霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

総説(そうせつ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第50巻 真善美愛 丑の巻 篇:前付 よみ:
章:総説 よみ:そうせつ 通し章番号:
口述日:1923(大正12)年01月20日(旧12月4日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年12月7日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
祠の森の聖場に妖幻坊なる妖怪が現れ来たり、三五教の杢助時置師神の名をかたった。そして高姫と組んで聖場を占有し、館主珍彦ら真人を排除して大神の大神業を破壊しようと暴虐的活動を開始した。
しかし妖幻坊と高姫は、初稚姫の愛善の徳と信真の光に照らされ、また猛犬スマートに威嚇されて聖場を遁走した。
その遁走の途上、彼らは河鹿峠の谷道にてイクとサールの追っ手に会し、活劇を繰り広げる真っ最中、またしてもスマートが猛虎の勢いで現れてイクとサールの危難を救った。本巻は、敵が自らつまずいて途上に転倒し悲鳴を上げる場面までを口述している。
愛善の徳と信真の光に充たされた天国の天人界に籍を有する初稚姫と、狂妄熱烈な高姫、また肉体的精霊の妖幻坊、三つ巴の活躍は、憑霊現象の如何なるものかを知るにもっとも便利なものを信じる次第である。
読者は意をひそめてじゅうぶんに研究されることを希望する。口述者の瑞月も、またある精霊の神格を充たされたる媒介的活動によって、この大部の書籍を編することを得たのである。今後ますます御神助をもって完結の域に達することを天地の神明に願求する次第である。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm500002
愛善世界社版:3頁 八幡書店版:第9輯 147頁 修補版: 校定版:3頁 普及版:1頁 初版: ページ備考:
001 本巻(ほんくわん)(ほこら)(もり)聖場(せいぢやう)妖幻坊(えうげんばう)なる妖怪(えうくわい)(あら)はれ(きた)り、002三五教(あななひけう)杢助(もくすけ)時置師神(ときおかしのかみ)名乗(なの)り、003(こひ)(よく)とに余念(よねん)なき高姫(たかひめ)義理天上(ぎりてんじやう)自称(じしよう)日出神(ひのでのかみ)生宮(いきみや)が、004両々(りやうりやう)相対(あひたい)して聖場(せいぢやう)占有(せんいう)し、005館主(くわんしゆ)珍彦(うづひこ)その()真人(しんじん)排除(はいじよ)し、006(かつ)大神(おほかみ)大神業(だいしんげふ)破壊(はくわい)せむと、007獅子(しし)奮迅(ふんじん)暴逆的(ばうぎやくてき)活動(くわつどう)開始(かいし)し、008初稚姫(はつわかひめ)愛善(あいぜん)(とく)信真(しんしん)(ひかり)()らされ、009(また)猛犬(まうけん)スマートに脅嚇(けふかつ)され聖場(せいぢやう)遁走(とんそう)し、010河鹿峠(かじかたうげ)谷道(たにみち)にて、011イク、012サールの追手(おつて)(くわい)し、013妖幻坊(えうげんばう)014高姫(たかひめ)(たい)イク、015サールの活劇(くわつげき)真最中(まつさいちう)016(また)もやスマートが猛虎(まうこ)(いきほひ)にて(あら)はれ(きた)り、017イクとサールの危難(きなん)(すく)ひ、018(てき)(みづか)(つまづ)いて途上(とじやう)顛倒(てんたう)し、019悲鳴(ひめい)をあぐる場面(ばめん)まで口述(こうじゆつ)してあります。020愛善(あいぜん)(とく)信真(しんしん)(ひかり)(みた)されたる天国(てんごく)天人界(てんにんかい)(せき)(いう)したる初稚姫(はつわかひめ)と、021狂妄(きやうまう)熱烈(ねつれつ)なる高姫(たかひめ)と、022肉体的(にくたいてき)精霊(せいれい)妖幻坊(えうげんばう)との三巴(みつどもえ)となつての活躍(くわつやく)は、023憑霊現象(ひようれいげんしやう)如何(いか)なるものなるかを()るに(もつと)便利(べんり)なるものと(しん)じます。024読者(どくしや)()(ひそ)めて充分(じうぶん)御研究(ごけんきう)あらむことを希望(きばう)(いた)します。025口述者(こうじゆつしや)瑞月(ずゐげつ)も、026また()精霊(せいれい)神格(しんかく)(みた)されたるものの媒介的(ばいかいてき)活動(くわつどう)によつて、027この大部(たいぶ)書籍(しよせき)(へん)する(こと)()たのであります。028今後(こんご)益々(ますます)御神助(ごしんじよ)(もつ)完結(くわんけつ)(ゐき)(たつ)せむことを天地(てんち)神明(しんめい)願求(ぐわんぐう)する次第(しだい)であります。
029   大正十二年一月廿三日 旧十一年十二月七日 於豆州湯ケ島湯本館
030王仁識
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/6【霊界物語ネット】大本七十年史 下巻』(1967年発行)を掲載しました。
4/18【霊界物語ネット】山吹の花」(吉野山神業の記録)を掲載しました。
4/8【霊界物語ネット】民謡 波の上』と『民謡 月の都』(王仁三郎の歌集)を掲載しました。