霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一八章 毒酸(どくさん)〔一二九二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第49巻 真善美愛 子の巻 篇:第4篇 鷹魅糞倒 よみ:ようみふんとう
章:第18章 毒酸 よみ:どくさん 通し章番号:1292
口述日:1923(大正12)年01月19日(旧12月3日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年11月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
高姫と杢助は酒を酌み交わしながらひそびそ話にふけっている。高姫は、結局お寅たちを引き戻すことができなかったこと、イルたち五人が団結して交渉しに来たことなどを気に病んでいる。
杢助は、珍彦夫婦はこの祠の森館の正式な主人なのだから、珍彦の権限をもってイルたち五人を追い出せばよいと言い出した。そのためには、彼らを毒で殺し、魔術で二人の死体を自分たちの体に変じ、自分たちは珍彦と静子に変化して入れ替わればよいと画策した。
ためらう高姫に、杢助は悪をやるなら徹底的にやるのだと説き、高姫は珍彦と静子に毒酸を入れた御馳走をふるまうことに同意してしまった。
杢助と高姫が祠の森乗っ取り計画を相談していたところ、ふすまの前の廊下に小さい足音がして表の方へ消えてしまった。高姫は誰かに聞かれたかと心配したが、杢助は山猫や山狆だろうと取り合わなかった。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4918
愛善世界社版:273頁 八幡書店版:第9輯 132頁 修補版: 校定版:281頁 普及版:126頁 初版: ページ備考:
001 高姫(たかひめ)杢助(もくすけ)二人(ふたり)002(さけ)()(かは)しながら、003ひそびそ(ばなし)(ふけ)つて()る。
004高姫(たかひめ)杢助(もくすけ)さま大変(たいへん)(こと)出来(でき)たのよ。005(わたし)心配(しんぱい)でならないわ』
006杢助(もくすけ)『ハヽヽヽ、007ヨルやお(とら)008魔我彦(まがひこ)本当(ほんたう)(うづ)(やかた)()つたのが()になるのであらう、009そんな(こと)心配(しんぱい)はいらないぢやないか。010幾何(いくら)でも方法(はうはふ)手段(しゆだん)はあるのぢや』
011高姫(たかひめ)『それだと()つて杢助(もくすけ)さまの魔術(まじゆつ)一寸(ちよつと)(あて)にならぬぢやありませぬか。012三人(さんにん)(やつ)(うま)(かへ)つて()たと(おも)へば、013何奴(どいつ)此奴(こいつ)も、014(さる)(くま)古狸(ふるだぬき)のやうなものだし、015テルやハル(こう)魔法使(まはふつかひ)もサツパリ幻影(げんえい)だつたし、016(この)(まま)()たなら、017(この)義理天上(ぎりてんじやう)もここ五日(いつか)()れぬぢやありませぬか。018彼奴等(あいつら)三人(さんにん)がイソの(やかた)()きよつたら、019きつと、020一伍一什(いちぶしじふ)()ふに(ちが)ひない。021さうすればキツト立退(たちの)命令(めいれい)()はされる(こと)()れた(こと)022()うかして、023此処(ここ)居坐(ゐすわ)りたいがお(まへ)さま、024とつときの智慧(ちゑ)()して(かんが)へて(くだ)さるまいかな』
025杢助(もくすけ)『アハヽヽヽ、026()出神(でのかみ)(さま)(かんが)へでも()きませぬかな。027矢張(やつぱ)何程(なにほど)神力(しんりき)のある(かみ)でも(わる)(こと)駄目(だめ)だと()えるのう』
028高姫(たかひめ)善悪(ぜんあく)不二(ふじ)029正邪一如(せいじやいちによ)だから義理天上(ぎりてんじやう)(あく)()せて(ぜん)(はたら)くのだから、030キツト神様(かみさま)(ゆる)して(くだ)さるだらう。031イル、032イク、033サール、034ハル、035テルの五人(ごにん)(やつ)()ふのには、036吾々(われわれ)五人(ごにん)(いづ)御霊(みたま)だ。037玉国別(たまくにわけ)さまに命令(めいれい)()けた(ほこら)(もり)常置品(じやうちひん)だから、038前達(まへたち)左右(さいう)される(もの)ぢやない。039グヅグヅ()ふのなら()()つて()れ」などと、040最前(さいぜん)(さけ)(くら)()つて()めて()るのだから(こま)つたものだ。041(わたし)はこの(さき)どうなるかと(おも)ふて、042心配(しんぱい)でなりませぬわ』
043杢助(もくすけ)(この)(やかた)珍彦(うづひこ)夫婦(ふうふ)全権(ぜんけん)をもつて()るのだから、044珍彦(うづひこ)命令(めいれい)なら、045彼奴等(きやつら)五人(ごにん)放逐(はうちく)するのは(なん)でもない(こと)だ』
046高姫(たかひめ)『それはよい(ところ)へお()()きました。047()(ほど)珍彦(うづひこ)さまが全権(ぜんけん)(にぎ)つて(ござ)るのだから、048珍彦(うづひこ)さへ此方(こちら)薬籠中(やくろうちう)のものとして()けば大丈夫(だいぢやうぶ)ですな。049(しか)珍彦(うづひこ)此方(こちら)()(こと)()かなかつたらどうしませうかなア』
050杢助(もくすけ)『そんな心配(しんぱい)()るか。051変身(へんしん)(じゆつ)使(つか)つて杢助(もくすけ)珍彦(うづひこ)()け、052(まへ)静子(しづこ)()けたらよいのだ』
053高姫(たかひめ)(それ)だと()つて、054顔形(かほかたち)(まで)がさう(うま)()きませうかなア』
055杢助(もくすけ)『いかいでか、056チツトも(ちが)はないやうに()けて()せる。057(まへ)()けさせてやる』
058高姫(たかひめ)(おな)(やかた)二人(ふたり)珍彦(うづひこ)059静子姫(しづこひめ)があつては露顕(ろけん)のもとぢや(ござ)いませぬか』
060杢助(もくすけ)(なに)さ、061(うま)両人(りやうにん)をたらし()んで(さけ)(めし)(なか)(どく)()れ、062そつと○○して(しま)ひ、063さうして高姫(たかひめ)杢助(もくすけ)(たい)二人(ふたり)(へん)じ、064(うま)葬式(さうしき)(いとな)み、065(あと)吾々(われわれ)両人(りやうにん)が、066珍彦(うづひこ)静子(しづこ)()(かは)るのだ、067さうすれば安心(あんしん)だらう』
068高姫(たかひめ)杢助(もくすけ)さま、069(まへ)正直(しやうぢき)(かた)だと(おも)つて()たが、070随分(ずいぶん)(わる)智慧(ちゑ)()ますなア』
071杢助(もくすけ)(きま)つた(こと)だよ。072(いま)()(なか)(ぜん)仮面(かめん)(かぶ)つて悪事(あくじ)をするもの(ほど)073立派(りつぱ)人間(にんげん)()はれるのだ。074(まへ)杢助(もくすけ)女房(にようばう)となつた以上(いじやう)は、075一段(いちだん)改悪(かいあく)せなくては駄目(だめ)だよ。076(おに)(をつと)(じや)女房(にようばう)()ふぢやないか』
077高姫(たかひめ)『それだと()つて(あま)非道(ひど)いぢやありませぬか。078(まへ)はまるで悪魔(あくま)のやうな(こと)()ひますな』
079杢助(もくすけ)『アハヽヽヽ、080(あく)をやるならばお(まへ)のやうな中途半(ちうとはん)駄目(だめ)だ。081徹底的(てつていてき)(あく)をやるのだ。082中途半(ちうとはん)善悪混交的悪(ぜんあくこんかうてきあく)なら、083()めた(はう)余程(よほど)()()いて()るよ。084(この)杢助(もくすけ)到底(たうてい)(まへ)のやうな善人(ぜんにん)とは意志(うま)()はないから、085(いま)(うち)(わか)れようぢやないか。086(まへ)では到底(たうてい)(わし)について()(こと)出来(でき)ない。087改悪(かいあく)()らぬからなア』
088高姫(たかひめ)杢助(もくすけ)さま、089もう()うなつた以上(いじやう)はどこ(まで)もついて()きます。090どうぞ(わたし)末長(すゑなが)可愛(かあい)がつて(くだ)さいませ』
091杢助(もくすけ)『ヨシヨシそんなら(わし)()(とほ)りにするなア』
092高姫(たかひめ)『ハイ、093どんな(こと)でも(いや)とは()ひませぬ』
094杢助(もくすけ)『それなら(いま)(これ)をお(まへ)にやるから、095(さけ)(なか)御飯(ごはん)(なか)へこの()()()くのだ。096これは毒酸(どくさん)()つて印度(いんど)群魔山(ぐんまさん)出来(でき)果物(くだもの)()をもつて製造(せいざう)した(どく)だから、097サア(これ)をお(まへ)(あた)へて()く、098うまく両人(りやうにん)此処(ここ)()()()し、099御馳走(ごちそう)して○○するのだなア』
100高姫(たかひめ)『ハイ承知(しようち)(いた)しました。101きつとやつて()せませう、102(しか)二人(ふたり)は○○した(ところ)であの(かへで)はどうしたらよいのでせう』
103杢助(もくすけ)『あの(かへで)か、104あれや(はふ)つて()いたらよいのだ。105珍彦(うづひこ)杢助(もくすけ)肉体(にくたい)変形(へんけい)して()に、106静子(しづこ)はお(まへ)肉体(にくたい)変形(へんけい)し、107さうして死体(したい)土中(どちう)(うづ)めて(しま)へば、108(あと)立派(りつぱ)珍彦(うづひこ)109静子(しづこ)となつて(をさ)まり(かへ)つて()られると()ふものだ。110さうすれば斎苑(いそ)(やかた)から何程(なにほど)立退(たちのき)命令(めいれい)()ても大丈夫(だいぢやうぶ)ぢやないか』
111高姫(たかひめ)()(ほど)112これは妙案奇策(めうあんきさく)113()出神(でのかみ)義理天上(ぎりてんじやう)生宮(いきみや)感心(かんしん)(いた)しましたよ。114オホヽヽヽヽヽ、115(なん)魔法(まはふ)()ふものは都合(つがふ)のよいものですなア』
116杢助(もくすけ)『サア(はや)御馳走(ごちそう)用意(ようい)にかかつて()れ。117グヅグヅして()ると露顕(ろけん)(おそ)れがある。118(はかりごと)(はや)いがよいからなア』
119高姫(たかひめ)『アヽ(いそが)しい(こと)だ。120御飯(ごはん)もたかねばならず、121煮〆(にしめ)もせなならず、122杢助(もくすけ)さま、123(まへ)さまお(さけ)(かん)だけ手伝(てつだ)つて(くだ)さいな。124(これ)珍彦(うづひこ)125静子(しづこ)両人(りやうにん)(うま)片付(かたづ)けて仕舞(しま)へば天下(てんか)泰平(たいへい)だ。126(まへ)(わたし)(ほこら)(みや)永久(とこしへ)(しづ)まつて、127三五教(あななひけう)(むか)ふを()り、128表向(おもてむき)三五教(あななひけう)とし、129(じつ)はウラナイ(けう)(ひら)かうではありませぬか』
130杢助(もくすけ)『アハヽヽヽ、131(まへ)(おれ)大分(だいぶん)感化(かんくわ)されたと()えて、132余程(よほど)改心(かいしん)出来(でき)たわい』
133高姫(たかひめ)(たれ)かに珍彦(うづひこ)夫婦(ふうふ)()びにやらせませうかなア』
134杢助(もくすけ)珍彦(うづひこ)夫婦(ふうふ)(なん)()つても此処(ここ)主人(しゆじん)だ。135(まへ)準備(じゆんび)をちやんと(ととの)へたら、136()(ひく)うし、137ちやんと叮嚀(ていねい)にお(まへ)(むか)へに()()ねば、138もしも(いや)だなんて()はれては大変(たいへん)だよ』
139高姫(たかひめ)『アヽそれやさうです。140そんなら(はや)御飯(ごはん)準備(こしら)へをして()いて(わたし)(まゐ)りませうかなア、141願望(ぐわんまう)成就(じやうじゆ)時節(じせつ)到来(たうらい)これが(うま)()けば大丈夫(だいぢやうぶ)です。142惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)143義理天上(ぎりてんじやう)()()神様(かみさま)144何卒(なにとぞ)この計略(けいりやく)(うま)()きますやうに』
145とポンポンポンポンと四拍手(しはくしゆ)して、146暗祈黙祷(あんきもくたう)(はじ)めた。
147杢助(もくすけ)『アハヽヽヽ、148よく()いて(くだ)さるだらうよ』
149高姫(たかひめ)『さうです。150(あく)(こと)悪神(あくがみ)(たの)めばいいぢやありませぬか』
151杢助(もくすけ)『それやさうだ。152(もち)餅屋(もちや)だからな、153(うま)(さと)られない(やう)にやつて()れよ』
154 (この)(とき)(ふすま)(まへ)廊下(らうか)(ちひ)さい足音(あしおと)がして(おもて)(はう)()えて仕舞(しま)つた。155高姫(たかひめ)(その)足音(あしおと)(みみ)(はさ)み、
156高姫(たかひめ)『アヽ杢助(もくすけ)さま、157足音(あしおと)がしたぢやありませぬか。158(この)秘密(ひみつ)(たれ)かに()かれたのでは(ござ)いますまいかなア』
159杢助(もくすけ)()あに、160あれは(ねこ)(ちん)足音(あしおと)だよ』
161高姫(たかひめ)(ちん)(ねこ)此処(ここ)には()ないぢやありませぬか』
162杢助(もくすけ)山中(さんちう)(こと)だから山猫(やまねこ)山狆(やまちん)沢山(たくさん)()るから、163(あま)御馳走(ごちそう)()がするので()ぎつけて()よつたのだ。164そんな(こと)心配(しんぱい)するに(およ)ばない』
165高姫(たかひめ)『それでもねえ、166(なん)だか気掛(きがか)りですわ』
167大正一二・一・一九 旧一一・一二・三 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/6【霊界物語ネット】大本七十年史 下巻』(1967年発行)を掲載しました。
4/18【霊界物語ネット】山吹の花」(吉野山神業の記録)を掲載しました。
4/8【霊界物語ネット】民謡 波の上』と『民謡 月の都』(王仁三郎の歌集)を掲載しました。