霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/2/16 パソコンのキーボード操作だけでページ移動ができるようにアクセスキーを付けました。詳細はこちら
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二〇章 険学(けんがく)〔一三五六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第52巻 真善美愛 卯の巻 篇:第4篇 怪妖蟠離 よみ:かいようばんり
章:第20章 険学 よみ:けんがく 通し章番号:1356
口述日:1923(大正12)年02月09日(旧12月24日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年1月28日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
四人は、妖幻坊の高宮彦の巨大な姿にうち驚き、心に深く神を念じて助けを祈っていた。妖幻坊の高宮彦は四人の素性を並べ立て、ひとつ風が吹けばまた悪道へ逆転するだろうと嘲笑した。
ガリヤはやっきになって、自分の信仰の堅固なことをまくしたて、高宮彦を妖怪変化と疑い、どうやって短期間にここに立派な城郭を建てたのか説明を迫った。
高宮彦は、自分は元は三五教の宣伝使・時置師の杢助だったが、思うところあって斎苑の館を脱退し、ここに君臨しているのだと明かした。そして四人に、ここに休息して実地を見学するよう勧めた。
一同は高宮彦の案に賛成したが、ガリヤは心の内ではうまくだまされたように装って帰順させるか退治しなくてはならない、と考えていた。
妖幻坊は、自分の娘・初稚姫が逗留しているから、会ってくれるように頼んだ。そして、四人の中に初稚姫の婿候補がいるかのように発言し、四人の気を引こうとした。ガリヤは相変わらず高宮彦を警戒していたが、他の三人は、自分こそ初稚姫の婿候補ではないかと騙されてしまった。
美しい城内の庭園をよこぎり、豪華な門をいくつもくぐって玄関口に着いた。七宝で飾られた椅子やテーブルが並べられ、八人の美しい美女が四人の手を一本ずつ取り、居間へ導いた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:243頁 八幡書店版:第9輯 466頁 修補版: 校定版:252頁 普及版:107頁 初版: ページ備考:
001 四人(よにん)妖幻坊(えうげんばう)変化(へんげ)なる高宮彦(たかみやひこ)巨大(きよだい)姿(すがた)内心(ないしん)打驚(うちおどろ)きながら、002(こころ)(ふか)(かみ)(ねん)じ、003(わが)()危害(きがい)(くは)へらるる(こと)あらば、004(すみやか)(たす)(たま)へと(いの)つてゐた。005妖幻坊(えうげんばう)はカラカラと打笑(うちわら)ひ、
006(その)(はう)はハルナの(みやこ)大黒主(おほくろぬし)部下(ぶか)007ランチ、008片彦将軍(かたひこしやうぐん)(そば)(ちか)(つか)へて()つたガリヤ、009ケースであらうがな。010そして二人(ふたり)初公(はつこう)011徳公(とくこう)両人(りやうにん)012随分(ずいぶん)貴様(きさま)悪事(あくじ)にかけては抜目(ぬけめ)のない代物(しろもの)だ。013(いま)殊勝(しゆしよう)らしく三五(あななひ)(をしへ)帰順(きじゆん)してゐるが、014(ひと)(かぜ)()けば、015(また)もや悪道(あくだう)逆転(ぎやくてん)(いた)代物(しろもの)だらう。016ても()ても意気地(いくぢ)のないヘゲタレ(をとこ)だなあ、017アハハハハ』
018嘲弄(てうろう)されてガリヤは躍起(やくき)となり、019両手(りやうて)(こぶし)(にぎ)り、020()ぎしりをしながら、
021拙者(せつしや)如何(いか)にもバラモン(ぐん)(つか)へて()つたガリヤである。022(しか)しながら(けつ)して変心(へんしん)(いた)(やう)意気地(いくぢ)なしでは(ござ)らぬぞ。023(まこと)(みち)(さと)つた(うへ)は、024将軍(しやうぐん)よりも城主(じやうしゆ)よりも(たふと)いのは宣伝使(せんでんし)だ。025堂々(だうだう)たる大黒主(おほくろぬし)三軍(さんぐん)叱咤(しつた)し、026生殺与奪(せいさつよだつ)(けん)(にぎ)つて世界(せかい)睥睨(へいげい)し、027ハルナの(みやこ)金殿玉楼(きんでんぎよくろう)(かま)へ、028城寨(じやうさい)(きづ)いて、029堅牢無比(けんらうむひ)鉄壁(てつぺき)(かま)へてゐるなれども、030拙者(せつしや)左様(さやう)なものが(なん)になるか。031(てん)(そび)ゆる天主閣(てんしゆかく)隅櫓(すみやぐら)032まつた、033大理石(だいりせき)(もつ)(たた)()げられた王宮(わうきう)034左様(さやう)なものは(いま)にメチヤ メチヤになつて(しま)ふであらう。035そして(その)(あと)満目荒涼(まんもくくわうりやう)たる雑草(ざつさう)野辺(のべ)(へん)じ、036八重葎(やへむぐら)(のき)(しげ)るに(まか)すのみ、037果敢(はか)なき運命(うんめい)(おちい)るは()のあたりだ。038(その)(ごと)(この)高宮城(たかみやじやう)も、039やがては凋落(てうらく)運命(うんめい)(おちい)るであらう。040高宮彦(たかみやひこ)(なん)だ。041曲輪城(まがわじやう)城主(じやうしゆ)(なに)(えら)い。042愛善(あいぜん)(とく)信真(しんしん)(ひかり)によつて、043永久不滅(えいきうふめつ)生命力(せいめいりよく)(いう)する信仰(しんかう)(その)ものより(ほか)には、044()(なか)(けつ)して(たふと)きものはない(はず)だ。045()(なか)利巧(りかう)愚物(ぐぶつ)俗漢(ぞくかん)が、046畢生(ひつせい)事業(じげふ)とか、047政権(せいけん)とか、048利益(りえき)とか、049株式(かぶしき)だとか()つてゐるやうな、050十年(じふねん)もたたずに(ほろ)びて(しま)ふやうなものが(なん)になるか。051吾々(われわれ)(この)真理(しんり)(さと)つたが(ゆゑ)に、052バラモンの軍籍(ぐんせき)をすてて、053永久不滅(えいきうふめつ)生命(せいめい)()るべく信仰(しんかう)(みち)辿(たど)つたのだ。054(なん)高宮彦(たかみやひこ)055吾々(われわれ)(もと)バラモン(ぐん)営所(えいしよ)何時(いつ)()にか修繕(しうぜん)(いた)し、056(だま)つて占領(せんりやう)(いた)すとは不都合(ふつがふ)ぢやないか。057サア、058(たれ)にこたへて、059斯様(かやう)立派(りつぱ)城廓(じやうくわく)(つく)つたのだ。060返答(へんたふ)()かして(もら)はうかい』
061何時(いつ)()にやら恐怖心(きようふしん)何処(どこ)へか()つて、062(うで)()()り、063勇気(ゆうき)百倍(ひやくばい)して無性矢鱈(むしやうやたら)(しやべ)()した。064妖幻坊(えうげんばう)大口(おほぐち)をあけて高笑(たかわら)ひ、
065『アツハハハハ、066(たた)くな(たた)くな、067へらず(ぐち)(たた)いてそれが(なん)になる。068(すゑ)(ひやく)より(いま)五十(ごじふ)069人間(にんげん)(ふと)(みじか)(くら)せば()いのだ。070コリヤ(その)(はう)(ども)071(わが)城内(じやうない)(きた)つて(その)荘厳(さうごん)()たれ、072(かつ)物質的(ぶつしつてき)方面(はうめん)如何(いか)荘厳優美(さうごんいうび)にして(かつ)華美(くわび)なるかを、073チツとは研究(けんきう)したがよからうぞ。074何事(なにごと)見学(けんがく)(ため)だ。075どうだ、076城主(じやうしゆ)直接(ちよくせつ)(ゆる)すといふのだから大丈夫(だいぢやうぶ)だらう』
077ガリヤ『ヤア、078高宮彦(たかみやひこ)とやら、079(わづ)三四ケ月(さんしかげつ)(あひだ)に、080斯様(かやう)立派(りつぱ)普請(ふしん)をなさるとは、081ガリヤに()つては不審(ふしん)千万(せんばん)082合点(がてん)(まゐ)らぬで(ござ)る。083そして(この)浮木(うきき)(もり)妖怪変化(えうくわいへんげ)出没(しゆつぼつ)し、084行人(かうじん)(くる)しむるや(じつ)名状(めいじやう)(べか)らざる魔窟(まくつ)である。085斯様(かやう)(ところ)城廓(じやうくわく)(かま)へるやうな(やつ)は、086(ただ)(たぬき)ぢやあるまい、087()()いた化物(ばけもの)はすつ()時分(じぶん)だ、088サ、089どいたりどいたり』
090『アハハハハ、091(うたがひ)御尤(ごもつと)千万(せんばん)092拙者(せつしや)(けつ)して(あや)しき(もの)では(ござ)らぬ。093(もと)拙者(せつしや)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)なりしが、094(おも)仔細(しさい)あつて、095斎苑(いそ)(やかた)脱退(だつたい)し、096(わが)()高宮彦(たかみやひこ)(あらた)めて、097ここに君臨(くんりん)(いた)したものだ。098(その)(はう)三五(あななひ)(みち)帰順(きじゆん)した以上(いじやう)は、099一度(いちど)ここへ参拝(さんぱい)(いた)さねばなるまい。100(じつ)(ところ)は、101(それがし)初稚姫(はつわかひめ)父親(てておや)なる時置師(ときおかし)杢助(もくすけ)だ。102どうぢや、103一度(いちど)休息(きうそく)して()()はないか』
104『どうも合点(がつてん)()かぬ(こと)になつて()た。105ああ(しか)しながら(この)浮木(うきき)(もり)吾々(われわれ)(やや)(しば)()みなれて、106地理(ちり)もよく()()れば、107有為天変(うゐてんぺん)()有様(ありさま)目撃(もくげき)するも(また)一興(いつきよう)108(しか)らば御免(ごめん)(かうむ)つて拝見(はいけん)さして(いただ)かうかな。109各方(おのおのがた)如何(いかが)(ござ)るかな』
110とガリヤは三人(さんにん)()ひかけた。111三人(さんにん)無言(むごん)のまま(くび)()げて賛成(さんせい)()(へう)した。
112(しか)らば高宮彦(たかみやひこ)殿(どの)113ガリヤ以下(いか)一同(いちどう)114御世話(おせわ)になりませう』
115(くち)ではキツパリ()(はな)つたものの、116(こころ)(うち)(おも)ふやう、117此奴(こいつ)アどうしても妖怪(ばけもの)親玉(おやだま)相違(さうゐ)ない。118此方(こちら)(はう)から(うま)(だま)されたやうな(ふう)(よそほ)ひ、119スツカリ様子(やうす)(かんが)へた(うへ)120三五教(あななひけう)神力(しんりき)帰順(きじゆん)させるか、121(ただし)根底(こんてい)から()(ほろ)ぼしてやるか(ふた)つに(ひと)つの思案(しあん)だ。122これも(なに)かの神様(かみさま)のお仕組(しぐみ)だらう……と(こころ)にうなづきながら、123さあらぬ(てい)にて妖幻坊(えうげんばう)言葉(ことば)(したが)(こと)となつた。124妖幻坊(えうげんばう)(にはか)顔色(かほいろ)(やは)らげ、125言葉(ことば)叮嚀(ていねい)に、
126『イヤ各方(おのおのがた)127それでこそ三五(あななひ)のピユリタンで(ござ)る。128拙者(せつしや)(むすめ)初稚姫(はつわかひめ)(おく)(ひか)()れば、129一度(いちど)()つてやつて(くだ)さい。130(おや)(くち)から()めるぢやないが、131(じつ)天稟(てんりん)美貌(びばう)だ。132こんな武骨(ぶこつ)(をとこ)に、133なぜあんな(むすめ)出来(でき)たかと(おも)へば(じつ)不思議(ふしぎ)だ。134(これ)(えう)するに(てん)配剤(はいざい)でせう、135アハハハハ』
136(なん)仰有(おつしや)います、137有名(いうめい)初稚姫(はつわかひめ)(さま)がお(いで)になつて()りますか。138ソリヤ一度(いちど)ガリヤも是非(ぜひ)()にかかりたいもので(ござ)います』
139 ケースは、
140『まだ独身(どくしん)でゐられますかな』
141『ハイ、142独身者(どくしんしや)(ござ)いますよ。143どうか適当(てきたう)(をつと)があれば、144()たせたきものと、145親心(おやごころ)(あさ)(ゆふ)なに(いの)つて()りました。146どうやらここに初稚姫(はつわかひめ)(をつと)として(はづ)かしからぬ御方(おかた)が、147たつた一人(ひとり)(まじ)つて(ござ)るやうだ。148イヤ(これ)(てん)時節(じせつ)()たので(ござ)らう、149アハハハハ』
150 ガリヤは(なに)151(この)妖怪(ばけもの)()152(その)()()はぬぞ……と(はら)(なか)できめてゐたが、153ケース(ほか)二人(ふたり)はスツカリ降参(まゐ)つて(しま)ひ、154そして(この)(なか)初稚姫(はつわかひめ)婿(むこ)となるべき(もの)があると()つたのは(たれ)であらうか、155ヒヨツトしたら(おれ)であるまいかなどと、156(たがひ)にニコニコしながら()いて()く。
157ケース『エーもし城主様(じやうしゆさま)158初稚姫(はつわかひめ)(さま)(をつと)になるやうな(をとこ)は、159ケースの()からは、160生憎(あいにく)此処(ここ)には()らないぢやありませぬか。161(いづ)れもへボクチヤ(をとこ)ばかりですからな。162(この)(なか)一人(ひとり)は、163それでも可成(かな)及第(きふだい)する(やつ)があるかも()れませぬな』
164『どうか(その)(かた)養子(やうし)となし、165ここの城主(じやうしゆ)になつて(もら)ひたいものだ』
166成程(なるほど)167(じつ)立派(りつぱ)なお屋敷(やしき)(ござ)いますな。168(わたし)将軍(しやうぐん)副官(ふくくわん)をして()つた(とき)にや、169半永久的(はんえいきうてき)建物(たてもの)で、170()(かげ)もなき粗末(そまつ)至極(しごく)陣営(ぢんえい)でしたが、171貴方(あなた)御神力(ごしんりき)(えら)いものです。172少時(しばし)()斯様(かやう)(こと)にならうとは、173(この)ケース、174(じつ)(ゆめ)にも(おも)ひませぬでした。175(じつ)立派(りつぱ)なもので(ござ)いますワ。176(わたし)(この)(やう)(おや)()ちたいもので(ござ)います、177オホホホホ』
178『サ、179(わたし)のやうな(をとこ)にでも、180()になつてくれる(ひと)がありませうかな。181初稚姫(はつわかひめ)()たら、182さぞ(この)四人(よにん)(うち)一人(ひとり)()をつけて(よろこ)(こと)でせうよ』
183『そして貴方(あなた)のお()()まつた(をとこ)といふのは(たれ)(ござ)いますか。184(じるし)ですか、185(ただし)はハかトかケか、186どちらで(ござ)いませうな』
187『ケのつくお(かた)でせう』
188 ガリヤは、
189『ハハハハ、190ケのつく、191獣先生(けものせんせい)にはよい対象(たいしやう)だ、192ハハハハ、193ヤツパリ霊相応(みたまさうおう)かな』
194(つぶや)いた。195されど妖幻坊(えうげんばう)()連中(れんぢう)も、196一生懸命(いつしやうけんめい)(はなし)()()つて、197ガリヤの(ささや)きに()()かなんだ。
198 (やうや)くにして(すみれ)199蒲公英(たんぽぽ)200紫雲英(げんげ)などの(うつく)しく()きみちた城内(じやうない)広庭(ひろには)をよぎりながら、201金色燦爛(きんしよくさんらん)たる(へだ)ての(もん)(いく)つともなく(くぐ)つて玄関口(げんくわんぐち)についた。202ここには七宝(しつぱう)をもつて(かざ)られたる卓子(テーブル)椅子(いす)(なら)べられ、203(おほ)きな(かめ)芳香(はうかう)馥郁(ふくいく)として()きみちたる白梅(しらうめ)(はな)()けられてあつた。204妖幻坊(えうげんばう)高宮彦(たかみやひこ)(さき)()つて、205玄関(げんくわん)(のぼ)()く。206八人(はちにん)(うつく)しい美女(びぢよ)満面(まんめん)(ゑみ)(たた)へて、207四人(よにん)()一本(いつぽん)づつ()り、208(おのおの)居間(ゐま)(みちび)いて()く。
209大正一二・二・九 旧一一・一二・二四 松村真澄録)