霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

序文(じよぶん)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第50巻 真善美愛 丑の巻 篇:前付 よみ:
章:序文 よみ:じょぶん 通し章番号:
口述日:1923(大正12)年01月20日(旧12月4日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年12月7日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
顧みれば大正十年十月十八日、松雲閣において霊界物語を口述筆記し始めてから十六か月目、ようやく五十巻を編纂した。
この間さまざまな故障のため、着手日数は二百日内外の口述にて五十巻に到達した。本日は大正十二年一月二十三日、この数字を合算すれば三十六となり、みろくに因んでいる。
旧暦では大正十一年十二月七日、この数字を合算すれば三十となり、三ツの御魂に因む吉日である。また一つの奇というべきである。
霊界物語第一巻から第十二巻までを第一輯とし改めて「霊主体従」と題した。第十三巻から第二十四巻までを第二輯「如意宝珠」、第二十五巻から第三十六巻までを第三輯「海洋万里」、第三十七巻から第四十八巻までを第四輯「舎身活躍」とした。
第五輯に当たる「真善美愛」と題する物語をようやく第二巻まで口述編纂をおわった。いずれも一題目ごとに三百六十ページ十二冊、計四千三百二十ページとなる次第である。
精神上および肉体上の大なる束縛を受けた身でありながら、大神の恩寵と筆録者諸弟の熱烈な努力によって五十巻の大峠を越えたことは、瑞月にとって人間事とは思えない。
大本の信者はいうまでもなく、大方具眼の士は、この熱血よりほとばしり出たる作物を愛読していただき、宇宙の大精神を了知し、人として世に処すべき指針となし給わんことを願う次第である。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm500001
愛善世界社版:前付 1頁 八幡書店版:第9輯 145頁 修補版: 校定版:前付 1頁 普及版:前付 1頁 初版: ページ備考:
001 (かへり)みれば、002大正(たいしやう)十年(じふねん)十月(じふぐわつ)十八日(じふはちにち)003松雲閣(しよううんかく)(おい)霊界物語(れいかいものがたり)(だい)口述(こうじゆつ)筆記(ひつき)(はじ)めしより、004十六ケ月目(じふろくかげつめ)005(やうや)五十巻(ごじつくわん)編纂(へんさん)せり。006(この)(あひだ)種々(しゆじゆ)故障(こしやう)(ため)007着手日数(ちやくしゆにつすう)二百日(にひやくにち)内外(ないぐわい)口述(こうじゆつ)にて本巻(ほんくわん)到達(たうたつ)せり。008(しか)して本日(ほんじつ)は、009大正(たいしやう)十二年(じふにねん)一月(いちぐわつ)二十三日(にじふさんにち)010(この)数字(すうじ)合算(がつさん)すれば三十六(さんじふろく)となり、011みろくに(ちな)む。012(また)旧暦(きうれき)にては大正(たいしやう)十一年(じふいちねん)十二月(じふにぐわつ)七日(なぬか)013(この)数字(すうじ)合算(がつさん)すれば三十(さんじふ)となり、014()ツの御魂(みたま)(ちな)みたる吉日(きちじつ)なり、015(また)(もつ)一奇(いつき)()ふべし。016霊界物語(れいかいものがたり)第一巻(だいいつくわん)より第十二巻(だいじふにくわん)までを第一輯(だいいつしふ)とし(あらた)めて「霊主体従(れいしゆたいじう)」と(だい)し、017第十三巻(だいじふさんくわん)より第廿四巻(だいにじふよんくわん)(まで)を「如意宝珠(によいほつしゆ)」と(だい)し、018第廿五巻(だいにじふごくわん)より第卅六巻(だいさんじふろくくわん)までを第三輯(だいさんしふ)とし「海洋万里(かいやうばんり)」と(だい)し、019第卅七巻(だいさんじふしちくわん)より第四十八巻(だいしじふはちくわん)(まで)第四輯(だいよんしふ)とし「舎身活躍(しやしんくわつやく)」と(だい)し、020第五輯(だいごしふ)(あた)る「真善美愛(しんぜんびあい)」と(だい)せる物語(ものがたり)(やうや)(ここ)第二巻(だいにくわん)(まで)口述(こうじゆつ)編纂(へんさん)(をは)りたり。021(いづ)れも一題目(いちだいもく)(ごと)三百六十頁(さんひやくろくじつページ)十二冊(じふにさつ)022(けい)四千三百二十頁(よんせんさんびやくにじつページ)相成(あひな)次第(しだい)なり。023アア瑞月(ずゐげつ)精神上(せいしんじやう)(およ)肉体上(にくたいじやう)(だい)なる束縛(そくばく)()けたる()ながらも、024大神(おほかみ)恩寵(おんちよう)筆録者(ひつろくしや)諸弟(しよてい)熱烈(ねつれつ)なる努力(どりよく)とによつて、025(ここ)五十巻(ごじつくわん)大峠(おほたうげ)()えたるは(じつ)人間事(にんげんごと)とはどうしても(おも)はれないのであります。026(こひねが)はくば大本(おほもと)信者(しんじや)はいふも(さら)なり、027大方(おほかた)具眼(ぐがん)()はこの熱血(ねつけつ)より(ほとばし)()でたる作物(さくぶつ)愛読(あいどく)あつて、028宇宙(うちう)大精神(だいせいしん)了知(れうち)し、029(ひと)として()(しよ)すべき指針(ししん)となし(たま)はむことを。030 謹言(きんげん)
031   大正十二年一月廿三日 旧大正十一年十二月七日
032於伊豆湯ケ島仮教主館 王仁識
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/6【霊界物語ネット】大本七十年史 下巻』(1967年発行)を掲載しました。
4/18【霊界物語ネット】山吹の花」(吉野山神業の記録)を掲載しました。
4/8【霊界物語ネット】民謡 波の上』と『民謡 月の都』(王仁三郎の歌集)を掲載しました。