霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一九章 屁口垂(へこたれ)〔一三五五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第52巻 真善美愛 卯の巻 篇:第4篇 怪妖蟠離 よみ:かいようばんり
章:第19章 屁口垂 よみ:へこたれ 通し章番号:1355
口述日:1923(大正12)年02月09日(旧12月24日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年1月28日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
四人はおならと名乗るイタチの妖怪の屁に吹き飛ばされて負傷し、やけになって互いに川柳を口ずさんで体の痛みを紛らわそうとした。
それぞれひとしきり屁についての川柳をひねると、苦痛を忘れて笑い興じた。それから題なしの川柳にかかり、口々に思い思いのことをしゃべりだし笑いに紛らわした。
一同が出放題の句をひねり出して笑い興じていると、大きな足音をさせて、曲輪城の城主・高宮彦がやってきた。四人は、巨大な男が睨みつけているので驚いて内心打ちふるえている。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:233頁 八幡書店版:第9輯 463頁 修補版: 校定版:241頁 普及版:104頁 初版: ページ備考:
001 浮木(うきき)(もり)物見櫓(ものみやぐら)(うへ)から、002おならと名告(なの)妖怪(えうくわい)()()()ばされて階段(かいだん)から(ころ)()ち、003(あたま)(すね)(など)をしたたか負傷(ふしやう)したガリヤ、004ケース、005(はつ)006(とく)四人(よにん)はヤケ(くそ)になり、007(たがひ)川柳(せんりう)(くち)ずさみ、008身体(からだ)(いた)みを(わら)ひに(まぎ)らさむと(つと)めてゐた。
009ガリヤ『どうも俺達(おれたち)神様(かみさま)(いまし)めを()つたと()えて、010散々(さんざん)()()つたぢやないか。011(じつ)閉口頓首(へいこうとんしゆ)だ。012(ひと)川柳会(せんりうくわい)でも(もよほ)して(わら)はなくちや、013やりきれぬぢやないか。014(すべ)人間(にんげん)他愛(たあい)もなく(わら)(とき)は、015(すべ)ての苦痛(くつう)()(とき)だからな』
016ケース『(たぬき)につままれ()()()ばされたのだから、017()()(だい)()して、018(ひと)駄句(だく)らうぢやないか』
019 ガリヤ、020(はつ)021(とく)三人(さんにん)()()つて賛成(さんせい)した。
022ガリヤ『(たぬき)には(だま)されおならには(くさ)()
023()がされ何処(どこ)(をとこ)()たう』
024ケース『(くさ)()屁古垂(へこた)れよつて四人連(よにんづ)
025物見櫓(ものみやぐら)(また)閉口(へいこう)
026(はつ)『おならとは()()いてさへ(くさ)(やつ)
027(とく)(しり)()(くさ)曲津(まがつ)()()かれ
028()()(ごし)(ざま)(わる)さよ』
029ケース『グルグルと(はら)(なか)にて模様(もやう)なし。
030おとなしう()せて(かがと)()(ころ)し』
031(はつ)()()りに屋根(やね)から()りる宮大工(みやだいく)
032貴様等(きさまら)(なに)(わら)ふと隠居(いんきよ)()
033(とく)()(ろん)()くも流石(さすが)(をんな)なり。
034()()つて(よめ)雪隠(せつちん)()にくがり。
035()()つたより(くさ)いのはおならなり』
036ガリヤ『風呂中(ふろなか)()偶然(ぐうぜん)軽気球(けいききう)
037念仏(ねんぶつ)(とな)()()炬燵(こたつ)かな』
038ケース『()()つて(すそ)あふぎたる団扇(うちは)かな。
039(おれ)よりも(はる)上手(じやうず)屁放(へひ)(むし)
040(はつ)(なが)()沈香(ちんかう)()かず()()らず。
041(うま)()()りながら()春野(はるの)かな。
042(にぎや)かさ浮木(うきき)(もり)()()えず』
043(とく)()()つた長太郎(ちやうたらう)(さが)すお師匠(ししやう)さん。
044大笑(おほわら)下女(げぢよ)寝言(ねごと)()(まじ)り。
045幇間(たいこもち)(かね)になる()(みつ)()り』
046ガリヤ『(しうとめ)()()つたので()がほどけ。
047()()つて可笑(をか)しくもない独身者(ひとりもの)
048(しうとめ)()(よろこ)ぶも(いへ)大切(だいじ)
049ケース『女礼式(ぢよれいしき)(むし)(ころ)さず()(ころ)し。
050()(ころ)四辺(あたり)四五人(しごにん)かかり()ひ』
051(はつ)(おの)()をオヤオヤオヤと()にかづけ。
052(そと)()()雪隠(せつちん)居催促(ゐざいそく)
053(とく)風呂(ふろ)()発明(はつめい)したか水雷火(すゐらいくわ)
054紙張(かみばり)放屁風船(はうひふうせん)()空気(くうき)かな。
055()()つてもう十二時(じふにじ)とシヤレて()る。
056()(やう)理窟(りくつ)(おれ)(はな)(つま)み』
057ガリヤ『炬燵(こたつ)から(ねこ)(あき)れて()んで()る。
058蝋燭(らふそく)()()()した自慢振(じまんぶ)り。
059よい機嫌(きげん)便所(べんじよ)(うた)()()りつ。
060花嫁(はなよめ)()自動車(じどうしや)弁護(べんご)され。
061()種子(たね)最早(もはや)(これ)にてきれにけり』
062『アハハハハ』
063一同(いちどう)苦痛(くつう)(わす)れて(わら)(きよう)じた。064それより(だい)なしの川柳(せんりう)にかかり、065口々(くちぐち)(おも)(おも)ひの(こと)(しや)べり()(わら)ひに(まぎ)らした。
066ガリヤ『鉄道(てつだう)議事(ぎじ)(すみや)かに進行(しんかう)し。
067()にあまる()両親(ふたおや)(すね)かじり。
068身代(しんだい)()せて(かべ)まで(ほね)()し。
069(ころ)(はず)銀杏返(いてふがへ)しに()うた(かみ)
070ケース『(しの)(なか)竹藪(たけやぶ)だけが()つて()り。
071辻堂(つじだう)地蔵(ぢざう)横目(よこめ)(よだれ)くり。
072脱線(だつせん)一座(いちざ)下戸(げこ)(をり)()げ。
073貴方(あなた)だと()(ゆづ)()(むつま)じさ。
074()せた()戸棚(とだな)(すみ)愚痴(ぐち)()ひ。
075夕立(ゆふだち)座敷(ざしき)(なか)大盥(おほだらひ)
076(げい)なしは末座(まつざ)茶碗(ちやわん)(たた)くなり』
077(はつ)()()めを(はな)せば女房(にようぼう)()(しか)り。
078暢気者(のんきもの)欠伸(あくび)(ふし)をつけてゐる。
079酒機嫌(さけきげん)(など)とごまかす()くる(あさ)
080(とく)高島田(たかしまだ)(また)()蚊帳(かや)(なか)()れ。
081一方(いつぱう)(あし)(なが)いと跛足(びつこ)()ひ。
082小説(せうせつ)謀反人(むほんにん)かと下女(げぢよ)由井(ゆゐ)
083ガリヤ『昼花火(ひるはなび)物干竿(ものほしざを)追駆(おつか)ける。
084脱線(だつせん)汽車(きしや)寝転(ねころ)(はる)土手(どて)
085(はつ)戸棚(とだな)から(ねこ)真面目(まじめ)(かほ)()し。
086戸棚(とだな)から(くさ)いおならが(かほ)()し』
087(とく)『その(げい)()れたと息子(むすこ)負惜(まけをし)み』
088ガリヤ『アカンベエをさせて眼医者(めいしや)金貰(かねもら)ひ』
089ケース『釣竿(つりざを)暢気(のんき)(かほ)(はな)()ひ。
090洋服(やうふく)職工(しよくこう)下駄(げた)穿()いて()る。
091芸者論(げいしやろん)浮世(うきよ)馬鹿(ばか)喧嘩腰(けんくわごし)
092ガリヤ『家柄(いへがら)目方(めかた)にかける持参金(ぢさんきん)
093新聞(しんぶん)()(こと)にする(とほ)火事(くわじ)
094ケース『強情(がうじやう)線香(せんかう)(きう)がおつかける。
095死顔(しにがほ)碁石(ごいし)(にぎ)つてかけつける』
096(はつ)食卓(しよくたく)(また)もめて()子沢山(こだくさん)
097話中(はなしちう)受話器(じゆわき)をヤケにひきかける。
098欠伸(あくび)から欠伸(あくび)(うつ)()(なが)さ。
099()(かほ)へキマリの(わる)挨拶(あいさつ)し』
100(とく)牛肉屋(ぎうにくや)下駄(げた)(なら)べて(きやく)()き。
101三味太鼓(しやみたいこ)(ゆゑ)浮世(うきよ)()てられぬ』
102ガリヤ『失敗(しつぱい)(むし)(ころ)して持参金(ぢさんきん)
103物干(ものほし)屋根(やね)(はな)すは(とほ)火事(くわじ)
104ケース『強情(がうじやう)(なほ)すに乳母(うば)智慧(ちゑ)()り。
105()()らぬ団子(だんご)子供(こども)(くし)をなめ。
106食卓(しよくたく)(つくゑ)(かは)二階借(にかいがり)
107(はつ)立聞(たちぎき)(はなし)がすむと咳払(せきばら)ひ。
108夜長(よなが)さや盗人(ぬすびと)(めし)()つて()げ。
109(かほ)だけは()ぬいても写真(しやしん)(もの)()はず』
110(とく)茶柱(ちやばしら)にすねて()(ほど)よい(をんな)
111()()くと()(まま)亭主(ていしゆ)(かへ)()ず。
112炬燵(こたつ)から()()してゐる年賀状(ねんがじやう)
113初夢(はつゆめ)追駆(おつか)けられて(あせ)をかき』
114ガリヤ『(のみ)()(あと)から(あと)(ゆび)()び。
115乞食(こじき)にはデモクラシーでくれぬなり。
116意気地(いくぢ)なし()()らされて顛落(てんらく)し』
117ケース『一笑(ひとわら)ひさせて弁士(べんし)(やみ)()え。
118湯豆腐(ゆどうふ)粉々(こなごな)になつて()ひつぶれ。
119茶柱(ちやばしら)無線電話(むせんでんわ)装置(さうち)あり』
120(はつ)()(れい)背中(せなか)(なが)(にぎ)やかさ。
121(あきら)めの(わる)(をとこ)年賀状(ねんがじやう)
122(とく)勝手(かつて)から八百屋(やほや)(あせ)(くび)()し。
123(のみ)()(はなし)他所(よそ)()んで(しま)ひ。
124(しま)風呂(ぶろ)デモクラシー風邪(かぜ)()き』
125(はつ)地団駄(ぢだんだ)他人(たにん)にふます意気地(いくぢ)なし。
126悲劇物(ひげきもの)()(ほど)弁士(べんし)()められる』
127(とく)湯豆腐(ゆどうふ)(さら)(めくら)(はし)()れ。
128居催促(ゐざいそく)どつちも()きたやうな(かほ)
129四股(しこ)()んで(かかあ)塵紙(ちりがみ)倹約(けんやく)し。
130前垂(まへだれ)塵紙(ちりがみ)さんの代理(だいり)をし。
131居催促(ゐざいそく)煙管(きせる)をむごい()()はし』
132 ()出放題(ではうだい)()(ひね)()(わら)(きよう)じてゐる。133そこへドシン ドシンと(おほ)きな足音(あしおと)をさせてやつて()たのは曲輪城(まがわじやう)城主(じやうしゆ)高宮彦(たかみやひこ)であつた。134高宮彦(たかみやひこ)四人(よにん)姿(すがた)()て、135(くち)をモヂモヂさせながら無言(むごん)(まま)(にら)みつけてゐた。136四人(よにん)はあまり巨大(きよだい)(をとこ)姿(すがた)(やや)(おどろ)きを(かん)じ、137内心(ないしん)(ひそ)かに打慄(うちふる)うてゐる。
138大正一二・二・九 旧一一・一二・二四 北村隆光録)