霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一〇章 霊界土産(れいかいみやげ)〔一三四六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第52巻 真善美愛 卯の巻 篇:第2篇 文明盲者 よみ:ぶんめいもうじゃ
章:第10章 霊界土産 よみ:れいかいみやげ 通し章番号:1346
口述日:1923(大正12)年01月30日(旧12月14日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年1月28日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
小北山の神殿では、文助の蘇生を祝って盛大な祭典を行い、直会の宴を張った。役員信者一同は、歓喜の神酒に酔った。
文助はそろそろ歌いだした。自分が仮死の間に霊界にて見聞したことを交えて将来の自分の信仰の方針について略述し、かつ親切な介抱に預かったことを感謝した。松姫は文助の信仰の向上を讃える道歌を歌った。
一方イクは、改めて初稚姫を追ってハルナの都までも行く覚悟を歌に歌い、小北山の役員信者一同に感謝と別れの辞を述べた。松姫は言葉を尽くして出立を思い止めようとしたが、彼らのはやる心を翻すことはできなかった。
イクとサールは小北山を拝礼し、怪しの森を抜けて浮木ヶ原を目指す道を進んで行く。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:144頁 八幡書店版:第9輯 431頁 修補版: 校定版:150頁 普及版:64頁 初版: ページ備考:
001 小北山(こぎたやま)神殿(しんでん)にては、002文助(ぶんすけ)蘇生(そせい)したる(その)祝意(しゆくい)(へう)する(ため)に、003盛大(せいだい)なる祭典(さいてん)(おこな)ひ、004(かつ)直会(なほらひ)(えん)()つた。005松姫(まつひめ)(はじ)(その)()一般(いつぱん)役員(やくゐん)信者(しんじや)大広前(おほひろまへ)(あつ)まつて、006文助(ぶんすけ)(かみ)より(あた)へられたる広大無辺(くわうだいむへん)神徳(しんとく)にあやからむと参籠(さんろう)せる信者(しんじや)(かく)宿舎(しゆくしや)より(きた)つて歓喜(くわんき)神酒(みき)()うた。007文助(ぶんすけ)はソロソロ(うた)()した。
008無限(むげん)絶対(ぜつたい)無始(むし)無終(むしう)
009生死(せいし)(うへ)超越(てうゑつ)
010(この)()(つく)(たま)ひたる
011皇大神(すめおほかみ)神徳(しんとく)
012(うま)()でたる人草(ひとぐさ)
013(いづ)れも(かみ)()(かみ)(みや)
014永遠無窮(ゑいゑんむきう)生命(せいめい)
015(たも)ちて顕幽(けんいう)両界(りやうかい)
016()(とほ)()(たふと)さよ
017われは一度(ひとたび)大神(おほかみ)
018(めぐみ)(つな)にあやつられ
019ふとした(こと)より霊界(れいかい)
020()らず()らずに突入(とつにふ)
021山河草木(さんかさうもく)(ことごと)
022現実界(げんじつかい)(かは)りなく
023大地(だいち)(うへ)(あゆ)みつつ
024(わが)()(かつ)死去(しきよ)したる
025(こと)(ひと)つも()らざりき
026(これ)(おも)へば(ひと)()
027(かみ)(をしへ)にある(ごと)
028不老不死(ふらうふし)にて永遠(ゑいゑん)
029(かみ)御国(みくに)(さか)()
030霊物(みたまもの)ぞと()られける
031ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
032一度(ひとたび)(かみ)御国(おんくに)
033旅立(たびだち)したる愉快(ゆくわい)さは
034()めて(この)()にありとても
035容易(ようい)(わす)るることを()
036()にも(たの)しき霊界(れいかい)
037(ひかり)(いま)現然(げんぜん)
038宛然(さながら)高天(たかま)神界(しんかい)
039()をおく(ごと)心地(ここち)なり
040松姫司(まつひめつかさ)(その)(ほか)
041(もも)(つかさ)介抱(かいほう)
042(ふたた)現世(げんせ)立帰(たちかへ)
043四方(よも)有様(ありさま)(うかが)へば
044()にも(この)()娑婆世界(しやばせかい)
045(つみ)(けが)れし状態(じやうたい)
046彷徨(さまよ)ふものとの(かん)(ふか)
047神霊界(しんれいかい)(いた)りては
048()かひの()えぬ吾々(われわれ)
049すべての(もの)をありありと
050(のこ)(くま)なく目撃(もくげき)
051殊更(ことさら)気分(きぶん)(うるは)しく
052()軽々(かるがる)(みち)()
053地上(ちじやう)世界(せかい)()(ごと)
054苦痛(くつう)(すこ)しも()らざりき
055現界人(げんかいじん)()(いそ)
056(あし)(はや)めて(みち)()けば
057(かなら)呼吸(こきふ)切迫(せつぱく)
058心臓(しんざう)鼓動(こどう)(たちま)ちに
059(はげ)しくなりて(いき)(つま)
060(のんど)(かわ)(あせ)()
061(あし)(つか)れて(くる)しさを
062(おぼ)ゆるなれど神界(しんかい)
063旅行(りよかう)(これ)相反(あひはん)
064(なん)()もなく易々(やすやす)
065(おも)ひの(まま)(すす)みけり
066()にも(この)()()世界(せかい)
067厭離穢土(えんりゑど)ぞと()ふことは
068(ただ)聖人(せいじん)方便(はうべん)
069(おも)ひそめしは誤謬(あやまり)
070(ふか)くも感得(かんとく)したりけり
071(そもそ)(かみ)()(くに)
072(うら)(ねた)みも醜業(しこわざ)
073(ちり)ほどもなきパラダイス
074(あい)(ぜん)との(とく)()
075(しん)(しん)との光明(くわうみやう)
076(かがや)(わた)日限(にちげん)
077土地(とち)さへ()らぬ長閑(のどか)なる
078常世(とこよ)(はる)(ごと)くなり
079(これ)(おも)へば大神(おほかみ)
080仁慈無限(じんじむげん)御経綸(ごけいりん)
081ゆめゆめ(うたが)余地(よち)もなし
082(この)大前(おほまへ)参集(まゐつど)
083信徒(まめひと)(たち)(つかさ)(たち)
084(ひと)(この)()にある(とき)
085時世時節(ときよじせつ)(したが)ひて
086(くに)(おきて)をよく(まも)
087五倫五常(ごりんごじやう)大道(たいだう)
088(あきら)(さと)実行(じつかう)
089最第一(さいだいいち)(かみ)(くに)
090(ひら)(たま)ひし大神(おほかみ)
091(その)神格(しんかく)理解(りかい)して
092(ぜん)(しん)との(とく)()
093(かみ)より(きた)(うる)はしき
094智慧証覚(ちゑしようかく)()たされて
095(かり)浮世(うきよ)生涯(しやうがい)
096完全無欠(くわんぜんむけつ)相送(あひおく)
097(すべ)ての(つみ)大神(おほかみ)
098御前(みまへ)にひれ()(ことごと)
099()(あらた)めて天国(てんごく)
100門戸(もんこ)(ひら)準備(じゆんび)をば
101(この)文助(ぶんすけ)()ふも(さら)
102(みな)さま(こころ)(ひと)つにし
103()(おこな)ひを(つつし)みて
104(かみ)御国(みくに)御為(おんため)
105(わが)三五(あななひ)大道(おほみち)
106(つく)しまつらむ神力(しんりき)
107具備(ぐび)させ(たま)へと大前(おほまへ)
108(いの)れよ(いの)(もも)(ひと)
109これ文助(ぶんすけ)霊界(れいかい)
110(いた)りて(した)しく見聞(けんぶん)
111実験(じつけん)したる物語(ものがたり)
112黄泉路帰(よみぢがへ)りの礼祭(れいさい)
113(つど)(たま)ひし人々(ひとびと)
114土産話(みやげばなし)()べておく
115ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
116御霊(みたま)(さち)はひましませよ
117朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
118(つき)()つとも()くるとも
119仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
120(すこ)しも(うご)かぬ(かみ)(くに)
121常住不断(じやうぢゆうふだん)信楽(しんらく)
122()をおくならば何事(なにごと)
123(おそ)るることやあらざらむ
124(かへり)(たま)(もも)(ひと)
125われ(ひと)ともに(つつし)みて
126(この)神国(しんこく)(うま)れたる
127(めぐみ)(むく)いまつるべく
128(こころ)(かぎ)()のきはみ
129(まこと)(ささ)げまつるべし
130ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
131(かみ)御前(みまへ)文助(ぶんすけ)
132見聞(けんぶん)したる一端(いつたん)
133此処(ここ)(つつし)()(をは)
134ああ有難(ありがた)有難(ありがた)
135(かぎ)りも()らぬ(かみ)(おん)
136()てしも()らぬ御稜威(おんみいづ)
137(うた)(をは)り、138一同(いちどう)(むか)つて自分(じぶん)仮死中(かしちう)種々(しゆじゆ)親切(しんせつ)介抱(かいほう)(あづ)かつたことを感謝(かんしや)し、139(かつ)将来(しやうらい)自分(じぶん)(かみ)(つか)ふる方針(はうしん)()いて略叙(りやくじよ)自席(じせき)()いた。140(つぎ)松姫(まつひめ)(うた)ふ。
141高姫司(たかひめつかさ)(ひら)きたる
142ウラナイ(けう)によく(つか)
143支離(しり)滅裂(めつれつ)教義(けうぎ)をば
144至善(しぜん)至美(しび)なる大道(だいだう)
145渇仰(かつかう)したる受付(うけつけ)
146文助(ぶんすけ)さまも(やうや)くに
147三五教(あななひけう)御光(みひかり)
148()らされ(たま)大神(おほかみ)
149(まこと)(こころ)理解(りかい)して
150(あさ)(ゆふ)なに神殿(しんでん)
151いと忠実(まめやか)(つか)へたる
152(まこと)信者(しんじや)となり(たま)
153かかる(たふと)真人(しんじん)
154()しみ(たま)ひて神々(かみがみ)
155(ふたた)(この)()()(かへ)
156現実界(げんじつかい)(のこ)したる
157(その)神業(しんげふ)完成(くわんせい)
158(かみ)御前(みまへ)復命(かへりごと)
159(まを)させ(たま)はむ御心(おんこころ)
160(あふ)ぐも(かしこ)次第(しだい)なり
161(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
162(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
163(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
164直日(なほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)
165()(あやま)ちは()りかへと
166善言美詞(ぜんげんびし)(みことのり)
167深遠(しんゑん)微妙(びめう)真理(しんり)をば
168(ふく)ませ(たま)有難(ありがた)
169初公(はつこう)徳公(とくこう)両人(りやうにん)
170妖幻坊(えうげんばう)高姫(たかひめ)
171(しこ)曲津(まがつ)(あざむ)かれ
172(あさ)(ゆふ)なに大神(おほかみ)
173いと忠実(まめやか)(つか)へたる
174(この)真人(しんじん)打擲(ちやうちやく)
175仮死状態(かしじやうたい)(いた)るまで
176(なや)めしかども(ひるがへ)
177(その)真相(しんさう)思惟(しゐ)すれば
178(これ)(まつた)神界(しんかい)
179不可知的(ふかちてき)なる御経綸(ごけいりん)
180文助(ぶんすけ)さまは(その)(ため)
181(ねが)うてもなき霊界(れいかい)
182真相(しんさう)までも探険(たんけん)
183(ふたた)(この)()(かへ)()
184世人(よびと)(みちび)(たま)ふべく
185(はか)らひ(たま)ひし(こと)ならむ
186ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
187(ただ)何事(なにごと)神様(かみさま)
188(まか)しておけば怪我(けが)はない
189何程(なにほど)(ひと)利口(りこう)でも
190物質界(ぶつしつかい)()(うへ)
191幽玄微妙(いうげんびめう)神界(しんかい)
192(ふか)真理(しんり)(わか)らない
193(いや)しき(よわ)(ひと)()
194何程(なにほど)真理(しんり)(きは)めむと
195焦慮(せうりよ)するとも無益(むえき)なり
196文助(ぶんすけ)さまの物語(ものがたり)
197()くにつけてもヒシヒシと
198(むね)にこたえて(わが)(たま)
199(にはか)向上(かうじやう)せし(ごと)
200(かみ)御国(みくに)有様(ありさま)
201いと(あきら)かに(さと)()
202歓喜(くわんき)(こころ)()たされぬ
203いざ(これ)よりは松姫(まつひめ)
204文助(ぶんすけ)さまを師父(しふ)となし
205すべての執着(しふちやく)排除(はいじよ)して
206いと忠実(まめやか)(つか)ふべし
207(ゆる)させ(たま)真人(まさびと)
208朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
209(つき)()つとも()くるとも
210(すこ)しも(うご)かぬ(かみ)(くに)
211現実界(げんじつかい)人々(ひとびと)
212(はか)()らるる(こと)ならず
213ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
214(かみ)のまにまに(すす)むより
215吾等(われら)手段(しゆだん)なきものぞ
216初稚姫(はつわかひめ)神司(かむづかさ)
217天国(てんごく)浄土(じやうど)地獄道(ぢごくだう)
218中有界(ちううかい)状態(じやうたい)
219いと(ねんごろ)()(たま)
220(かへ)りましたる(その)(あと)
221文助(ぶんすけ)さまの(よみがへ)
222(みぎ)(ひだり)真人(しんじん)
223(あら)はれまして霊界(れいかい)
224(その)真相(しんさう)詳細(まつぶさ)
225(をし)(たま)ひし有難(ありがた)
226ああ諸人(もろびと)諸人(もろびと)
227(この)()(いのち)のある(かぎ)
228(かみ)(した)しみ(かみ)(あい)
229(ぜん)(しん)との(とく)()
230()きて(この)()(はん)となり
231()しては(かみ)御使(みつかひ)
232(つか)へまつらふ(その)(ため)
233三五教(あななひけう)御教(みをしへ)
234(こころ)ひそめて拝聴(はいちやう)
235処世(しよせい)(あやま)ること(なか)
236ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
237(かみ)御前(みまへ)(この)(たび)
238(めぐみ)感謝(かんしや)(たてまつ)る』
239 イクは立上(たちあが)つて(うた)()した。
240『ああ有難(ありがた)有難(ありがた)
241(おも)(がけ)なき神界(しんかい)
242深遠(しんゑん)微妙(びめう)経綸(けいりん)
243(いま)()のあたり(あきら)かに
244()(しめ)されし吾々(われわれ)
245(この)()(なか)(ひと)として
246いと幸福(かうふく)(もの)ぞかし
247文助(ぶんすけ)さまの物語(ものがたり)
248松姫(まつひめ)さまの御教訓(ごけうくん)
249()くにつけても(なん)となく
250(こころ)(いさ)(うで)()
251(ただ)一刻(いつこく)もグヅグヅと
252して()れないよな心持(こころもち)
253(にはか)()()全身(ぜんしん)
254()(みなぎ)りて歓楽(くわんらく)
255(なみだ)(むね)(あふ)れけり
256さはさりながら(いのち)とも
257柱杖(はしらつゑ)とも(たの)みてし
258初稚姫(はつわかひめ)神司(かむづかさ)
259夜前(やぜん)(さわ)ぎを他所(よそ)にして
260()()きますとは何事(なにごと)
261かかる(やさ)しき神人(しんじん)
262文助(ぶんすけ)さまの危難(きなん)をば
263他所(よそ)()すてて(かへ)るとは
264合点(がてん)()かぬ(ふし)がある
265とは()ふものの吾々(われわれ)
266(むか)ふの()えぬ(おろ)(もの)
267智慧証覚(ちゑしようかく)(すぐ)れたる
268(あい)(しん)との善徳(ぜんとく)
269()()(たま)ひし姫君(ひめぎみ)
270(こころ)如何(いか)吾々(われわれ)
271小才浅智(せうさいせんち)知悉(ちしつ)する
272(かぎ)りにあらずと(あきら)めて
273(この)(うへ)(なん)にも()ひませぬ
274さは()(われ)はどこ(まで)
275初心(しよしん)貫徹(くわんてつ)せにやならぬ
276初稚姫(はつわかひめ)相反(あひそむ)
277仮令(たとへ)地獄(ぢごく)()つるとも
278(かみ)(おん)(ため)()(ため)
279(つく)(まこと)益良夫(ますらを)
280(かみ)(かなら)(すく)ふべし
281松姫(まつひめ)(さま)よお(きく)さま
282(その)(ほか)(もも)(つかさ)たち
283いかいお世話(せわ)になりました
284(これ)より(わたし)小北山(こぎたやま)
285(かみ)御前(みまへ)拝礼(はいれい)
286(ひざ)栗毛(くりげ)(むち)うつて
287特急列車(とくきふれつしや)()(まか)
288()()(ごと)御後(おんあと)
289つけて()かねばおきませぬ
290我慢(がまん)(つよ)(をとこ)だと
291(かなら)(わら)うて(くだ)さるな
292バラモン(ぐん)猪突武者(ちよとつむしや)
293(くび)もまはらぬ(をとこ)だと
294(いま)(まで)()はれて()たけれど
295夜光(やくわう)(たま)保護(ほご)しつつ
296常世(とこよ)(やみ)()()けて
297()()(なや)人々(ひとびと)
298(かみ)(ひかり)()らしつつ
299舎身(しやしん)活動(くわつどう)継続(けいぞく)
300首尾(しゆび)よくハルナに立向(たちむか)
301大神業(だいしんげふ)参加(さんか)して
302斎苑(いそ)(やかた)復命(かへりごと)
303(まを)さむ(をり)小北山(こぎたやま)
304大神殿(だいしんでん)参詣(まゐまう)
305(やま)(つも)れる御話(おはなし)
306皆々(みなみな)さまの御前(おんまへ)
307申上(まをしあ)ぐべき(とき)こそは
308(いま)より(たの)しみ()たれける
309ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
310御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
311(うた)(をは)り、312サールを(うなが)して(はや)くも(この)()立出(たちい)で、313初稚姫(はつわかひめ)(あと)()はむとした。314松姫(まつひめ)百方(ひやつばう)言葉(ことば)(つく)して、315イク、316サールの出立(しゆつたつ)(とど)むべく、317初稚姫(はつわかひめ)()(たい)して()(さと)した。318されどはやり()猪武者(ゐのししむしや)319いかでか(その)言葉(ことば)(みみ)(かたむ)くべき。320サールと(とも)小北山(こぎたやま)拝礼(はいれい)し、321善一筋(ぜんひとすぢ)(こころ)(わた)一本橋(いつぽんばし)322二人(ふたり)()なりも(あや)シの(もり)323(はこ)(あゆ)みも浮木ケ原(うききがはら)()して(すす)()く。
324大正一二・一・三〇 旧一一・一二・一四 松村真澄録)