霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/2/16 パソコンのキーボード操作だけでページ移動ができるようにアクセスキーを付けました。詳細はこちら
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二七章 胎蔵(たいざう)〔一三六三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第52巻 真善美愛 卯の巻 篇:第5篇 洗判無料 よみ:せんばんむりょう
章:第27章 胎蔵 よみ:たいぞう 通し章番号:1363
口述日:1923(大正12)年02月10日(旧12月25日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年1月28日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
時置師神杢助は、八街の審判神伊吹戸主と館の一間で対談していた。杢助は、高姫が多くの人間を惑わすので、神素盞嗚大神の命により、しばらく現界に帰さないようにしてほしいと依頼した。
しかし高姫の寿命はまだ二十八年残っており、あまり長く霊界にとどめ置くと、肉体に戻れなくなってしまう。杢助は、二三年後に霊界にやってくる女の肉体に、代わりに高姫の精霊を戻すようにしてほしいと依頼した。
伊吹戸主神は、三年後に霊界にやってくる女があるから、それまで高姫をここに留め置いて、三年後にその女の肉体に高姫の精霊を宿し、二十八年間現界で生かすよう取り計らうことになった。
杢助は神素盞嗚大神に高姫の処遇を復命するため、獅子にまたがって斎苑の館に戻って行った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:314頁 八幡書店版:第9輯 493頁 修補版: 校定版:323頁 普及版:143頁 初版: ページ備考:
001 時置師神(ときおかしのかみ)杢助(もくすけ)は、002ライオンを守衛(しゆゑい)(あづ)けおき、003八衢(やちまた)審判神(しんぱんしん)伊吹戸主(いぶきどぬし)(やかた)(すす)()り、004(おく)一間(ひとま)(おい)伊吹戸主(いぶきどぬし)二人(ふたり)対談(たいだん)をやつてゐる。
005『ああ時置師神(ときおかしのかみ)(さま)006随分(ずいぶん)宣伝(せんでん)はお(ほね)()れる(こと)でせうなア、007御苦心(ごくしん)(さつ)(まを)します』
008『ドーモ(くも)()つた()(なか)で、009吾々(われわれ)(ごと)人間(にんげん)神様(かみさま)御思召(おぼしめし)万分一(まんぶいち)(はたら)(こと)出来(でき)ませぬので、010(じつ)慙愧(ざんき)(いた)りで(ござ)います。011つきましては今度(こんど)(たづ)(いた)しましたのは、012神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)(さま)御命令(ごめいれい)()つてで(ござ)います。013三五教(あななひけう)()りました高姫(たかひめ)()(をんな)014(かれ)行状(ぎやうじやう)(つい)ては(じつ)(こま)つたもので(ござ)います。015兇党界(きようたうかい)精霊(せいれい)016妖幻坊(えうげんばう)なる妖怪(えうくわい)誑惑(きやうわく)され、017それをば(わたし)(おも)()み、018彼方(あちら)此方(こちら)時置師(ときおかし)杢助(もくすけ)をふり(まは)すので()(なか)人間(にんげん)非常(ひじやう)(まよ)ひます。019それ(ゆゑ)今度(こんど)霊界(れいかい)(まゐ)つたのを(さいは)ひ、020(しばら)くの(あひだ)現界(げんかい)(かへ)さないやうに取計(とりはか)らつて(もら)ひたいものです』
021成程(なるほど)022大神様(おほかみさま)御言葉(おことば)023(なん)とか(いた)さねばなりますまい。024(しか)しながら(かれ)高姫(たかひめ)は、025()生死簿(せいしぼ)()れば二十八年(にじふはちねん)(あひだ)寿命(じゆみやう)(のこ)つて()ります。026霊界(れいかい)()()くのは御易(おやす)(こと)(ござ)いますが、027どうしても(かれ)現界(げんかい)(かへ)さねばならぬもの、028(あま)(なが)()()けば、029(その)肉体(にくたい)(やく)()たないやうになつて(しま)ひます。030(その)肉体(にくたい)()へても差支(さしつかへ)なくば、031(なん)とか取計(とりはか)らひませう』
032『どうか二三年(にさんねん)(あひだ)此処(ここ)御止(おと)めを(ねが)ひ、033三年(さんねん)(さき)になつて霊界(れいかい)(きた)るべき(をんな)肉体(にくたい)高姫(たかひめ)精霊(せいれい)宿(やど)(くだ)さいますれば、034大変(たいへん)都合(つがふ)()いでせう』
035 伊吹戸主神(いぶきどぬしのかみ)(しばら)()()ぢ、036思案(しあん)をしてゐたが、037やがて打肯(うちうなづ)いて、
038『イヤ(よろ)しう(ござ)います。039適当(てきたう)肉体(にくたい)三年後(さんねんご)霊界(れいかい)()るのが(ござ)いますから、040その肉体(にくたい)高姫(たかひめ)精霊(せいれい)宿(やど)し、041二十八年間(にじふはちねんかん)現界(げんかい)()かす(こと)取計(とりはか)らひませう』
042『イヤ、043それは(じつ)有難(ありがた)(ござ)います。044左様(さやう)なれば御免(ごめん)(かうむ)りませう』
045時置師神(ときおかしのかみ)(さま)046エー(いま)此処(ここ)大原敬助(おほはらけいすけ)片山狂助(かたやまきやうすけ)047高田悪次郎(たかだあくじらう)などの大悪党(だいあくたう)()(まゐ)りましたが、048(いま)審判(しんぱん)(ひら)けますから、049一寸(ちよつと)傍聴(ばうちやう)なさつては如何(いかが)ですか。050高姫(たかひめ)(これ)から審判(しんぱん)(はじ)まります』
051『イヤもう、052高姫(たかひめ)()るとすれば折角(せつかく)ながら()めませう、053ハハハハハ』
054『たつて御勧(おすす)めはいたしませぬ。055左様(さやう)ならば大神様(おほかみさま)宜敷(よろし)仰有(おつしや)つて(くだ)さいませ。056(わたし)はこれより審判(しんぱん)(まゐ)ります』
057とツイと()つて廊下(らうか)(つた)審判廷(しんぱんてい)()く。058杢助(もくすけ)守衛(しゆゑい)()んでライオンを()(きた)らしめ、059ヒラリと(せな)(またが)り、060ウーツとライオンの一声(いつせい)(あた)りを(とどろ)かせながら、061一目散(いちもくさん)にウブスナ(やま)方面(はうめん)()して中空(ちうくう)(かけ)(かへ)つて()く。
062中有界(ちううかい)八衢(やちまた)
063伊吹戸主(いぶきどぬし)永久(とこしへ)
064(しづ)まりまして(まよ)()
065数多(あまた)精霊(せいれい)一々(いちいち)
066(はかり)にかけて取調(とりしら)
067清浄(せいじやう)無垢(むく)霊魂(たましひ)
068(おのおの)所主(しよしゆ)(あい)()
069高天原(たかあまはら)霊国(れいごく)
070三階段(さんかいだん)天国(てんごく)
071霊相応(みたまさうおう)(おく)りやり
072極悪無道(ごくあくぶだう)精霊(せいれい)
073(ただ)ちに地獄(ぢごく)()(くだ)
074(ぜん)ともつかず(また)(あく)
075(つよ)からざりし精霊(せいれい)
076一定(いつてい)期間(きかん)中有(ちうう)
077世界(せかい)(ひろ)(はな)ちやり
078いよいよ(みたま)(きよ)まりて
079高天原(たかあまはら)(のぼ)るべく
080(あい)(ぜん)との(とく)()
081(しん)(しん)との()(みが)
082(さと)()たりし精霊(せいれい)
083(みな)天国(てんごく)(のぼ)しやり
084()(あらた)めず何時(いつ)(まで)
085悪心(あくしん)(つよ)精霊(せいれい)
086(なみだ)(はら)暗黒(あんこく)
087地獄(ぢごく)(おと)(たま)ふなり
088(いま)(あら)はれし敬助(けいすけ)
089片山狂介(かたやまきやうすけ)悪次郎(あくじらう)
090(みぎ)三人(さんにん)兇悪(きようあく)
091いと厳格(げんかく)審判(しんぱん)
092(くだ)され(ただ)ちに暗黒(あんこく)
093地獄(ぢごく)(そこ)(おと)されて
094無限(むげん)永苦(えいく)()むるべく
095両手(りやうて)(まへ)にぶら()げて
096意気消沈(いきせうちん)為体(ていたらく)
097(かほ)(あを)ざめてブルブルと
098(ふる)(をのの)相好(さうがう)
099(たちま)(かは)妖怪(えうくわい)
100()るも(あさ)まし姿(すがた)なり
101(あと)(きた)りし呆助(はうすけ)
102おつやの二人(ふたり)姦通(かんつう)
103大罪悪(だいざいあく)(さば)かれて
104色欲界(しきよくかい)地獄道(ぢごくだう)
105(みぎ)(ひだり)立別(たちわか)
106さも(かな)しげに(すす)()
107(つづ)いて高姫神司(たかひめかむつかさ)
108伊吹戸主(いぶきどぬし)にさばかれて
109此処(ここ)三年(さんねん)(その)(あひだ)
110中有界(ちううかい)()()され
111荒野(あらの)彷徨(さまよ)ひいろいろと
112艱難(かんなん)辛苦(しんく)(あぢ)はひつ
113我情(がじやう)我慢(がまん)(くも)()
114(やうや)(まこと)(ひと)となり
115(また)現界(げんかい)(あら)はれて
116三五教(あななひけう)御為(おんため)
117(まこと)(つく)()たりしが
118(ふたた)情念(じやうねん)勃発(ぼつぱつ)
119妖幻坊(えうげんばう)(だま)されて
120印度(いんど)(くに)のカルマタの
121とある丘陵(きうりよう)()(ひそ)
122妖幻坊(えうげんばう)諸共(もろとも)
123悪事(あくじ)(かぎ)りを(つく)すこそ
124()にもうたてき次第(しだい)なり
125()()(きた)霊界(れいかい)
126(まこと)(うつ)物語(ものがたり)
127五十二年(ごじふにねん)時津風(ときつかぜ)
128みろく胎蔵(たいざう)(かぎ)()
129苦集滅道(くしふめつだう)(あきら)かに
130()(さと)()みろく(しん)
131小松林(こまつばやし)精霊(せいれい)
132(きよ)みたま()たせつつ
133(この)()(みちび)予言者(よげんしや)
134(きた)りて(みち)伝達(でんたつ)
135世人(よびと)(あまね)天国(てんごく)
136(みちび)(たま)御厚恩(ごこうおん)
137無下(むげ)には()てな諸人(もろびと)
138三五教(あななひけう)大本(おほもと)
139参来(まゐき)(つど)へる信徒(まめひと)
140(もも)(つかさ)村肝(むらきも)
141(こころ)(しづ)(むね)()
142()ててよくよく(さと)るべし
143ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
144御霊(みたま)(さち)はひましませよ
145(あさひ)()るとも(くも)るとも
146(つき)()つとも()くるとも
147仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
148(うみ)はあせなむ()ありとも
149(かみ)のよさしの言霊(ことたま)
150幾万劫(いくまんごふ)(すゑ)(まで)
151()きせぬものと覚悟(かくご)して
152これの(をしへ)をよく(しん)
153(あい)(ぜん)との(とく)()
154(しん)(しん)との(ひかり)をば
155()(かがや)かし惟神(かむながら)
156智慧証覚(ちゑしようかく)摂受(せつじゆ)して
157(この)()(この)(まま)天人(てんにん)
158(れつ)(くは)はり人生(じんせい)
159(きよ)本務(ほんむ)(つく)すべし
160(かみ)吾等(われら)(とも)にあり
161(かみ)(なんぢ)(とも)にます
162(ひと)(かみ)()(かみ)(みや)
163(かみ)より(ほか)(つゑ)となり
164(はしら)となりて()(すく)
165(たふと)きものはあらざらめ
166(あふ)(ゐやま)諸人(もろびと)
167(かみ)御水火(みいき)(うま)()
168(かみ)(つく)りし(くに)()
169(かみ)(あた)へし(あは)()
170(かみ)(まこと)(をしへ)をば
171(こころ)(ふか)植込(うゑこ)みて
172(つか)(あひだ)(わす)るなよ
173(ひと)(ひと)たる(その)(ゆゑ)
174皇大神(すめおほかみ)神格(しんかく)
175(その)()にうけて神界(しんかい)
176御用(ごよう)(つか)ふる(ため)ぞかし
177ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
178(かみ)御前(みまへ)赤心(まごころ)
179(ささ)げて感謝(かんしや)(たてまつ)る。
180惟神(かむながら)(かみ)御言(みこと)(かしこ)みて
181五十二巻(いそふたまき)()(をは)りける。
182(をし)()(ふで)とらせつつ(とこ)()
183寝物語(ねものがたり)(もの)せし(この)(ふみ)
184いろいろと(しこ)(さまた)げありけれど
185(かみ)(まも)りに()(をは)りけり。
186大正一二・二・一〇 旧一一・一二・二五 外山豊二録)