霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二章 蜉蝣(かげろふ)〔一三六五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第53巻 真善美愛 辰の巻 篇:第1篇 毘丘取颪 よみ:びくとりおろし
章:第2章 第53巻 よみ:かげろう 通し章番号:1365
口述日:1923(大正12)年02月12日(旧12月27日) 口述場所:竜宮館 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年3月8日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
ライオン河の下流にあるビクトル山を中心として、ウラル教を信じるビクトリヤ王が刹帝利として近隣を治めていた。東西十里、南北十五里のあまり広くない国で、国名をビクと言った。
ビクトリヤ王はほとんど七十才を越える老齢であるが、不幸にして嗣子がなかった。現在の妃・ヒルナ姫は二十三才である。元ビクトリヤ王妃の侍女であったが、王妃が亡くなった後に王の手がかかり、次第に権勢を得て城内の一切を切り回していた。
権勢のあるヒルナ姫の歓心を得ようとして数多の官人たちは媚を呈し、そのために国政は次第に紊乱して国民の怨嗟の声は四方に満ち、ところどころに百姓一揆のようなものが勃発して、ビクトリヤ王家は傾こうとしていた。
左守のキュービットは忠実な老臣で苦心して国家を守ろうとしていたが、右守のベルツはヒルナ姫に取り入り、刹帝利も眼中におかない横暴ぶりを発揮していた。
ベルツは忠実な家令のベルツを招き、いかにして自分が刹帝利になることができるかと相談している。ベルツは、世情不安をあおってビクトリヤ王に責任を取らせ、退隠させようという策を提案する。
二人が計略を練って悦に入っていると、次の間で二人の話を立ち聞きしていたベルツの妹・カルナ姫が入ってきた。カルナ姫は左守の息子・ハルナと相思相愛の仲になっていた。
カルナ姫は、二人が野心の矛先を左守家に向けないように釘をさした。自分がハルナに嫁げば左守家は親戚になる、もし二人が左守家を害そうとするなら通報することもできると、利害得失を交えて、自分の恋愛を邪魔しないよう二人に言い含めて去って行った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5302
愛善世界社版:22頁 八幡書店版:第9輯 511頁 修補版: 校定版:25頁 普及版:12頁 初版: ページ備考:
001 ライオン(がは)下流(かりう)ビクトル(さん)中心(ちうしん)として、002此処(ここ)はウラル(けう)(しん)ずるビクトリア(わう)刹帝利(せつていり)として近国(きんごく)(たみ)(まも)つてゐた。003(この)王国(わうこく)東西(とうざい)十里(じふり)004南北(なんぽく)十五里(じうごり)三十六町(さんじふろくちやう)一里(いちり))の(あま)(ひろ)からぬ(くに)であつた。005国名(こくめい)をビクといふ。006ビクトリア(わう)本年(ほんねん)(ほとん)七十才(しちじつさい)(あま)老齢(らうれい)である。007(しか)して不幸(ふかう)にして嗣子(しし)がなかつた。008(きさき)のヒルナ(ひめ)(もと)はビクトリア(ひめ)侍女(じぢよ)であつたが、009何時(いつ)()にか(わう)()がかかり、010次第(しだい)権勢(けんせい)()て、011城中(じやうちう)(はな)(うた)はれ、012一切(いつさい)()りまはしてゐた。013(しか)して年齢(とし)(まさ)二十三才(にじふさんさい)014女盛(をんなざか)りである。015ヒルナ(ひめ)歓心(くわんしん)()むとして数多(あまた)官人(くわんじん)(ども)()びを(てい)し、016国政(こくせい)()(つき)紊乱(ぶんらん)し、017国民(こくみん)怨嗟(えんさ)(こゑ)四方(しはう)()ち、018所々(ところどころ)百姓一揆(ひやくしやういつき)(ごと)きもの勃発(ぼつぱつ)し、019収拾(しうしふ)(べか)らざるに立到(たちいた)り、020ビクトリア王家(わうけ)(すで)(かたむ)かむとするに立到(たちいた)つた。
021 左守神(さもりのかみ)のキユービツトは(きは)めて忠実(ちうじつ)老臣(らうしん)であり、022(わう)(ため)苦心(くしん)(かさ)ねて、023国家(こくか)(まも)らむとしてゐた。024(これ)(はん)して右守神(うもりのかみ)のベルツは奸侫邪智(かんねいじやち)曲者(くせもの)にして、025ヒルナ(ひめ)取入(とりい)り、026いろいろの()智恵(ぢゑ)をなして、027刹帝利(せつていり)百官(ひやくくわん)眼中(がんちう)におかない(くらゐ)横暴振(わうばうぶり)発揮(はつき)してゐた。028ヒルナ(ひめ)意見(いけん)はベルツの意見(いけん)であり、029ベルツのすべての画策(くわくさく)は、030すべて、031ヒルナ(ひめ)(くち)()つて(つた)へられてゐた。032そして左守神(さもりのかみ)のキユービツトにはヱクスといふ忠良(ちうりやう)家令(かれい)があり、033右守(うもり)のベルツにはシエールといふ奸悪(かんあく)家令(かれい)があつて、034主人(しゆじん)右守(うもり)(とも)にあわよくば、035ビク(こく)占領(せんりやう)せむと日夜(にちや)肝胆(かんたん)(くだ)いてゐた。036ベルツはシエールを(わが)居間(ゐま)(まね)き、037一間(ひとま)密閉(みつぺい)してヒソビソと協議(けふぎ)()らしてゐる。
038ベルツ『オイ、039シエール、040どうだらうな、041ヒルナ(ひめ)(ほとん)薬籠中(やくろうちう)(もの)となつたが、042(しか)(なが)頑強(ぐわんきやう)なビクトリア(わう)(なん)となく(それがし)嫌忌(けんき)する様子(やうす)(あら)はれ、043キユービツトを近付(ちかづ)(わが)進言(しんげん)一々(いちいち)反抗的(はんかうてき)態度(たいど)(こころ)みられるのは、044(じつ)吾々(われわれ)目的(もくてき)一大障害(いちだいしやうがい)()はねばならぬ。045(しやう)()(もの)()(うま)()るといふから、046()れキユービツトを排斥(はいせき)するか、047(あるひ)は○○して(しま)はなくちや、048九分九厘(くぶくりん)(まで)成功(せいこう)した吾々(われわれ)陰謀(いんぼう)水泡(すいはう)()するのみならず(かへつ)如何(いか)なる重刑(ぢゆうけい)(しよ)せらるるやも(はか)(がた)い、049(なん)とか()工夫(くふう)はあるまいかな』
050シエール『右守様(うもりさま)051それは御心配(ごしんぱい)(およ)びませぬ。052ビクトリア(わう)(すで)七十(しちじふ)(さか)()えた老人(らうじん)053(あま)(いそ)がず(とも)054余命(よめい)幾何(いくばく)もありますまい。055なまじひに(こと)をあげて、056国民(こくみん)信用(しんよう)失墜(しつつゐ)し、057悪逆無道(あくぎやくぶだう)不忠不義(ふちゆうふぎ)()()はれるよりは、058ここ(しばら)くの御辛抱(ごしんばう)だから、059御待(おま)(あそ)ばすが上分別(じやうふんべつ)(ぞん)じます。060ひるがへつて国民(こくみん)状態(じやうたい)(かんが)へますれば、061生活難(せいくわつなん)(くる)しみ重税(ぢゆうぜい)怨嗟(えんさ)(こゑ)四方(しはう)()ち、062何時(いつ)暴動(ばうどう)勃発(ぼつぱつ)するやも(はか)られませぬ、063革命(かくめい)機運(きうん)()()(さか)んになりつつある矢先(やさき)064無理(むり)(こと)(いた)せば益々(ますます)天下(てんか)紛乱(ふんらん)(ます)やうなもので(ござ)いませう、065(さいは)ひビクトリア(わう)には嗣子(しし)もなく、066(また)ヒルナ(ひめ)(さま)腰元(こしもと)成上(なりあが)りですから、067(わう)没後(ぼつご)貴方(あなた)自由自在(じいうじざい)(ござ)いませう。068(いま)(うち)充分(じゆうぶん)なる画策(くわくさく)をめぐらし、069ヒルナ(ひめ)(さま)貴方(あなた)御信任(ごしんにん)(あそ)ばすを(さいはひ)070潜勢力(せんせいりよく)(やしな)つておけば、071まさかの(とき)になつて、072貴方(あなた)願望(ぐわんまう)(みづか)成就(じやうじゆ)(いた)しませう。073()れが上分別(じやうふんべつ)(かんが)へます』
074ベルツ『それもさうだなア、075(しか)(なが)らビクトリア(わう)(いた)つて身体(しんたい)健全(けんぜん)なれば、076まだ二十年(にじふねん)(ぐらゐ)大丈夫(だいぢやうぶ)だらう。077何程(なんぼ)時節(じせつ)()つと()つても、078(この)(さき)二十年(にじふねん)()(こと)英気(えいき)()ちた吾々(われわれ)079(うで)()り、080(むね)(とどろ)いて、081こらへ()れるものではない。082モツと手早(てばや)(らち)よく目的(もくてき)(たつ)する方法(はうはふ)手段(しゆだん)はあるまいかな』
083シエール『知識(ちしき)宝庫(はうこ)綽名(あだな)をとつた(わたくし)084如何(いか)なる妙案(めうあん)奇策(きさく)()つて()りますが、085今日(こんにち)事情(じじやう)即行(そくかう)(ゆる)しませぬ。086如何(いかん)となれば、087今日(こんにち)国内(こくない)紛乱(ふんらん)(きよく)(たつ)し、088極端(きよくたん)なるレーストレイントを(くは)へて(やうや)く、089現状(げんじやう)維持(ゐぢ)してゐる状態(じやうたい)(ござ)いますれば、090あわてずに(とき)()つが上分別(じやうふんべつ)だと(かんが)へます。091(わう)勢力(せいりよく)日々(ひび)(おとろ)へ、092四海(しかい)をコントロールする実力(じつりよく)なき今日(こんにち)093何人(なんびと)神算鬼謀(しんさんきぼう)(これ)鎮定(ちんてい)することは容易(ようい)(わざ)ではありませぬ。094(ゆゑ)吾々(われわれ)(むし)ろ、095今日(こんにち)世態(せたい)利用(りよう)し、096益々(ますます)()をまはして国民(こくみん)煽動(せんどう)し、097ビクトリア(わう)をして()(ほどこ)すに(すべ)なからしめ、098自発的(じはつてき)退隠(たいいん)ささせる(はう)が、099(もつと)賢明(けんめい)なる()(かた)愚考(ぐかう)(いた)します』
100ベルツ『成程(なるほど)101それは妙案(めうあん)だ。102()いては、103シエール、104(まへ)成案(せいあん)があるだらうな』
105シエール『ない(こと)(ござ)いませぬが、106(あと)喧嘩(けんくわ)(さき)にせいといふ(こと)(ござ)いますから、107貴方(あなた)刹帝利(せつていり)にお()りになれば、108(わたくし)をキツと左守(さもり)任命(にんめい)して(くだ)さるでせうか。109それが決定(けつてい)せなくちや、110(はたら)甲斐(がひ)がありませぬから』
111ベルツ『ハハハハ如才(じよさい)のない(をとこ)だなア、112目的(もくてき)成就(じやうじゆ)(うへ)はキツと(おも)(もち)ゐてやる。113それを(たの)しみに(ひと)(ほね)()つてくれ』
114シエール『(ただ)(おも)(もち)ゐると()はれた(だけ)では、115朦朧(もうろう)としてをります。116キツパリと左守(さもり)にすると()言質(げんしつ)(あづ)かつておきたいものです』
117ベルツ『(いやしく)もビク一国(いつこく)刹帝利(せつていり)たる(もの)は、118賢臣(けんしん)(えら)んで国政(こくせい)(まか)さねばならぬ。119何程(なにほど)シエールが悧巧(りかう)だと()つても、120到底(たうてい)国政(こくせい)料理(れうり)する(だけ)技能(ぎのう)()(そな)はつて()ない。121そんな取越(とりこ)苦労(くらう)(いた)さずに主人(しゆじん)命令(めいれい)だ。122実行(じつかう)着手(ちやくしゆ)したら如何(どう)だ』
123シエール『ハツハハハハ、124御主人様(ごしゆじんさま)125貴方(あなた)随分(ずいぶん)ズルイお(かた)ですな。126狩猟(しゆれふ)つきて猟狗(れふく)()らるる(やう)不利益(ふりえき)(こと)は、127賢明(けんめい)なる(わたくし)には到底(たうてい)出来(でき)ませぬ。128(えう)するに貴方(あなた)(わたくし)(たい)し、129左守(さもり)資格(しかく)がないと仰有(おつしや)るのですな。130(よろ)し、131左様(さやう)(こと)ならば、132かやうな反逆(はんぎやく)(くはだ)てて(あぶな)芸当(げいたう)をするよりも、133貴方(あなた)陰謀(いんぼう)(わう)(まへ)素破抜(すつぱぬ)きませうか、134如何(いかが)(ござ)る』
135とソロソロ(つめ)(かく)してゐた(ねこ)が、136カギ(つめ)(さき)をみせかけた。137ベルツは(おどろ)いて、
138ベルツ『あ、139ウム、140さう(おこ)つちや(はなし)出来(でき)ない。141(じつ)(ところ)はお(まへ)左守(さもり)(にん)じてやる(こと)はチヤンと(こころ)(なか)決定(けつてい)してゐたのだ。142(しか)(なが)ら、143(まへ)熱心(ねつしん)調(しら)べる(ため)一寸(ちよつと)揶揄(からか)つてみたのだよ。144ハハハハ』
145シエール『御主人様(ごしゆじんさま)146揶揄(からか)(どころ)だありますまい、147千騎一騎(せんきいつき)正念場(しやうねんば)ですよ』
148ベルツ『英雄(えいいう)閑日月(かんじつげつ)あり、149仮令(たとへ)陣中(ぢんちう)(おい)ても(うた)をよみ、150尺八(しやくはち)()き、151悠々閑々(いういうかんかん)として、152おめず(おく)せず、153(さわ)がず(あせ)らず、154談笑(だんせう)(うち)一切万事(いつさいばんじ)解決(かいけつ)すると()英雄的(えいいうてき)襟懐(きんくわい)だ。155(なん)智勇兼備(ちゆうけんび)勇将(ゆうしやう)心事(しんじ)(ちが)つたものだらう。156オツホホホホ』
157 シエールは悪人(あくにん)(くせ)に、158比較的(ひかくてき)馬鹿正直(ばかしやうぢき)(やつ)である。159ベルツの(した)にうまく(なめ)られて、160身知(みし)らず(てき)途方途徹(とはうとてつ)もない悪事(あくじ)遂行(すゐかう)せむと(うで)をうならして、161雄健(をたけ)びしてゐる。
162シエール『成程(なるほど)163一切万事(いつさいばんじ)諒解(りやうかい)(いた)しました。164かかる名君(めいくん)とは()らず、165無礼(ぶれい)申条(まをしでう)166何卒(なにとぞ)御容赦(ごようしや)(ねが)ひます』
167ベルツ『()(おい)ては主従(しゆじう)なれ(ども)168(じやう)(おい)ては(おや)()関係(くわんけい)だ。169()はば拙者(せつしや)(おや)170(その)(はう)()である。171(おや)()(あい)するのは天然(てんねん)自然(しぜん)道理(だうり)だ。172そして(その)()心胆(しんたん)()り、173知識(ちしき)啓発(けいはつ)し、174有為(いうゐ)人材(じんざい)となさしめむとして、175苦言(くげん)()き、176鞭撻(べんたつ)(くは)ふるは、177ワイズベアレント・フツドとも()ふべきものだ。178今後(こんご)何事(なにごと)(かか)はらず、179(しばら)(わが)意思(いし)のままに、180舎身的(しやしんてき)活動(くわつどう)をやつて(もら)ひたいものだなア』
181シエール『ヘヘヘヘ()()きものは家来(けらい)なりけり……(いな)主人(しゆじん)なりけりだ。182(しか)らば(これ)より(きみ)(めい)()つて、183千変万化(せんぺんばんくわ)秘術(ひじゆつ)(つく)し、184(きみ)をしてビク一国(いつこく)刹帝利(せつていり)たらしむべく活動(くわつどう)(つかまつ)らむ。185(わが)成功(せいこう)指折(ゆびを)(かぞ)へ、186()(くだ)され』
187ベルツ『ああ(いさ)ましし(いさ)ましし、188(なんぢ)雄健(をたけ)び、189前途有望(ぜんというばう)190目的(もくてき)彼岸(ひがん)(たつ)するは()もあるまい、191ても()ても心地(ここち)よやなア』
192()(また)両手(りやうて)()ばし、193(こぶし)(にぎ)り、194左右(さいう)(ひざ)交々(こもごも)起伏(きふく)させ(なが)ら、195(ゆか)もおちよとばかり雄健(をたけ)びしてゐる。
196 (あま)りの(たか)(こゑ)(きこ)えるので、197ベルツの(いもうと)カルナ(ひめ)(つぎ)()()(きた)り、198両人(りやうにん)談話(だんわ)をスツカリ立聞(たちぎき)し、199(かほ)(しか)(なが)ら、200さあらぬ(てい)にて、
201カルナ(ひめ)『お()(さま)202御免(ごめん)なさいませ』
203這入(はい)つて()た。204シエールは両手(りやうて)(つか)へ、205さも(うやうや)しく、
206シエール『これはこれは、207カルナ(ひめ)(さま)208御壮健(ごさうけん)なお(かほ)(はい)し、209シエール家令(かれい)()()り、210恐悦(きやうえつ)至極(しごく)(ぞん)じます』
211カルナ(ひめ)『お(まへ)はシエールだないか、212最前(さいぜん)からお兄様(にいさま)面白(おもしろ)さうに(はなし)をしてゐましたね、213(ふすま)(へだ)てられ、214ハツキリ何事(なにごと)(わか)りませなんだが、215容易(ようい)ならざる(こと)のやうに(おも)はれます。216どうぞ()かして(くだ)さいませ』
217シエール『ヘ、218イヤ(なん)でも(ござ)いませぬ、219御主人様(ごしゆじんさま)とお(さけ)()ひまして、220つい(むかし)英雄物語(えいゆうものがたり)(いた)して()りました。221ヘヘヘヘ、222随分(ずいぶん)面白(おもしろ)(はなし)(ござ)いましたよ』
223カルナ(ひめ)(むかし)物語(ものがたり)にもビクトリア王様(わうさま)やヒルナ(ひめ)(さま)224キユービツトの左守(さもり)などいふ(かた)がおありなさつたので(ござ)いますか』
225(やさ)しい()(ひか)らせ、226(すこ)しく語気(ごき)(つよ)めて、227(ねめ)つけるやうに()つた。228右守(うもり)のベルツは……(この)陰謀(いんぼう)(いもうと)()かれちや大変(たいへん)だ。229(いもうと)(やつ)230左守神(さもりのかみ)(せがれ)ハルナに秋波(しうは)をよせてゐよるのだから、231もしや内通(ないつう)でも(いた)しはしようまいか、232恋愛(れんあい)(ねつ)した(とき)は、233(おや)兄弟(きやうだい)までも脱線(だつせん)して(わす)れるものだ、234ハテ(こま)つたことだ……とハートに(なみ)()たせたが、235ワザと素知(そし)らぬ(かほ)で、
236ベルツ『ハハハハハ、237面白(おもしろ)(やう)な……殺伐(さつばつ)昔物語(むかしものがたり)238(をんな)()くべきものではない、239(まへ)(はや)(おく)()つて、240(まへ)()きなラムールでも(ひもと)(はう)()いワ』
241カルナ(ひめ)(なん)だか、242貴方(あなた)(がた)のお(はなし)()くと、243胸騒(むなさわ)ぎが(いた)しまして、244ヒストリア・アモリスなどを耽読(たんどく)する()にもなれませぬ。245(じつ)殺風景(さつぷうけい)貴方(あなた)御計画(ごけいくわく)246(ひたひ)凶徴(きやうちよう)遺憾(ゐかん)なく(あら)はれて()りますぞや』
247ベルツ『(をとこ)居間(ゐま)(をんな)()るものではない、248支那(しな)聖人(せいじん)がいつただらう。249男女(だんぢよ)七才(しちさい)にして(せき)(おな)じうせずと()ふだないか。250サ、251(はや)彼方(あちら)()かつしやれ』
252カルナ(ひめ)(なん)とアマ、253(くち)重宝(ちようはう)なものですなア。254最前(さいぜん)からの事情(じじやう)は、255(じつ)(ところ)はスツカリ()きました。256何程(なにほど)(かく)しになつても、257最早(もはや)駄目(だめ)(ござ)いますよ』
258ベルツ『チヨツ、259(こま)つた(いもうと)だなア、260オイ、261カルナ、262(まへ)(あに)(たす)ける()はないか』
263カルナ(ひめ)『ハイ、264貴方(あなた)出様(でやう)によつて、265(たす)けせない(こと)(ござ)いませぬ。266貴方(あなた)左守司様(さもりのかみさま)御子息(ごしそく)ハルナさまと結婚(けつこん)さしてくれますか』
267ベルツ『ウーム、268さうだなア、269(また)270(かんが)へておかう』
271カルナ(ひめ)貴方(あなた)()(うへ)(こぶ)272目的(もくてき)邪魔者(じやまもの)()(ねら)左守様(さもりさま)御子息(ごしそく)273ハルナさまへ(いもうと)をやるのはさぞ御迷惑(ごめいわく)でせう。274(しか)(なが)ら、275恋愛問題(れんあいもんだい)貴方(あなた)問題(もんだい)とは別物(べつもの)ですから、276御心配(ごしんぱい)なく(ゆる)して(くだ)さいませ。277(わたし)とハルナさまとの(なか)には(けつ)して(いま)はしい関係(くわんけい)(むす)んで()りませぬ。278相思(さうし)間柄(あひだがら)で、279(きは)めてチヤステイテイーな恋愛(れんあい)(ござ)います。280何時(いつ)(まで)年頃(としごろ)(むすめ)を、281セリバシーにしておくのは、282(あに)としての(やく)()みますまい。283ホホホホ』
284ベルツ『ヤア、285今時(いまどき)女性(ぢよせい)厚顔(こうがん)無恥(むち)には(じつ)(あき)(かへ)らざるを()ないワ』
286カルナ(ひめ)貴方(あなた)政治欲(せいぢよく)(ふけ)り、287ヒルナ(ひめ)(さま)秋波(しうは)(おく)つて(ござ)るやうなものですよ。288(しか)貴方(あなた)のは(けつ)して正当(せいたう)(みと)める(こと)出来(でき)ませぬ……が、289(わたくし)請求(せいきう)するコンジユギアール・ラブは正当(せいたう)婦人(ふじん)としての権利(けんり)ですから、290(この)プロブレムに()いては、291貴方(あなた)無暗(むやみ)(こば)(わけ)には(まゐ)りますまい。292なア、293シエール、294さうぢやないか』
295言葉(ことば)家令(かれい)(はう)(うつ)した。
296シエール『成程(なるほど)297(ひめ)(さま)のお言葉(ことば)(すこ)しも矛盾(むじゆん)はありませぬ。298イヤ、299(わたくし)(おほい)共鳴(きようめい)(いた)します。300()いては(ひめ)(さま)(かんが)へて(いただ)かねばならぬ(こと)がある。301貴方(あなた)はハルナさまを熱愛(ねつあい)してゐられる(ごと)く、302左守神(さもりのかみ)もヤツパリ(あい)して()りますか』
303カルナ(ひめ)(こひ)しき(をつと)父君(ちちぎみ)(ござ)いますもの、304(あい)するといふよりも(むし)尊敬(そんけい)(はら)つて()りまする』
305シエール『お兄様(にいさま)尊敬(そんけい)なさる程度(ていど)(くら)ぶれば余程(よほど)径庭(けいてい)があるでせうなア』
306カルナ(ひめ)『そらさうです(とも)307兄妹(きやうだい)他人(たにん)(はじ)まりといふだありませぬか、308ハルナさまと夫婦(ふうふ)になり、309()出来(でき)ようものなら、310それこそ親密(しんみつ)親子(おやこ)関係(くわんけい)実際的(じつさいてき)(むす)ばれるのですから、311左守神(さもりのかみ)さまを(あに)(まさ)つて尊敬(そんけい)するのは当然(たうぜん)ですワ』
312シエール『イヤ、313此奴(こいつ)()しからぬ、314モシ、315(ひめ)(さま)316(もと)(かんが)へて御覧(ごらん)なさい。317御兄(おに)(さま)本当(ほんたう)同胞(どうはう)だありませぬか、318ハルナさまはアカの他人(たにん)ですよ。319(ただ)結婚(けつこん)()形式(けいしき)()つて、320夫婦(ふうふ)となり親子(おやこ)()がついたものでせう。321そこをよくお(かんが)へにならなくちや、322肝心(かんじん)のお()いさまに(たい)し、323()()(あら)ふやうな、324惨事(さんじ)突発(とつぱつ)するかも()れませぬ。325()(むね)()()てて(かんが)へて(いただ)きたいものですな』
326カルナ(ひめ)『ハイ、327(いづ)熟考(じゆくかう)(うへ)御返事(ごへんじ)(いた)しませう』
328ベルツ『()つても()れぬ、329(おな)母体(ぼたい)から(うま)れた兄妹(きやうだい)といふ(こと)(わす)れないやうにしてくれよ。330ああ(こま)つた(いもうと)だなア。331(これ)だから(をんな)高等教育(かうとうけういく)(ほどこ)すと(こま)るのだ。332(おれ)両親(りやうしん)(あたら)しがりやだつたから、333たうとうこんなアバズレ(をんな)にして(しま)つたのだ』
334カルナ(ひめ)『ホホホホ、335(わたし)ばかりか、336()(さま)(まで)337こんな悪党(あくたう)に、338高等教育(かうとうけういく)(ほどこ)して(つく)()げて(しま)つたのですよ』
339ベルツ『チヨツ、340コレ、341カルナ、342()思案(しあん)をして、343利害得失(りがいとくしつ)(かんが)へたがよいぞや。344キツト兄妹(きやうだい)(ため)にならないやうな(こと)をしてはなりませぬぞ』
345カルナ(ひめ)『ハイ承知(しようち)しました。346何卒(どうぞ)兄妹(きやうだい)のために兄妹(きやうだい)恋愛(れんあい)妨害(ばうがい)するやうな(こと)(かんが)へて(もら)つちやなりませぬぞや、347ホホホホ、348左様(さやう)ならばお二人(ふたり)さま、349十分(じふぶん)御思案(おしあん)をなさいませ。350そして良心(りやうしん)(はぢ)るやうな(こと)一刻(いつこく)(はや)(あらた)めて(いただ)きたいものです。351ハイエナ・イン・ベデコーツ(てき)行動(かうどう)をやつて、352呑臍(どんぜい)(くい)(のこ)さないやう、353それのみ何卒(どうぞ)一度(いちど)御熟考(ごじゆくかう)(ねが)ひします』
354二人(ふたり)(いさ)悠々(いういう)として、355(わが)居間(ゐま)(かへ)()く。356(あと)二人(ふたり)呆然(ばうぜん)として吐息(といき)をもらし、357(しば)無言(むごん)(まく)(ひら)いてゐる。
358大正一二・二・一二 旧一一・一二・二七 於竜宮館 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。