霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第七章 玉返志(たまかへし)〔一三四三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第52巻 真善美愛 卯の巻 篇:第2篇 文明盲者 よみ:ぶんめいもうじゃ
章:第7章 第52巻 よみ:たまかえし 通し章番号:1343
口述日:1923(大正12)年01月29日(旧12月13日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年1月28日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
小北山の受付には、文助爺さまが初、徳の両人に頭をかち割られ、それから発熱して床についてしまっていた。魔我彦やお寅も不在のため、にわかに人手不足となった。お菊は受付兼神殿係を兼務し、参詣してくる病人の祈願もなし、説教を聞かせるなど多忙を極めていた。
お菊はあまりの忙しさに思わず独り言に愚痴をいいながら、受付で眠り込んでしまった。そこへ六十ばかりの爺が十二三の娘を背中に背負い、トボトボとやってきた。爺の呼びかけでお菊は目を覚ました。爺は、孫がのどをつまらせたので、至急鎮魂をしてほしいと言う。
お菊は紫の袴を着け、祭壇の前に娘を置いて天津祝詞を奏上し、祈願をこらした。お菊は汗を流して一生懸命祈願したが、効果は現れず、娘はますます苦しむばかりである。
お千代は用の間に階段を降ってきてみると、怪しい爺が庭の隅に青い顔をしてしゃがんでいる。神殿を見ると、お菊が一生懸命に祈願をこらしている。お千代は、受付が空いているのでしばらく代理を務めていた。
そこへ、坂道を登って息をはずませながら、イクとサールがやってきた。二人は、お千代との問答から初稚姫がここに来ていることを知った。お千代にあしらわれた二人は、ともかくお宮を巡拝することにした。
庭の隅に座っている爺は、二人を見るとビリビリふるえだした。爺は、孫に鎮魂させるためにやってきただけだと言い訳した。
お菊は祈願すればするほど娘は苦しみ悶えだす。娘は息が詰まった風になったので、受付にいたお千代は驚いて側に寄ってみれば、娘の尻に大きな狸の尾が見えた。お千代はこれは化け物に違いないと、外へ飛び出すと、イクとサールを手招きした。二人は巡拝を一度打ち切って、戻ってきた。
受付の横にいた怪しい爺はいつのまにか姿を消し、妙齢の美人が座っている。イクとサールはどこかで見た女だと思いながら、お千代について神殿に進み、祝詞を奏上した。
お千代は娘の背中を天の数歌を歌ってポンポンと二つ叩いた。くわっと音がして飛び出したのは、直径一寸ばかりの水晶玉だった。娘と受付にいた女はたちまち古狸となり、逃げて行った。
お千代とお菊は、イクとサールから水晶玉の由来を聞き、狸の祈祷をさせられたのだと知って笑い転げた。四人は真心をこめて一生懸命に感謝祈願の祝詞を奏上した。
イクとサールは水晶玉を一度狸に取られた話でお菊とお千代からからかわれた。受付にて湯にのどを潤すと、二人は各神社を参拝し始めた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5207
愛善世界社版:91頁 八幡書店版:第9輯 412頁 修補版: 校定版:95頁 普及版:41頁 初版: ページ備考:
001 小北山(こぎたやま)受付(うけつけ)には、002文助爺(ぶんすけぢい)さまが(はつ)003(とく)両人(りやうにん)にしたたか(あたま)をかち()られ、004それから発熱(はつねつ)して(とこ)につき、005時々(ときどき)囈言(うはごと)()ひ、006大勢(おほぜい)信者(しんじや)役員(やくゐん)(あたま)(なや)ましてゐる。007そして魔我彦(まがひこ)不在(ふざい)なり、008(はつ)009(とく)両人(りやうにん)遁走(とんそう)し、010(にはか)運用機関(うんようきくわん)(ほとん)停止(ていし)(やく)()うた。011(きく)勝気(かちき)(をんな)とて、012受付(うけつけ)(けん)神殿係(しんでんがかり)兼務(けんむ)し、013参詣(さんけい)して()病人(びやうにん)祈願(きぐわん)をなし、014(あるひ)説教(せつけう)()かせ、015(また)受付(うけつけ)(あら)はれて、016()(まは)るばかりの多忙(たばう)(きは)めて()つた。017(きく)はホツと()(あま)し、018(からだ)(なは)のやうになつて、019チツとばかり愚痴(ぐち)()した。
020『あああ、021受付(うけつけ)()(やく)(なん)でもないものだ、022(あそ)半分(はんぶん)何時(いつ)文助(ぶんすけ)さまが()()いてゐる。023(これ)(よう)がなくて(ひま)(つぶ)しにやつてゐるのだらうと(おも)うて()つたが、024中々(なかなか)自分(じぶん)がやつて()ると(いそが)しいものだ。025鎮魂(ちんこん)もしてやらねばならず、026御祈願(ごきぐわん)もせなならず、027ホンにホンに文助(ぶんすけ)さまも御苦労(ごくらう)だつたなア。028何卒(どうぞ)(はや)(なほ)つてくれれば()いに、029これ(だけ)そこら(ぢう)(うつく)しい(はな)()いてるのに、030(はな)()みに()(こと)出来(でき)やしない。031そこへ(また)初稚姫(はつわかひめ)(さま)御越(おこ)しになつたものだから、032松姫(まつひめ)さまは(いそが)しいのでチツとも手伝(てつだ)うては(くだ)さらず、033千代(ちよ)さまもお(みや)のお給仕(きふじ)やなんかで(いそが)しいさうだし、034本当(ほんたう)(いや)になつちまつた。035せめて魔我(まが)さまなつと(かへ)つてくればよいのに、036()()かぬ(やつ)だな。037万公(まんこう)さまも万公(まんこう)さまだ、038何処(どこ)一体(いつたい)彷徨(うろつ)いてるのだらう。039(かへ)つて()りや()いに、040そしたら(また)()れたやうな(かほ)をして、041退屈(たいくつ)ざましに(なぶ)つてやるのだけれどなア。042あああ仕方(しかた)がないワ、043何程(なにほど)きばつた(ところ)で、044先繰(せんぐ)先繰(せんぐ)(ばば)045(かか)がやつて()るのだから、046(きく)さまもやり()れない。047(ひと)つここらで昼寝(ひるね)でもやつたらうかなア。048(この)()(みじか)()(なが)いのに、049()ぶつたくて仕様(しやう)がないワ。050椿(つばき)(はな)でさへも居睡(ゐねむ)つて、051ボトリボトリと(くび)()かして溜池(ためいけ)(ふな)(おびや)かし、052水面(すいめん)真赤(まつか)()めてゐる。053(わし)だつて生物(いきもの)だから、054チツとは休養(きうやう)もせなくちや(かな)ふまい』
055独言(ひとりごと)()ひながら、056グツと(ねむ)つて(しま)つた。057そこへ、058六十(ろくじふ)(ばか)りの(おやぢ)十二三(じふにさん)(むすめ)背中(せなか)()ひ、059トボトボとやつて()た。
060『ハイ、061御免(ごめん)なさいませ、062(わたし)はつひ近在(きんざい)首陀(しゆだ)(ござ)いますが、063(むすめ)(のど)(たひ)(ほね)(なに)かを()てまして、064(くる)しみ(もだ)え、065(いき)()れさうになつて()ります。066何卒(どうぞ)神様(かみさま)御神徳(ごしんとく)()つて(いただ)くことは出来(でき)ますまいかなア』
067 居眠(ゐねむ)つてゐたお(きく)はフツと()をさまし、
068『ウニヤ ウニヤ ウニヤ ウニヤ、069ようお()でなさいませ、070随分(ずいぶん)()(なが)いこつて(ござ)いますな。071モウ何時(なんどき)ですか』
072『まだ()(どき)(ござ)います。073至急(しきふ)御願(おねが)(いた)したい(こと)(ござ)いますので、074世話(せわ)(あづ)かりたいと(おも)(まゐ)りました。075(これ)(わたくし)(まご)(ござ)いますが、076(のど)(なん)だか()ちまして、077(こま)りますので鎮魂(ちんこん)とやらをして(もら)(わけ)には()きませぬだらうかな』
078『ヘー、079(よろ)しい、080(しか)住所(ぢゆうしよ)姓名(せいめい)(うかが)ひます』
081『ハイ、082住所(ぢゆうしよ)姓名(せいめい)(あと)から申上(まをしあ)げます。083(この)(とほ)孫娘(まごむすめ)危急(ききふ)存亡(そんばう)場合(ばあひ)(ござ)いますから、084(はや)御祈願(ごきぐわん)をして(いただ)きたいもので(ござ)います』
085『それなら特別(とくべつ)(もつ)て、086(さき)にする手続(てつづき)(あと)にし、087(ねが)(いた)しませう。088(しか)しながら(この)()()()きませぬと、089(ねが)(わけ)には(まゐ)りませぬワ』
090『それは御尤(ごもつと)もで(ござ)います。091(むすめ)()滝野(たきの)(まを)します』
092『ハイ(よろ)しい、093サア此方(こちら)()れて()なさい。094大神様(おほかみさま)(ねが)へば直様(すぐさま)(たす)けて(くだ)さいます。095サ、096(ぢい)さま、097(あが)りなさい』
098(はなは)(まを)()ねますが、099(この)(とほ)草鞋(わらぢ)をはいて()りますから、100(あし)(よご)れて()ります。101何卒(どうぞ)(むすめ)だけ()げて(くだ)さいませ』
102背中(せなか)から(おろ)した。103(むすめ)(ころ)げるやうにして、104(きく)(ねが)祭壇(さいだん)(まへ)()つた。105(きく)(むらさき)(はかま)()け、106(しろ)着物(きもの)(うへ)格衣(かくい)羽織(はお)つて中啓(ちうけい)()ち、107(うやうや)しく天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)し、108祈願(きぐわん)()らした。109(きく)熱湯(ねつたう)(あせ)(なが)しての一生懸命(いつしやうけんめい)祈願(きぐわん)容易(ようい)(かう)(あら)はれず、110(むすめ)益々(ますます)(くる)しみ(もだ)えるばかりである。111千代(ちよ)(よう)のすきまに階段(かいだん)(くだ)つて受付(うけつけ)()()ると、112(あや)しい(ぢい)(には)(すみ)(あを)(かほ)してしやがんでゐる。113神殿(しんでん)()れば、114(きく)一生懸命(いつしやうけんめい)祈願(きぐわん)()らしてゐた。115千代(ちよ)(これ)()て、
116受付(うけつけ)はサツパリ空屋(あきや)だ。117どれ(しばら)(わたし)代理(だいり)(つと)めておかうか』
118()ひながら、119受付(うけつけ)にチヨコナンと(すわ)つてみた。120そこへ坂路(さかみち)(のぼ)つて、121(いき)をスースー(はづ)ませながら二人(ふたり)(をとこ)がやつて()た。122これはイク、123サールの両人(りやうにん)である。
124イク『御免(ごめん)なさい、125(わたくし)(ほこら)(もり)のイク、126サールといふ(もの)(ござ)います。127もしや初稚姫(はつわかひめ)(さま)はスマートといふ(いぬ)()れてお立寄(たちより)になつては()りませぬか』
128『それはようお()でなさいました。129マア御一服(ごいつぷく)なさいませ。130夜前(やぜん)からお()えになつて()りますが、131(かあ)さまと(なん)だか御話(おはなし)がはづんで()ります。132(いづ)()があきましたら御知(おし)らせ(いた)しますから、133(この)境内(けいだい)のお宮様(みやさま)一遍(いつぺん)134御巡拝(ごじゆんぱい)なさいませ』
135『イヤ有難(ありがた)う、136()(かく)参拝(さんぱい)さして(いただ)きませう。137オイ、138サール、139まだ十二三(じふにさん)らしいが随分(ずいぶん)しつかりしたものだね。140小北山(こぎたやま)はこんな(ちひ)さい子供(こども)受付(うけつけ)出来(でき)るのだから、141(たい)したものだよ。142イルやハルの(やつ)143(えら)さうに受付面(うけつけづら)(さら)しよつて(さけ)ばかり(くら)ひ、144筆先(ふでさき)だとかいつて(かみ)ばかり使(つか)ひよつて、145()()れるのばかりを()つてゐるサボ先生(せんせい)とはえらい(ちがひ)だなア』
146本当(ほんたう)感心(かんしん)だ。147コレ受付(うけつけ)さま、148(まへ)さまの()(なん)()ひますか』
149(わたし)()(たづ)ねて(なん)となさるのですか。150(べつ)(よう)がないぢやありませぬか』
151『イヤもう(おそ)()りました、152それならモウお(うかが)(いた)しませぬワ』
153『ハハハハ、154サール、155とうと、156やられよつたな。157(はぢ)()れよ』
158貴様(きさま)なんだ、159肝腎(かんじん)水晶玉(すいしやうだま)(いぬ)にとられたぢやないか。160(いぬ)かと(おも)へばド(たぬき)につままれよつて、161スコタンを()はされ、162おまけに悪口雑言(あくこうざふごん)()びせかけられ、163よい(はぢ)をさらしたぢやないか、164(えら)さうに()ふまいぞ』
165『そりやお(たがひ)さまだ、166こんな(ところ)()て、167そんな馬鹿(ばか)(こと)()(やつ)があるかい』
168(なん)とマアお(まへ)さま(たち)は、169どこともなしに空気(くうき)のぬけた(つら)をしてますね。170(いま)()きますれば(たま)()られたとか仰有(おつしや)いましたが、171本当(ほんたう)にラムネの玉落(たまおち)みたいなお(かた)ですねえ、172ホホホ』
173イク『ヤ、174此奴(こいつ)(おそ)()ります、175(めん)176小手(こて)177(どう)といかれてけつかる。178ヤアこはいこはい、179サ、180サール()かう』
181『オイ一寸(ちよつと)()て、182(この)(ぢい)さまは、183(あや)しいぢやないか。184俺達(おれたち)(かほ)()るとビリビリ(ふる)うてゐるぞ』
185『ホンにけつ(たい)(ぢい)さまだなア。186オイ(ぢい)さま、187(まへ)一体(いつたい)何処(どこ)から(まゐ)つたのだい』
188何卒(どうぞ)189そんな(こと)()つて(くだ)さるな。190(まご)大変(たいへん)病気(びやうき)にかかつて(くる)しんで()るので、191(いま)ここへ(ねが)つて(もら)ひに()たのだよ。192病気(びやうき)にさはるから、193(まへ)さまは(はや)くお(みや)さまへ(まゐ)つて()なさい』
194『オイ、195サール、196()(かく)神様(かみさま)御挨拶(ごあいさつ)肝腎(かんじん)だ、197(まゐ)らう』
198()ひながら、199受付(うけつけ)()つて沢山(たくさん)(みや)一々(いちいち)巡拝(じゆんぱい)(はじ)めた。200(きく)一生懸命(いつしやうけんめい)(たの)んでゐる。201(むすめ)次第(しだい)(くる)しみ(もだ)えだし、202(のど)につまつた(たひ)(ほね)はますます(ふか)くおち()んだものか、203(いき)(ほとん)どつまり、204無我夢中(むがむちう)になつて(くう)(つか)()した。205千代(ちよ)吃驚(びつくり)して、206(そば)へよつて()れば、207(おほ)きな(たぬき)()(むすめ)(しり)からみえてゐる。208此奴(こいつ)化物(ばけもの)相違(さうゐ)ないと、209早速(さつそく)(そと)飛出(とびだ)し、210イク、211サールの両人(りやうにん)を「(はや)(はや)く」と手招(てまね)きした。212両人(りやうにん)何事(なにごと)急用(きふよう)出来(でき)たらしいと、213巡拝(じゆんぱい)(なかば)にして打切(うちき)り、214(あと)から(をが)(こと)とし、215スタスタと(かへ)つて()た。216(いま)まで受付(うけつけ)(よこ)(ふる)うてゐた(おやじ)姿(すがた)何時(いつ)しか()えて、217妙齢(めうれい)美人(びじん)(すわ)つてゐる。218二人(ふたり)はどつかで()(こと)のある(をんな)だと(おも)ひながら、219千代(ちよ)()いて神殿(しんでん)(すす)み、220祝詞(のりと)奏上(そうじやう)した。221(むすめ)益々(ますます)(くる)しみ()した。222千代(ちよ)(むすめ)背中(せなか)を、223(あま)数歌(かずうた)(うた)うてポンポンと(ふた)(たた)いた拍子(ひやうし)に、224クワツと(おと)がして飛出(とびだ)したのは(たひ)(ほね)でもなく、225直径(ちよくけい)一寸(いつすん)(ばか)りの水晶玉(すいしやうだま)であつた。226一同(いちどう)はアツと(おどろ)()もなく、227(むすめ)(たちま)古狸(ふるだぬき)となり、228受付(うけつけ)()つた(をんな)(また)(おな)じく大狸(おほだぬき)となつて、229一生懸命(いつしやうけんめい)山越(やまご)しに姿(すがた)(かく)して(しま)つた。
230イク『ヤア畜生(ちくしやう)231ザマを()い、232ウマク(おれ)をチヨロまかして、233水晶玉(すいしやうだま)(ぬす)みよつて、234神罰(しんばつ)(あた)つて(のど)につまり、235仕方(しかた)がないものだから、236こんな(ところ)()けて(たす)けて(もら)ひに()よつたのだな。237ヤア今度(こんど)(しつ)かり()()けなくちやならないぞ。238ヤア(むすめ)さま、239貴女(あなた)のお(かげ)(たから)(もと)(かへ)りました、240有難(ありがた)(ござ)います。241イク()にも御礼(おれい)(まを)します』
242千代(ちよ)貴方(あなた)243(たぬき)御親類(ごしんるゐ)(ござ)いますか、244どうして(また)あの(たま)()られたのです?』
245『イヤ、246(はな)(まを)せば(はづ)かしう(ござ)いますが、247(この)(たま)()()つた由来(ゆらい)から、248()られた因縁(いんねん)(まを)()げねばお(うたが)ひが()れますまい。249それでは逐一(ちくいち)申上(まをしあ)げます』
250(たぬき)(だま)されて水晶玉(すいしやうだま)()られた顛末(てんまつ)詳細(しやうさい)物語(ものがた)つた。251千代(ちよ)とお(きく)()けて(わら)つた。
252『アレマア、253馬鹿(ばか)らしい、254(たぬき)御祈祷(ごきたう)(たの)まれたのだワ。255(なん)だか(みみ)(うご)くと(おも)うて()つたのよ。256千代(ちよ)さまのお(かげ)で、257(たぬき)(たす)かり、258(わたし)(たす)かりましたワ。259モウ(この)(うへ)(いの)りをしようものなら、260(いき)()れる(ところ)でしたワ』
261『オイ、262イク、263貴様(きさま)()たしておくと、264どうも剣呑(けんのん)だ、265今度(こんど)(おれ)()つて()くから此方(こちら)(わた)せ』
266『メメ滅相(めつさう)な、267(おれ)()つて()つたら()いぢやないか。268貴様(きさま)(やう)(あわ)(もの)()たしておくと()()でならぬワ。269マア子供(こども)大人(おとな)一任(いちにん)した(はう)安全(あんぜん)だよ』
270『ヘン、271仰有(おつしや)いますワイ。272何卒(どうぞ)(たぬき)()られぬ(やう)(しつ)かり御監督(ごかんとく)(ねが)ひますよ。273(なに)()もあれ、274神前(しんぜん)御礼(おれい)(まを)しませう』
275四人(よにん)横縦陣(わうじうぢん)(つく)り、276赤心(まごころ)()めて一生懸命(いつしやうけんめい)感謝(かんしや)祈願(きぐわん)()奏上(そうじやう)した。
277イク『妖怪(えうくわい)(だま)()られた宝玉(はうぎよく)
278(かみ)(めぐみ)(わが)()(かへ)れり』
279サール『イクの(やつ)まぬけた(つら)をしてる(ゆゑ)
280(たぬき)(やつ)眉毛(まゆげ)よまれし』
281イク『馬鹿(ばか)()ふな貴様(きさま)曲津(まがつ)につままれて
282(くび)つり(をんな)見違(みちが)へた(ゆゑ)よ』
283サール『横面(よこづら)(たぬき)(やつ)(なぐ)られて
284田圃(たんぼ)()ちし可笑(をか)しき(やつ)かな』
285イク『イクらでも(ひと)悪口(わるくち)つくがよい
286善言美詞(ぜんげんびし)(みち)(わす)れて』
287サール『馬鹿(ばか)()ふな(おれ)睾丸(きんたま)(にぎ)らうと
288(おも)うて(あたま)(なぐ)られた(くせ)に』
289イク『(なぐ)りたる(をとこ)(また)(なぐ)られて
290サールの馬鹿(ばか)がベソをかくなり』
291サール『(その)(やう)()らず(ぐち)をば(たた)くなら
292水晶玉(すいしやうだま)をこつちへ(わた)せよ』
293イク『水晶(すいしやう)(みたま)なればこそ水晶(すいしやう)
294(たま)守護(しゆご)をさせられてゐる』
295サール『玉脱(たまぬ)けの間抜男(まぬけをとこ)水晶(すいしやう)
296(たま)(いだ)いて(つみ)(つく)るな』
297イク『この(たま)小北(こぎた)(やま)皇神(すめかみ)
298(まも)りと二人(ふたり)(めぐみ)にかへれり。
299さりながらサール(こころ)()(なほ)
300(まへ)(つみ)(たま)(けが)せば。
301(よご)れなば(また)この(たま)()げて()かむ
302サールの(たま)をまたも(きら)ひて』
303千代(ちよ)水晶(すいしやう)(みづ)御霊(みたま)何神(なにがみ)
304(いただ)きましたか()かまほしさよ』
305イク『この(たま)()出神(でのかみ)(たまもの)
306いや永久(とこしへ)(はな)されぬ(たま)
307千代(ちよ)(はな)せとは(たれ)()はねど油断(ゆだん)から
308(たぬき)(やつ)()られ(たま)ふな』
309イク『これは(また)(おも)ひもよらぬお言葉(ことば)
310万劫末代(まんごふまつだい)(はな)しは(いた)さぬ』
311(きく)玉脱(たまぬ)けのやうな(つら)した二人男(ふたりをとこ)
312この行先(ゆくさき)(あん)じられける。
313初稚姫(はつわかひめ)(かみ)(みこと)(この)二人(ふたり)
314(きら)(たま)ふも(うべ)よとぞ(おも)ふ。
315どことなく(むし)()かないスタイルだ
316バラモン(ぐん)()つた(ひと)だらう』
317イク『(をんな)にも似合(にあ)はずよくもベラベラと
318大人(おとな)なぶりの骨嬲(ほねなぶ)りするよ』
319サール『(われ)とても(をとこ)(うま)れた(うへ)からは
320(をんな)()けて()れるものかい。
321乙女子(をとめご)よがんぜなしとて(あま)りだよ
322荒男(あらをとこ)をば嘲弄(てうろう)するとは』
323(きく)嘲弄(てうろう)する(こころ)微塵(みぢん)もなけれども
324(なん)とはなしに可笑(をか)しくぞなる』
325千代(ちよ)『お(きく)さま(わたし)二人(ふたり)(かほ)をみて
326空気(くうき)ぬけ野郎(やらう)(おも)ひましたよ。
327(たぬき)(たま)()られてメソメソと
328吠面(ほえづら)かわく(をとこ)なりせば』
329サール『これ(ほど)(くち)達者(たつしや)乙女子(をとめご)
330()るとは()らず(たづ)()しよな』
331イク『この乙女(をとめ)一筋縄(ひとすぢなは)では()かぬらし
332侠客育(けふかくそだ)ちの生地(きぢ)()えてる』
333千代(ちよ)松彦(まつひこ)松姫(まつひめ)さまを(おや)()
334千代(ちよ)(かた)()らぬ馬鹿者(ばかもの)
335イク『これはしたり松彦(まつひこ)さまの嬢様(ぢやうさま)
336()らぬ(こと)とて御無礼(ごぶれい)しました』
337千代(ちよ)『あやまれば(べつ)(とが)めはせぬ(ほど)
338これからキツト(つつ)しむがよい』
339イク『(たぬき)には大馬鹿(おほばか)にされ(ふくろ)には
340(わら)はれ(また)馬鹿(ばか)をみるかな』
341サール『アハハハハ(あき)れて(もの)()はれない
342彼方此方(あなたこなた)化物(ばけもの)()る。
343この(をんな)眉毛(まゆげ)(つば)をつけてみよ
344キツト尻尾(しつぽ)がついて()らうぞ』
345千代(ちよ)面白(おもしろ)(たぬき)のやうな(つら)をして
346つままれるのは当然(あたりまへ)ぞや』
347サール『どこまでも二人(ふたり)乙女(をとめ)馬鹿(ばか)にされ
348どこで(をとこ)(かほ)()たうか』
349イク『(なに)よりも水晶玉(すいしやうだま)()()らば
350(なん)()はれても辛抱(しんぼう)せうかい。
351(この)(やう)なお転婆娘(てんばむすめ)があればこそ
352尻尾(しつぽ)()した化狸野郎(ばけたぬきやらう)
353千代(ちよ)さまお(まへ)のお(かげ)宝玉(はうぎよく)
354(かへ)つたのだから(をが)みますぞや』
355千代(ちよ)『お(きく)さまこんな腰抜男等(こしぬけをとこら)
356(たま)(あた)へた(かみ)何神(なにがみ)
357(きく)義理天上(ぎりてんじやう)()出神(でのかみ)(かく)だらう
358(たま)調(しら)べず(わた)(かみ)なら。
359真正(しんせい)()出神(でのかみ)(この)(やう)
360頓馬男(とんまをとこ)(わた)(はず)なし』
361(たがひ)揶揄(からか)ひながら、362受付(うけつけ)(あつ)まつて白湯(さゆ)(のど)(うる)ほし、363それより二人(ふたり)(かく)神社(じんじや)参拝(さんぱい)(はじ)めた。
364大正一二・一・二九 旧一一・一二・一三 松村真澄録)