霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二一章 夢物語(ゆめものがたり)〔一三三六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第51巻 真善美愛 寅の巻 篇:第4篇 夢狸野狸 よみ:むりやり
章:第21章 第51巻 よみ:ゆめものがたり 通し章番号:1336
口述日:1923(大正12)年01月27日(旧12月11日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年12月29日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
四人が座っていた椅子は、いつの間にか膨張して角を生やし、毛が生え、牛のような動物になってしまった。怪獣は声をそろえて笑い出した。そして四人を背中に乗せ、廊下をドスドスと駆け出し、広場に出た。
初稚姫も同じ怪獣にまたがり、四人を呼ばわりながら追いかけてくる。怪獣は空の上高く上ったり下りたりするようになり、四人は振り落とされないよう背中にくらいついていた。
ケースは、飛び下りなければどこまで連れて行かれるかわからないと、他の三人に思い切って飛び下りようと呼び掛けた。四人がいっせいに飛び降りたとみるや、元のところにテーブルの脚をつかまえて汗をかいて気張っているだけであった。
初稚姫は以前のまま椅子に腰かけてニタニタと笑っている。四人が奇怪な夢について話し合っていると、丸いテーブルが狸のような顔をだし、毛を生やしてドアの外へ這って行った。
初稚姫はみるみるうちにいやらしい鬼女となって、耳まで裂けた口を開き、牛のような舌を出して四人に向かって噛みつきにきた。四人は肝をつぶして駆けだした。
向こうから初花姫が七人の美女を連れてやってきた。四人はあせってそこまで逃げようとしたが、同じところに足をバタバタとやっている。後ろから初稚姫の妖怪が暑い火のような息を吹きかける。初花姫たちも怪しい化け物に変わって噛みつきに来た。
たちまち家は前後左右に回転した。見れば傍に泉水がある。四人は勾玉型の泉水に身をおどらせて飛び込んだ。四人の体は沈んで行き、水のない岩窟についた。四人は悲鳴を上げて助けを呼んだ。どこともなしに桃の花びらが四人の顔に落ちかかった。
よくよく見れば、四人は浮木の森の火の見やぐらの傍にある勾玉型の泉水のかたわらで、桃の木の根元に阿呆のような顔をして眠っていたのである。東の空は茜さしはじめ、古狸が一匹、頭に桃の花びらを付着させながら這っている。
ガリヤは神に油断の慢心の罪の赦しを乞うた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5121
愛善世界社版:293頁 八幡書店版:第9輯 372頁 修補版: 校定版:300頁 普及版:136頁 初版: ページ備考:
001 四人(よにん)(すわ)つて()つた椅子(いす)は、002何時(いつ)()にやら膨張(ばうちやう)して(つの)()やし、003(つい)()()え、004(うし)(ごと)動物(どうぶつ)(くわ)し、005四人(よにん)(とも)(その)(せな)(またが)つて()た。
006ガリヤ『ヤア(この)椅子(いす)007()けやがつたな。008此奴(こいつ)(うし)とも(うま)とも(わか)らぬ(やつ)だ。009オイ三人(さんにん)010(しつか)りせないと(ゆす)(おと)されるぞ。011カアアアンナナガラララアアアさつぱり駄目(だめ)だ。012こりや怪物(くわいぶつ)013ぢつと(いた)さぬか』
014 怪獣(くわいじう)四匹(しひき)とも(こゑ)をそろへて、015空砲(くうはう)のやうな調子(てうし)で、
016『ホホホホホ、017ホホホホホ』
018(わら)()した。019それから一生懸命(いつしやうけんめい)四人(よにん)背中(せなか)()せ、020廊下(らうか)をドスドスドスと威喝(ゐかつ)させ広場(ひろば)()()した。021初稚姫(はつわかひめ)(おな)じく怪獣(くわいじう)(またが)り、
022『オーイ オーイ』
023()ばはりながら()つかけ(きた)る。024怪獣(くわいじう)益々(ますます)(くる)()し、025(はじ)めは一二間(いちにけん)(ところ)上下(じやうげ)してゐたが、026(しま)ひには人間(にんげん)(つばめ)のやうに()える(ところ)まで(のぼ)り、027(そら)(うへ)前後左右(ぜんごさいう)()(くる)ふ。028四人(よにん)背中(せなか)にくらひつき、
029『エエ怪物(くわいぶつ)()030(おと)すなら(おと)して()よ。031貴様(きさま)()ぶりついて(はな)れはせぬぞ。032オイ、033(とく)034(はつ)035ケース、036(しつか)(つか)まへて()よ。037()ちるのなら此奴(こいつ)一緒(いつしよ)だ。038あれ()よ、039初稚姫(はつわかひめ)(さま)空中(くうちう)()(あが)つて()られるではないか。040天馬(てんば)(くう)()くと()(こと)があるが、041これは(うま)でなくて(うし)だ、042これ畜生(ちくしやう)043もうよい加減(かげん)往生(わうじやう)(いた)さぬか』
044『こりや、045唐変木(とうへんぼく)046(おれ)(てん)()だ。047椅子(いす)になつて()けて()れば、048(こし)()けやがつて、049もう了簡(れうけん)せぬのだ。050マダマダマダ(そら)(あが)つて、051そこで貴様(きさま)(ゆす)(おと)してやるのだ。052(たの)しんで()れ。053ウホホホホ、054ウフフフフ』
055五匹(ごひき)(うし)一斉(いつせい)(わら)ふ。056初稚姫(はつわかひめ)怪獣(くわいじう)(しり)(むち)をもつて()(たた)き、057空中(くうちう)滑走(くわつそう)するやうに浮木(うきき)(もり)をさして(くだ)()く。058四人(よにん)益々(ますます)(たか)く、059(くも)()()けて怪獣(くわいじう)(またが)(のぼ)()く。
060ケース『オイ、061ガリヤ、062初公(はつこう)063徳公(とくこう)064もうやけだ、065()()りようぢやないか。066何処(どこ)まで()くか(わか)りやしないぞ。067サア()()()ツだ』
068 三人(さんにん)は、
069『ようし、070()()()ツ』
071 ぽいと()んだ……と(おも)へば(もと)(ところ)にテーブルの(あし)をつかまいて、072(あせ)をズクズクにかいて気張(きば)つて()た。
073『ホホホ(みな)さま、074(つくゑ)(あし)(にぎ)つて(なに)をしていらつしやいますの』
075 四人(よにん)(はじ)めて()がつき、076ポカンとして(うら)めし()にテーブルを(なが)めて()る。077さうして椅子(いす)依然(いぜん)として四脚(しきやく)あいてゐる。078初稚姫(はつわかひめ)以前(いぜん)(まま)椅子(いす)(こし)()ちかけニタニタ(わら)つてゐる。
079ガリヤ『イヤどうも(おそ)ろしい(ゆめ)()たものだ、080(ほとん)天上(てんじやう)する(ところ)だつた。081やつぱり此処(ここ)化物屋敷(ばけものやしき)だな』
082ケース『如何(いか)にも合点(がてん)()かぬ魔窟(まくつ)だ。083初稚姫(はつわかひめ)(さま)084貴女(あなた)如何(いかが)(ござ)いましたか、085私達(わたしたち)天上(てんじやう)まで()げられ、086地上(ちじやう)顛落(てんらく)したと(おも)へば、087幻覚(げんかく)(かん)じて()ました』
088(はつ)『イヤもう(はなし)にならぬわい、089(とく)090貴様(きさま)随分(ずいぶん)(こは)さうな(かほ)をして()つたな』
091(とく)(うま)れてからこれだけ(きも)(つぶ)した(こと)はないわ。092ヤツパリ(たぬき)(やつ)093(つま)みやがつたと()えるな。094こりやうつかりしては()られないぞ。095もし初稚姫(はつわかひめ)さま、096こんな(おそ)ろしい(ところ)によう貴女(あなた)()ますな』
097『ホホホ、098義理天上(ぎりてんじやう)さまが()えて()ますから、099魔法(まはふ)使(つか)(あそ)ばして貴方等(あなたがた)天上(てんじやう)にお()(あそ)ばしたのでせうよ。100時々(ときどき)怪物(くわいぶつ)()ますので、101(わらは)(ちつ)とも安心(あんしん)がなりませぬの』
102(とく)『さうですな、103(じつ)奇怪千万(きつくわいせんばん)(こと)です』
104 ()(はな)して()ると、105(まる)いテーブルがヌツと(たぬき)のやうな(かほ)()し、106みるみる(うち)(あら)()()やし、107(なが)(あし)をノタノタとドアの(そと)()うて()く。
108(はつ)『ヤア益々(ますます)もつて奇怪千万(きつくわいせんばん)109はて、110(いぶ)かしやなア』
111芝居(しばゐ)がかりになる。112初稚姫(はつわかひめ)は、113みるみる(うち)(いや)らしき鬼女(きぢよ)(へん)じ、114(みみ)まで()けた(くち)無雑作(むざふさ)(ひら)き、115(うし)のやうな(した)()四人(よにん)(むか)つて()みつきに()る。116四人(よにん)(きも)(つぶ)し、117一生懸命(いつしやうけんめい)()()すと、118(むか)ふより初花姫(はつはなひめ)七人(しちにん)美女(びぢよ)()れてやつて()る。119(なん)でも彼処(あすこ)まで()かねばならぬと焦慮(あせ)れど藻掻(もが)けど追付(おつつ)かず、120四人(よにん)(おな)(ところ)(あし)をバタバタとやつて()る。121初稚姫(はつわかひめ)妖怪(えうくわい)(うしろ)より(あつ)()のやうな(いき)()きかくる。
122『アアアアツアツアツ』
123()ひながら、124一足(ひとあし)にても(のが)れむと藻掻(もが)いて()る。125初花姫(はつはなひめ)(ほか)七人(しちにん)美女(びぢよ)(また)もや(あや)しき化物(ばけもの)(へん)()みつきに(きた)る。126四人(よにん)(こゑ)(かぎ)りに()べど(さけ)べど、127(すこ)しも(こゑ)(ひと)(みみ)(たつ)しなかつた。
128 (たちま)(いへ)前後左右(ぜんごさいう)廻転(くわいてん)し、129(うへ)になつたり(した)になつたり、130自分(じぶん)身体(からだ)転回(てんくわい)したり、131(くる)しくて(いき)もつげなかつた。132()れば(そば)蒼味(あをみ)だつた泉水(せんすい)がある。133四人(よにん)()()()ツで曲玉型(まがたまがた)泉水(せんすい)()(をど)らせて()()んだ。134(いし)をなげ()んだ(ごと)く、135四人(よにん)身体(からだ)はズボ ズボ ズボと幾百間(いくひやくけん)ともなき(ふか)(そこ)(おちい)り、136(やうや)くにして岩窟(がんくつ)についた。137此処(ここ)()ると蒼味立(あをみだ)つた(みづ)はもはやなくなつてゐた。138四人(よにん)一生懸命(いつしやうけんめい)悲鳴(ひめい)()げて、
139『オーイ(たす)けて()れい(たす)けて()れい』
140(わめ)()てて()る。141どこともなしに(もも)(はな)二片(ふたひら)三片(みひら)142四人(よにん)(かほ)()ちかかるのであつた。
143 よくよく()れば、144四人(よにん)浮木(うきき)(もり)()()(やぐら)(そば)にある曲玉型(まがたまがた)泉水(せんすい)(そば)咲満(さきみ)ちて()(もも)()根下(ねもと)に、145阿呆(あはう)のやうな(かほ)をして(ねむ)つて()たのである。146(ひがし)(そら)(やうや)(あかね)さし、147古狸(ふるだぬき)茶色(ちやいろ)()()らして(ただ)一匹(いつぴき)148(あたま)(もも)花片(はなびら)附着(ふちやく)させながら、149ノソリ ノソリと()うてゐる。150四人(よにん)一度(いちど)に、
151『アア畜生(ちくしやう)152(だま)しやがつたな』
153 浮木(うきき)(もり)(からす)が、154阿呆(あはう)々々(あはう)四人(よにん)見下(みおろ)して()いて()(こゑ)が、155(とぼ)(がほ)(あざけ)つて()るやうに(きこ)えて()た。
156ガリヤ『アア惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)157油断(ゆだん)慢心(まんしん)(つみ)158何卒(なにとぞ)(ゆる)させたまへ』
159 ケース、160(はつ)161(とく)
162『アアしようもない、163第五十一巻(だいごじふいつくわん)瑞月(ずいげつ)霊界物語(れいかいものがたり)164(たぬき)(だま)された奇妙(きめう)奇天烈(きてれつ)八畳敷(はちでふじき)大風呂敷(おほぶろしき)読者(どくしや)(つつ)んだ夢物語(ゆめものがたり)は、165安閑坊(あんかんばう)喜楽(きらく)嘘八百万(うそはつぴやくまん)大神(おほかみ)神示(しんじ)
166大正一二・一・二七 旧一一・一二・一一 加藤明子録)