霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一〇章 女異呆醜(によいほつしゆ)〔一三二五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第51巻 真善美愛 寅の巻 篇:第2篇 夢幻楼閣 よみ:むげんろうかく
章:第10章 第51巻 よみ:にょいほっしゅ 通し章番号:1325
口述日:1923(大正12)年01月26日(旧12月10日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年12月29日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
妖幻坊は萱草の茂る森林に高姫をいざない、妖術を使って豪華な宮殿や宝物を見せてたぶらかした。高姫は、侍女の高子と宮子の寒熱に当てられて失神したが、目を覚ますと高子と宮子がいそいそと自分を介抱していた。
高姫は二人を玉の精だと信じ、それが自分の侍女として仕えて居ることに図に乗って、自分の身魂がどれほど尊いものかをとうとうと説いている。
高子と宮子は高姫の歌に答えて、妖幻坊と高姫を賛美する歌を歌った。高姫は笑壺に入り、うれしくなって自分の腹中の眷属たちとこの境遇を祝い合った。
高姫は高子と宮子と打ち解けて、立派な今の中で歌ったり舞ったり、美しい果実を味わい一日を過ごしていた。その実は萱野原の狸穴で夢を見ているのみであった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5110
愛善世界社版:147頁 八幡書店版:第9輯 319頁 修補版: 校定版:150頁 普及版:69頁 初版: ページ備考:
001妖幻坊(えうげんばう)曲神(まがかみ)
002曲輪(まがわ)(たま)使用(しよう)して
003夢幻(むげん)楼閣(ろうかく)映出(えいしゆつ)
004名利(めいり)(こひ)心魂(しんこん)
005(とろ)かし(くる)高姫(たかひめ)
006うまく誤魔化(ごまくわ)萱草(かやくさ)
007茫々(ばうばう)(しげ)森林(しんりん)
008(いざな)(きた)りいろいろと
009(ちり)(あくた)糞尿(ふんねう)
010至善(しぜん)至美(しび)なる宮殿(きうでん)
011(その)(ほか)(もも)珍品(ちんぴん)
012(まなこ)くらませ狸穴(まみあな)
013()()(ここ)曲神(まがかみ)
014天地(てんち)(すく)生神(いきがみ)
015(まこと)(みち)攪乱(かくらん)
016(あめ)(した)をば(ことごと)
017(やみ)(どろ)との魔界(まかい)とし
018暴威(ばうゐ)(ふる)永久(とこしへ)
019(たの)しまむとて心力(しんりき)
020あらむ(かぎ)りを(つく)すこそ
021()にも忌々(ゆゆ)しき次第(しだい)なり
022高宮姫(たかみやひめ)(つか)へたる
023高子(たかこ)素性(すじやう)幻相坊(げんさうばう)
024宮子(みやこ)素性(すじやう)幻魔坊(げんまばう)
025妖幻坊(えうげんばう)両腕(りやううで)
026(たの)みきつたる妖怪(えうくわい)
027高姫(たかひめ)(こころ)(ほこ)りより
028(まが)手管(てくだ)()せられて
029(うか)(がた)なき()(なか)
030(おちい)りながら欣然(きんぜん)
031天下(てんか)無比(むひ)出世(しゆつせ)
032なせしものぞと(いさ)()
033()出神(でのかみ)義理天上(ぎりてんじやう)
034金毛九尾(きんまうきうび)醜神(しこがみ)
035(また)高姫(たかひめ)同様(どうやう)
036妖幻坊(えうげんばう)(あざむ)かれ
037悪魔(あくま)機関(きくわん)使(つか)はれて
038(よろこ)()るこそ(あは)れなれ
039(かん)(ねつ)とに(をか)されて
040一度(いちど)失神(しつしん)したれども
041(しばら)くありて(よみがへ)
042四辺(あたり)()れば(たか)(みや)
043二人(ふたり)侍女(じぢよ)はイソイソと
044高姫司(たかひめつかさ)介抱(かいほう)して
045(くすり)(せん)()(わか)
046一心不乱(いつしんふらん)真心(まごころ)
047(つく)して(つか)()たりけり
048(これ)(なが)めて高姫(たかひめ)
049(おこ)りもならず顔色(がんしよく)
050(やは)らげ二人(ふたり)打向(うちむか)
051『ほんにお(まへ)如意宝珠(によいほつしゆ)
052潮満玉(しほみつだま)潮干(しほひる)
053(たふと)(たま)御化身(ごけしん)
054(まこと)(おそ)()りました
055貴女(あなた)(やう)なお身魂(みたま)
056何程(なにほど)()出神(でのかみ)ぢやとて
057使(つか)(まを)すは(なん)となく
058勿体(もつたい)ない(やう)()(いた)
059何卒(なにとぞ)貴女(あなた)高姫(たかひめ)
060(かま)はず宝座(はうざ)(あら)はれて
061金剛不壊(こんがうふゑ)神力(しんりき)
062完全(うまら)委曲(つばら)(あら)はして
063(たふと)(かみ)御教(みをしへ)
064()(かがや)かしウラナイの
065(みち)()らさせ(たま)へかし
066(ねが)(まを)す』と()(あは)
067(たの)めば二人(ふたり)(くび)()
068『いえいえ(わたし)本城(ほんじやう)
069高宮彦(たかみやひこ)御命令(ごめいれい)
070(てん)にも()にも()(がた)
071高宮姫(たかみやひめ)(そば)(ちか)
072(つか)(はべ)れと(おごそ)かな
073命令(めいれい)()けて()りまする
074不束(ふつつか)なれど吾々(われわれ)
075何卒(なにとぞ)使(つか)(くだ)されて
076()出神(でのかみ)神業(しんげふ)
077万分一(まんぶんいち)御使(おんつか)
078(あそ)ばし(たま)へ』と()(あは)
079(ねが)姿(すがた)殊勝(しゆしよう)なれ
080高姫(たかひめ)ますます()()つて
081高子(たかこ)よ、宮子(みやこ)よ、(なれ)(また)
082如何(どう)した身魂(みたま)因縁(いんねん)
083変性男子(へんじやうなんし)御系統(ごひつぽう)
084常世(とこよ)(ひめ)御再来(ごさいらい)
085()出神(でのかみ)義理天上(ぎりてんじやう)
086かからせ(たま)生宮(いきみや)
087高宮姫(たかみやひめ)(そば)(ちか)
088(つか)(まつ)ると()(こと)
089(これ)()したる幸福(しあはせ)
090(また)世界(せかい)にあるまいぞ
091(これ)から(さき)神妙(しんめう)
092高宮姫(たかみやひめ)()(こと)
093(ひと)つも(そむ)かず()くがよい
094高宮彦(たかみやひこ)如意宝珠(によいほつしゆ)
095()たせまへば神力(しんりき)
096()くも立派(りつぱ)(あら)はれて
097(きよ)(かがや)きましませど
098あの宝玉(はうぎよく)手放(てばな)せば
099人民界(じんみんかい)(せき)()
100普通(ふつう)(ひと)より(すぐ)れたる
101智勇(ちゆう)兼備(けんび)勇将(ゆうしやう)
102さはさりながら人間(にんげん)
103到底(たうてい)(かみ)には(かな)ふまい
104(この)高姫(たかひめ)人間(にんげん)
105姿(すがた)(げん)()るなれど
106高天原(たかあまはら)最奥(さいあう)
107(ひと)(おく)のまだ(おく)
108天極紫微宮(てんごくしびきう)(その)(おく)
109御殿(ごてん)にまします(つき)(かみ)
110()大神(おほかみ)御子(みこ)とます
111()出神(でのかみ)義理天上(ぎりてんじやう)
112もう(この)(うへ)はないと()
113(たふと)身魂(みたま)(にく)(みや)
114神人感合(しんじんかんがふ)した(うへ)
115高宮姫(たかみやひめ)義理天上(ぎりてんじやう)
116()出神(でのかみ)(わし)ぢやぞえ
117(くも)()てたる(やみ)()
118()()守護(しゆご)にしよと(おも)
119ヤツパリ()出神(でのかみ)(さま)
120御用(ごよう)(いた)さにやなるまいぞ
121五六七(みろく)神世(かみよ)()(こと)
122()()御代(みよ)()(こと)
123(いづ)御霊(みたま)瑞御霊(みづみたま)
124ミロクの(かみ)()つたとて
125()出神(でのかみ)(また)()
126(まへ)(とし)(わか)(ゆゑ)
127こんな(こと)をば()つたとて
128(わか)らないのは無理(むり)はない
129さはさりながら如意宝珠(によいほつしゆ)
130金剛不壊(こんがうふゑ)身魂(みたま)なら
131一旦(いつたん)(わし)腹中(ふくちう)
132這入(はい)つて(うま)れた生魂(いくたま)
133さすればお(まへ)(わが)(むすめ)
134変化(へんげ)(はふ)()()でて
135ここに母子(おやこ)(めぐ)()
136ほんに(うれ)しい(こと)だなア
137ほんにお(まへ)(うれ)しかろ
138(これ)から三人(みたり)村肝(むらきも)
139(こころ)(あは)()()いて
140(みづ)御霊(みたま)三女神(さんによしん)
141高宮彦(たかみやひこ)神業(しんげふ)
142(たす)けまつりて芳名(はうめい)
143幾万劫(いくまんごふ)(すゑ)までも
144(かがや)(わた)(わが)(こころ)
145(うべな)ひませよ(たか)(みや)
146二人(ふたり)御子(みこ)惟神(かむながら)
147(かみ)(ちか)ひて常世姫(とこよひめ)
148()出神(でのかみ)生宮(いきみや)
149完全(うまら)委曲(つばら)(をし)へおく
150ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
151御霊(みたま)(さち)はひましませよ
152朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
153(つき)()つとも()くるとも
154仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
155高宮彦(たかみやひこ)高宮(たかみや)
156(ひめ)(みこと)のある(かぎ)
157金剛不壊(こんがうふゑ)如意宝珠(によいほつしゆ)
158(にぎ)つた(うへ)天地(あめつち)
159(ひと)つに(まる)めて義理天上(ぎりてんじやう)
160()()御代(みよ)立直(たてなほ)
161五六七(みろく)神政(しんせい)太柱(ふとばしら)
162常磐堅磐(ときはかきは)立並(たてなら)
163()大本(おほもと)生神(いきがみ)
164(たた)へらるるは()のあたり
165ああ有難(ありがた)有難(ありがた)
166この()(つく)(たま)ひたる
167(いづ)(みたま)大御神(おほみかみ)
168梵天帝釈(ぼんてんたいしやく)自在天(じざいてん)
169大国彦(おほくにひこ)大御神(おほみかみ)
170盤古神王(ばんこしんわう)塩長(しほなが)
171(ひこ)(みこと)常世彦(とこよひこ)
172ウラルの(ひこ)御前(おんまへ)
173(かしこ)(かしこ)()(まつ)
174ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
175御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
176一生懸命(いつしやうけんめい)狸穴(まみあな)(なか)寝言(ねごと)(やう)(うた)つてゐる。177高子(たかこ)高宮姫(たかみやひめ)(うた)(こた)へて、178(あや)(そで)胡蝶(こてふ)(ごと)く、179しなやかに()りながら、180(みづか)(うた)(みづか)()うて高姫(たかひめ)(こころ)(なぐさ)めた。
181金剛不壊(こんがうふゑ)如意宝珠(によいほつしゆ)
182(その)半分(はんぶん)分霊(わけみたま)
183世界(せかい)火熱(くわねつ)守護(しゆご)する
184高皇産霊(たかみむすび)大神(おほかみ)
185(その)分身(ぶんしん)(あら)はれて
186ここに高子(たかこ)(ひめ)となり
187三千世界(さんぜんせかい)(すく)(ため)
188(こころ)(つく)()(つく)
189獅子(しし)奮迅(ふんじん)活動(くわつどう)
190(あそ)ばし(たま)常世姫(とこよひめ)
191(その)肉宮(にくみや)御為(おんため)
192(ちか)(つか)へて神業(しんげふ)
193完成(くわんせい)せむと(いさ)()
194高宮彦(たかみやひこ)父神(ちちがみ)
195御身(おんみ)守護(しゆご)(たてまつ)
196()出神(でのかみ)義理天上(ぎりてんじやう)
197かからせ(たま)生宮(いきみや)
198何卒(なにとぞ)々々(なにとぞ)吾々(われわれ)
199()みの御子(おんこ)とみそなはし
200(いや)永久(とこしへ)何時(いつ)までも
201御目(おんめ)をかけさせ(たま)へかし
202朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
203(つき)()つとも()くるとも
204仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
205三五教(あななひけう)神司(かむづかさ)
206(いきほひ)(たけ)()()とも
207(わが)()(なれ)(したが)ひて
208(まも)らむ(かぎ)百千(ひやくせん)
209(たけ)(けもの)曲津見(まがつみ)
210(また)三五(あななひ)強敵(きやうてき)
211(なに)(おそ)れむ敷島(しきしま)
212大和魂(やまとみたま)如意宝珠(によいほつしゆ)
213(こころ)(たひら)(やす)らかに
214思召(おぼしめ)されよ(はは)(きみ)
215(いさ)(よろこ)御前(おんまへ)
216真心(まごころ)こめて永久(とこしへ)
217(ちか)ひを(むす)(たてまつ)
218ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
219御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
220(うた)()(をは)る。221高姫(たかひめ)笑壺(ゑつぼ)()り、222(かほ)(ひも)をほどいて前途(ぜんと)光明(くわうみやう)(ゆめ)みつつあつた。223宮子(みやこ)(また)(うた)ふ。
224()出神(でのかみ)生宮(いきみや)
225(あら)はれませる神司(かむつかさ)
226(いよいよ)一陽来復(いちやうらいふく)
227(はな)()(はる)(めぐ)()
228高宮城(たかみやじやう)司神(つかさがみ)
229高宮彦(たかみやひこ)()となりて
230三千世界(さんぜんせかい)万霊(ばんれい)
231(すく)はせ(たま)(はは)となり
232(あら)はれますぞ(たふと)けれ
233(われ)(みづ)をば守護(しゆご)する
234如意(によい)宝珠(ほつしゆ)片割(かたわ)れぞ
235宮子(みやこ)(ひめ)(あら)はれて
236高宮姫(たかみやひめ)(そば)(ちか)
237(つか)へまつりし(うれ)しさよ
238(みづ)御霊(みたま)(もと)(たま)
239神皇産霊(かむみむすび)大神(おほかみ)
240(たま)(しづく)になり()でし
241(この)()(あら)瑞霊(みづみたま)
242(いづ)(みづ)とが相並(あひなら)
243高宮城(たかみやじやう)(あら)はれて
244二人(ふたり)御身(おんみ)守護(しゆご)せば
245三千世界(さんぜんせかい)永久(とこしへ)
246無事泰平(ぶじたいへい)(をさ)まりて
247(えだ)もならさぬ(かみ)御代(みよ)
248五六七(みろく)神世(みよ)(たちま)ちに
249(この)()(うへ)顕現(けんげん)
250()出神(でのかみ)神徳(しんとく)
251(かがや)(わた)るは()のあたり
252(よろこ)(あふ)(たてまつ)
253ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
254(みづ)(みたま)宮子姫(みやこひめ)
255真心(まごころ)こめて母君(ははぎみ)
256御前(みまへ)(ちか)(たてまつ)る』
257(うた)(をは)り、258(しとや)かに()()いた。259高姫(たかひめ)は、
260(なん)とまア結構(けつこう)(こと)(かさ)なれば(かさ)なるものだな。261もしや(ゆめ)ではあるまいか』
262(ほほ)(つめ)つて()たり、263眉毛(まゆげ)(つばき)をつけて()たり、264(へそ)(あた)りを()いたり()したりしながら、265腹中(ふくちう)のお(きやく)さまに(むか)ひ、
266『おい、267義理天上殿(ぎりてんじやうどの)268金毛九尾殿(きんまうきうびどの)269(その)(ほか)眷属(けんぞく)(ども)270(この)高姫(たかひめ)出世(しゆつせ)()つて()るか。271前達(まへたち)如何(どう)(かんが)へる。272もしも高姫(たかひめ)(ゆめ)()てゐるのなら、273(ゆめ)とハツキリと()うて()れ。274あまり結構(けつこう)()ぎて本当(ほんたう)にならないから』
275 (はら)(なか)から大声(おほごゑ)で、
276義理天上(ぎりてんじやう)()出神(でのかみ)277今日(けふ)のお(よろこ)(つつし)んでお(いは)(まを)す。278高宮姫(たかみやひめ)肉体(にくたい)279御苦労(ごくらう)(ござ)る。280オツホホホホ、281()づは目出度(めでた)い、282目出度(めでた)い。283のう金毛九尾(きんまうきうび)284結構(けつこう)ではないか』
285成程(なるほど)々々(なるほど)286(これ)にて願望成就(ぐわんまうじやうじゆ)(いた)すであらう。287いや大蛇殿(をろちどの)288蟇殿(がまどの)289(その)(ほか)連中(れんちう)290(よろこ)()され、291アツハハハハ』
292 腹中(ふくちう)より、
293『アツハハハハ、294イツヒヒヒヒ、295クツハハハハ、296クツハハハハ、297チツヒヒヒヒ』
298とガラクタ(れい)勝手(かつて)(よろこ)(わら)(こゑ)(ひと)つになつて井堰(ゐせき)()つた(やう)(いきほひ)高姫(たかひめ)(くち)(なが)()づるのであつた。
299高子(たかこ)『お(かあ)さま、300(なに)301心配(しんぱい)してゐられますの。302(なん)だか、303()つて()らつしやつたぢやありませぬか』
304『あ、305(まへ)子供(こども)だからまだ(わか)るまいが、306(わたし)(いま)義理天上(ぎりてんじやう)さまや上義姫(じやうぎひめ)(さま)307(あさひ)豊栄昇姫(とよさかのぼりひめ)さま、308リントウビテン大臣(だいじん)さま(など)御相談(ごさうだん)(まを)して()たのだよ』
309(なん)とまア、310(かあ)さまは八人芸(はちにんげい)(やう)重宝(ちようはう)なお(かた)ですね。311なア宮子(みやこ)さま、312(わたし)貴女(あなた)も、313こんなお(かあ)さまを()ち、314高宮彦(たかみやひこ)のお(とう)さまを()つて()るのだから、315三千世界(さんぜんせかい)(こは)いものはありませぬわネ』
316宮子(みやこ)『さうですとも、317それに(ちが)ひありませぬわ』
318『オツホホホホ、319(なん)とまア(やさ)しい()だな、320肉体(にくたい)人間(にんげん)から(うま)れた()だと、321(わたし)もチツとばかり悋気(りんき)(おこ)ろまいものでもないが、322(なん)といつても、323(わたし)(はら)にあつた如意宝珠(によいほつしゆ)から()けて()()だから安心(あんしん)なものだ。324なア(たか)さま、325(みや)さま、326(まへ)二人(ふたり)()をよせるとお(とう)さまの()にもなり、327(かあ)さまの()にもなるね』
328高子(たかこ)『ホホホホホ、329(うれ)しいわ』
330宮子(みやこ)『エヘヘヘヘヘ、331本当(ほんたう)有難(ありがた)いね』
332 ()三人(さんにん)打解(うちと)けて立派(りつぱ)居間(ゐま)(なか)で、333(うた)つたり()うたり、334(うる)はしき果実(このみ)(あぢ)はひながら一日(いちにち)(くら)した。335(その)(じつ)336萱野原(かやのはら)狸穴(まみあな)である(こと)前述(ぜんじゆつ)(とほ)りである。
337大正一二・一・二六 旧一一・一二・一〇 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)