霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一二章 盲縞(めくらじま)〔一三四八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第52巻 真善美愛 卯の巻 篇:第3篇 衡平無死 よみ:こうへいむし
章:第12章 第52巻 よみ:めくらじま 通し章番号:1348
口述日:1923(大正12)年02月09日(旧12月24日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年1月28日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
灰色の暮色に包まれた野も山も静かでさびしい。文助の精霊は、山と山とにはさまれた枯草のぼうぼうと生え茂る細い谷道を、杖を力にとぼとぼと登って行った。
文助はほろ酔い機嫌で鼻歌を歌いながら、ボンヤリとした目の光をたよりに、当てもなく歩いていた。すると傍らの草むらから、盲を狙う強盗という若い男が現れて、文助を止めて持ち物を渡すように迫った。
文助は少しも恐れることなく、男の心は脅威を感じ、戦慄していると見抜いた。男は文助に、にわかに強盗がいやになったから、自分を連れて行ってくれるように頼んだ。文助が断ると、男は文助が世間の人間を誤った信仰に導いて地獄に落としていたことを責めはじめた。
男は、実は自分は地獄から文助を迎えに来た者だと答えた。文助はそんなはずはない、自分は天国に籍があることを前回の幽界旅行で確かめてあるのだ、と先に進んで行く。男は大声に笑って文助の地獄行きを叫んでいる。
文助が振り返ると、若い男は赤らが顔に耳まで裂けた大きな口を開けている。文助は惟神霊幸倍坐世を幾回も繰り返しながら、山と山の間の谷道を一目散に進んで行った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5212
愛善世界社版:171頁 八幡書店版:第9輯 439頁 修補版: 校定版:179頁 普及版:72頁 初版: ページ備考:
001 灰白(くわいはく)暮色(ぼしよく)(つつ)まれた()(やま)(すべ)ては(しづ)かで(さび)しい。002(やま)(やま)とに(はさ)まれた枯草(かれくさ)のぼうぼうと()(しげ)(ほそ)谷路(たにみち)を、003(つゑ)(ちから)にトボトボと爪先上(つまさきあ)がりに(のぼ)()一人(ひとり)盲者(まうじや)がある。004これは小北山(こぎたやま)受付(うけつけ)にゐた文助(ぶんすけ)精霊(せいれい)であることはいふまでもない。005文助(ぶんすけ)微酔(ほろよ)機嫌(きげん)鼻歌(はなうた)(うた)ひながら、006ボンヤリとした()(ひかり)(たよ)りに、007どこを(あて)ともなく(ある)いてゐたのである。008(かたはら)(くさむら)にガサガサと(おと)がしたので、009ハテ何者(なにもの)飛出(とびだ)すのかと立止(たちど)まつて(かんが)へてゐた。010(うと)()からよくよくすかして()れば、011労働服(らうどうふく)()けた十七八歳(じふしちはつさい)(いろ)(くろ)青年(せいねん)であつた。
012文助(ぶんすけ)『コレお(わか)(しう)013どうやら()()れかかつたさうだが、014(まへ)さま一人(ひとり)こんな(ところ)(なに)をして(ござ)るのだい』
015青年(せいねん)(おれ)泥棒(どろばう)をやつてゐるのだ。016(この)街道(かいだう)()(わる)(やつ)ばかりが通過(つうくわ)する(ところ)だから、017(おれ)(やう)甲斐性(かひしやう)のない泥棒(どろばう)は、018(めくら)でないと(しやう)()はぬから、019()つてゐたのだ』
020『ハハハハ、021(わし)のやうなスカンピンの(めくら)相手(あひて)になつた(ところ)で、022(なに)があるものか。023それよりも巨万(きよまん)(かね)(もつ)()(めくら)世界(せかい)何程(なにほど)あるか()れぬぢやないか。024総理大臣(そうりだいじん)でも、025博士(はかせ)でも、026富豪(ふうがう)でも、027大寺(おほでら)和尚(おせう)でも(みな)(めくら)だ。028(まへ)(くろ)着物(きもの)()()ると(おも)へば、029盲縞(めくらじま)被衣(はつぴ)()たりパツチをはいてるぢやないか、030さうすると矢張(やつぱ)りお(まへ)(めくら)だな』
031(めくら)にも色々(いろいろ)あつて、032(その)(めくら)(また)(めくら)(だま)(ちから)のある(やつ)だから、033(おれ)たちの(めくら)には()()はぬのぢや。034(まへ)随分(ずいぶん)世界(せかい)人間(にんげん)(めくら)にして()(をとこ)だが、035世間(せけん)(めくら)(くら)べて()ると余程(よほど)くみ(やす)いとみたから、036ここに()(かま)へてゐたのだ。037サ、038持物(もちもの)一切(いつさい)(わた)して(もら)はうかい』
039『ハハハハ、040盲滅法界(めつぽふかい)(こと)()(やつ)だなア。041()うみえても、042(この)文助(ぶんすけ)(こころ)()(ひか)つてゐるぞ。043世間(せけん)(めくら)肉眼(にくがん)()いて()つても(こころ)()咫尺暗澹(しせきあんたん)だが、044(この)文助(ぶんすけ)貴様(きさま)(はら)(そこ)まで(かがみ)()らした(ごと)(わか)つてゐるのだ。045無理(むり)無体(むたい)虚勢(きよせい)()つて恐喝(きようかつ)しようとしても、046(まへ)(こころ)(すで)非常(ひじやう)なる脅威(けふゐ)(かん)じ、047戦慄(せんりつ)してるぢやないか、048そんなことで(めくら)(おびや)かさうなんて、049チツと過分(くわぶん)ぢやないか』
050(なん)だか、051(まへ)()うてから、052(おれ)泥棒(どろばう)(いや)になつた。053何卒(どうぞ)054何処(どこ)()くのか()らぬが()れて()(もら)へまいかな』
055貴様(きさま)(やう)(やつ)道連(みちづ)れにしようものなら、056チツとも安心(あんしん)するこたア出来(でき)やしない。057(おく)(おほかみ)道連(みちづ)れのやうなものだ、058何時(いつ)スキがあつたら()(ころ)すか(わか)つたものぢやない、059マア御免(ごめん)(かうむ)つとこうかい。060ああ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
061『オイ盲爺(めくらぢい)さま、062(まへ)世間(せけん)人間(にんげん)(めくら)にして、063毎日(まいにち)日日(ひにち)地獄界(ぢごくかい)案内(あんない)してゐた(くせ)に、064(おれ)一人(ひとり)(めくら)()てると()(こと)があるか』
065馬鹿(ばか)(まを)せ、066(おれ)(みな)人間(にんげん)(れい)高天原(たかあまはら)(みちび)いてゐたのだ。067それだから(この)(あひだ)一寸(ちよつと)気絶(きぜつ)した(とき)天国(てんごく)(のぞ)いて()たのだ。068(おれ)(みちび)いた連中(れんちう)(みな)高天原(たかあまはら)安住(あんぢゆう)してゐるのだぞ』
069『お(まへ)070高天原(たかあまはら)()つた(とき)(その)弟子(でし)に、071一人(ひとり)でも出会(であ)つたか、072滅多(めつた)出会(であ)はせまい、073何奴(どいつ)此奴(こいつ)地獄(ぢごく)()ちてるのだからな。074(かみ)取次(とりつぎ)(みな)(めくら)ばかり、075その(また)(めくら)暗雲(やみくも)で、076世界(せかい)(めくら)()()いて、077インフエルノ(地獄界(ぢごくかい))の(そこ)へと()れまゐる……といふのはお(まへ)(こと)だよ』
078『エ、079そんなこたア()(みみ)()たぬワイ。080(なん)なと勝手(かつて)にほざいておけ、081ゴマの(はへ)()が』
082『ヨーシ(おれ)天下(てんか)青年(せいねん)だ。083青年(せいねん)(かさ)ねて(きた)らず、084一日(いちじつ)(ふたたび)(あした)なり(がた)しといふ(こと)()つてゐるか、085(おれ)()労働服(らうどうふく)()てゐるやうに()えても赤裸(まつぱだか)だぞ。086それだから青年(せいねん)(かさ)ねて着足(きた)らずといふのだ。087貴様(きさま)上着(うはぎ)一枚(いちまい)所望(しよまう)するから、088キツパリと(おれ)(わた)せ、089(はだか)道中(だうちう)はならぬからのう』
090(まる)三途(せうづ)(かは)脱衣婆(だついばば)のやうな(こと)をぬかす(やつ)だな。091エエ仕方(しかた)がない、092そんなら一枚(いちまい)(めぐ)んでやろ。093どうせ(この)(さき)(ばば)アに()られるのだから……』
094『オイ(おやじ)095(まへ)(いま)幽界旅行(いうかいりよかう)をしてゐるといふ(こと)()つてゐるのか』
096『きまつた(こと)だ。097一度(いちど)経験(けいけん)がある。098何時(いつ)()にやら(からだ)がこんな(ところ)()てるのだから、099(ゆめ)でなければ幽界旅行(いうかいりよかう)だ。100(ゆめ)であらうが、101幽界旅行(いうかいりよかう)であらうが、102どちらもユーメ旅行(りよかう)だ。103貴様(きさま)此処(ここ)現界(げんかい)(おも)つてるのか、104オイ黒助(くろすけ)
105『コリヤ黒助(くろすけ)とは(なん)だ。106これでも(なか)には(あか)()(かよ)つてるぞ』
107『エー、108邪魔(じやま)(くさ)い、109羽織(はおり)一枚(いちまい)やつたら、110エエカゲンに(かへ)つたらどうだ。111これから長旅(ながたび)をせにやならぬのに、112貴様(きさま)(やう)(やつ)がついてゐるとザマが(わる)いワ』
113『ハハア、114ヤツパリ貴様(きさま)偽善者(きぜんしや)だな。115餓鬼(がき)(むし)ケラまで(たす)けるのが(かみ)(みち)だと、116小北山(こぎたやま)(ほざ)いて()つたが、117とうと、118正体(しやうたい)(あら)はしよつたな。119()(どく)ながら、120()うしてもインフエルノ()きの代物(しろもの)だ、121エツヘヘヘヘ、122(じつ)地獄界(ぢごくかい)から貴様(きさま)(むか)へに()たのだぞ』
123『ヘン、124(なに)(ぬか)しよるのだ、125そんな(こと)(おどろ)(おれ)かい。126(おれ)前回(ぜんくわい)(おい)て、127(まさ)天国(てんごく)(せき)のある(こと)をチヤンとつきとめておいたのだ。128そんな(こと)()つて強迫(きやうはく)しても、129ゴマの(はへ)(ごと)(もの)慣用手段(くわんようしゆだん)()るやうなチヤーチヤーぢやないぞ。130勿体(もつたい)なくも大国治立尊(おほくにはるたちのみこと)(さま)(をしへ)伝達(でんたつ)するグレーテスト((もつと)偉大(ゐだい)な)プロバガンディストだ。131燕雀(えんじやく)(なん)大鵬(たいほう)(こころざし)()らむや、132そこのけツ』
133(つゑ)(もつ)四辺(あたり)芝草(しばくさ)をメツタ矢鱈(やたら)にしばき(たふ)しながら、134トントンと(のぼ)()く。135青年(せいねん)後姿(うしろすがた)見送(みおく)つて、
136『アハハハハハ阿呆(あはう)阿呆(あはう)137イヒヒヒヒヒインフエルノ()きの文助爺(ぶんすけおやぢ)138ウフフフフフうろたへ(もの)盲爺(めくらおやぢ)139エヘヘヘヘヘエクスタシーを()らぬ盲爺(めくらおやぢ)140オホホホホホお()(どく)さま、141今度(こんど)地獄(ぢごく)定紋付(ぢやうもんつき)だ。142(まへ)背中(せなか)()い、143オツホホホホホ』
144大声(おほごゑ)(わら)ふ。145文助(ぶんすけ)(あと)振返(ふりかへ)つて(その)青年(せいねん)()ると、146(あか)(がほ)(みみ)までさけた(おほ)きな(くち)をあけ、147(した)五寸(ごすん)ばかりはみ()して、148(いや)らしい(つら)して(あご)をしやくつてゐる。149文助(ぶんすけ)惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)幾回(いくくわい)となく繰返(くりかへ)しながら、150(やま)(やま)との谷道(たにみち)一目散(いちもくさん)(すす)んで()く。
151大正一二・二・九 旧一一・一二・二四 松村真澄録)