霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

序文(じよぶん)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第49巻 真善美愛 子の巻 篇:前付 よみ:
章:第49巻 よみ:じょぶん 通し章番号:
口述日:1923(大正12)年01月16日(旧11月30日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年11月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
霊界物語もようやく累計四十九冊に達し、本巻も着手三日間にて完成することを得た。
このとき、東京の某新聞に、天城山麓の八丁池に悪竜が六百年以前から潜伏して〇〇に祟りをなすので、法華宗の僧がこれを退治しようとその筋へ出願したとの記事があった。
そこで自分も国家の一大事と霊眼で見てみたところ、悪竜どころか魚族でさえ一尾もいない。ただ蠑螈がうようよいるだけである。こんなことを大本教がいおうものなら大変なことになったかもしれないが、法華経の狂勢には感じる外はない。
いよいよ本巻は初稚姫の大活動に入った。紆余曲折、波乱重畳の物語、現幽神三界における宇宙の真相は、本輯十二巻の上に展開されることになる。信者・未信者の区別なく、愛読あって広大なる神徳に浴し玉はんことを希望する次第である。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm490001
愛善世界社版:前付 1頁 八幡書店版:第9輯 29頁 修補版: 校定版:前付 1頁 普及版:前付 1頁 初版: ページ備考:
001 霊界物語(れいかいものがたり)(やうや)累計(るゐけい)四十九冊(よんじふきうさつ)(たつ)しました。002本巻(ほんくわん)着手(ちやくしゆ)日数(につすう)三日間(みつかかん)にて完成(くわんせい)することを()ました。003この(とき)東京(とうきやう)(ぼう)新聞紙上(しんぶんしじやう)天城山麓(あまぎさんろく)八丁池(はつちやういけ)悪竜(あくりう)六百年(ろくぴやくねん)以前(いぜん)より潜伏(せんぷく)して○○に(たた)りを()すを(もつ)法華宗(ほつけしう)(そう)退治(たいぢ)せむと(その)(すぢ)出願(しゆつぐわん)したりとの記事(きじ)があつたので、004(ただち)国家(こくか)一大事(いちだいじ)(かんが)霊眼(れいがん)にて洞察(どうさつ)するに悪竜(あくりう)どころか魚族(ぎよぞく)一尾(いちび)()ない。005(ただ)腹部(ふくぶ)髭題目(ひげだいもく)赤斑(あかまだら)にあらはした蠑螈(いもり)がウヨウヨして()るのみであつた。006(じつ)()(なか)()ふものは(めう)なものである。007こんな(こと)大本(おほもと)人間(にんげん)(くち)からでも()はうものなら、008それこそ大変(たいへん)なことになつたかも()れない。009法華経(ほけきやう)狂勢(きやうせい)には(かん)ずるの(ほか)はない。010綾部(あやべ)井上(ゐのうへ)会長(くわいちやう)より左記(さき)花句(くわく)(とど)きましたから御紹介(ごせうかい)しておきます。
011やみにひそむ枉津(まがつ)(かみ)もまつろはむ
012言霊(ことたま)(さち)(つき)(ひかり)
013天城山畔(あまぎさんのほとり)八丁池(はつちやういけ) 聞説(きくならく)千年(せんねん)(ひそむ)怪螭(くわいち)
014何日(いづれのひか)(れうして)(えん)(いでん)崖口(がいこう) 月光(げつくわう)澄徹(てふてつ)水逶迤(みづゐゐたり)
015 いよいよ本巻(ほんくわん)より初稚姫(はつわかひめ)大活動(だいくわつどう)()りました。016迂余曲折(うよきよくせつ)波瀾重畳(はらんちようでふ)物語(ものがたり)017現幽神(げんいうしん)三界(さんかい)()ける宇宙(うちう)真相(しんさう)本輯(ほんしふ)十二巻(じふにくわん)(うへ)展開(てんかい)さるる(こと)となります。018信者(しんじや)未信者(みしんじや)区別(くべつ)なく、019愛読(あいどく)あつて洪大(こうだい)なる神徳(しんとく)(よく)(たま)はむことを希望(きばう)する次第(しだい)であります。020アヽ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
021   大正十二年一月十六日   於伊豆湯ケ島温泉 湯本館   王仁識
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)