霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一八章 臭風(しうふう)〔一三五四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第52巻 真善美愛 卯の巻 篇:第4篇 怪妖蟠離 よみ:かいようばんり
章:第18章 臭風 よみ:しゅうふう 通し章番号:1354
口述日:1923(大正12)年02月09日(旧12月24日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年1月28日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
浮木の森の火の見やぐら前の庭園で、狸にだまされて一夜を明かしたガリヤ、ケース、初、徳の四人は、あたりを見回しながら互いに苦笑していた。そこへ美しい女が一人現れて、四人の前後左右を丸に十を書いて回り、臭い屁を放ってどこかに姿を隠した。
一同はこの場の怪異を平定しなければと気焔を上げている。四人は物見やぐらの最上階に上り、座敷に陣取った。すると押入れの隅からコトコト音がする。戸を開けると、さきほどの屁こき女が小さくなってふるえていた。
女は、自分はおならというこの界隈で有名な屁こき女であり、そのために村においてもらえずに物見やぐらに追いやられているのだ、と語った。女は四人に自分の屁がいかにすごいか、そのためにどうして嫁ぎ先を追い出されたかなど身の上を面白おかしく語って聞かせた。
徳は、おならの耳が動くのに気付いて言い立てた。ガリヤは、自分は初めからこいつはイタチの化け物だと知っていたとおならを詰問する。
おならは、間違いないと自ら正体を明かし、最後っ屁を放った。四人は息がつまり、階段を降って逃げるうちに階下に転落して唸っている。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:223頁 八幡書店版:第9輯 459頁 修補版: 校定版:231頁 普及版:99頁 初版: ページ備考:
001 浮木(うきき)(もり)()()(やぐら)(まへ)庭園(ていゑん)に、002悪狸(わるだぬき)(だま)されて一夜(いちや)(あか)したガリヤ、003ケース、004(はつ)005(とく)四人(よにん)は、006(おこり)のおちた(やう)(かほ)をして、007四辺(あたり)をキヨロ キヨロ見廻(みまは)しながら、008(たがひ)(おもて)見合(みあは)苦笑(くせう)してゐた。009そこへ(なん)とも()れぬ(うつく)しい(をんな)一人(ひとり)010何処(どこ)からともなく(あら)はれ(きた)り、011四人(よにん)前後左右(ぜんごさいう)(まる)(じふ)(ゑが)いて足跡(あしあと)(いん)し、012一歩(ひとあし)々々(ひとあし)(しり)から欠伸(あくび)をしながら、013(くさ)(にほ)ひを遠慮(ゑんりよ)なく放出(はうしゆつ)し、014どこともなく足早(あしばや)姿(すがた)(かく)した。015四人(よにん)(はな)(つま)んで、016(いき)(ふさ)ぐばかりに(くるし)んでゐた。017サツと吹来(ふきく)一陣(いちぢん)(かぜ)に、018四辺(あたり)臭気(しうき)はスツカリ払拭(ふつしき)された。
019ガリヤ『あああ、020エライ()()うた。021(たぬき)にはつままれ、022(いたち)のお(ばけ)には()()がされ、023本当(ほんたう)()んだり()つたりな()()うた。024オイ(みな)連中(れんぢう)025長居(ながゐ)(おそ)れだ、026一時(いちじ)(はや)(この)()退却(たいきやく)しようぢやないか』
027ケース『(なん)()つても()(した)開山(かいざん)天下(てんか)力士(りきし)だ。028退却(たいきやく)(だん)じてやらない。029退却(たいきやく)(あと)にはキツト追撃(つゐげき)(ともな)ふものだ。030宣教師(せんけうし)(うしろ)には(かなら)大砲(たいはう)ありだ。031俺達(おれたち)(ひと)宣教師(せんけうし)となつた以上(いじやう)は、032大砲(たいはう)でも放射(はうしや)して、033(いたち)のお(ばけ)応戦(おうせん)せなくちや、034(この)(まま)予定(よてい)退却(たいきやく)出来(でき)ぬぢやないか。035(さいは)ひここに物見櫓(ものみやぐら)がある。036(この)(やぐら)陣取(ぢんど)つて、037(おほい)(だま)サレ(ぐみ)気焔(きえん)()げようぢやないか』
038『さうだな、039(なん)とかせなくちや馬鹿(ばか)らしくて(この)(まま)(かへ)(わけ)にも()かない。040マア(ひと)(うへ)(あが)つて悪魔(あくま)平定(へいてい)するか、041(あるひ)屁輪快議(へいわくわいぎ)でも(ひら)かうかな』
042(なん)()つても、043吾々(われわれ)因縁(いんねん)のある(この)物見櫓(ものみやぐら)だ。044百日(ひやくにち)以前(いぜん)俺達(おれたち)がここで羽振(はぶり)()かして()つた(ところ)だから、045(たれ)遠慮(ゑんりよ)はいらぬ。046(また)ランチ将軍様(しやうぐんさま)から払下(はらひさげ)になつたのでもなし、047(その)(まま)においてあるのだから、048特定(とくてい)持主(もちぬし)がある(はず)もない。049サア(あが)つたり(あが)つたり』
050(ここ)四人(よにん)は、051ランチ、052片彦(かたひこ)(こひ)伊達引(だてひき)をやつて、053幽界旅行(いうかいりよかう)をしたと()(あたら)しい歴史(れきし)(のこ)つた最高(さいかう)座敷(ざしき)陣取(ぢんど)つた。054(のぼ)つて()るとコトコトと押入(おしいれ)のスミから(おと)がするので、055ケースはコハゴハ()()けると、056以前(いぜん)()こき(をんな)(ちひ)さくなつて(ふる)うてゐる。057ケースは矢庭(やには)胸倉(むなぐら)をグツと()り、058押入(おしいれ)から引張(ひつぱ)()して、
059『コラあまつちよ、060失敬(しつけい)千万(せんばん)な、061武士(ぶし)(まへ)()()がすといふ(こと)があるか。062(なに)(これ)には理由(りいう)があらう、063サ、064一々(いちいち)白状(はくじやう)(いた)せ』
065『ハイ、066(わたし)はおならと(まを)します。067ここら界隈(かいわい)()つての()こき(をんな)で、068それが(ため)(むら)にもおいて(もら)へず、069(この)物見櫓(ものみやぐら)()いてゐるのを(さいは)ひ、070(むら)(しう)(おく)られて、071ここへ(はふ)()まれたのですよ。072そして(あま)(もの)()はすと、073()をたれるからと()つて、074()ふものもロクにくれず、075(はら)がへつてたまらないの。076そこへ(また)オナラが()()もなく()るものですから、077すいた(はら)(なほ)すいてたまりませぬ』
078『ハハハハア、079此奴(こいつ)アさうすると(いたち)(うま)(かは)りだな。080オイおならとやら、081貴様(きさま)随分(ずいぶん)綺麗(きれい)(つら)をしてゐるが、082どこに欠点(けつてん)はないけれど、083()たれるだけが尻点(けつてん)とみえるのう。084(なん)とかして(この)病気(びやうき)(なほ)してやりたいものだ、085(いな)ヘーユさして()たいものだ。086オイ初公(はつこう)087徳公(とくこう)088(なに)かいい(かんが)へはあるまいかの。089こんな(やつ)(そば)()ると、090何時(いつ)()をひられるか(わか)つたものぢやない。091本当(ほんたう)最前(さいぜん)()りてるからなア』
092(はつ)『これが所謂(いはゆる)屁和(へーわ)女神(めがみ)といふのだらうかい。093()といふものは随分(ずいぶん)笑顔(ゑがほ)のいいものだからなア』
094ケース『コリヤおならとやら、095(まへ)はそれだけ()()るといふと、096到底(たうてい)完全(くわんぜん)(をつと)()(わけ)には()くまいのう』
097『ハイ、098(わたし)一度(いちど)嫁入(よめいり)(いた)しましたが、099()(ため)失敗(しくじ)つて(かへ)つて()たのですよ』
100 一同(いちどう)は、
101『アハハハハハ』
102()けて(わら)ふ。
103ケース『ヤア面白(おもしろ)い、104()をこいて離縁(りえん)されたとは初耳(はつみみ)だ。105オイおならさま、106一寸(ちよつと)(その)顛末(てんまつ)()かして(もら)へまいかなア』
107『へーへー、108今更(いまさら)(かく)した(ところ)仕方(しかた)がありませぬ、109随分(ずいぶん)名高(なだか)(はなし)ですよ。110ヘコキのおならと()つたら、111(この)界隈(かいわい)()らぬ(もの)はありませぬ。112(わたし)のお(とう)さまは文助(ぶんすけ)113(かあ)さまはお(きう)()ひまして、114(わたし)がおならと(まを)します。115(わたし)今年(ことし)十八(じふはち)になつたものだから、116一寸(ちよつと)渋皮(しぶかは)()けた(ところ)から、117()こき(むすめ)でも、118随分(ずいぶん)矢入(やい)れが沢山(たくさん)あつて(こま)りましたのよ。119(なん)()つても、120(をんな)にスタリ(もの)はありませぬ。121……さて、122ピラトの(むら)平助(へいすけ)さまの(うち)嫁入(よめい)ることにきまりました(ところ)123(うち)のお(かあ)さまが(いま)までは、124自分(じぶん)(うち)だから、125何程(なにほど)()をひつても差支(さしつかへ)ないが、126他家(よそ)()つて花嫁(はなよめ)()こく外聞(ぐわいぶん)(わる)い。127それが不縁(ふえん)(もと)になつちやならないから、128辛抱(しんばう)して()れと仰有(おつしや)いました。129それで(わたし)正直(しやうぢき)(おや)言葉(ことば)(まも)り、130平助(へいすけ)さまの(よめ)になつても、131()()ないやう()()ないやうと(しり)(つめ)をしてきばつて()りましたが、132()逆流(ぎやくりう)して欠伸(あくび)となり、133(くさ)(くさ)(いき)()ますのよ。134それでもヤツパリ()ではないと(おも)うて、135ゴミを(にご)して()りましたが、136(からだ)はブウブウと(ふく)れて()る、137毎日(まいにち)日日(ひにち)(かほ)(あを)うなる、138どうにもかうにもこらへ()れなくなつたので、139一遍(いつぺん)(おや)(うち)(かへ)つて、140(おも)存分(ぞんぶん)()をひつて()ようと(おも)ひ、141(ふく)といふ(しうと)さまに、142何卒(どうぞ)一寸(ちよつと)(かへ)して(くだ)さいと(ねが)つた(ところ)143(ふく)さまの仰有(おつしや)るには……コレおなら、144(まへ)(わたし)(うち)()てから、145(わたし)親切(しんせつ)(つか)へて(くだ)さるなり、146平助(へいすけ)大事(だいじ)にしてくれるさうだから、147大変(たいへん)(よろこ)んでゐるのに、148(うち)(かへ)りたいといふのは、149(なに)()にいらぬのだ……と()はれましたので(わたし)(つつ)(かく)さず……(じつ)(ところ)は、150()()(やまひ)があつて、151こきたくてこきたくて仕方(しかた)がありませぬけれど、152(うち)のお(かあ)さまが、153(よめ)にいつたら、154(けつ)して()(ひと)つもこいちやならぬ。155もしそんな(こと)があつたら、156一遍(いつぺん)不縁(ふえん)になるぞと仰有(おつしや)いましたから、157それでようこかずに辛抱(しんばう)して()りましたら、158この(とほ)(ふく)れたので(ござ)います……と、159コハゴハ申上(まをしあ)げた(ところ)160(しうと)のお(ふく)さまも(ひら)けた(ひと)で……ナアニおなら、161そんな心配(しんぱい)はいるものか。162(まへ)()からしておならぢやないか。163()といふものは(わら)ひの(かみ)さまだから、164あいさに()(ひと)つもこい(もら)はなくちや家庭(かてい)面白(おもしろ)くない。165サアサア遠慮(ゑんりよ)はいらぬ。166鳴物入(なりものい)りで(よめ)(もら)つたと(おも)へば結構(けつこう)だ。167サアサアこいたりこいたり……と()よう()うて(くだ)さりました。168それを()くと()(たて)もたまらず、169(わたし)命令(めいれい)(くだ)さぬ(さき)に、170()(やつ)勝手(かつて)連発銃(れんぱつじう)(やう)に、171ポンポンポンと際限(さいげん)なく放出(はうしゆつ)し、172屁風(へかぜ)(いきほひ)で、173とうとう姑婆(しうとばあ)さまを天井(てんじやう)まで()()げて(しま)ひ、174(しうと)さまは天井裏(てんじやううら)にヘバリついて両手(りやうて)(あは)せ……コレコレおなら、175モウ沢山(たくさん)だ、176一時(いちじ)(はや)屁口(へぐち)をとめてたも……と仰有(おつしや)つたので、177(にはか)()めようと(おも)つても()まらず、178仕方(しかた)なしに平助(へいすけ)さまの着物(きもの)(しり)につめて、179ヤツトの(こと)屁口(へぐち)をとめました。180そした(ところ)が、181(にはか)屁風(へかぜ)がやんだので、182吹上(ふきあ)げられてゐたお(ばあ)さまが、183(かぜ)抵抗力(ていかうりよく)()れたとみえ、184パタツと(ねづみ)がおちたやうに、185座敷(ざしき)()(なか)にふん()びて()をまかして(しま)つた。186それから(また)もや()(しき)りに(もよほ)して()た。187エエ()(くそ)だと、188雪隠(せつちん)飛込(とびこ)み、189(しり)ひんまくつて放射(はうしや)した(ところ)190()るワ()るワ、191まるで火事(くわじ)太鼓(たいこ)のやうな(おと)がして()ましたよ。192ホホホホ、193(あま)りのことで、194(われ)ながらケツが(あき)れて雪隠(せつちん)(をど)る、195(おと)はポンポンとするので、196近所(きんじよ)合壁(がつぺき)から火事(くわじ)だと(おも)ひ、197杢平(もくへい)198田吾作(たごさく)199八助(はちすけ)どんや、200(その)(ほか)沢山(たくさん)連中(れんぢう)()つて()て、201火元(ひもと)はどこぢやどこぢやと()けまはる可笑(をか)しさ。202仕方(しかた)がないので、203屁元(へもと)はここだと(しり)(まく)つて()んで()ました。204それつきり平助(へいすけ)さまに愛想(あいさう)をつかされ、205(たちま)不縁(ふえん)となり、206平和(へいわ)家庭(かてい)(やぶ)れて、207(おや)(うち)へつき(もど)された(とき)残念(ざんねん)さ、208御推量(ごすゐりやう)して(くだ)さりませ、209アンアンアン ホホホホ』
210()いたり、211(わら)うたりやつてゐる。
212ケース『成程(なるほど)213随分(ずいぶん)(がう)ケツだな。214(おれ)豪傑(がうけつ)だと(おも)うてゐたが、215(まへ)のケツは(また)格別(かくべつ)だ、216古今無双(ここんむさう)のケツ(ぶつ)だ。217(おれ)ならそんな()こきさまなら、218(よろこ)んで妻君(さいくん)(もら)ふのだけれどなア』
219『お(まへ)さまは駄目(だめ)ですよ。220あの(くらゐ)()()がされて、221(はな)(まが)るのどうのと()つて(くや)むやうなこつては、222(わたし)(をつと)になる資格(しかく)はありませぬよ。223()(なか)には物好(ものずき)があつて、224平助(へいすけ)さまの(うち)()失敗(しくじ)つた(わたし)(もら)はうと()(かた)があつて、225(おな)在所(ざいしよ)のベコ(すけ)さまの(ところ)(もら)はれて()きました。226(ところ)がそこの姑婆(しうとばあ)さまがおキツというて、227本当(ほんたう)にキツくて、228悋気(りんき)がひどくて、229流石(さすが)のおならもやり()れない。230怪我(けが)拍子(ひやうし)()でもひらうものなら、231スツたもんだと()つて(くる)しめるので、232(わたし)(はら)()つてたまらず、233(めし)()きよつた(ところ)へ、234(ばあ)さまがやつて()て、235しつこ しつこ小言(こごと)をいふものだから、236正勝(まさか)(しうと)さまを(たた)(わけ)にも()かぬので、237(そば)()つた(ひつじ)(ばあ)さまに()てつけて、238もえ(ぐひ)でコン畜生(ちくしやう)()つてくらはした(ところ)239(ひつじ)()()がつき、240(ひつじ)(おどろ)いて藁小屋(わらごや)(うち)()()み、241(その)藁小屋(わらごや)()がついて、242とうとうベコ(すけ)さまの(いへ)()けてしまひ、243(また)(はふ)()され、244こんな(ところ)押込(おしこ)められて()るのだ。245本当(ほんたう)(こま)つたものですよ、246ヘヘヘヘ』
247(はつ)『プツプツプツプツ』
248ガリヤ『イヤもう、249(まへ)さまの経歴(けいれき)は、250ガリヤもスツカリ(うけたま)はりました。251其処(そこ)まで徹底(てつてい)すれば(えら)いものだ』
252『ねえ貴方(あなた)253さうでせう、254貴方(あなた)だつて、255へーたれさまと()つて、256毎日(まいにち)日日(ひにち)プツプツプツと(くち)からラツパを()いてゐたでせう。257(をとこ)(くち)から()()き、258(をんな)(しり)からラツパを()くのは当然(あたりまへ)ですわねえ』
259(とく)『オイおならさま、260(まへ)(みみ)(うご)くぢやないか、261チツと(とく)さまには可笑(をか)しいぞ』
262『ホホホホ、263(みみ)(うご)くのが可笑(をか)しいのかいな。264(いま)(みみ)から()(ころ)して()してるから、265(みみ)たぶが屁風(へかぜ)()れて(うご)いとるのだよ』
266『まるで化物(ばけもの)みたやうな(をんな)だなア』
267ガリヤ『徳公(とくこう)268化物(ばけもの)(はじ)めから(きま)つてるぢやないか。269此奴(こいつ)古鼬(ふるいたち)()けたのだ。270マア()(かく)271(おれ)(たぬき)(だま)された(はら)いせに、272(この)化鼬(ばけいたち)を、273(だま)されたやうな(かほ)して、274ガリヤが反対(あべこべ)(だま)してやつたのだよ……コリヤ(いたち)275どうだ、276間違(まちが)ひはあらうまいがな』
277間違(まちがひ)ありませぬよ、278最後屁(さいごぺ)をひつて()げませうか。279さうすりや、280(まへ)さま()(いき)がとまつて(しま)ふがな、281ホホホホ』
282()ひながら、283ブスツと(くさ)(やつ)をひつた。284そこら一面(いちめん)黄色(きいろ)になつて、285(はな)ふさがり(いき)つまり、286四人(よにん)は、287此奴(こいつ)はたまらぬと階段(かいだん)(くだ)るうち、288雪崩(なだれ)(ごと)くなつて階下(かいか)顛落(てんらく)し、289(うで)向脛(むかふずね)をうち、290四人(よにん)(とも)ウンウンと(うな)つてゐる。291春風(はるかぜ)はかむばしき(はな)()(おく)つて、292あけつ(ぱな)しの居間(ゐま)(とほ)つて()く。
293大正一二・二・九 旧一一・一二・二四 松村真澄録)