霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一八章 糞奴使(ふんどし)〔一三三三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第51巻 真善美愛 寅の巻 篇:第4篇 夢狸野狸 よみ:むりやり
章:第18章 第51巻 よみ:ふんどし 通し章番号:1333
口述日:1923(大正12)年01月27日(旧12月11日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年12月29日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
救世主の詠んだ詩を吟じながら旅装束に身を固めて月夜にやってきたのは、ランチ将軍の副官であったガリヤであった。ガリヤは浮木の森の陣中で、村の美人マリーに慕われ密会を続けていたが、マリーはほどなくして亡くなってしまった。
ガリヤはひそかにマリーの死骸を浮木の森の墓所に葬り、墓の石を目印に立てていつか時を見て立派に祀ってやろうと思っていた。治国別に帰順して三五教の使徒となり、治国別の添書を持ってケースと共に斎苑の館に修業に行く途中、一人で墓所に参るためにケースを先に行かせたのであった。
ガリヤはマリーの墓にて慨嘆久しうし、涙をそそいだ。そしてまた宣伝歌を歌いながら月夜を進んで行った。ガリヤは椿の木蔭までやってくると、石に腰かけて煙草をくすべながら、浮木の森をながめて自分たちの身の上の移り変わりに想いを馳せていた。
ガリヤはいつの間にか大きな城郭が立っていることをいぶかしんでいる。すると人声がするので探り寄ってみれば、三人の男が真っ裸となって萱の茂みに何やら言い合っている。
ガリヤが様子を見れば、初、徳、ケースの三人が狸に化かされたことに気が付き、互いに名乗りあっていた。ガリヤは狸にだまされた三人の目を覚まそうと臍下丹田に息をつめ、ウーと発生した。三人は椿の根元に集まってきた。
一同が確認してみれば、初と徳が泉だと思っていたのは肥壺であった。枝にかけられた糞まみれの着物は異様の臭気を放っている。四人はこれはたまらぬと北へ北へと逃げて行った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5118
愛善世界社版:260頁 八幡書店版:第9輯 360頁 修補版: 校定版:266頁 普及版:120頁 初版: ページ備考:
001文明花発三千国(ぶんめいのはなひらくさんぜんこく)
002 道術元通九万天(どうじゆつもとつうずきうまんのてん)
003 時節花明三月雨(じせつはなあきらかなりさんぐわつのあめ)
004 風流酒洗百年塵(ふうりうのさけはあらふひやくねんのちり)
005 黙然坐通古今(もくぜんざしてつうじここんに)
006 天地人共進退(てんちじんともにしんたいす)
007 片々霊碁一局(へんぺんのれいごいつきよく)
008 家々灯天下花(いへいへのあかりてんかのはな)
009 北玄武従亥去(きたのげんぶよりゐさり)
010 東青竜自子来(ひがしのせいりうよりねきたる)
011 去者去来者来(さるものはさりきたるものはきたる)
012 有限時万邦春(いうげんのときばんぽうのはる)
 
013救世教主(きうせいけうしゆ)()んだ()(ぎん)じながら朧月夜(おぼろづきよ)(ひかり)()びて、014草鞋(わらぢ)脚絆(きやはん)()(かた)め、015蓑笠(みのかさ)金剛杖(こんがうづゑ)扮装(いでたち)にてやつて()たのは、016ランチ将軍(しやうぐん)副官(ふくくわん)たりしガリヤであつた。017(みち)(かたはら)(あたら)しき(はか)沢山(たくさん)(なら)んでゐる。018ガリヤは陣中(ぢんちう)(おい)浮木(うきき)(もり)のマリーと()妙齢(めうれい)美人(びじん)(した)はれ、019滞陣中(たいぢんちう)()がな(すき)がな密会(みつくわい)(つづ)けて()た。020マリーとの関係(くわんけい)がついたのは、021ランチ将軍(しやうぐん)命令(めいれい)(くだ)して、022四辺(あたり)(をんな)老幼(らうえう)区別(くべつ)なく(のこ)らず引捕(ひつとら)へて陣中(ぢんちう)()()き、023炊事(すゐじ)(その)(ほか)軍務(ぐんむ)()かしめむためであつた。024(この)(とき)ガリヤは(その)役目(やくめ)(あた)つて、025マリーの(いへ)にふみ()(きた)老人(らうじん)夫婦(ふうふ)に、
026(この)(むら)(をんな)(のこ)らず軍務(ぐんむ)徴集(ちようしふ)さるべし。027()いては炊事(すゐじ)のみならず、028数多(あまた)猛悪(まうあく)なる兵士(へいし)凌辱(りようじよく)()くる(おそれ)あれば、029今宵(こよひ)(うち)(をんな)(のこ)らず()()れ』
030親切(しんせつ)()つて()れた。031マリーの(ちち)(この)(むら)里庄(りしやう)であつた。032(ただ)ちに(むら)(その)(よし)内通(ないつう)し、033勝手(かつて)(おぼ)えし山道(やまみち)辿(たど)り、034(あるひ)小北山(こぎたやま)(また)(おも)(おも)ひにパンを()うて山林(さんりん)()(かく)したのである。035マリーは、036ガリヤの親切(しんせつ)(はか)らひによつて、037村中(むらぢう)(をんな)危難(きなん)(すく)はれたのだ、038自分(じぶん)は、
039村中(むらぢう)(をんな)代表(だいへう)人身御供(ひとみごく)(のぼ)つても(かま)はぬ。040(いは)んやバラモンの軍人(ぐんじん)とは()へ、041(これ)(くらゐ)やさしき武士(ぶし)何処(どこ)にあらうか。042自分(じぶん)(をつと)()つならば斯様(かやう)武士(ぶし)()()いものだ……』
043(めう)(ところ)同情(どうじやう)(おこ)し、044(はや)くバラモン(ぐん)自分(じぶん)捕縛(ほぼく)()てくれまいかと、045両親(りやうしん)()めるのも()かず(ただ)一人(ひとり)(いへ)()つてゐたのである。046そして(さいは)ひに(この)マリーの(いへ)はガリヤの宿所(しゆくしよ)(さだ)められたのである。047ガリヤは()同僚(どうれう)一人(ひとり)(をんな)()れてゐないのに、048自分(じぶん)のみ(をんな)(はべ)らして()つては将軍(しやうぐん)手前(てまへ)如何(いかが)気遣(きづか)ひ、049(くら)(なか)(しの)ばせて(すき)ある(ごと)密会(みつくわい)(つづ)けてゐたのである。050(しか)るにマリーは身体(しんたい)()()痩衰(やせおとろ)へ、051(つひ)には鬼籍(きせき)()つた。052そこでガリヤは(よる)(ひそ)かにマリーの死骸(しがい)(この)墓所(はかしよ)(はうむ)り、053目標(もくへう)()てて()いたのである。054(にはか)適当(てきたう)目標(もくへう)もないので(ほか)(はか)(いし)逆様(さかさま)()て、055何時(いつ)(とき)()立派(りつぱ)(まつ)つてやらうと(おも)つてゐる矢先(やさき)056治国別(はるくにわけ)帰順(きじゆん)したのである。057ガリヤはクルスの(もり)百日(ひやくにち)薫陶(くんたう)()け、058それよりテームス(たうげ)(おい)て、059(また)もや第二回(だいにくわい)薫陶(くんたう)(さづ)かり、060治国別(はるくにわけ)添書(てんしよ)()て、061ケースと(とも)斎苑(いそ)(やかた)修業(しゆげふ)()途中(とちう)であつた。062(かれ)一度(いちど)マリーの(はか)(まゐ)(とむら)つてやらねばならぬ、063それにはケースと同道(どうだう)しては都合(つがふ)(わる)いと(おも)つたので、
064一寸(ちよつと)(その)(へん)まで(いも)()けに()つて()る、065(きみ)一足先(ひとあしさき)()つてくれ、066(いづ)浮木(うきき)(もり)追付(おつつ)くから……』
067とうまくケースをまいて自分(じぶん)谷川(たにがは)()り、068(みづ)をいぢり(あるひ)(かに)()ひかけ(など)して()(くら)し、069(ひがし)(そら)からボンヤリとした(つき)()たのを(さいは)ひ、070此処(ここ)までやつて()たのである。071ガリヤはマリーの(はか)(ちか)づき、072(なみだ)ながら述懐(じゆつくわい)して()ふ。
 
073水色(みづいろ)月光(げつくわう)(なが)
074 真青(まつさを)(はか)(なら)()
075 ああされどマリーの(きみ)
076 (きみ)情焔(じやうえん)人魚(にんぎよ)(あら)
077 ()(ねが)ひつつ(はか)(いだ)
078 (われ)見捨(みす)てて(とほ)()きましぬ
079 (あと)(のこ)りし(わが)()
080 潛々(さめざめ)(なみだ)(そそ)
081 (きみ)(こころ)紅絹(こうけん)
082 ガリヤの(こころ)(めぐ)
083 やがて桃色(ももいろ)雰囲気(ふんゐき)
084 あたりを(つつ)
085 されど(あを)(はか)
086 ()(かげ)さへも(うご)かさず
087 (きみ)姿(すがた)のみ(まぼろし)(ごと)(つき)にふるひぬ
088 ああ(はな)半開(はんかい)にして()りぬ
089 ()しむべきかな桃色(ももいろ)(ほほ)
090 (つき)(まゆ)091(ゆき)(はだ)
092 一度(いちど)()まく()りすれど
093 一度(いちど)(きみ)()はまく()りすれど
094 (いま)(せん)なし諸行無常(しよぎやうむじやう)
095 是生滅法(ぜしやうめつぼう)生滅々已(しやうめつめつち)
096 寂滅為楽(じやくめつゐらく)頓生菩提(とんしようぼだい)
097 (とむら)(われ)
098 (あだ)には()てな桃色(ももいろ)(きみ)よ』
 
099慨歎(がいたん)(ひさ)しうし、100(かたち)ばかりの墓場(はかば)(なみだ)(そそ)ぎ、101(のこ)()しげに墓場(はかば)()し、102(また)もや宣伝歌(せんでんか)(うた)ひながら、103(かぜ)(かを)朧夜(おぼろよ)(つき)()びて(すす)()く。
104四方(よも)山々(やまやま)(はる)めきて
105()()(かぜ)(あたた)かく
106(いま)(さか)りと()(にほ)
107マリーに()たる(もも)(はな)
108三月三日(さんぐわつみつか)今日(けふ)(よひ)
109(みづ)御霊(みたま)御教(みをしへ)
110(うなじ)()けてトボトボと
111天津御空(あまつみそら)()りもせず
112(くも)りもやらぬ(はる)()
113朧月夜(おぼろづきよ)風光(ふうくわう)
114()くものなしと()()うた
115(われ)(こころ)もかき(くも)
116(おぼろ)(つき)(なが)むれば
117千々(ちぢ)(もの)こそ(おも)はるれ
118(かこ)(がほ)なる(わが)(なみだ)
119(かわ)(ひま)なき(よる)(たび)
120(さだ)めなき()()ひながら
121(はな)(あざむ)くマリー(ぢやう)
122(われ)見捨(みす)てて(はか)()
123幽冥界(いうめいかい)旅立(たびだ)ちぬ
124(くや)めど(かへ)らぬ(こひ)(なか)
125(かみ)(ほとけ)()さぬかと
126(おも)はず()らず愚痴(ぐち)()
127(なれ)をば(した)(わが)(こころ)
128(あだ)()くなよマリー(ぢやう)
129(むか)ふに()ゆるは浮木(うきき)(さと)
130印象(いんしやう)益々(ますます)(ふか)くして
131(こひ)(さまよ)益良夫(ますらを)
132(こころ)(そら)烏羽玉(うばたま)
133暗夜(やみよ)とこそはなりにけり
134ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
135御霊(みたま)(さち)はひましまして
136(まど)(きた)りし恋雲(こひぐも)
137()らさせ(たま)三五(あななひ)
138皇大神(すめおほかみ)御前(おんまへ)
139(つつし)(うやま)()ぎまつる
140朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
141(つき)()つとも()くるとも
142大地(だいち)仮令(たとへ)(しづ)むとも
143(ほし)(そら)より()つるとも
144(かみ)(まか)せし(この)(からだ)
145三五教(あななひけう)御為(おんため)
146(つく)さにや()かぬ益良夫(ますらを)
147ひきて(かへ)らぬ(くは)(ゆみ)
148弥猛心(やたけごころ)何処(どこ)までも
149(つらぬ)(とほ)(かみ)(みち)
150(すす)ませ(たま)惟神(かむながら)
151(かみ)御前(みまへ)()ぎまつる』
152(うた)ひながら椿(つばき)(はな)()木蔭(こかげ)までスタスタやつて()た。
153 ガリヤは椿(つばき)(もと)天然(てんねん)(いし)のベンチに(こし)打掛(うちか)け、154火打(ひうち)取出(とりだ)煙草(たばこ)(くす)べながら、155浮木(うきき)(もり)彼方(あなた)(なが)感慨無量(かんがいむりやう)(いき)()らしてゐる。
156有為転変(うゐてんぺん)()(なら)ひ、157(かは)れば(かは)るものだな。158(わづ)四ケ月(しかげつ)以前(いぜん)にはバラツク(しき)陣営(ぢんえい)沢山(たくさん)()(なら)べられてあつたが、159何時(いつ)()にやら、160(だい)なる城廓(じやうくわく)()つてゐるやうだ。161はて、162何人(なんぴと)住宅(すまゐ)であらうか。163合点(がてん)()かぬ(こと)だな』
164独語(ひとりご)ちつつ()をつぶつて(かんが)()んでゐる。165(なん)だか間近(まぢか)(はう)から人声(ひとごゑ)(きこ)えて()る。166ガリヤはツと()つて人声(ひとごゑ)(あて)(つき)()かしながら(さぐ)()つた。167()れば三人(さんにん)(をとこ)(かや)(しげ)つた(なか)真裸(まつぱだか)となつて四這(よつばひ)となり、168(おも)(おも)ひの(こと)(さへづ)つてゐる。
169『はて不思議(ふしぎ)だ。170(はる)とは()へど夜分(やぶん)はまだ(さむ)い。171それに(なん)ぞや、172斯様(かやう)萱草(かやくさ)(なか)荒男(あらをとこ)(しか)三人(さんにん)173(なに)をして()るのだらう。174ハハア大方(おほかた)175浮木(うきき)(もり)豆狸(まめだぬき)につままれよつたのだらう。176(ひと)()をつけてやらねばなるまい』
177(おも)つたが、178(また)(おも)(なほ)して、
179()()彼等(かれら)三人(さんにん)()(ぐさ)()いてから、180何者(なにもの)だと()(こと)の、181(およ)その見当(けんたう)をつけてからでなくては、182如何(いか)なる災難(さいなん)()ふかも()れない。183まづ(すべ)ての掛合(かけあひ)相手(あひて)()るが第一(だいいち)だ』
184(おも)(なほ)して(つゑ)にもたれて(のぞ)(やう)にして(かんが)()んでゐた。
185(はだか)(いち)『おい、186転田山(こけたやま)187あの摩利支天(まりしてん)()(やつ)188(くち)ほどにない弱味噌(よわみそ)だな。189(おれ)(そり)にかかりやがつて、190土俵(どへう)のド中央(まんなか)にふん()びた(とき)(ざま)()つたらなかつたぢやないか』
191(はだか)()貴様(きさま)負田山(まけたやま)だと名乗(なの)つてゐるが(めう)(つよ)かつたぢやないか。192大方(おほかた)(むか)ふが力負(ちからまけ)したのかも()れないのう』
193馬鹿(ばか)()へ。194(おれ)(つよ)うて(むか)ふが(よわ)かつたのだ。195(よわ)いものが()けると()ふのは何万年(なんまんねん)()つたつてきまつた規則(きそく)だ。196(しか)し、197彼奴(あいつ)吃驚(びつくり)しやがつて(くも)(かすみ)()げたぢやないか』
198『ナーニ、199そこに()るぢやないか。200アー、201(くさ)(くさ)貴様(きさま)202()()れやがつたな。203(にはか)(くさ)くなりやがつたぞ』
204馬鹿(ばか)()へ、205貴様(きさま)(くさ)いわ。206最前(さいぜん)から(なん)だか(くさ)いと(おも)つたが、207よう(かんが)へりや相撲(すまう)(はう)けて(わす)れて()たが、208古狸(ふるだぬき)(つま)まれて糞壺(くそつぼ)貴様(きさま)(おれ)とが()()み、209椿(つばき)(した)(いづみ)衣服(きもの)(あら)ひ、210()()けて(かわ)かす()に、211(さむ)(しの)ぎに相撲(すまう)(はじ)めたぢやなかつたかね』
212『ウン、213さう()ふと、214そんな()も……する(やう)だ。215(この)(からだ)(くさ)いのは(あら)ひが()らなかつたのに(ちが)ひないぞ。216何程(なにほど)雑兵(ざふひやう)だと()つても、217こんなに(くさ)(はず)はないからな』
218(はだか)(さん)『こりや、219二人(ふたり)(やつ)220貴様(きさま)(たぬき)(だま)されよつたのだな。221馬鹿(ばか)だな』
222(はだか)(いち)『アハハハハハ、223あれ(ほど)沢山(たくさん)相撲取(すもうとり)見物(けんぶつ)()()つたのは(みな)(たぬき)だ。224オイ何処(どこ)(やつ)()らぬが、225弱相撲(よわずまう)226貴様(きさま)だつてヤツパリ(だま)されて()つたのだよ』
227(はだか)(さん)馬鹿(ばか)()へ。228(おれ)貴様(きさま)相撲(すまう)とつたのだ。229貴様(きさま)こそ(たぬき)相手(あひて)(いど)()つてゐたのだよ。230あれほど沢山(たくさん)()つたが、231人間(にんげん)はただの三人(さんにん)より()なかつたと()える。232本当(ほんたう)馬鹿(ばか)寄合(よりあ)ひだな。233オイ、234貴様(きさま)本名(ほんみやう)(なん)()ふのか。235負田山(まけたやま)236転田山(こけたやま)では、237テーンと(わか)らぬぢやないか』
238(おれ)本名(ほんみやう)()きたくば、239貴様(きさま)から名告(なの)れ、240そしたら()()かしてやらう』
241(おれ)()()いて(おどろ)くな。242バラモン(ぐん)のランチ将軍(しやうぐん)副官(ふくくわん)ケースの(きみ)だぞ』
243(なん)だ、244そんな肩書(かたがき)をふり(まは)したつて今時(いまどき)通用(つうよう)しないぞ。245(それがし)こそは三五教(あななひけう)未来(みらい)宣伝使(せんでんし)初公別命(はつこうわけのみこと)だ。246もう一人(ひとり)徳公別命(とくこうわけのみこと)だぞ』
247ケース『お()(うけたま)はりまして(はじ)めて(あき)(かへ)りました。248如何(いか)にも下賤(げせん)愚劣(ぐれつ)のお(かた)(ござ)るな』
249(はつ)『きまつたことだ。250神変不思議(しんぺんふしぎ)(ちから)(いう)する、251()うしても()せぬ(をとこ)だらう。252(さけ)()めばグレツ(こと)天下(てんか)名人(めいじん)だ。253小北山(こぎたやま)初公(はつこう)()ふより下賤(げせん)愚劣(ぐれつ)()つた(はう)が、254よく(とほ)つてるからな、255アハハハハ』
256 ガリヤは、
257『ハハア、258ケースの(やつ)259(たぬき)にチヨロまかされ相撲(すまう)とりよつたのだな。260そして糞壺(くそつぼ)へはまつた(やつ)取組(とりく)みよつたと()える。261(なん)だか(くさ)くなつて()たぞ。262(ひと)大声(おほごゑ)()して呶鳴(どな)り、263()(さま)してやらなくちや駄目(だめ)だ』
264()ひながら臍下丹田(せいかたんでん)(いき)をつめ(大声(おほごゑ))『ウー』と発声(はつせい)した。265三人(さんにん)猛獣(まうじう)襲来(しふらい)かと早合点(はやがてん)し、266赤裸(まつぱだか)(まま)ノタノタと()()し、267(いづ)れも()(あは)した(やう)椿(つばき)根元(ねもと)(あつま)つて(しま)つた。
268ガリヤ『オイ、269(まへ)はケースぢやないか。270拙者(せつしや)はガリヤだ。271(なん)だ、272こんな(ところ)赤裸(まつぱだか)になりよつて……』
273ケース『ウン、274兄貴(あにき)か、275もう一足(ひとあし)(はや)()ればよかつたにな。276大変(たいへん)狸相撲(たぬきずまう)がはづんでゐたよ、277アハハハハ』
278(はつ)『エヘヘヘヘ』
279(とく)(くさ)(くさ)(くさ)い、280ウツフフフフ、281糞面白(くそおもしろ)うもない。282(ばば)にされて(しま)つた』
283ケース『(そろ)ひも(そろ)つて(くさ)野郎(やらう)だな』
284ガリヤ『アハハハハ、285ああもう()()けた』
286 三人(さんにん)(どろ)まぶれの(かほ)をして其処等(そこら)()まはした。287(くそ)まぶれの着物(きもの)異様(いやう)臭気(しうき)(はな)ち、288(かたはら)青木(あをき)(えだ)(からす)()んだのを(みづ)()けた(やう)(かたち)になつてブラ(さが)つて()る。289椿(つばき)(もと)清泉(せいせん)は……と(のぞ)いて()れば臭気(しうき)紛々(ふんぷん)たる肥壺(こえつぼ)であつた。290金色(こんじき)(はい)がブンブンと四人(よにん)(かほ)目標(めあて)襲撃(しふげき)し、291()をせせつたり(はな)(あな)潜伏(せんぷく)したり、292(くち)(かど)などを(しき)りにいぢり()した。
293此奴(こいつ)(たま)らぬ』
294とガリヤ(およ)三人(さんにん)(はだか)一生懸命(いつしやうけんめい)(きた)(きた)へと()げて()く。
295大正一二・一・二七 旧一一・一二・一一 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)