霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

余白歌

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第52巻 真善美愛 卯の巻 篇:余白歌 よみ:
章:第52巻 よみ:よはくか 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年1月28日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm528801
愛善世界社版: 八幡書店版: 修補版: 校定版: 普及版: 初版: ページ備考:
白雲(しらくも)(とほ)(くに)までいつみたま
かがやき()めぬ(つき)(ひかり)〈総説代用(初)〉
三五(あななひ)(つき)のをしへの神宝(みたから)
(あい)(しん)との言霊(ことたま)水火(いき)〈総説代用(初)〉
みつ御玉(みたま)()つの御玉(みたま)神宝(かむだから)
(ひかり)かがやく(とき)()にけり〈総説代用(初)〉
唐土(もろこし)室屋(むろや)(のが)(いま)はまた
しこの岩屋(いはや)()地虫(ぢむし)かな〈第1章(初)〉
まめ(ひと)真心(まごころ)こめて(おく)()
(ふみ)墨色(すみいろ)かがやき(わた)〈第1章(初)〉
甲子(きのえね)文月(ふづき)十二(じふに)夜半(よなか)ごろ
地震(ないふる)ありぬ(かみ)(しめ)しの〈第2章(初)〉
火星(くわせい)てふ(あや)しき光近(ひかりちか)づきぬ
(こころ)ゆるすな(もも)国人(くにびと)〈第2章(初)〉
()(さき)洪水(みづ)(あらし)地震(ないふる)
(みづ)御魂(みたま)のこころ(さわ)ぐも〈第4章(初)〉
水分(みくまり)(かみ)(いか)るか(なつ)()
(あめ)(あた)へぬことの忌々(ゆゆ)しき〈第4章(初)〉
()(あら)(みづ)御魂(みたま)をなやめたる
(かみ)(いまし)()るや()らずや〈第4章(初)〉
白昼(はくちう)王星(わうせい)(あら)はる(いま)()
(ひと)(こころ)のはげしきを()〈第8章(初)〉
曲神(まがかみ)()(をは)りかも(おも)はざる
災厄(さいやく)ばかり()()(いた)るも〈第8章(初)〉
()(はしら)弥勒(みろく)(かみ)(くる)しめし
邪神(まがみ)(ほろ)(ふし)()にけり〈第8章(初)〉
(あめ)(した)神人愛(しんじんあい)のためならば
たとへ()するも(いと)はざるべし〈第9章(初)〉
千万(ちよろづ)のなやみに()ひてひるまぬは
五六七(みろく)(かみ)(ちから)なりけり〈第10章(初)〉
(てん)()万物更始(ばんぶつかうし)(あき)(そら)
火星(くわせい)(ちか)づき(ひか)(かがや)〈第11章(初)〉
()(かみ)(あめ)(つち)とに不可思議(ふかしぎ)
(しめ)(たま)へど(さと)るものなし〈第12章(初)〉
()(さき)()(しの)びては(なみだ)しぬ
曲津(まがつ)(かみ)のなげきの(さま)〈第12章(初)〉
万有(ばんいう)生命(いのち)(みづ)をそそぐより
われは(ひと)つの希望(のぞみ)だもなし〈第12章(初)〉
()(おも)ふわが心根(こころね)何時(いつ)()
(あら)はれ()めて御代(みよ)()らさむ〈第13章(初)〉
(いにしへ)(かみ)のいはれを菊月(きくづき)
()()(そら)金鵄高舞(きんしたかま)〈第13章(初)〉
(むらさき)(たま)御稜威(みいづ)(あら)はして
()高砂(たかさご)神遊(かみあそ)びせむ〈第13章(初)〉
()()ツの二柱神睦(ふたはしらがみむつ)まじく
()(まも)ります(とき)甲子(きのえね)〈第15章(初)〉
五十五(ごじふご)(はる)(むか)へしと(ひと)はいふ
三十路(みそぢ)(はな)(さか)りの(われ)〈第18章(初)〉
高砂(たかさご)(まつ)根本(ねもと)(あら)はれし
(じやう)(うば)とは大本(おほもと)()りぬ〈第18章(初)〉
()()てて()まるる(はな)(みき)()
ある白梅(しらうめ)(また)(はる)()〈第18章(初)〉
高熊(たかくま)(いはほ)(うへ)坐禅(ざぜん)して
現神幽(げんしんいう)(しり)くさる(わに)〈第20章(初)〉
信徒(まめひと)(こころ)くばりてわが(ため)
つくすを()れば(うれ)(かな)しき〈第20章(初)〉
村肝(むらきも)(こころ)千々(ちぢ)(くだ)けども
(おも)ひに(まか)せぬ(われ)なりにけり〈第20章(初)〉
胸板(むないた)射貫(ゐぬ)くが(ごと)玉章(たまずき)
時々(ときどき)()くる()こそ(くる)しき〈第22章(初)〉
父上(ちちうへ)(した)養子(ようし)玉章(たまずさ)
()()びごとに(なみだ)にしたる〈第22章(初)〉
かむながら(おも)()してはほほゑみぬ
(かみ)()りてふ(われ)かへり()〈第22章(初)〉
(おに)大蛇(をろち)邪神(じやしん)(すさ)(やみ)()
(ほたる)(ひかり)さへも(きら)はる〈第22章(初)〉
天地(あめつち)(かみ)(めぐ)みの露深(つゆふか)
(うるほ)ひにけり日蔭(ひかげ)(はな)〈第24章(初)〉
麻柱(あななひ)信徒(まめひと)たちの()(さち)
()くは(なに)より(うれ)しかりけり〈第24章(初)〉
わが(おも)(こころ)のたけを教子(をしヘご)
(かた)()()()づる(まど)()〈第24章(初)〉
三五(あななひ)(つき)(ひかり)のなかりせば
かほどに(くも)のなやみ()けまじ〈第25章(初)〉
瑞々(みづみづ)三五(さんご)(つき)(ひかり)なくば
今日(けふ)(なげ)きの(くも)はかからじ〈第25章(初)〉
邪神(まがかみ)(ひかり)(おそ)(やみ)()
生命(いのち)(つな)(たの)むものなり〈第26章(初)〉
(たま)()(みづ)(にご)りてうつらずば
()()(ひと)のいかであるべき〈第26章(初)〉
[この余白歌は八幡書店版霊界物語収録の余白歌を参考に作成しました]