霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一一章 鸚鵡返(あうむがへし)〔一三〇五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第50巻 真善美愛 丑の巻 篇:第3篇 神意と人情 よみ:しんいとにんじょう
章:第11章 鸚鵡返 よみ:おうむがえし 通し章番号:1305
口述日:1923(大正12)年01月21日(旧12月5日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年12月7日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
祠の森に現れた偽杢助の正体は、八岐大蛇の片腕として名も高い、獅子と虎の忠誠を備えた怪しの動物であり、名を妖幻坊といった。
一方、高姫は祠の森の御社を蹂躙せんと出て来た悪霊に魂を奪われてしまった。妖幻坊は高姫をたぶらかして夫婦に成りすまし、生地を隠していた。しかし初稚姫の霊光と、お供の猛犬スマートに恐れて逃げ出し、スマートに眉間をかぶりつかれてひとまず逃げて行った。
妖幻坊と高姫が、珍彦夫婦を亡き者にしようとした毒殺の企みも、楓姫の枕元に現れた文殊菩薩が授けた霊薬によって何事もなく終わった。
スマートに傷つけられた妖幻坊を癒そうと、薬の茸を採ろうと大杉に梯子をかけた高姫も、梟にこつかれて墜落し、寝込んでしまった。高姫は、初稚姫の献身的な看病によって回復した。しかし高姫は初稚姫をねたみ、その神力をおそれて再び奸策を企みはじめた。
高姫は回復すると、一度も見舞いに来なかったと珍彦の館に文句を言いに上り込んできた。しかし対応した楓は逆に高姫の災難を嘲笑い、父母に毒を盛った罰だと非難してかかった。また珍彦と静子が、毒殺未遂の件を斎苑館に報告し行くと高姫を脅して帰そうとした。
高姫と楓は言い争いになり、怒った高姫はこぶしを固めて楓を打ち付けた。楓は大きな声で叫び、人を呼ぶ声が酒盛りをしていたイル、イク、サール、ハル、テルにまで届いて五人はその場にかけつけた。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5011
愛善世界社版:149頁 八幡書店版:第9輯 204頁 修補版: 校定版:155頁 普及版:77頁 初版: ページ備考:
001(ほこら)(もり)神館(みやかた)
002(あら)はれ(きた)りし杢助(もくすけ)
003(その)正体(しやうたい)(つき)(くに)
004大雲山(たいうんざん)(わだか)まる
005八岐大蛇(やまたをろち)片腕(かたうで)
006妖魅(えうみ)世界(せかい)()(たか)
007獅子(しし)(とら)との中性(ちうせい)
008(そな)へし(あや)しの動物(どうぶつ)
009妖幻坊(えうげんばう)(うた)はれて
010彼方此方(あなたこなた)出没(しゆつぼつ)
011神出鬼没(しんしゆつきぼつ)妖術(えうじゆつ)
012使(つか)ひて世人(よびと)をなやませつ
013地上(ちじやう)世界(せかい)魔界(まかい)とし
014所在(あらゆる)(ぜん)(ほろ)ぼして
015邪悪(じやあく)虚偽(きよぎ)()にせむと
016(くる)(まは)るぞ由々(ゆゆ)しけれ
017三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
018玉国別(たまくにわけ)丹精(たんせい)
019()らして(つか)へまつりたる
020(いづ)御霊(みたま)瑞御霊(みづみたま)
021(たふと)(かみ)御社(みやしろ)
022蹂躙(じうりん)せむと()(きた)
023悪魔(あくま)御魂(みたま)(うば)はれし
024高姫司(たかひめつかさ)(たぶら)かし
025(ここ)夫婦(ふうふ)となりすまし
026生地(きぢ)(かく)して()たる(をり)
027(たちま)(きた)三五(あななひ)
028(みち)名高(なだか)宣伝使(せんでんし)
029初稚姫(はつわかひめ)霊光(れいくわう)
030(ともな)(きた)猛犬(まうけん)
031(おそ)れて()()すその途端(とたん)
032(かみ)(つか)ふるスマートが
033(その)正体(しやうたい)看破(みやぶ)りて
034(たちま)勇気(ゆうき)()(おこ)
035幾層倍(いくそうばい)巨体(きよたい)をば
036(いう)する曲津(まがつ)()りついて
037眉間(みけん)のあたりを一噛(ひとか)ぶり
038(もり)(なが)るる谷水(たにみづ)
039(かた)へに(しのぎ)(けづ)りつつ
040妖魅(えうみ)(たちま)驚愕(きやうがく)
041(くも)(かすみ)(やま)()
042()して一先(ひとま)()げて()
043スマートは(あし)(きず)つけて
044チガチガしながら立帰(たちかへ)
045初稚姫(はつわかひめ)居間(ゐま)()
046(しば)痛手(いたで)()めながら
047自分療治(じぶんれうぢ)巧妙(かうめう)
048高姫司(たかひめつかさ)杢助(もくすけ)
049兇暴不敵(きようばうふてき)曲神(まががみ)
050()らぬ(かな)しさ(わが)(つま)
051()(した)ひつつひそびそと
052よからぬ(こと)計画(けいくわく)
053まづ第一(だいいち)目上(めうへ)(こぶ)
054(こころ)にかかる珍彦(うづひこ)
055静子(しづこ)(かた)毒殺(どくさつ)
056(かへで)(ひめ)(わが)()ぞと
057(いつは)りすまして聖場(せいぢやう)
058いや永久(とこしへ)(ぢん)()
059斎苑(いそ)(やかた)にましませる
060神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
061世界救治(せかいきうぢ)神策(しんさく)
062妨害(ばうがい)せむと(かうべ)をば
063(あつ)めて(ささや)(おそ)ろしさ。
064
065(かへで)(ひめ)枕辺(まくらべ)
066(あら)はれ(たま)ひしエンゼルは
067言霊別(ことたまわけ)化身(けしん)なる
068文珠菩薩(もんじゆぼさつ)(いか)めしく
069さしも雄々(をを)しきスマートを
070(ともな)(きた)両親(ふたおや)
071危難(きなん)(すく)(あた)へよと
072百毒解散(ひやくどくげさん)神丹(しんたん)
073(あた)へて(くも)()(かく)
074何処(いづく)ともなく()でましぬ
075(かへで)はハツと()()まし
076(わが)()(こぶし)調(しら)ぶれば
077(ゆめ)()けたる霊薬(れいやく)
078(にぎ)()たるぞ不思議(ふしぎ)なれ
079妖幻坊(えうげんばう)杢助(もくすけ)
080意思(いし)(したが)ひスマートを
081一先(ひとま)づここを()(いだ)
082やつと安心(あんしん)する()なく
083杢助司(もくすけつかさ)瘡傷(さうしやう)
084(いや)さむために大杉(おほすぎ)
085(こずゑ)()えし玉茸(たまたけ)
086(ひそか)()らむと高姫(たかひめ)
087人目(ひとめ)をしのび梯子(はしのこ)
088大木(おほき)(みき)()てかけて
089(おも)(からだ)をたわたわと
090さしもに(たか)(いち)(えだ)
091やつと()をかけ蜘蛛(くも)()
092()つかかりつつ右左(みぎひだり)
093(こずゑ)(さが)()たりしが
094(たちま)(ふくろ)両眼(りやうがん)
095(みと)めてこれぞ玉茸(たまたけ)
096(よろこ)(いさ)()()せば
097(ふくろ)(おどろ)高姫(たかひめ)
098(ふた)つの(まなこ)容赦(ようしや)なく
099(かぎ)のやうなる(くちばし)
100(ちから)(かぎ)りについばめば
101不意(ふい)()たれて高姫(たかひめ)
102スツテンドウと高所(かうしよ)より
103(たちま)地上(ちじやう)顛落(てんらく)
104(まなこ)(くら)(こし)(いた)
105(いき)()えだえとなりにける
106受付役(うけつけやく)(つか)へたる
107イルは()るより仰天(ぎやうてん)
108(たちま)(やかた)にふれ(まは)
109珍彦(うづひこ)静子(しづこ)(はじ)めとし
110イル、イク、サール、ハル、テルの
111(わか)(をとこ)高姫(たかひめ)
112(かつ)いで居間(ゐま)(はこ)()
113初稚姫(はつわかひめ)熱心(ねつしん)
114(その)介抱(かいはう)高姫(たかひめ)
115(しば)(いき)をばつきながら
116杢助(もくすけ)さまを逸早(いちはや)
117(まね)(きた)れとせきたつる
118(その)心根(こころね)不愍(ふびん)なれ
119顔面(がんめん)(たちま)()(あが)
120二目(ふため)()られぬ醜面(しこづら)
121(かは)()てたる(おそ)ろしさ
122(ほこら)(もり)妖怪(えうくわい)
123(おそ)れて(ちか)づくものもなし
124さはさりながら三五(あななひ)
125(をしへ)(まも)宣伝使(せんでんし)
126初稚姫(はつわかひめ)懇切(こんせつ)
127高姫司(たかひめつかさ)をいたはりて
128介抱(かいはう)なせば七八日(ななやうか)
129月日(つきひ)(かさ)ねて両眼(りやうがん)
130(たちま)ちパツと(もと)(ごと)
131(ひら)けて(いた)みも(とみ)にやみ
132(かほ)(はれ)まで減退(げんたい)
133(よろこ)()もなく高姫(たかひめ)
134初稚姫(はつわかひめ)神力(しんりき)
135(おそ)れて(ふたた)奸策(かんさく)
136(たく)()めしぞうたてけれ。
137 高姫(たかひめ)懇切(こんせつ)なる初稚姫(はつわかひめ)介抱(かいはう)(やうや)(こし)(いた)みも全快(ぜんくわい)し、138(かほ)(はれ)()両眼(りやうがん)(もと)(ごと)(はやぶさ)(ごと)(ひか)()した。139喉元(のどもと)()ぎて(あつ)(わす)るるは小人(せうじん)(つね)とかや、140兇霊(きようれい)憑依(ひようい)されたる高姫(たかひめ)は、141(まへ)(ばい)して悪垂(あくた)(ぐち)をつき(はじ)め、142(さすが)初稚姫(はつわかひめ)143珍彦(うづひこ)()こずらすこと一通(ひととほ)りではなかつた。
144 高姫(たかひめ)病気(びやうき)(なほ)つたのを(さいは)ひ、145いそいそとして珍彦(うづひこ)(やかた)()うた。
146『ハイ御免(ごめん)なさいませ。147珍彦(うづひこ)さまは御機嫌(ごきげん)宜敷(よろし)(ござ)いますかな。148静子(しづこ)さまも御無事(ごぶじ)ですかな。149(わたし)(なが)らく怪我(けが)(いた)しまして(こま)つて()りましたが、150御親切(ごしんせつ)貴方様(あなたさま)151あれ(ほど)(わたし)(くる)しんで()るのに、152(ただ)一度(いちど)もお(たづ)(くだ)さいませず、153(まこと)御親切(ごしんせつ)(ほど)154有難(ありがた)(ぞん)じます。155(さすが)大神様(おほかみさま)直々(ぢきぢき)(つか)(あそ)ばす御夫婦(ごふうふ)(こと)とて、156(なに)から(なに)(まで)()のつく(こと)(ござ)いますわい。157この御親切(ごしんせつ)をお(むく)(まを)さねば()みませぬから、158御迷惑(ごめいわく)ながらちつとばかり、159いなやつとばかりお邪魔(じやま)になるかも()れませぬよ』
160門口(かどぐち)から(しやべ)りながら「お(あが)りなさいませ」とも()はぬに(はや)くも座敷(ざしき)(あが)()み、161火鉢(ひばち)(まへ)にどつかと(すわ)り、162(はしら)()に、163煙草(たばこ)(くゆ)らしながら、164傲然(がうぜん)(かま)へて()るその(にく)らしさ。165楓姫(かへでひめ)(しと)やかに(ふすま)()けて高姫(たかひめ)(まへ)(あら)はれ、
166『ヤ、167(まへ)さまは義理天上(ぎりてんじやう)さまぢやな。168(この)(あひだ)(まこと)にお()(どく)さま、169イヒヒヒヒヒ、170貴女(あなた)もあれでよい修業(しゆげふ)をなさつたでせうね。171(とう)さまやお(かあ)さまに大切(たいせつ)毒散(どくさん)()(まひ)つて(くだ)さいまして、172(まこと)にお()(どく)さま(ござ)いましたなア。173ホホホホホ』
174 高姫(たかひめ)は、175ぎよつとしながら()あらぬ(てい)にて、
176『これ(かへで)さま、177なんぼ(とし)(わか)いと()つても、178その悪言(あくげん)()()てなりませぬぞや。179(まへ)さまは(この)義理天上(ぎりてんじやう)が、180御両親(ごりやうしん)(どく)()つたと()ひましたな。181(なに)証拠(しようこ)にそんな(こと)仰有(おつしや)る。182この義理天上(ぎりてんじやう)に、183あらぬ悪名(あくめい)をつけ、184無実(むじつ)(とが)()はせて()()さうとの(たく)みであらうがな。185何奴(どいつ)此奴(こいつ)悪人(あくにん)ばかりで、186(てこ)にも(ぼう)にもおへた代物(しろもの)ぢやないわい。187これ(ほど)(この)(やかた)悪魔(あくま)(はびこ)以上(いじやう)は、188いつかな いつかな(この)高姫(たかひめ)は、189前達(まへたち)()()さうと()つたつてびくとも(うご)きはしませぬぞえ。190そして珍彦(うづひこ)さま、191静子(しづこ)さまは(なに)をして(ござ)るのだ。192(どく)()ました」と、193こんな失礼(しつれい)(こと)現在(げんざい)自分(じぶん)(むすめ)()つて()るのに(ことわ)りにも()ず、194(そろ)ひも(そろ)つた()(あし)身魂(みたま)ぢやな。195これだからこの義理天上(ぎりてんじやう)(ほね)()れるのだ。196こんな(わか)らずやの悪人(あくにん)結構(けつこう)結構(けつこう)なお(やかた)(けが)して()るものだから、197神力無双(しんりきむさう)杢助(もくすけ)さま(まで)198前達(まへたち)犠牲(ぎせい)となつてあんな深傷(ふかで)()ひ、199(いま)ではお姿(すがた)()えない。200大方(おほかた)前達(まへたち)(よご)れて()るので、201清浄(せいじやう)無垢(むく)杢助様(もくすけさま)はお(きら)(あそ)ばし、202斎苑(いそ)(やかた)へお(かへ)りなさつたのだらう。203エエ仕方(しかた)のない曲津(まがつ)()つたものだなア。204変性女子(へんじやうによし)のしようもない(をしへ)にとぼけて()八島主(やしまぬし)(はじ)め、205玉国別(たまくにわけ)206五十子姫(いそこひめ)などと()阿婆摺女(あばずれをんな)肝腎(かんじん)義理天上様(ぎりてんじやうさま)相談(さうだん)(いた)さず、207(ゆる)しもうけず、208勝手(かつて)気儘(きまま)大神様(おほかみさま)のお(しづ)まり(あそ)ばす御聖場(ごせいぢやう)に、209(たか)(とんび)(たぬき)(いたち)(わか)りもしない御霊(みたま)宿(やど)つた珍彦(うづひこ)夫婦(ふうふ)を、210(だい)それた神司(かむつかさ)(にん)じ、211(その)(うへ)バラモン(けう)落武者(おちむしや)212(はし)にも(ぼう)にもかからないガラクタ人足(にんそく)(はん)ダースも引張(ひつぱ)()み、213聖場(せいぢやう)()(つき)(けが)すものだから、214杢助様(もくすけさま)犠牲(ぎせい)ではまだ()らぬと()え、215女房(にようばう)義理天上(ぎりてんじやう)(まで)(なが)らくの(くる)しみ、216(これ)もやつぱりお前達(まへたち)親子(おやこ)(ため)千座(ちくら)置戸(おきど)()うたのだ。217あの病気中(びやうきちう)にせめて一度(いちど)(くらゐ)218義理天上様(ぎりてんじやうさま)219御気分(おきぶん)はどうですか、220(くすり)如何(どう)か」と義理一遍(ぎりいつぺん)挨拶(あいさつ)にでも()たらよささうなものだなア。221本当(ほんたう)(おん)()らずと()つても、222犬畜生(いぬちくしやう)にも(おと)つたどたほし(もの)だ。223珍彦(うづひこ)224静子(しづこ)夫婦(ふうふ)は、225(わたし)神徳(しんとく)(おそ)れて何処(どこ)潜伏(せんぷく)したのだ。226サア(かへで)さま、227一遍(いつぺん)御意見(ごいけん)をして()げねばならぬから、228ここへ()れて()なさい』
229『イヤですよ。230(まへ)さまは杢助(もくすけ)妖幻坊(えうげんばう)(はら)(あは)せて、231毒散(どくさん)()(わる)(くすり)をお(とう)さまやお(かあ)さまに()ました(おそ)ろしい大悪魔(だいあくま)だから、232何程(なにほど)(まへ)さまが(くる)しんで()ても、233よい(ばち)だと(おも)つて(たれ)(たづ)ねに()くものがないのよ。234()(どく)ですねえ。235ホホホホホ』
236『これ阿魔(あま)つちよ。237(なん)()ちつぺの(ざま)をして、238毒散(どくさん)()ましたなぞと、239(なに)証拠(しようこ)にそんな(こと)()ふのだ。240(どく)でない証拠(しようこ)には、241(まへ)両親達(りやうしんたち)(なん)(こと)もないぢやないか。242(ねつ)(ひと)()たと()ふのぢやなし、243(せき)(ひと)つしたと()ふのぢやなし、244そんな無体(むたい)(こと)()ふと、245(この)(やかた)には()つて(もら)ひませぬぞや』
246(おほ)きに(はばか)りさま。247(まへ)さまのやうな(おそ)ろしい(ひと)(かほ)()るのもいやだと()つて、248(とう)さまやお(かあ)さまは、249昨夜(さくや)(うち)斎苑(いそ)(やかた)へ、250そつとお(まゐ)りになりましたよ。251ここは珍彦(うづひこ)監督権内(かんとくけんない)252(まへ)さまが義理天上(ぎりてんじやう)不義理(ふぎり)天上(てんじやう)()らぬけれど、253まア二三日(にさんにち)()つて()なされ、254きつと立退(たちの)命令(めいれい)が、255斎苑(いそ)(やかた)から(さが)つて()るのに(ちが)ひありませぬわ、256エヘヘヘヘ、257()(どく)さまねえ』
258『ほんにほんに年歯(としは)()かぬ阿魔(あま)つちよの(くせ)に、259(なん)とした謀叛(むほん)(たく)らむのだらう。260毒害(どくがい)(いた)したなぞと、261(この)生宮(いきみや)(だい)それた斎苑(いそ)(やかた)(まで)讒言(ざんげん)しに()きよつたのだな。262エー、263アタ小面(こづら)(にく)い、264(いま)(おも)()らしてやる(ほど)に、265仮令(たとへ)立退(たちの)命令(めいれい)()たとて、266いつかないつかな日出神(ひのでのかみ)御命令(ごめいれい)(くだ)らぬ以上(いじやう)(うご)きは(いた)さぬぞや』
267『オホホホホ、268日出神(ひのでのかみ)(さま)269(うそ)だよ(うそ)だよ、270あんまりお(まへ)さまが(わる)(こと)(たく)むから、271(とう)さまとお(かあ)さまがとてもやり()れないから、272斎苑(いそ)(やかた)注進(ちゆうしん)()かうかと()つて()たのだよ。273まだ()つて()ないから、274(やしろ)へでも御祈念(ごきねん)にいらしたのだらう。275(いま)(うち)改心(かいしん)して、276(とう)さまやお(かあ)さまに(どく)()ましたお(わび)をなされば、277(わたし)()()つて斎苑(いそ)(やかた)()きを()めて()げませう。278天上(てんじやう)さま、279どうですな。280この(こと)注進(ちゆうしん)されたら、281何程(なにほど)日出神(ひのでのかみ)(さま)でもちつとは(こま)るでせう』
282無実(むじつ)(つみ)()せられて(こま)(もの)何処(どこ)にあるか。283無実(むじつ)(とが)でおめおめと親子(おやこ)四方(しはう)(なが)され、284()いて一生(いつしやう)(くら)した未来(みらい)菅公(くわんこう)()たやうな人間(にんげん)とは、285ヘンちつと(ちが)ひますぞや。286誣告(ぶこく)(つみ)で、287此方(こつち)(はう)から(うつた)へてやるのだ。288(なん)()つても承知(しようち)はせないぞや。289さあ(はや)両親(りやうしん)をここへ()きずり()して、290義理天上(ぎりてんじやう)(さま)に、291(かしら)()()りつけ、292(しり)花瓶(はなたて)にしてあやまりなさい。293さうしたら都合(つがふ)によつたら、294(むし)(おさ)へこらへてやらぬものでもない』
295『オホホホホ、296オイ馬鹿(ばか)天上(てんじやう)さま、297(あく)天上(てんじやう)さま、298どつこい不義理(ふぎり)天上(てんじやう)さま、299さうは()きませぬぞや。300(まへ)さまが妖幻坊(えうげんばう)相談(さうだん)をして、301印度(ツキ)(くに)から()つて()毒散(どくさん)をお(さけ)(なか)御飯(ごはん)(なか)にまぜて()はしたのだ。302けれど、303(うち)のお(かあ)さまやお(とう)さまは言霊別命(ことたまわけのみこと)(さま)御化身(ごけしん)304いやお使(つか)ひ、305文珠菩薩(もんじゆぼさつ)さまから、306結構(けつこう)結構(けつこう)神丹(しんたん)()霊薬(れいやく)(いただ)いてゐらつしやつたのだから、307(その)毒散(どくさん)()かなかつたのよ。308サアどうですか。309()(かへで)()(こと)(ちが)ふなら、310(いま)文珠菩薩様(もんじゆぼさつさま)(ねん)じて此処(ここ)(あら)はれて(もら)ふから、311さうしたらお(まへ)さまも往生(わうじやう)しなくちやなりますまい』
312『そんな(こと)()らぬわい。313子供(こども)だてらツベコベ()ふものぢやない。314(いやし)くも日出神(ひのでのかみ)生宮(いきみや)たる善一条(ぜんひとすぢ)高姫(たかひめ)が、315(ゆめ)にもそんな(こと)(いた)すものか。316それはお前達(まへたち)(ひが)みから、317そんな(ゆめ)()たのだ。318そして(ゆる)(がた)(こと)は、319(わが)(をつと)杢助様(もくすけさま)(つか)まへて妖幻坊(えうげんばう)だと()つたらう。320サア(なに)証拠(しようこ)にそんな(こと)()ふのか、321誹謗(ひばう)(つみ)(うつた)へますぞや』
322『ホホホホホ、323未丁年者(みていねんしや)少女(せうぢよ)言葉(ことば)法律(はふりつ)にはかかりませぬぞや。324(まこと)にお()(どく)さま、325毒散(どくさん)効能(かうのう)も、326神力(しんりき)(まへ)にはサツパリ駄目(だめ)ですなア。327サアサア(はや)(かへ)つて頂戴(ちやうだい)
328 高姫(たかひめ)(おほ)いに(いか)り、329(かへで)胸倉(むなぐら)をグツと()り、330(こぶし)(かた)めて、
331『エエ、332ツベコベとよく(さへづ)(つばくろ)め、333この栄螺(さざえ)壺焼(つぼやき)をお見舞(みま)(まを)すぞ』
334()ひながら、335可憐(かれん)なる少女(せうぢよ)(かしら)()()(つづ)()ちに()つた。
336『アレー、337人殺(ひとごろし)ー』
338(かへで)(さけ)(こゑ)(みみ)にし、339バラバラと()けつけて()たのはイル、340イク、341サール、342ハル、343テルの五人(ごにん)であつた。
344大正一二・一・二一 旧一一・一二・五 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/6【霊界物語ネット】大本七十年史 下巻』(1967年発行)を掲載しました。
4/18【霊界物語ネット】山吹の花」(吉野山神業の記録)を掲載しました。
4/8【霊界物語ネット】民謡 波の上』と『民謡 月の都』(王仁三郎の歌集)を掲載しました。