霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第七章 負傷負傷(ふしやうぶしやう)〔一三〇一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第50巻 真善美愛 丑の巻 篇:第2篇 兇党擡頭 よみ:きょうとうたいとう
章:第7章 負傷負傷 よみ:ふしょうぶしょう 通し章番号:1301
口述日:1923(大正12)年01月20日(旧12月4日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年12月7日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
初稚姫は珍彦の館を訪れた。門口の戸をそっとひらいて名乗りをすると、楓姫が迎え入れた。初稚姫が神丹のことを知っていたので、驚いた楓姫が尋ねると、神丹は言霊別命のお告げによって初稚姫が作り、スマートに持たせて楓姫に渡したものであったと明かした。
そこへ、神殿に神丹のお礼に行っていた珍彦と静子が帰ってきた。楓姫からいきさつを聞いた珍彦と静子は感激して初稚姫に礼を述べた。初稚姫は、自分は神様のご命令にしたがって行動しただけと答えた。
珍彦、静子、楓姫は、祠の森にやってきた杢助の行いが悪いので、そのことを不審に思って初稚姫に尋ねるが、初稚姫は言葉をにごし、三人は何事かを悟ったようであった。そして一同はここの杢助が本物ではないという秘密を歌に詠んでそれとなく確認し合った。
すると門口に、男の声で若い女性に恋の思いを告げる歌を歌う者がある。珍彦と静子は、誰かこの館に楓姫や初稚姫を思う者がいると心配するが、楓姫と初稚姫は、自分たちは気を付けもするし神様のご守護もあるから心配いらないと安堵させる。
そこへイルとハルがあわただしく入ってきて、高姫が大杉の梢から転落して怪我をしたと報告した。初稚姫は高姫のところに急いだ。
高姫は、自分は日の出神の御守護があるから大丈夫と、杢助のところに先に行くように初稚姫に懇願した。初稚姫は高姫の介抱をハルとイルに頼んで杢助のところに向かった。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5007
愛善世界社版:86頁 八幡書店版:第9輯 180頁 修補版: 校定版:90頁 普及版:46頁 初版: ページ備考:
001 初稚姫(はつわかひめ)(しづか)()(はこ)びながら珍彦(うづひこ)(やかた)()ひ、002門口(かどぐち)()をそつと(ひら)き、
003御免(ごめん)なさいまし、004(わたくし)初稚姫(はつわかひめ)(ござ)います。005ハルナの(みやこ)宣伝使(せんでんし)として(まゐ)ります途中(とちう)006大神様(おほかみさま)参拝(さんぱい)(いた)し、007高姫(たかひめ)(さま)のお世話(せわ)になりまして、008此処(ここ)(しばら)(あし)(とど)めて()るもので(ござ)いますれば、009何卒(どうぞ)御入魂(ごじつこん)(ねが)ひます』
010()つた。011(この)(こゑ)(おどろ)いて楓姫(かへでひめ)(ふすま)をそつと(ひら)いて(あら)はれ(きた)り、012叮嚀(ていねい)辞儀(じぎ)をしながら(きり)火鉢(ひばち)()ゑ、013座蒲団(ざぶとん)()いて、
014貴女様(あなたさま)驍名(げうめい)(たか)初稚姫(はつわかひめ)宣伝使(せんでんし)さまで(ござ)いましたか。015それはそれはようまアお(たづ)(くだ)さいました。016(じつ)(ところ)貴女様(あなたさま)がお()(あそ)ばしたと()(こと)を、017(うけたま)はりまして、018一度(いちど)拝顔(はいがん)()たいと(ねが)つて()りましたが、019(わたし)両親(りやうしん)(まを)しますには「お(まへ)のやうな教育(けういく)のない不作法者(ぶさはふもの)が、020エンゼルのやうな(かた)(まへ)()るものぢやない、021御無礼(ごぶれい)になるから(ひか)へて()れ」と(まを)しますので、022つひ失礼(しつれい)(いた)して()りました。023ようまア(たふと)御身(おんみ)をもつてお(たづ)(くだ)さいましたねえ。024サアどうぞ、025此処(ここ)へお(あが)(くだ)さいませ。026(ちや)なりと()まして(いただ)きます』
027『ハイ、028御親切(ごしんせつ)有難(ありがた)(ござ)ります。029何彼(なにか)とお世話(せわ)(あづ)かりましてなア。030(とき)珍彦(うづひこ)(さま)031静子様(しづこさま)はどちらにお()でになりましたか、032(かほ)()えないやうで(ござ)いますなア』
033『ハイ、034一寸(ちよつと)両親(りやうしん)神様(かみさま)へお礼参(れいまゐ)りと()つて()()きました。035大方(おほかた)御神前(ごしんぜん)(まゐ)つて()られませう』
036神丹(しんたん)のお(れい)(まを)しにお()でになつたのでせう』
037 楓姫(かへでひめ)(この)言葉(ことば)吃驚(びつくり)して、038初稚姫(はつわかひめ)(かほ)見上(みあ)げながら、039(すこ)しく()(ふる)はせ、
040貴女(あなた)はまア、041どうしてそんな(くは)しい(こと)御存(ごぞん)じで(ござ)いますか』
042『ハイ、043御夫婦(ごふうふ)危難(きなん)()るに見兼(みか)ねて、044(わらは)言霊別命(ことたまわけのみこと)(さま)のお(つげ)により、045神丹(しんたん)()霊薬(れいやく)(つく)り、046スマートに()たせて貴女(あなた)のお()(わた)した(はず)(ござ)いますから』
047『ああ左様(さやう)(ござ)いましたか。048さうすると貴女様(あなたさま)は、049文珠菩薩様(もんじゆぼさつさま)(ござ)いますか、050ああ(たふと)有難(ありがた)やなア』
051感謝(かんしや)(なみだ)(むせ)ぶ。052いつの()にやらスマートは(ゆか)(した)(くぐ)り、053()をふりながら此処(ここ)(あら)はれて()た。
054『これスマートや、055うつかり出歩(である)いちやいけませぬよ。056()うして此処(ここ)へお()でたの。057(まへ)本当(ほんたう)霊獣(れいじう)だねえ、058(わたし)()(こと)をよく()いて、059御夫婦(ごふうふ)危難(きなん)をよく(すく)うて(くだ)さつた。060ほんとにスマートの()(そむ)かぬ敏捷(びんせふ)なものだねえ』
061讃美(ほめたた)へて()る。062スマートは(うれ)しさうに(からだ)()をふつて()る。063(かへで)(やうや)うに(かほ)()げ、064スマートの姿(すがた)()二度(にど)吃驚(びつくり)し、
065『アー、066昨夜(さくや)文珠菩薩様(もんじゆぼさつさま)がお()(あそ)ばした(いぬ)は、067これで(ござ)いますわ、068この(いぬ)(くち)から(わたくし)()神丹(しんたん)三粒(みつぶ)(わた)して()れました。069さうして文珠菩薩様(もんじゆぼさつさま)(わたくし)神丹(しんたん)(さづ)けて直様(すぐさま)(いぬ)()()れ、070どこかへお(かへ)りになつたと(おも)へば(ゆめ)()め、071(かた)(にぎ)つて()()(ひら)いて()れば、072あの神丹(しんたん)(ござ)いました。073貴女(あなた)(まつた)生神様(いきがみさま)074(わたくし)がかうしてお(そば)へおいて(いただ)くのも(おそ)(おほ)(こと)(ござ)います。075さうして(わたくし)()うしても合点(がてん)(まゐ)りませぬ(こと)(ひと)(ござ)います、076貴女(あなた)何故(なぜ)高姫(たかひめ)さまのやうな(あま)りよくないお(かた)のお()さまになられましたのか』
077 初稚姫(はつわかひめ)はニツコと(わら)ひ、
078『ハイ、079いづれお(わか)りになる(こと)(ござ)いませう』
080()つたきり(こた)へなかつた。081(かへで)(たた)みかけて(また)()うた。
082貴女様(あなたさま)(うけたま)はれば、083杢助様(もくすけさま)のお娘子様(むすめごさま)(ござ)いますさうですねえ』
084『ハイ左様(さやう)(ござ)います。085(しか)此処(ここ)杢助(もくすけ)さまは……』
086()つたきり、087(くち)をつぐんで仕舞(しま)つた。088(かへで)鋭敏(えいびん)頭脳(づなう)持主(もちぬし)であるから、089(はや)くも意中(いちう)(さと)つた。090さうして小声(こごゑ)になり、
091本当(ほんたう)(なん)ですねえ、092(なに)()はない(はう)無難(ぶなん)でよろしいわね』
093以心伝心的(いしんでんしんてき)に、094()()(はなし)交換(かうくわん)簡単(かんたん)()まして(しま)つた。
095 かかる(ところ)珍彦(うづひこ)夫婦(ふうふ)(あかざ)(つゑ)をつきながら拝礼(はいれい)(をは)り、096裏口(うらぐち)から(かへ)つて()た。097(その)足音(あしおと)(はや)くも(さと)つて(かへで)裏口(うらぐち)()をあけ、098(うれ)しさうな(こゑ)で、
099『お(とう)さま、100(かあ)さま、101(かへ)りなさいませ。102夜前(やぜん)神様(かみさま)がお()(あそ)ばしたのよ。103あの神丹(しんたん)(くだ)さつた文珠菩薩様(もんじゆぼさつさま)が』
104小声(こごゑ)(ささや)いた。
105珍彦(うづひこ)(なに)106文珠菩薩様(もんじゆぼさつさま)此処(ここ)へお()(あそ)ばしたの。107それは直様(すぐさま)(れい)申上(まをしあ)げねばなるまい』
108静子(しづこ)(あま)悪魔(あくま)(はびこ)るので、109この聖場(せいぢやう)()ながらも、110()()(ろく)(ねむ)られなかつた。111ああ有難(ありがた)い、112文珠菩薩様(もんじゆぼさつさま)がお()(くだ)さつたか』
113(はや)くも涙声(なみだごゑ)になつて()る。114(かへで)(あと)()いて夫婦(ふうふ)座敷(ざしき)(あが)り、115初稚姫(はつわかひめ)(まへ)(かしら)()げ、116歔欷泣(しやくりな)きしながら、117一言(いちごん)(はつ)()感謝(かんしや)(なみだ)()れて()る。
118『もし珍彦(うづひこ)(さま)119静子様(しづこさま)120日々(にちにち)御神務(ごしんむ)御苦労(ごくらう)さまで(ござ)いますなア。121(わらは)初稚姫(はつわかひめ)宣伝使(せんでんし)(ござ)います。122突然(とつぜん)(まゐ)りましてお邪魔(じやま)(いた)して()ります。123楓様(かへでさま)親切(しんせつ)仰有(おつしや)つて(くだ)さるので、124つひ長居(ながゐ)(いた)しました』
125と、126(すず)のやうな(やさ)しい(こゑ)挨拶(あいさつ)をした。127珍彦(うづひこ)はハツと(かしら)()げ、128初稚姫(はつわかひめ)霊気(れいき)()てる(その)容貌(ようばう)(かん)()り、
129貴女(あなた)文珠菩薩(もんじゆぼさつ)御化身様(ごけしんさま)130よくまアお(たす)けに()(くだ)さいました。131これ静子(しづこ)132(はや)御礼(おれい)(まを)さないか』
133初稚姫(はつわかひめ)(さま)134文珠菩薩様(もんじゆぼさつさま)御化身様(ごけしんさま)135よくまアお(たす)(くだ)さいました。136この御恩(ごおん)(けつ)して(わす)れは(いた)しませぬ』
137とハンケチに(うる)んだ()(ぬぐ)ふ。
138 初稚姫(はつわかひめ)迷惑(めいわく)(かほ)をして(ほそ)()左右(さいう)()りながら、
139『イエイエお(れい)()はれては()みませぬ。140(わらは)立場(たちば)(ござ)いませぬ。141(じつ)言霊別(ことたまわけ)神様(かみさま)(わらは)御命令(ごめいれい)(あそ)ばしたので(ござ)いますよ。142どうぞ大神様(おほかみさま)にお(れい)(まを)して(くだ)さい。143(わらは)(けつ)して貴方等(あなたがた)をお(たす)けするやうな(ちから)(ござ)いませぬ』
144『なんと御謙遜(ごけんそん)貴女様(あなたさま)145(じつ)(かん)()りました。146(とき)初稚姫(はつわかひめ)(さま)は、147昨日(さくじつ)()えました杢助様(もくすけさま)御令嬢(ごれいぢやう)(うけたま)はりましたが、148左様(さやう)(ござ)いますかなア』
149『イエ……ハイ』
150()()らぬ返事(へんじ)をして()る。
151 (かへで)両親(りやうしん)(むか)ひ、
152『お(とう)さま、153(かあ)さま、154そんな失礼(しつれい)(こと)仰有(おつしや)つてはいけませぬよ。155(なに)156あんな(かた)(ひめ)(さま)のお(とう)さまであつて(たま)りませう。157これには(ふか)(わけ)がおありなさるので(ござ)いますよ。158(しか)しながら、159これきりで(なに)仰有(おつしや)らないやうにして(くだ)さい。160(ひめ)(さま)御迷惑(ごめいわく)になつては()みませぬからなア』
161 珍彦(うづひこ)夫婦(ふうふ)(かへで)言葉(ことば)()首肯(うなづ)き、
162『ウンウン、163成程々々(なるほどなるほど)164いや(わか)りました。165御苦労(ごくらう)さまで(ござ)います。166どうぞ貴女(あなた)御神力(ごしんりき)悪魔(あくま)をお()(はら)(くだ)さるやうにお(ねが)(まを)します』
167夫婦(ふうふ)()(あは)せ、168(また)もや()(をが)むのであつた。
169(かへで)(あま)斯様(かやう)なお(はなし)は、170(たれ)()くか(わか)りませぬから、171ちつとハンナリと(うた)でも(うた)ひませうかねえ』
172『さうですね、173(かへで)さま、174(ひと)(うた)つて(くだ)さいな』
175 (かへで)初稚姫(はつわかひめ)言葉(ことば)をいなみ()ね……お(はづ)かしながら……と前置(まへお)きして、
 
176(ひと)(こころ)(そこ)(ふか)
177 千尋(ちひろ)(なみ)()()けば
178 ()()たなびく岩蔭(いはかげ)
179 (みにく)(わに)()めるかな』
 
180 初稚姫(はつわかひめ)幾度(いくたび)(うなづ)きながら、181にやりと(わら)ひ、
182成程(なるほど)ねえ。183よく出来(でき)ましたよ。184(わらは)腰折(こしをれ)()まして(いただ)きませうかねえ。185ホホホ』
186(わら)ひながら、
 
187()(はな)一度(いちど)()()つる
188 天津御国(あまつみくに)(いざな)ひて
189 常住不断(じやうぢうふだん)法楽(ほふらく)
190 (あた)へた(まは)瑞御霊(みづみたま)
 
191(まこと)にお(はづ)かしい(こと)(ござ)います。192ホホホホ』
193梅花(ばいくわ)(つゆ)(ほころ)(ごと)(ちひ)さい(くちびる)から(ゑみ)()らして()る。
194 (この)(とき)195門口(かどぐち)(をとこ)(こゑ)として、
 
196『○○(こひ)しや(はる)()
197 (やみ)()ちたる面影(おもかげ)
198 ()えてあとなく(わが)(こゑ)
199 (ただ)木霊(こだま)する(さび)しさよ』
 
200(うた)つて(とほ)るものがあつた。201(また)かはつた(をとこ)(こゑ)で、
 
202(たの)しからずや(こひ)(ゆめ)
203 (ただ)(ちから)なく(きみ)()
204 (いだ)かるる(とき)(わが)(なみだ)
205 ほほ()(まなこ)をぬらすかな
206
207 (かみ)(ひかり)(つつ)まるる
208 (たふと)(きみ)(しの)びつつ
209 吾等(われら)(こひ)(さち)あれと
210 (なみだ)(なが)して(いの)るかな
211
212 (かな)しき(ゆめ)のさめし(とき)
213 (なみだ)にしめる()をあげて
214 (ひと)()(よる)(さび)しさを
215 (かみ)御前(みまへ)にかきくどく』
 
216(うた)ひながら珍彦館(うづひこやかた)門口(かどぐち)(とほ)り、217神殿(しんでん)(はう)足音(あしおと)()えて()く。218(かへで)は、
219(なん)とまア(たれ)()りませぬが、220調(てう)のよい(うた)ですこと、221ねえ、222初稚姫(はつわかひめ)さま』
223『ほんにさうですねえ。224(わたし)なんかの(うた)から()れば、225(くら)べものになりませぬわ。226このお(やかた)には風雅人(ふうがじん)沢山(たくさん)()られるとみえますなア』
227()(はな)(とき)228(また)もや(きこ)ゆる(うた)(こゑ)
 
229(さくら)(はな)()(はる)()
230 (きみ)とまみゆる(うれ)しさよ
231
232 (ほこら)(もり)にます(かみ)
233 (まも)らせ(たま)(こひ)(さち)
234
235 (こひ)しき(ひと)()()らす
236 男心(をとこごころ)(さび)しさを
237 ()るや()らずや東雲(しののめ)
238 (ひかり)はさしぬほのぼのと』
 
239初稚(はつわか)(なん)とまア情緒(じやうしよ)(ふか)風流(ふうりう)(うた)ですなア』
240珍彦(うづひこ)(ひめ)(さま)(まを)すに(およ)ばず、241(かへで)其方(そなた)()をつけなくてはなりますまい。242きつと貴女方(あなたがた)二人(ふたり)(こころ)()せて()(をとこ)があるのでせうよ。243(なん)()つても(はな)(つぼみ)(ひめ)(さま)(また)楓姫(かへでひめ)244(うつく)しい(はな)には害虫(がいちう)のつき(まと)ふものですからなア』
245(おほせ)(とほ)りで(ござ)います。246(わらは)もあの(うた)によつて、247(わが)身辺(しんぺん)容易(ようい)ならざる(こひ)()付纏(つきまと)うて()(こと)(さと)りました。248(しか)しながら(けつ)して御心配(ごしんぱい)(くだ)さいますな。249左様(さやう)(こと)(こころ)(うご)かすやうな(わたし)では(ござ)いませぬ。250(かへで)さま、251貴女(あなた)大丈夫(だいぢやうぶ)でせう』
252(ひめ)(さま)のお言葉(ことば)(とほ)り、253(わたし)何処(どこ)までも注意(ちゆうい)(いた)して()ります。254何分(なにぶん)(とう)さまやお(かあ)さまが、255(わか)(むすめ)をもつて()ると()うて非常(ひじやう)心配(しんぱい)をして(くだ)さるのですもの、256有難迷惑(ありがためいわく)(かん)じます、257ホホホホホ』
258珍彦(うづひこ)『それはさうだらうが、259あの高姫(たかひめ)さまだつて、260あれだけ(とし)()つてから、261コテコテと白粉(おしろい)をつけたり白髪(しらが)()めたり、262()何度(なんど)着物(きもの)()かへた揚句(あげく)263杢助(もくすけ)さまとやらを(くわ)へこんで、264夫婦気取(ふうふきどり)()かれてゐらつしやるのですもの。265(わか)(むすめ)をもつた(おや)はどれだけ()()めるか()れたものぢやありませぬ。266これ(かへで)267(ひめ)(さま)(やう)なお(かた)なれば大磐石(だいばんじやく)だが、268(まへ)はまだ神様(かみさま)(こと)がよく(わか)らないのだから、269両親(りやうしん)心配(しんぱい)するのも無理(むり)ではありませぬよ、270アハハハハハ』
271『あのまアお(とう)さまとしたことわいのう。272それ(ほど)(わたし)信用(しんよう)()けませぬか。273(わたし)だつて道晴別(みちはるわけ)(いもうと)274(ほこら)(もり)神司(かむつかさ)珍彦(うづひこ)(むすめ)(ござ)います。275(かなら)(かなら)ずお(こころ)(なや)ませ(くだ)さいますな。276きつと神様(かみさま)のお()(けが)したり、277(おや)兄弟(きやうだい)御面(おかほ)(よご)すやうなことは(いた)しませぬ。278ねえ(ひめ)(さま)279貴女(あなた)(わたし)(こころ)をよく御存(ごぞん)じでせう』
280御夫婦様(ごふうふさま)281(かなら)御心配(ごしんぱい)なさいますな。282楓様(かへでさま)は、283本当(ほんたう)見上(みあ)げたお(かた)(ござ)いますよ。284きつと(わらは)保証(ほしよう)(いた)します。285如何(いか)なる()がさしましても神様(かみさま)がお(まも)(くだ)さる(うへ)は、286楓様(かへでさま)のお(こころ)(きは)めて堅実(けんじつ)()られますから、287何程(なにほど)(あだ)(をとこ)()()りましても、288(かへで)さまに()つては鎧袖一触(がいしういつしよく)(かん)もありませぬ。289どうぞお(こころ)(なや)めないやうにして御神務(ごしんむ)にお(つく)(くだ)さいませ』
290珍彦(うづひこ)『ハイ有難(ありがた)う、291ようまア()つて(くだ)さいました』
292静子(しづこ)『そのお言葉(ことば)(うけたま)はり、293(わたし)安心(あんしん)(いた)しました。294ああ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
295合掌(がつしやう)する。
296 ()(はな)(をり)しも、297(また)もや門口(かどぐち)(こひ)(とりこ)となりし(ひと)(うた)(こゑ)298(へだ)ての()をすかして(きこ)(きた)る。
 
299『ひそびそと(ぎん)(あめ)
300 絶間(たえま)もなしに()りそそぐ
301 うらぶれし(くさむら)のなげかひ
302 ああかかる()
303 一入(ひとしほ)(いた)みも()づれ
304 (どく)(つめ)をもて
305 永久(とこしへ)()(がた)
306 ()りつけられし
307 (むね)痛手(いたで)よ』
 
308(あは)れな声調(せいてう)(きこ)えて()る。309(また)(つづ)いて、
 
310(しづか)(しづか)(ひとみ)をつぶつて
311 ()にも()えない或物(あるもの)
312 ()るとき(われ)銀色(ぎんいろ)
313 (ゆめ)(うち)にぞ(ひた)()
314 素裸体(すはだか)人間(にんげん)
315 (あたた)かい(あたた)かい
316 桃色(ももいろ)雰囲気(ふんゐき)(つつ)まれながら
317 (うた)ひつつ(をど)
318 (こころ)(とろ)かすやうな
319 メロデイーが(なが)
320 (すべ)てのものが
321 やすらかに(いき)づく
322 (われ)(ゆめ)(ため)(はたら)
323 (ゆめ)によつて(はたら)
324 そして(また)
325 (ゆめ)によつて、326はぐくまれてゆく』
 
327 (かか)(ところ)(あわただ)しくやつて()たのは、328受付(うけつけ)のイル、329ハルの両人(りやうにん)であつた。330遠慮会釈(ゑんりよゑしやく)もなく門口(かどぐち)()()(ひら)き、
331イル『もし珍彦(うづひこ)(さま)332大変(たいへん)(こと)出来(でき)ました。333どうぞ()(くだ)さい、334タタ大変(たいへん)(ござ)います』
335(あわただ)しき(その)言葉(ことば)336大変(たいへん)とは(なん)(ござ)るかな』
337ハル『ハイ、338タタタ高姫(たかひめ)(さま)大変(たいへん)(こと)(ござ)います。339どうぞ()(くだ)さい。340到底(たうてい)私等(わたくしら)(てこ)には()ひませぬから』
341静子(しづこ)(なに)高姫(たかひめ)(さま)御機嫌(ごきげん)でも(そこ)ねて御立腹(ごりつぷく)して(ござ)るのかな』
342 初稚姫(はつわかひめ)は、
343『イエイエさうぢや(ござ)いませぬ。344玉茸(たまたけ)()らむとして梟鳥(ふくろどり)()をこつかれ、345大杉(おほすぎ)(こずゑ)から顛落(てんらく)(あそ)ばし、346(こし)(ほね)(すこ)(くじ)かれたのでせう。347(けつ)して御心配(ごしんぱい)なさいますな、348(すぐ)(なほ)りませうから』
349イル『もしもし初稚姫(はつわかひめ)(さま)350貴女(あなた)そんな平気(へいき)(かほ)してよう()られますなあ。351義理(ぎり)あるお(かあ)さまぢやありませぬか、352サア(はや)くお()でなさいませ。353(とう)さまはお怪我(けが)をなさるなり、354(かあ)さまは()から()ちて(くる)しんで(ござ)るなり、355(なに)どころぢやありますまい』
356『ハイ(すぐ)(まゐ)りますから、357(かあ)さまにさう仰有(おつしや)つて(くだ)さい。358これスマートや、359(はや)何処(どこ)かへお(かく)れ』
360()ひながら、361初稚姫(はつわかひめ)倉皇(さうくわう)として高姫(たかひめ)危難(きなん)(すく)ふべく(やかた)()()で、362大杉(おほすぎ)(もと)へと()(いそ)いだ。363高姫(たかひめ)(くる)しげな(いき)をつきながら、
364『アア、365其方(そなた)初稚(はつわか)だつたか、366よう()(くだ)さつた。367(かあ)さまは、368つひお(とう)さまの病気(びやうき)(なほ)したいばかりに玉茸(たまたけ)()りに(のぼ)つてこんな()()つたのだよ。369(とう)さまは(たれ)にも()れないやうにして()つて()れと仰有(おつしや)つたのだが、370こんな不調法(ぶてうはふ)をして(ひと)()つけられたから、371もう()かう(はず)がない。372どうぞ(わたし)には(かま)はず、373あの(もり)()(もと)にゐらつしやるのだから、374(はや)()つて介抱(かいほう)して()げて(くだ)さい。375(わたし)日出神(ひのでのかみ)御守護(ごしゆご)があるから心配(しんぱい)()りませぬ。376サア(はや)()つて()げて(くだ)さい、377()()ぢやありませぬから』
378『さうだと()つてお(かあ)さまの危難(きなん)見捨(みす)てて、379これがどうして()けませうか。380一旦(いつたん)親子(おやこ)(えん)(むす)んだ(うへ)からは、381そんな水臭(みづくさ)(こと)仰有(おつしや)らずに、382どうぞ介抱(かいほう)さして(くだ)さい、383これが貴女(あなた)(たい)する孝行(かうかう)のし(はじ)めですから』
384と、385高姫(たかひめ)妖幻坊(えうげんばう)()つた言葉(ことば)(その)(まま)応用(おうよう)して()る。
386『エイ、387(まへ)(おや)()(こと)()かないのかい、388さうであらう。389(なか)(いた)めた()でないから(おん)義理(ぎり)もありませぬわい。390()いて(くだ)さらないのも仕方(しかた)がありませぬ。391もう(あきら)めます』
392『お(かあ)さま、393それでは()みませぬが、394(とう)さまの介抱(かいほう)(まゐ)ります。395不孝(ふかう)(やつ)とお(さげす)みなきやうにお(ねが)(まを)します。396これ、397ハルさま、398イルさま、399どうぞお(かあ)さまの介抱(かいほう)(たの)みますよ。400(かあ)さま左様(さやう)なら』
401()ひながら(この)()()()つた。402高姫(たかひめ)相変(あひかは)らず苦悶(くもん)(いき)()らして()る。
403大正一二・一・二〇 旧一一・一二・四 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/6【霊界物語ネット】大本七十年史 下巻』(1967年発行)を掲載しました。
4/18【霊界物語ネット】山吹の花」(吉野山神業の記録)を掲載しました。
4/8【霊界物語ネット】民謡 波の上』と『民謡 月の都』(王仁三郎の歌集)を掲載しました。