霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一四章 自惚鏡(うぬぼれかがみ)〔一三二九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第51巻 真善美愛 寅の巻 篇:第3篇 鷹魅艶態 よみ:ようみえんたい
章:第14章 第51巻 よみ:うぬぼれかがみ 通し章番号:1329
口述日:1923(大正12)年01月26日(旧12月10日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年12月29日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
妖幻坊の高宮彦は、侍女の五月に命じて高姫を呼びにやらせた。高姫は鏡台の前に座って、若返った自分の姿に見とれている。高子と宮子は高姫の自惚れ姿を見て笑い、我に返った高姫は二人を連れて妖幻坊の居間に進んで行った。
部屋に入ると、四方の壁は鏡のように光って互いに反射し、高姫の姿を幾十ともなく映している。高姫は、妖幻坊が美人に取り巻かれていると勘違いして、悋気を起こして食って掛かった。高姫は鏡の女たちが自分と同じ動作をするのに怒って、こぶしを固めて突貫し、壁に鼻を打って倒れてしまった。
妖幻坊は豆狸に水を汲んで持ってこさせ、高姫の顔に吹きかけて正気に返させた。高姫はまだ疑っているので、妖幻坊は鏡を壁土で塗ってしまった。
高宮彦は、ランチと片彦をまんまと罠にはめて閉じ込めることができたことを喜び、高姫と共にさらなる悪計の相談に入った。妖幻坊の高宮彦は上機嫌で、高姫をからかってちょっとした夫婦喧嘩を演じ、高子と宮子は高姫の自惚れ姿を明かしてからかい笑った。
高姫が部屋を引き取ろうとすると、妖幻坊は高子か宮子の一人を置いていくように頼んだ。高姫は、高子に妖幻坊を見張って、他の女を引き入れたらそっと自分に知らせるように言い含めると、宮子を連れて自分の部屋に帰って行った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5114
愛善世界社版:201頁 八幡書店版:第9輯 338頁 修補版: 校定版:208頁 普及版:92頁 初版: ページ備考:
001 妖幻坊(えうげんばう)高宮彦(たかみやひこ)侍女(じぢよ)五月(さつき)高宮姫(たかみやひめ)居間(ゐま)(つか)はし、002一度(いちど)(わが)(しつ)(きた)れと命令(めいれい)した。003(この)五月(さつき)といふ美人(びじん)(じつ)竹藪(たけやぶ)(なか)()んでゐる豆狸(まめだぬき)さまである。
004御免(ごめん)なさいませ。005高宮姫(たかみやひめ)(さま)006御城主様(ごじやうしゆさま)御招(おまね)きで(ござ)いますよ』
007 高姫(たかひめ)脇息(けふそく)にもたれて、008うつら うつら居眠(ゐねむ)つてゐたが、009パツと()(ひら)き、
010『ああ其方(そなた)五月(さつき)であつたか、011(わが)君様(きみさま)が、012(わらは)御用(ごよう)があると仰有(おつしや)るのかい』
013『ハイ、014直様(すぐさま)()でを(ねが)ひたいとの(こと)(ござ)います』
015『すぐに(まゐ)りますから、016一寸(ちよつと)御待(おま)(くだ)さいませと、017()つておいておくれ』
018 五月(さつき)は、
019『ハイ』
020(こた)へて、021ここを足早(あしばや)立去(たちさ)つた。022高姫(たかひめ)鏡台(きやうだい)(まへ)にキチンと(すわ)り、023(かみ)のほつれをかき()げ、024衣紋(えもん)(ととの)へ、025(くち)をあけたり、026すぼめたり、027種々(いろいろ)美顔術(びがんじゆつ)(かぎ)りを(つく)し、
028『ホホホホ、029(なん)とマア、030人魚(にんぎよ)でも()つたのかいな。031五十(ごじふ)(しり)(つく)つてをる(この)高姫(たかひめ)も、032自分(じぶん)ながらに吃驚(びつくり)(いた)(ほど)(わか)くなつたものだなア。033まるきり、034十七(じふしち)(ろく)(ぐらゐ)な、035うひうひしい姿(すがた)だ。036初稚姫(はつわかひめ)何程(なにほど)綺麗(きれい)だと()つても、037(この)高宮姫(たかみやひめ)には、038ヘン、039(かな)ひますまい、040ホホホホホ。041如意宝珠(によいほつしゆ)(たま)といふものは、042本当(ほんたう)(えら)いものだワイ。043杢助(もくすけ)さまも(いま)高宮彦(たかみやひこ)と、044真面目(まじめ)(かほ)して名乗(なの)つて(ござ)るが、045ヤーパリ、046(えら)いものだ。047ようマア、048斎苑(いそ)(やかた)宝物(ほうもつ)(うま)くチヨロまかされたものだなア。049(これ)だから(ひと)()(ゆる)されぬといふのだなア。050素盞嗚尊(すさのをのみこと)盲神(めくらがみ)や、051言依別(ことよりわけ)のドハイカラ、052八島主(やしまぬし)青瓢箪(あをびやうたん)053それに東野別(あづまのわけ)のウスノロ、054ガラクタばかりが()りやがつて、055奇略縦横(きりやくじうわう)杢助様(もくすけさま)を、056真正直(ましやうぢき)人間(にんげん)だと(おも)ひつめ、057ヘヘヘヘヘ、058(たこ)揚壺(あげつぼ)(くら)つて、059(いま)では斎苑(いそ)(やかた)梟鳥(ふくろどり)夜食(やしよく)(はづ)れたやうな、060小難(こむつか)しい(かほ)をして()るだらう。061あああ、062心地(ここち)よや、063気味(きみ)がよや、064ドレドレ(この)綺麗(きれい)姿(すがた)(わが)()(きみ)にお()にかけ、065(ひと)(よろこ)ばして()げませうかな。066()れば()(ほど)御綺麗(おきれい)な、067(なん)とした()(をんな)だらう。068何程(なにほど)杢助(もくすけ)さまに()(おほ)いと()つても、069どこに(ひと)(てん)のうち(どころ)もない、070(かみ)()(さき)まで、071愛嬌(あいけう)がたつぷり(あふ)れてゐる(この)(たか)ちやまを、072どうして()てられるものか。073何程(なにほど)世界(せかい)美人(びじん)があると()つても、074(これ)(また)格別(かくべつ)だなア。075本当(ほんたう)(この)(かがみ)(そば)(はな)れたくないやうだ。076杢助(もくすけ)さまも(この)(かがみ)()たら、077さぞ(うれ)しからう、078(しか)自分(じぶん)自分(じぶん)()れる(くらゐ)美人(びじん)だからなア。079(わたし)だつて、080(わたし)姿(すがた)にゾツコン惚込(ほれこ)んで(しま)つた。081(しか)自分(じぶん)姿(すがた)()(わけ)にゆかず、082(この)(かがみ)(まへ)()つた(とき)ばかりだ。083ああ(はな)れともない、084(かがみ)(きみ)085名残(なごり)()しいけれど、086(しばら)杢助(もくすけ)さまの御機嫌(ごきげん)(うかが)つて()(ほど)に、087(かがみ)さま、088(また)(かへ)つて()(この)綺麗(きれい)姿(すがた)(うつ)して()げるから、089(たの)しんで()つてゐなさいや』
090高子(たかこ)『ウフフフフ』
091宮子(みやこ)『ホホホホ』
092『エーエ、093(まへ)此処(ここ)()つたのかいな。094()るなら()るとなぜ()はぬのだい、095(みな)(わたし)独言(ひとりごと)()いたのだらう』
096高子(たかこ)『ホホホホ』
097宮子(みやこ)『フツフフフ』
098『エーエ、099(あま)自分(じぶん)姿(すがた)()とれて、100二人(ふたり)侍女(こしもと)(よこ)()るのも()()かなかつた。101ホンにさう(おも)へば、102(むか)ふの(はう)人間(にんげん)姿(すがた)がうつつてるやうだつたが、103()がつかなかつた。104コレ二人(ふたり)(むすめ)(けん)侍女(こしもと)105こんな(こと)106(わが)()(きみ)(はじ)め、107(たれ)にも()つちやなりませぬよ。108サアサア(まゐ)りませう』
109『アイ』
110(こた)へて二人(ふたり)高姫(たかひめ)前後(ぜんご)につき()ひ、111妖幻坊(えうげんばう)居間(ゐま)(すす)んで()く。112ソツとドアを(ひら)いて(なか)(うかが)()れば、113()もくらむ(ばか)り、114金色燦爛(きんしよくさんらん)(かがや)いてゐる。115そして四方(しはう)(かべ)(のこ)らず(かがみ)のやうに(ひか)り、116高姫(たかひめ)妖艶(えうえん)姿(すがた)は、117鏡面(きやうめん)(たがひ)反射(はんしや)して、118幾十人(いくじふにん)とも()れぬ(ほど)(うつ)つてゐる。119高姫(たかひめ)自分(じぶん)のやうな美人(びじん)(おそ)らく天地(てんち)(あひだ)に、120自分(じぶん)一人(ひとり)よりないと(ほこ)(がほ)(おも)つて、121盛装(せいさう)()らし、122(かほ)造作(ざうさ)まで修繕(しうぜん)してやつて()たのに、123自分(じぶん)同様(どうやう)美人(びじん)が、124幾十人(いくじふにん)ともなく妖幻坊(えうげんばう)中心(ちうしん)取巻(とりま)いてゐるので、125(にはか)にクワツと悋気(りんき)(つの)()やし、
126『これはこれは、127高宮彦(たかみやひこ)(さま)128(たの)しみの(ところ)を、129多福(たふく)がお邪魔(じやま)(いた)しまして、130さぞ御迷惑(ごめいわく)(ござ)いませう。131これだけ沢山(たくさん)美人(びじん)をお(かか)へになつてゐる以上(いじやう)は、132(わたし)のやうなお多福(たふく)には到底(たうてい)()がまはりますまい。133成程(なるほど)(わたし)同棲(どうせい)しないと仰有(おつしや)るのは(わか)りました。134(わたし)はどうせ(かず)にも()らぬ馬鹿者(ばかもの)135これだけ沢山(たくさん)美人(びじん)(そば)(はべ)らし、136(わたし)だけは(ただ)一人(ひとり)137こんな少女(あまつちよ)(そば)において監視(かんし)させ、138自分(じぶん)栄耀栄華(えいえうえいぐわ)に、139(てふ)(ごと)(はな)(ごと)美人(びじん)(たはむ)れ、140ホンにマア(えら)いお腕前(うでまへ)141(おそ)()りまして(ござ)います』
142『ハハハハ、143コレ高宮姫(たかみやひめ)144そりや(なに)()ふのだ、145(たれ)もゐないぢやないか。146(この)高宮彦(たかみやひこ)(ただ)一人(ひとり)147孤塁(こるい)(まも)つてゐるのだ。148大方(おほかた)(まへ)姿(すがた)玻璃壁(はりへき)(うつ)つて、149それが(たがひ)反射(はんしや)してゐるのだ。150それ(ゆゑ)沢山(たくさん)美人(びじん)がゐるやうに()えるのだが、151(みな)(まへ)姿(すがた)だよ』
152『エー、153うまいこと仰有(おつしや)いませ。154(かがみ)(ひと)つの姿(すがた)がうつる(こと)は、155それは(ござ)いませう、156これ(ほど)四方(しはう)八方(はつぱう)(うつ)道理(だうり)はありませぬ。157あれを御覧(ごらん)なさい、158(みぎ)()いたり、159(ひだり)()いたり、160(まへ)()いたり、161()()けたりしてるのぢやありませぬか。162(わたし)()くのぢや(ござ)りませぬが、163なぜ貴方(あなた)水臭(みづくさ)い、164(をんな)があるなら、165これだけあると仰有(おつしや)つて(くだ)さいませぬのか。166(わたし)悋気(りんき)させ、167(おこ)らせて(たの)しまうとの(たく)みで(ござ)いませう。168そしてこれだけの(をんな)高宮姫(たかみやひめ)狂乱振(きやうらんぶり)()せて、169(わら)はしてやらうとの御考(おかんが)へ、170ヘン、171(たれ)(その)()()るものですか。172(けつ)して(おこ)りませぬよ。173(しか)しながら(みな)さま、174()(どく)ながら、175(この)高宮彦(たかみやひこ)(わたし)(をつと)176ここで意茶(いちや)ついて御覧(ごらん)()れるから、177(ゆび)をくはへて御覧(ごらん)なさい。178ヘン、179すみまへんな。180コレコレもうしこちの(ひと)181否々(いないな)(わが)()(きみ)(さま)182どうで(ござ)います、183御機嫌(ごきげん)は……』
184『イヤ、185高宮姫(たかみやひめ)186よくマア()(くだ)さつた、187これだけ沢山(たくさん)(をんな)()れども、188()()つたものは一人(ひとり)もない、189(なん)()つてもお(まへ)(はだ)(こま)かい、190そして(やはら)かい。191(せな)(さき)まで(しり)(あな)まで、192(なん)とも()へぬ(かん)ばしい(にほ)ひがする、193(また)ワイガ特別(とくべつ)(かう)ばしい』
194()ひながら、195高姫(たかひめ)(ほほ)()()いてみせた。196高姫(たかひめ)はグニヤグニヤになり、197()(ほそ)うして(かがみ)映像(えいざう)(むか)ひ、
198『オイ、199そこな(たち)(ばう)200ヘン、201すみまへんな。202高宮姫(たかみやひめ)さまは高宮彦(たかみやひこ)(あい)独占(どくせん)して()りますよ。203ここで夫婦(ふうふ)親愛振(しんあいぶり)()せて()げませう』
204()ひながら、205四方(しはう)八方(はつぱう)()まはし、206(した)をペロツと()して()せた。207どの姿(すがた)(この)姿(すがた)同様(どうやう)(した)をペロリと()す。
208『エー馬鹿(ばか)ツ』
209(あご)(まへ)()()して呶鳴(どな)ると、210(また)一時(いちじ)(あご)()()し、211(くち)をあける。212高姫(たかひめ)は、
213『コラ、214失敬(しつけい)な、215真似(まね)をしやがるか、216(この)高宮姫(たかみやひめ)正妻(せいさい)だ、217ガラクタ()
218()ひながら、219(にぎ)(こぶし)(かた)めて突貫(とつくわん)し、220(かべ)(はな)()つてウンと一声(ひとこゑ)(その)()(たふ)れた。221妖幻坊(えうげんばう)此奴(こいつ)大変(たいへん)打驚(うちおどろ)き、222豆狸(まめだぬき)(ゐぢ)(みづ)()ませにやり、223高姫(たかひめ)頭部(とうぶ)面部(めんぶ)(きら)ひなく()きかけた。224(やうや)くにして高姫(たかひめ)正気(しやうき)(かへ)つた。225四辺(あたり)()れば使(つか)ひに()つた豆狸(まめだぬき)が、226まだ高姫(たかひめ)中々(なかなか)()がつかうまいと安心(あんしん)してゐたものだから、227変相(へんさう)もせず、228(その)(まま)にチヨコンと(すわ)つてゐた。229流石(さすが)妖幻坊(えうげんばう)高姫(たかひめ)失神(しつしん)した()も、230何時(なんどき)()()くか()れぬと(おも)ひ、231(その)(からだ)(くづ)さなかつた。232高姫(たかひめ)は、
233(この)豆狸(まめだぬき)
234()ひながら、235ポンと(あたま)(たた)いた。236(あた)(どころ)(わる)うて、237一匹(いつぴき)(たぬき)(その)()悶絶(もんぜつ)した。238()一匹(いつぴき)一生懸命(いつしやうけんめい)(まど)(あな)から飛出(とびだ)して(しま)つた。
239『ああ、240あの(にく)(をんな)(はな)をこつかれて、241ふん()びました。242高宮彦(たかみやひこ)(さま)243何卒(どうぞ)(ねが)ひだから、244彼奴(あいつ)(みな)()なして(くだ)さいな。245(わたし)(なん)だか気分(きぶん)(わる)くてたまりませぬワ』
246『あれは(その)(はう)姿(すがた)(かがみ)(うつ)つてゐるのだが、247それ(ほど)(わか)らねば、248(この)(ひか)つた(かべ)(どろ)()つて()げよう、249さうすれば(うつ)らなくなつて(うたがひ)()れるだらう』
250()ひながら、251(うら)背戸口(せとぐち)使(つか)(あま)りの壁土(かべつち)があるのを、252妖幻坊(えうげんばう)(おほ)きな(たらひ)一杯(いつぱい)()り、253片手(かたて)にささげ、254片手(かたて)(どろ)(にぎ)つて、255一面(いちめん)室内(しつない)()つて(しま)つた。256そして(たらひ)(そと)()し、257()(あら)つて(ふたた)()(きた)り、
258高姫(たかひめ)259これで(うたがひ)()れただらうな』
260『なる(ほど)261貴方(あなた)はヤツパリ(わたし)可愛(かあい)いのですな、262あれだけ沢山(たくさん)(をんな)を、263縄虫(はへむし)かなんぞのやうに、264(みな)(どろ)魔法(まはふ)使(つか)つて(たひら)げて(しま)つた(その)手並(てなみ)は、265(じつ)天晴(あつぱれ)なものですよ』
266天地(てんち)(あひだ)幸福(かうふく)一身(いつしん)(あつ)めたのは其女(そなた)(それがし)だ。267(しか)高姫(たかひめ)268御苦労(ごくらう)(ござ)つたなア。269ランチ、270片彦(かたひこ)両人(りやうにん)は、271(うま)其方(そなた)計略(けいりやく)にかかり、272(いま)(ほとん)嚢中(なうちう)(ねづみ)273活殺(くわつさつ)権利(けんり)(この)高宮彦(たかみやひこ)掌中(しやうちう)にあるも同然(どうぜん)だ。274ホホー(たの)もしい(たの)もしい。275かふいふ仕事(しごと)其女(そなた)(かぎ)るよ。276(この)高宮彦(たかみやひこ)其女(そなた)より(ほか)何程(なにほど)美人(びじん)があつても(こころ)(まよ)はさないから、277安心(あんしん)して高子(たかこ)278宮子(みやこ)(ともな)ひ、279何卒(どうぞ)()一遍(いつぺん)は、280椿(つばき)(もと)まで人曳(ひとひ)きに()つてくれ。281これがお(まへ)(つと)めだ。282(まへ)春野(はるの)(はな)()みながら、283郊外(かうぐわい)散歩(さんぽ)(あま)(わる)くはあるまいから……』
284『ハイ、285さう(いた)しませう。286本当(ほんたう)昨日(きのふ)のやうに(うま)()きますと、287心持(こころもち)がよう(ござ)います。288そうしてあの両人(りやうにん)如何(いかが)なさいました。289(その)()()つから(わたし)(かほ)()せませぬがな』
290彼奴(あいつ)何程(なにほど)()()かしても、291到底(たうてい)ウラナイの(みち)帰順(きじゆん)する見込(みこみ)がないによつて、292()かしておけば三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)となり、293吾々(われわれ)兇党界(きようたうかい)……(いな)(ぜん)のお(みち)邪魔(じやま)(いた)すによつて、294石牢(いしらう)(なか)にブチ()んでおいた。295かうしておけば自然(しぜん)寂滅為楽(じやくめつゐらく)296モウ此方(こつち)のものだ。297(べつ)(ほね)()らなくとも、298刃物(はもの)()たずの人殺(ひとごろし)299丁度(ちやうど)(まへ)(おな)じやり(かた)だ、300アハツハハハ』
301『コレ、302もし(わが)夫様(つまさま)303(わたし)人殺(ひとごろし)とは、304ソラ(あま)りぢや(ござ)いませぬか。305何時(いつ)(ひと)(ころ)しました』
306『アハハハハ、307其方(そなた)美貌(びばう)一寸(ちよつと)(にら)まれたが最後(さいご)308(こひ)(やまひ)()りつかれ、309()ても()めても煩悩(ぼんなう)(いぬ)()はれて(わす)れられず、310(つひ)には気病(きびやう)(おこ)して不断(ふだん)(とこ)につき、311身体(しんたい)骨立(こつりふ)してこがれ()ぬやうになつて(しま)ふのだ。312(この)高宮彦(たかみやひこ)其方(そなた)(こと)(おも)へば、313(ほね)までザクザクとするやうだ。314(この)高宮彦(たかみやひこ)(ころ)すのには、315チツとも刃物(はもの)はいらぬ。316(まへ)(ひと)(しり)をふつたが最後(さいご)317(たちま)寂滅為楽(じやくめつゐらく)(みち)辿(たど)るのだ。318アハハハハハ、319てもさても(つみ)男殺(をとこごろし)のナイスだなア。320それさへあるに、321毒酸(どくさん)(もつ)珍彦(うづひこ)夫婦(ふうふ)(ころ)さうとなさるのだから、322イヤハヤ(おそ)ろしい、323安心(あんしん)して(よる)(ひる)(ねむ)られない代物(しろもの)だ、324アハハハハハ』
325『コレ、326(もく)ちやま、327ソラ(なに)をいふのだい、328(まへ)さまが発頭人(ほつとうにん)ぢやないか。329(わたし)(をし)へて(もら)つてやつたのぢやないか。330(くち)番所(ばんしよ)がないかと(おも)うて(あま)りな(こと)()うて(くだ)さるな』
331とソロソロ生地(きぢ)(あら)はし、332野卑(やひ)言葉(ことば)になりかけたが、333フツと()がつき、334(にはか)言葉(ことば)(あらた)めて、
335(わが)()(きみ)(さま)336揶揄(からか)ひなさるも、337いい加減(かげん)(あそ)ばせ。338(わらは)(かな)しう(ござ)います、339オンオンオンオン』
340『アハハハハ、341面白(おもしろ)面白(おもしろ)い、342人間(にんげん)といふものはいろいろの(げい)()つてゐるものだなア』
343『ヘン、344人間(にんげん)なんて、345チツと(ちが)ひませう。346ソリヤ(わたし)人間(にんげん)でせう。347(しか)(みたま)義理天上(ぎりてんじやう)()出神(でのかみ)生宮(いきみや)ですよ、348何卒(どうぞ)見損(みそこな)ひをして(くだ)さいますな』
349『ハハハハ、350イヤもう(おそ)()りました。351義理天上様(ぎりてんじやうさま)352今後(こんご)はキツと(つつ)しみませう』
353『コレ(たか)さま、354(みや)さま、355(なに)をクツクツ(わら)つてゐるのだい、356それ(ほど)可笑(をか)しいのか。357子供(こども)といふものは、358仕方(しかた)のないものだなア』
359高子(たかこ)『それでもお(かあ)さま、360可笑(をか)しいぢやありませぬか。361チンチン喧嘩(げんくわ)をなさるのだもの、362ねえ(みや)さま、363可笑(をか)しいてたまらないぢやないか』
364妖幻(えうげん)『ハハハハ、365オイ、366高宮姫(たかみやひめ)さま、367子供(こども)(わら)つてゐるよ』
368貴方(あなた)が、369しようもない(こと)仰有(おつしや)るから、370二人(ふたり)(わら)ふのですよ』
371高子(たかこ)『それでもお(かあ)さま、372貴女(あなた)のお居間(ゐま)可笑(をか)しかつたぢやありませぬか。373あの(とき)はお(とう)さまはゐませぬでしたね。374(かあ)さま一人(ひとり)私等(わたしら)二人(ふたり)()へきれない(ほど)375可笑(をか)しい身振(みぶり)をなさいましたワ』
376妖幻(えうげん)『アハハハハ、377大方(おほかた)おやつしの(ところ)()たのだらう』
378宮子(みやこ)『ハア、379さうですよ。380(いど)をふつたり(くち)(ゆが)めてみたり、381独言(ひとりごと)をいつたり、382自分(じぶん)姿(すがた)()れたり、383そして(この)姿(すがた)(わが)()(きみ)()せたら、384さぞお(よろこ)びだろツて()つてゐらつしやいましたよ。385ねえ(たか)さま、386(ちが)ひありませぬだらう』
387高子(たかこ)本当(ほんたう)(その)(とほ)りでしたね、388(かあ)さまも余程(よつぽど)面白(おもしろ)いお(かた)だよ』
389妖幻(えうげん)『アハハハハ』
390高姫(たかひめ)『あああ、391(をつと)(わが)()に、392ぞめかれ、393ひやかされ、394別嬪(べつぴん)(うま)れて()ると(つら)いものだ。395ホホホホホ、396アハハハハハ、397フフフフフ』
398四人(よにん)一度(いちど)(わら)ふ。399高姫(たかひめ)(あたま)をくらはされて()んでゐた豆狸(まめだぬき)は、400(この)(わら)(ごゑ)にフツと()がつきムクムクと起上(おきあが)り、401室内(しつない)二三遍(にさんぺん)()けまはり、402(まど)(くち)から、403手早(てばや)姿(すがた)(かく)した。
404高姫(たかひめ)(なん)とマア、405これ(ほど)立派(りつぱ)御殿(ごてん)(たぬき)()んでゐるとは不思議(ふしぎ)ぢやありませぬか。406(いぬ)でもおいたら、407(みな)()げて()くでせうにねえ』
408妖幻(えうげん)『イヤ(おれ)何時(いつ)(まを)(とほ)り、409(さる)(とし)(うま)れだから、410(いぬ)大嫌(だいきら)ひだ。411それだから(ことわざ)にも、412(なか)(わる)間柄(あひだがら)(いぬ)(さる)みたやうだといふではないか』
413(さる)といふのは、414(をとこ)(はう)からヒマをくれる(こと)415(いぬ)といふのは女房(にようばう)(はう)から(をつと)にヒマを()れて(かへ)ることで(ござ)いませう。416モウ(これ)から、417(いぬ)だの(さる)だの、418縁起(えんぎ)(わる)(こと)はいはぬやうに、419(たがひ)(つつ)しみませうね』
420『こつちは(つつ)しんでゐるが、421(まへ)(はう)から、422何時(いつ)約束(やくそく)(やぶ)るのだから(こま)つたものだよ、423アハハハハ』
424左様(さやう)ならば、425(また)(よる)(こしら)へも(ござ)いますから、426(わらは)居間(ゐま)引取(ひきと)りませう』
427『コレ高宮姫(たかみやひめ)殿(どの)428二人(ふたり)侍女(こしもと)を……(いな)子供(こども)をお(まへ)独占(どくせん)しようとは(あま)りぢやないか。429どうか一人(ひとり)ここにおいてゐてくれまいかなア』
430如何(いか)にも、431貴方(あなた)一人(ひとり)432(をとこ)一人(ひとり)()ると、433何時(いつ)()がさすか(わか)つたものぢやありませぬ。434コレ高子(たかこ)ちやま、435(まへ)御苦労(ごくらう)だが、436(とう)さまのお(そば)御用(ごよう)()いてゐて(くだ)さい。437そして、438もしも(ほか)(をんな)がここへ(はい)つて()たら、439いい()だから、440ソツと(わたし)()らすのだよ』
441 高子(たかこ)はワザと(おほ)きな(こゑ)で、
442『ハイお(とう)さまの居間(ゐま)へ、443どんな(をんな)にもせよ、444(はい)つて()たものがあつたら、445キツと内証(ないしよう)()らしてあげますワ』
446『コレ高子(たかこ)さま、447そんな内証(ないしよう)がありますか。448エーエ()()かぬ()ぢやなア』
449妖幻(えうげん)『ハハハハ、450何処(どこ)までも御注意深(ごちゆういぶか)いこと、451イヤハヤ(おそ)()りました。452高子(たかこ)(えう)するに、453(わたし)監視役(かんしやく)だなア。454ヤアこはい こはい。455コレ高子(たかこ)さま、456手柔(てやはら)かく(ねが)ひますよ。457何事(なにごと)があつても(けつ)して高宮姫(たかみやひめ)内通(ないつう)しちや()けませぬぞ、458アハハハハ』
459高姫(たかひめ)『エー、460なんぼなと仰有(おつしや)いませ、461さようなれば』
462宮子(みやこ)()をひき、463(わが)居間(ゐま)(かた)をゆすり、464(そで)()ばたき(いさ)ましく、465(なが)襠衣(うちかけ)()きずつて、466シヨナリシヨナリと太夫(たいふ)道中(だうちう)(よろ)しく(かへ)()く。
467大正一二・一・二六 旧一一・一二・一〇 松村真澄録)