霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

序文(じよぶん)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第53巻 真善美愛 辰の巻 篇:前付 よみ:
章:第53巻 よみ:じょぶん 通し章番号:
口述日:1923(大正12)年02月12日(旧12月27日) 口述場所:竜宮館 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年3月8日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
霊界物語はやたらと長く平凡だと言う人士があるようだが、瑞月は真理なるものはもとより平凡だと思っている。この物語が平凡であっても、世人が誰も気が付いていないことであれば、千言万語を連ねてもこれを説く必要があろうと思う。
なにほどシカツメらしい文章や言葉でも、世間に知れ渡ったことを著述・論説するならば、決して堂々たる学者の態度とは思われないのである。
深く痛ましい人間味や人生味に透徹しない現代の学者は、いかにしても深遠微妙な神霊界の消息がわかるものではない。
学者でさえも神霊界の何たるかを諒解しえない世情であれば、一般人がこの神示の物語を批判できようはずがない。
瑞月王仁は、今日まですべての迫害と妨止を突破してようやく五十三巻、原稿六万枚余を脱稿したのも、決して世にありふれた事実を著すためだったのではない。また現代人に読んでもらおうという野心もない。
千年の後に知己を得ればよいという考えで口述しているのである。とは言うものの時代と神霊とに目の醒めた人士が現れて、たとえ一人なりとも愛読してくれる方があれば、実に望外の幸いである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm530001
愛善世界社版:前付 1頁 八幡書店版:第9輯 499頁 修補版: 校定版:前付 1頁 普及版:前付 1頁 初版: ページ備考:
001 霊界物語(れいかいものがたり)阿呆陀羅(あほだら)(なが)物語(ものがたり)で、002(じつ)平凡(へいぼん)()むに()へないと()つてゐる人士(じんし)(たま)にあるやうだ。003(しか)瑞月(ずゐげつ)(もと)より真理(しんり)なるものは平凡(へいぼん)だと(おも)ふ。004だから仮令(たとへ)この物語(ものがたり)平凡(へいぼん)であるとしても、005世人(せじん)(たれ)()()()いてゐない(やう)事柄(ことがら)ならば、006千言万語(せんげんばんご)(つら)ねても(これ)()くの必要(ひつえう)があらうと(おも)ふ。007何程(なにほど)シカツメらしい文章(ぶんしやう)言葉(ことば)でも、008今日(こんにち)(まで)世間(せけん)()(わた)つた(こと)著述(ちよじゆつ)したり、009論説(ろんせつ)するのならば、010(けつ)して堂々(だうだう)たる学者(がくしや)態度(たいど)とは(おも)はれない。011(えう)陳腐常套語(ちんぷじやうたうご)である。012かかる著述(ちよじゆつ)(たい)しては、013吾人(ごじん)軽侮嘲笑(けいぶてうせう)せずに()んだり()いたりすることは出来(でき)ない。014今日(こんにち)学者(がくしや)弁舌(べんぜつ)としても巧妙(かうめう)(ひと)肺腑(はいふ)()(わけ)でも()く、015また文章(ぶんしやう)としても平板的(へいばんてき)なものである。016今日(こんにち)学者(がくしや)著述(ちよじゆつ)()るに、017()づその第一頁(だいいちページ)からして脱線調子外(だつせんてうしはづ)れのものが(おほ)い。018乾燥無味(かんさうむみ)にして(らふ)()(くらゐ)なら()だしも辛抱(しんばう)出来(でき)るが、019全然(まるで)()()けた鰹削(かつをか)きで、020松魚節(かつをぶし)()いてゐるやうな迷文章(めいぶんしやう)だから(たま)らない。021今日(こんにち)学者(がくしや)(そろ)ひも(そろ)うて、022アンナ拙劣醜悪(せつれつしうあく)文字(もじ)(つら)ねて自分(じぶん)()れを(はぢ)とも(おも)はないのだらうか、023(いま)(まで)()(あり)ふれた平凡陳套(へいぼんちんたう)内容(ないよう)を、024()きなぐりの出鱈目(でたらめ)文字(もんじ)(つづ)つて、025(これ)()(おほやけ)にしても平気(へいき)(ほど)までに学者(がくしや)といふものは厚顔(こうがん)無恥(むち)になれる(もの)だらうかと、026不思議(ふしぎ)(おも)はるる(くらゐ)である。027そして吾々(われわれ)口述書(こうじゆつしよ)()史実(しじつ)()いとか、028空想(くうさう)だとか、029怪乱狂妄(くわいらんきやうまう)言説(げんせつ)だとか(おつ)しやるのだから(こま)つてしまふ。030(ぶた)真珠(しんじゆ)031(ねこ)小判(こばん)とかいふ比喩(ひゆ)(おも)()さずには()られなくなつて()る。032(ふか)(いた)ましき人間味(にんげんみ)人生味(じんせいみ)透徹(とうてつ)せず、033岐路(きろ)彷徨(はうくわう)せる現代(げんだい)学者(がくしや)が、034如何(いか)にして深遠微妙(しんゑんびめう)なる神霊界(しんれいかい)消息(せうそく)(わか)つてたまるもので()い。035現代(げんだい)錚々(さうさう)たる学者(がくしや)すらも(いま)神霊界(しんれいかい)(なん)たるを了解(れうかい)()ない世情(せじやう)だから、036一般人(いつぱんじん)何程(なにほど)鯱鉾立(しやちほこだち)になつた(ところ)で、037この神示(しんじ)物語(ものがたり)批判(ひはん)されやう(はず)がない。038瑞月(ずゐげつ)王仁(おに)今日(こんにち)まですべての迫害(はくがい)妨止(ぼうし)とを突破(とつぱ)して、039(やうや)(ここ)累計(るゐけい)五十三巻(ごじふさんぐわん)040原稿(げんかう)六万枚余(ろくまんまいよ)脱稿(だつかう)したのも、041(けつ)して()にありふれたる事実(じじつ)(あらは)したのではない。042平凡(へいぼん)狂妄(きやうもう)著述(ちよじゆつ)()(ひと)()ても()い。043それが各人(かくじん)御勝手(ごかつて)だから。044()大胆(だいたん)放言(はうげん)する(とき)世人(せじん)瑞月(ずゐげつ)(まつた)くの発狂者(はつきやうしや)嘲笑(てうせう)さるるかも()れない。045(しか)自分(じぶん)()つては(きは)めて真面目(まじめ)である。046その(かは)現代人(げんだいじん)()んで(もら)ふといふやうな野心(やしん)()い。047千年(せんねん)(のち)知己(ちき)()れば()いといふ(かんが)へを()つて口述(こうじゆつ)しておくのである。048とは()ふものの時代(じだい)神霊(しんれい)とに()()めた人士(じんし)(あら)はれて、049仮令(たとへ)一人(いちにん)なりとも愛読(あいどく)して()れられる(かた)があれば(じつ)望外(ばうぐわい)(さいはひ)であります。
050   大正十二年一月十四日 旧十一年十二月廿九日   於教主殿
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)