霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第五章 教唆(けうさ)〔一三二〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第51巻 真善美愛 寅の巻 篇:第1篇 霊光照魔 よみ:れいこうしょうま
章:第5章 第51巻 よみ:きょうさ 通し章番号:1320
口述日:1923(大正12)年01月25日(旧12月9日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年12月29日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
高姫と妖幻坊はいちゃいちゃしながら酒を飲んでいた。そこへ初と徳の両人が青い顔をして帰ってきた。高姫が首尾を尋ねると、初と徳は松姫が言うことを聞かず、杢助を兇党界の化け物だと言っていると報告した。
高姫と妖幻坊は、初と徳が松姫にしてやられたことを悟った。妖幻坊は二人に、今度はしっかり武装していくように言いつけ、松姫を倒した方が上役になるとけしかけた。初と徳は喧嘩装束に棍棒を携え、松姫館に進んで行った。
お千代はスマートと共につつじの花をちぎりながら、向こうの谷の森林で遊んでいた。スマートはにわかに体をふるわせて、お千代の袖をくわえて引っ張り始めた。そこへお菊が走ってやってきた。お千代とお菊はスマートの様子がただならないので、もしや松姫の身に何かあったのではないかと松姫館に急いで戻り始めた。
松姫はただ一人、神殿に向かって神示を伺っていた。そこへ戸を押し破って初と徳がやってきた。二人は樫の棒を持って松姫に打ってかかる。松姫はそこにあった机を取って、神助を祈りながらしばらく防戦に努めていた。
松姫は数十合も戦ってもはや体力尽き、二人の棍棒に打ち殺されようかというとき、宙を飛んで駆けてきたスマートは、初と徳の足をくわえて引き倒し、唸りながら睨みつけた。
二人は起き上がり、ほうほうの態で杢助と高姫のところに逃げて行った。初と徳の報告を聞いた杢助と高姫は、なかなか松姫をやっつけるのが容易でないと悟ると、初と徳が勝手に松姫に乱暴を働いたということにして、松姫を懐柔する策に出た。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5105
愛善世界社版:71頁 八幡書店版:第9輯 291頁 修補版: 校定版:73頁 普及版:34頁 初版: ページ備考:
001 妖幻坊(えうげんばう)002高姫(たかひめ)は、003イチヤイチヤ()ひながら(さけ)()()はし、004ヘベレケになつた妖幻坊(えうげんばう)無理(むり)をなだめながら、005初公(はつこう)006徳公(とくこう)両人(りやうにん)返答(へんたふ)如何(いか)にと心待(こころま)ちに()つて()た。007そこへスタスタと(あを)(かほ)して(かへ)つて()たのは、008初公(はつこう)009徳公(とくこう)両人(りやうにん)であつた。010高姫(たかひめ)目敏(めざと)(これ)()て、
011『オイ両人(りやうにん)012えらい(ひま)()つたぢやないか、013どうだつたな。014松姫(まつひめ)はウンと()つただらう』
015(はつ)『へい、016イヤもう(なん)(ござ)いました。017それはそれは(えら)いものですなア、018本当(ほんたう)一寸(ちよつと)()()ひませぬわ』
019()()はぬとは、020松姫(まつひめ)義理天上(ぎりてんじやう)(まを)(こと)()かないと()ふのかえ』
021『オイ(とく)022貴様(きさま)高姫(たかひめ)さまの代理(だいり)ぢやないか、023(まへ)(かは)つて報告(はうこく)して()れ』
024(とく)『エエ高姫(たかひめ)さま、025貴女(あなた)御命令(ごめいれい)によつて種々(いろいろ)(まを)しました(ところ)026松姫(まつひめ)(やつ)027金毛九尾(きんまうきうび)がのり(うつ)つて()るのか、028それはそれは(えら)(いきほひ)で、029到底(たうてい)吾々(われわれ)()つた(くらゐ)ではかてつけませぬがな』
030『かてつかぬとはどうしたと()ふのだえ。031つまり高姫(たかひめ)()(こと)()かないと()ふのかえ』
032『ハイ、033()かないとも(まを)しませぬが、034(まへ)さまにはいろいろのものが雑居(ざつきよ)してゐるさうですよ。035さうして杢助(もくすけ)さまは大雲山(たいうんざん)妖幻坊(えうげんばう)()妖怪(えうくわい)だといつて()ましたよ。036(なん)とかして()つぽり()(つも)りだと意気込(いきご)んで()りましたよ』
037(なん)と、038杢助(もくすけ)さまを妖幻坊(えうげんばう)だと、039いよいよもつて()しからぬ。040松姫(まつひめ)(やつ)041グヅグヅして()るとどんな(こと)(まを)すか(わか)つたものぢやない。042これ杢助(もくすけ)さま、043()きなさらぬかいな。044(まへ)さまを本当(ほんたう)杢助(もくすけ)ぢやない、045化州(ばけしう)だと()つて()るさうですよ』
046妖幻(えうげん)『ハハハハハ、047化物(ばけもの)()つたか、048さうであらう。049変性女子(へんじやうによし)(みづ)御霊(みたま)でさへも大化物(おほばけもの)()はれて()るのだから、050(おれ)化物(ばけもの)()はれるやうになれば光栄(くわうえい)だ。051高姫(たかひめ)(よろこ)べ、052これでもつて(おれ)人物(じんぶつ)偉大(ゐだい)崇高(すうかう)なる(こと)(わか)るだらう、053アハハハハ』
054(はつ)『それでも化物(ばけもの)松姫(まつひめ)()つたのは、055そんな意味(いみ)ではありますまいぜ、056貴方(あなた)(なん)でも大雲山(たいうんざん)妖幻坊(えうげんばう)だとか()つて()ましたよ』
057()しからぬ(やつ)だ、058さう()(こと)()はして()いては、059吾々(われわれ)目的(もくてき)邪魔(じやま)になる。060こりや(なん)とか(いた)さねばなるまい。061(おれ)()つて()(ひし)いでやるのは容易(たやす)(こと)だが、062それでは(あま)大人気(おとなげ)ない。063オイ(はつ)064(とく)065(おれ)最前(さいぜん)()つたやうに(おも)()つてやつつけろ。066前達(まへたち)(おれ)両腕(りやううで)となつた以上(いじやう)は、067(いま)手柄(てがら)仕所(しどころ)だ』
068(はつ)『ヘエ、069エエやつつけますが、070それがそれ中々(なかなか)(したた)かものでげして、071(じつ)はその、072エー(なん)でげす』
073(あたま)をガシガシ()いて()る。
074高姫(たかひめ)『コレみつともない。075松姫(まつひめ)にやられて()たのだな。076(とき)杢助(もくすけ)さま、077やつつけろと仰有(おつしや)つたが、078滅多(めつた)手荒(てあら)(こと)をなさるのぢやありますまいな。079松姫(まつひめ)(わたし)弟子(でし)ですよ。080何程(なにほど)反対(はんたい)(いた)しても、081(わたし)彼奴(あいつ)(かま)うてやらねばなりませぬ』
082妖幻(えうげん)(なん)高姫(たかひめ)さま、083貴女(あなた)慈善家(じぜんか)ぢやなア。084ヤ、085感心(かんしん)々々(かんしん)086それなら何故(なぜ)087珍彦(うづひこ)毒酸(どくさん)()つたり、088(みづち)()()つた(さかづき)(あた)へたのだ。089やつぱり(おく)には(おく)があるのかなア、090アハハハハ』
091『これ(はつ)さま、092(とく)さま、093きつと手荒(てあら)(こと)をしてはなりませぬよ。094(しか)正当防衛(せいたうばうゑい)(この)(かぎ)りにあらずだから、095どうか杢助(もくすけ)さまのお言葉(ことば)(したが)つて一働(ひとはたら)きして(くだ)さいな』
096『ヘエ(わたし)(なん)でも(いた)しますが、097この(とく)(やつ)臆病(おくびやう)ですから、098()()られて(おも)ふやうに(はたら)けませぬわ』
099妖幻(えうげん)『それならお(まへ)一人(ひとり)()つてやつて()たらどうだ。100多寡(たくわ)(をんな)一匹(いつぴき)ぢやないか。101それ(くらゐ)(こと)出来(でき)なくて、102大望(たいまう)御用(ごよう)出来(でき)るか』
103(わたし)一人(ひとり)では、104どうも都合(つがふ)(わる)いぢやありませぬか、105よう(かんが)へて御覧(ごらん)なさい。106貴方(あなた)両腕(りやううで)ぢやありませぬか、107片腕(かたうで)では(めし)()(こと)も、108針仕事(はりしごと)(ひと)つする(こと)出来(でき)ませぬだらう。109それだから、110どうしても(とく)邪魔(じやま)になつても()れて()かなくちや都合(つがふ)(わる)いですな』
111(とく)馬鹿(ばか)()ふな、112貴様(きさま)一番(いちばん)がけに霊縛(れいばく)にかかつてふん()びたぢやないか』
113『ふん()びたのは貴様(きさま)同然(どうぜん)だ、114(えら)さうに()ふない』
115『それでも第一着(だいいつちやく)貴様(きさま)がふん()びたのだ。116(おれ)はおつき(あひ)にふん()びて()たのだ。117余程(よつぽど)松姫(まつひめ)(おそ)ろしいと()えるのう。118そんな(こと)(おれ)上役(うはやく)にはなれぬぞ。119サアどうだ、120(ここ)彼奴(あいつ)(たふ)した(はう)上役(うはやく)にして(いただ)くと()(こと)御両人様(ごりやうにんさま)(まへ)(ねが)はうぢやないか』
121妖幻(えうげん)『アハハハハ、122そりやさうだ、123手柄(てがら)があつた(はう)上役(うはやく)になるのは当然(あたりまへ)だよ、124ちやんと草鞋(わらぢ)でもはいて足装束(あししやうぞく)をし、125身動(みうご)きのし(やす)いやうにして()くのだ』
126『ハイ(かしこ)まりました』
127両人(りやうにん)は、128(あわただ)しく納屋(なや)()り、129喧嘩装束(けんくわしやうぞく)()(かた)め、130(かし)棍棒(こんぼう)(たづさ)へて松姫館(まつひめやかた)(すす)むべく準備(じゆんび)()(かか)つた。131妖幻坊(えうげんばう)132高姫(たかひめ)以前(いぜん)(ごと)く、133ひそひそ何事(なにごと)(ささや)きながら飲酒(いんしゆ)(ふけ)つて()る。
134 お千代(ちよ)はスマートと(とも)躑躅(つつじ)(はな)などをちぎり(たはむ)れながら、135(むか)ふの(たに)森林(しんりん)何時(いつ)とはなしに(すす)()つた。136スマートは(なん)とはなしに(にはか)(からだ)(ふる)はせ、137(つひ)にはお千代(ちよ)(そで)(くは)へて()()()した。138千代(ちよ)(おどろ)いて、
139『これスマートや、140(なに)をするのだい。141ちつと温順(おとな)しうおしんか』
142とぴしやつと横面(よこつら)をはる。143其処(そこ)(あわただ)しく(はし)つて()たのはお(きく)であつた。144(きく)はハアハアと(いき)(はづ)ませ、145千代(ちよ)此処(ここ)()るのを()てやつと安心(あんしん)したらしく、
146『お千代(ちよ)さま、147貴女(あなた)此処(ここ)()たの、148(わたし)此処(ここ)まで()げて()たのよ。149あの杢助(もくすけ)()(やつ)化物(ばけもの)だわ。150さうして(この)(やかた)横領(わうりやう)しようと(かんが)へて()(ふと)(やつ)だから、151すつかり素破抜(すつぱぬ)いてやつて、152此処(ここ)まで()げて()たの。153きつと(おこ)つて追駆(おつか)けて()るに(ちが)ひないと(おも)つたからねえ、154本当(ほんたう)(こま)つた(やつ)()たものだわ。155そしてその(いぬ)何処(どこ)から()たの』
156『これはスマートと()つて、157初稚姫(はつわかひめ)さまの愛犬(あいけん)だと()(こと)よ。158どこともなしに(かしこ)(いぬ)よ』
159『こりやスマートさま、160よう()(くだ)さつたねえ。161(なに)さうお(まへ)(さわ)ぐの、162(ちつ)(しづか)にしなさらぬか』
163(あたま)()でる。164スマートは益々(ますます)落付(おちつ)かぬ風情(ふぜい)をする。
165千代(ちよ)『どうも不思議(ふしぎ)だわ、166大方(おほかた)(かあ)さまの()(うへ)(なに)(かは)つた(こと)出来(でき)たのぢやあるまいか。167(にはか)胸騒(むなさわ)ぎがして()ましたわよ』
168(きく)『あの化物(ばけもの)()169(かあ)さまを()ひに()きよつたのか()れませぬ。170それでスマートが、171こんなに(さわ)ぐのでせう、172千代(ちよ)さま、173(その)(つな)(ほど)いておやり』
174 お千代(ちよ)は、
175『さうねえ』
176()ひながら(まつ)(かぶ)(つな)いだ(つな)()いた。177スマートは一目散(いちもくさん)に、178(ほそ)くなつて(たに)()姿(すがた)(かく)した。
179千代(ちよ)(なん)とまア(はや)(いぬ)(こと)180もう姿(すがた)()えなくなつて仕舞(しま)つたわ。181(きく)さま、182(わたし)()(かか)るから一寸(ちよつと)(かへ)つて()ますわ。183(まへ)さまもそこまで()(くだ)さいな』
184『ハイお(とも)(いた)しませう。185()しも化物(ばけもの)(あば)れて()つたら()うしませうかねえ』
186『サア、187神様(かみさま)をお(ねが)ひして(たす)けて(もら)ふより仕方(しかた)がありませぬわ』
188とこんな(こと)(はな)()ひながら、189覚束(おぼつか)ない足許(あしもと)小柴(こしば)()け、190松姫館(まつひめやかた)をさして(かへ)()く。
191 さて松姫(まつひめ)(ただ)一人(ひとり)()()()つて神殿(しんでん)(むか)ひ、192いろいろと()るべき目下(もくか)方針(はうしん)について神示(しんじ)(うかが)つて()た。193其処(そこ)(うら)(おもて)()一度(いちど)()(やぶ)(はい)つて()たのは(はつ)194(とく)両人(りやうにん)であつた。195松姫(まつひめ)(おどろ)いて、
196『ヤアお(まへ)初公(はつこう)197徳公(とくこう)198血相(けつさう)()へて(なに)しに()たのだ』
199(はつ)『そんな(こと)()ふだけ野暮(やぼ)だ。200吾々(われわれ)杢助(もくすけ)さまの命令(めいれい)によつて、201頑固(ぐわんこ)なお(まへ)をやつつけに()たのだ。202最前(さいぜん)馬鹿(ばか)(こと)をしやがつて(おほ)きに(はばか)りさま。203今度(こんど)杢助(もくすけ)さまから神変不思議(しんぺんふしぎ)魔法(まはふ)(さづ)かり出直(でなほ)して()たのだから、204ジタバタしても駄目(だめ)だ、205覚悟(かくご)せい』
206両人(りやうにん)(かし)棍棒(こんぼう)をもつて()つてかかる。207松姫(まつひめ)()むを()ず、208其処(そこ)にあつた(つくゑ)()るより(はや)二人(ふたり)()()(ぼう)(みぎ)(ひだり)へうけ(なが)し、209(しばら)防戦(ばうせん)につとめて()た。210そして(こころ)(うち)(いづ)御霊大神(みたまのおほかみ)211(みづ)御霊大神(みたまのおほかみ)212(まも)らせ(たま)へ、213(すく)はせ(たま)へと(ねん)じつつ、214(いのち)(かぎ)りに二人(ふたり)荒男(あらをとこ)(はげ)しき棒先(ぼうさき)()けて()る。
215松姫(まつひめ)数十合(すうじふがふ)(たたか)つて()たが、216最早(もはや)体力(たいりよく)()き、217二人(ふたり)(するど)(ぼう)()(ころ)されむとする一刹那(いつせつな)218(ちう)()んで()(きた)りたる猛犬(まうけん)スマートは、219矢庭(やには)初公(はつこう)(あし)(くは)へて()(たふ)した。220(つづ)いて徳公(とくこう)(あし)(また)もや(くは)へて(その)()()(たふ)し、221ウウーウウーと(まなこ)(いか)らし(にら)みつけて()る。222されど霊犬(れいけん)スマートは二人(ふたり)(からだ)(すこ)しも(きず)()はせなかつた。223二人(ふたり)()(あが)這々(はふはふ)(てい)にて杢助(もくすけ)224高姫(たかひめ)酒宴(しゆえん)(せき)へ、225バラバラツと(いのち)辛々(からがら)かけ()んだ。226二人(ふたり)()()姿(すがた)をお千代(ちよ)227(きく)両人(りやうにん)は、228十間(じつけん)(ばか)間隔(かんかく)をおいた地点(ちてん)より()(なが)め、229()()つてワアワアと心地(ここち)よげに嘲笑(あざわら)ひして()る。230妖幻坊(えうげんばう)231高姫(たかひめ)二人(ふたり)様子(やうす)不審(ふしん)(おこ)し、
232妖幻(えうげん)『こりや両人(りやうにん)233(その)(ざま)(なん)だ、234(ちつ)(しつか)りせぬかい』
235(はつ)『イヤもう大変(たいへん)(ござ)います。236(いのち)辛々(からがら)()げて(まゐ)りました』
237(なに)()たと()ふのだ。238松姫(まつひめ)にとつて(はふ)られたのか。239エー、240(なん)弱味噌(よわみそ)だな』
241『ヘエ松姫(まつひめ)中々(なかなか)豪傑(がうけつ)ですが、242松姫(まつひめ)(どころ)か、243どてらい(やつ)()()て、244イヤもう散々(さんざん)()()つて()ました』
245高姫(たかひめ)『エエ()()はぬ(やつ)だな、246これ(とく)247一体(いつたい)(なに)()たと()ふのだえ』
248 (とく)(ふる)へながら、
249『ハイ、250松姫(まつひめ)(わた)()つて()りました(ところ)へ、251(にはか)小北山(こぎたやま)(おほかみ)()()し、252吾等(われら)二人(ふたり)(くは)へて(たふ)しました。253それ(ゆゑ)(にはか)(おそ)ろしくて、254(かみ)()(ちぢ)(あが)手足(てあし)(ふる)(をのの)き、255たうとう此処(ここ)まで(いのち)辛々(からがら)()()びました。256何程(なんぼ)出世(しゆつせ)さして(もら)つても、257こんな(こは)(こと)孫子(まごこ)(つた)へてお(ことわ)りです。258出世(しゆつせ)などはもうしたくはありませぬ』
259妖幻(えうげん)(なん)とまア弱虫(よわむし)だな、260(おほかみ)(ぐらゐ)(なに)(おそ)ろしいのだ。261(おほかみ)なんかは友人(いうじん)だ……おつとどつこい、262友人(いうじん)同様(どうやう)だ、263アハハハハハ』
264(はつ)『もし杢助(もくすけ)さま、265貴方(あなた)(おほかみ)(こは)くないのですか』
266(おほかみ)(こは)くて(この)()(なか)()られるか。267(いま)人間(にんげん)は、268何奴(どいつ)此奴(こいつ)(うつく)しい(かほ)をして人間(にんげん)仮面(かめん)(かぶ)つて()るが(みな)(おほかみ)だ。269ちつと(さが)れば(きつね)270(たぬき)271(へび)272(いたち)273(がま)のやうな代物(しろもの)だ。274貴様(きさま)矢張(やつぱり)()(あし)(みたま)()えて、275たうとう尻尾(しつぽ)()しやがつたな。276(くち)(ほど)にもない代物(しろもの)だ、277アハハハハ』
278高姫(たかひめ)『どうも(くち)ばかりで、279()()(みたま)はないものだ。280これ杢助(もくすけ)さま、281中途半(ちうとはん)にして()(わけ)には(まゐ)りますまい。282(まへ)さまがこれから()つて始末(かた)をつけて(くだ)さい。283()松姫(まつひめ)此処(ここ)()()斎苑(いそ)(やかた)にでも()かうものなら、284(たちま)露顕(ろけん)して(こま)るぢやありませぬか。285(いづ)れは(わか)(こと)ですが、286仕組(しぐみ)をするまでは、287やつぱり三五教(あななひけう)()けて()なくちや、288完全(くわんぜん)目的(もくてき)(たつ)せられないぢやありませぬか。289ウラナイ(けう)再興(さいこう)(くはだ)てるのだから、290(いま)肝腎要(かんじんかなめ)(とき)ですよ』
291(わし)()けば(なん)でもないのだが、292(しか)(ここ)(ひと)工夫(くふう)をして、293(した)から()松姫(まつひめ)懐柔(くわいじう)し、294樽爼折衝(そんそせつしよう)(あひだ)都合(つがふ)よく談判(だんぱん)()ませる(はう)無難(ぶなん)でよからう。295(その)(かは)りに初公(はつこう)296徳公(とくこう)乱暴(らんばう)(はたら)いた(やつ)だから、297松姫(まつひめ)(まへ)()れて()つて(しり)()きめくり、298三百(さんびやく)(むち)(くは)へてやれば、299それで松姫(まつひめ)安心(あんしん)して此方(こつち)()(こと)()くだらう』
300成程(なるほど)301(やいば)()()らずして(てき)(くだ)すと()御方針(ごはうしん)302(さすが)杢助(もくすけ)さまだワイ。303(わたし)もそれなら賛成(さんせい)(いた)します』
304(はつ)『アアもしもし杢助(もくすけ)さま、305高姫(たかひめ)さま、306吾々(われわれ)両人(りやうにん)貴方(あなた)御命令(ごめいれい)荒仕事(あらしごと)()つたのです。307それに(なん)ぞや、308松姫(まつひめ)さまの(まへ)(しり)(まく)つて、309三百(さんびやく)(むち)()たれて(たま)りますか、310なア(とく)311本当(ほんたう)につまらぬぢやないか』
312(とく)『こんな(こと)なら、313()(こと)()くぢやなかつたになア。314杢助(もくすけ)さまは、315さうすりや矢張(やつぱり)悪神(あくがみ)かも()れぬぞ』
316妖幻(えうげん)『もう()うなつた以上(いじやう)は、317貴様等(きさまら)両人(りやうにん)318()げようと(おも)つたつて()がすものか。319曲輪(まがわ)魔法(まはふ)によつて其方等(そのはうら)両人(りやうにん)()いてあるから()げられるものか、320カナリヤが鳥籠(とりかご)()れられたやうなものだ』
321(はつ)『のう(とく)322(あま)りぢやないか、323(いのち)がけの仕事(しごと)をさされて、324(その)(うへ)(しり)三百(さんびやく)(たた)かれて(たま)るものかなア』
325(とく)『アンアンアン、326えらい(こと)になつて()たわい、327これと()ふのも(あま)(よく)(はう)けたから(ばち)(あた)つたのだ。328アンアンアン、329三五(あななひ)大神様(おほかみさま)330えらい取違(とりちが)ひを(いた)しました。331何卒(どうぞ)(ゆる)(くだ)さいませ、332惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
333(なみだ)ながらに()(あは)す。
334高姫(たかひめ)『ホホホホ、335正直(しやうぢき)(をとこ)だな、336(わざ)芝居(しばゐ)をするのだから、337(まへ)(しり)(たた)くやうに()せて()べたを(たた)くのだから、338(ちつ)とも(いた)(こと)はない。339そして(うま)松姫(まつひめ)得心(とくしん)させ、340無事(ぶじ)事務(じむ)引継(ひきつぎ)をさして(しま)ふのだ。341さうすればお(まへ)立派(りつぱ)なお役人(やくにん)になれるのだからなア』
342『ヤアそれでやつと安心(あんしん)しました。343オイ(はつ)344矢張(やつぱり)高姫(たかひめ)さまや杢助(もくすけ)さまの智慧(ちゑ)(えら)いものだ。345もう安心(あんしん)だ、346(しり)(たた)いて(もら)はうか』
347『ウン、348そんな(しり)(たた)きやうなら、349(ひやく)でも(せん)でも、350ビクとも(いた)さぬ豪傑(がうけつ)だ。351何卒(どうぞ)352高姫(たかひめ)さま、353杢助様(もくすけさま)354(しり)千切(ちぎ)れる(とこ)までお(たた)(くだ)さりませ。355(これ)(くらゐ)御用(ごよう)()のお(ちや)(ござ)います』
356妖幻(えうげん)『アハハハハ、357それなら(これ)から(いよいよ)第二(だいに)作戦(さくせん)計画(けいくわく)にかからうかなア』
358高姫(たかひめ)『オホホホホ、359(なん)とまア、360腰抜(こしぬけ)英雄(えいゆう)361有名無実(いうめいむじつ)豪傑(がうけつ)だこと』
362両人(りやうにん)『ウエエエエー、363ウエーハハハハハ』
364大正一二・一・二五 旧一一・一二・九 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)