(やちまた)(くだ)り、244斯様(かやう)なつまらぬ(やく)(つと)めて()りますが、245(これ)神様(かみさま)御心(みこころ)(まま)によりならないのですから、246(よろこ)んで日々(にちにち)(この)役目(やくめ)感謝(かんしや)忠実(ちうじつ)(つと)めて()るのです。247まだまだ(わたし)(どころ)(いもうと)瀬織津姫(せおりつひめ)248速佐須良姫(はやさすらひめ)249速秋津姫(はやあきつひめ)などは(じつ)にみじめな(やく)(つと)めて()ります。250()はば霊界(れいかい)掃除番(さうぢばん)です。251(うじ)のわいた(ちり)(あくた)痰唾(たんつば)(うみ)252(くそ)小便(せうべん)など所在(あらゆる)(きたな)(もの)取除(とりのぞ)(きよ)める職掌(しよくしやう)ですから、253貴方(あなた)神聖(しんせい)なる宣伝使(せんでんし)職掌(しよくしやう)(くら)ぶれば、254(じつ)吾々(われわれ)兄弟(きやうだい)()大神(おほかみ)(うづ)()でありながら、255つまらぬ(やく)をさして(いただ)いて()ります。256(しか)(これ)(けつ)して吾々(われわれ)兄弟(きやうだい)(この)役目(やくめ)不足(ふそく)だと(おも)つて(まを)したのではありませぬ、257貴方(あなた)(がた)御心得(おこころえ)(ため)一例(いちれい)()げたまでで(ござ)います』
258玉依(たまより)『ハイ、259大神様(おほかみさま)御仁慈(ごじんじ)260(じつ)(かん)()りました』
261感涙(かんるゐ)にむせぶ。262治国別(はるくにわけ)憮然(ぶぜん)として、
263『アヽ(じつ)大神様(おほかみさま)御恵(みめぐみ)264感謝(かんしや)()へませぬ。265(いづ)御霊(みたま)神諭(しんゆ)にも……(わが)()にはつまらぬ御用(ごよう)がさしてあるぞよ。266(ひと)()には(きず)はつけられぬから……とお(しめ)しになつてゐますが、267(じつ)大神様(おほかみさま)御心(みこころ)(はか)()られぬ有難(ありがた)きもので(ござ)いますなア』
268()つたきり、269吐息(といき)()らして差俯(さしうつむ)いてゐる。
270(わたし)ばかりぢやありませぬ、271月照彦神(つきてるひこのかみ)(さま)272弘子彦神(ひろやすひこのかみ)(さま)273少彦名神(すくなひこなのかみ)(さま)274純世姫(すみよひめ)(さま)275真澄姫(ますみひめ)(さま)276竜世姫(たつよひめ)(さま)277(その)(ほか)結構(けつこう)神々様(かみがみさま)(みな)278(いづ)御霊(みたま)(みづ)御霊(みたま)大神(おほかみ)直々(ぢきぢき)御子(みこ)でありながら、279(いづ)れも()神々(かみがみ)()(きら)地底(ちてい)(くに)へお(まは)りになつて、280(つら)御守護(ごしゆご)をしてゐられます。281(これ)(おも)へば貴方(あなた)(がた)(じつ)結構(けつこう)なものですよ。282(いづ)御霊(みたま)御神諭(ごしんゆ)にも……人民(じんみん)(くらゐ)結構(けつこう)(もの)はないぞよ……と(しめ)されてありませうがなア』
283治国(はるくに)成程(なるほど)284(じつ)大神様(おほかみさま)御心(みこころ)(ほど)は、285吾々(われわれ)人間(にんげん)(はか)()(ところ)ではありませぬ。286あゝ惟神(かむながら)(たま)()はへませ、287五六七(みろく)大神様(おほかみさま)……』
288(なみだ)(たき)(ごと)(なが)し、289神恩(しんおん)甚深(じんしん)なるに(かん)じ、290竜公(たつこう)(とも)合掌(がつしやう)して(その)()打伏(うちふ)した。291伊吹戸主神(いぶきどぬしのかみ)()をしばたたきながら、
292御両人様(ごりやうにんさま)293(その)(こころ)で、294どうぞ現界(げんかい)(おい)(かみ)(ため)295(みち)(ため)296世人(よびと)(ため)御活動(ごくわつどう)(ねが)ひます。297左様(さやう)ならば(これ)にてお(わか)(いた)しませう』
298()ふより(はや)(いそが)しげに(おく)()姿(すがた)(かく)した。299二人(ふたり)後姿(うしろすがた)見送(みおく)り、300(うやうや)しく拝礼(はいれい)しながら(やかた)立出(たちい)で、301赤門(あかもん)をくぐり、302白赤(しろあか)守衛(しゆゑい)(あつ)(れい)()べ、303八衢街道(やちまたかいだう)想念(さうねん)(むか)(ところ)(まか)せて(あゆ)()した。304アヽ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
305大正一二・一・一四 旧一一・一一・二八 松村真澄録)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら
オニド関連サイト最新更新情報
9/15【霊界物語ネット】王仁文庫の第三篇「瑞能神歌」を掲載しました。