霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三章 軟文学(なんぶんがく)〔一三六六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第53巻 真善美愛 辰の巻 篇:第1篇 毘丘取颪 よみ:びくとりおろし
章:第3章 第53巻 よみ:なんぶんがく 通し章番号:1366
口述日:1923(大正12)年02月12日(旧12月27日) 口述場所:竜宮館 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年3月8日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
ビク国では左守は政務を、右守は軍馬を司っていた。左守のキュービットは、家令のエクスと密談を凝らしていた。二人は、右守が軍馬の権を握っているのをいいことに、わざと国内の治安を悪化させ、民心をビクトリヤ王からそむかせていると頭を痛めていた。
また二人は、キュービットの嫡子・ハルナが、文学に熱を上げて国家の事には少しも関心を示さないことにも頭を痛めていた。
しかし息子が政敵である右守の妹・カルナ姫と想いあっているということを耳にはさんでいたキュービットは、なんとかこの結婚を成就させて左守家と右守家を統合し、国内を治められないかと考えた。
エクスはキュービットに頼まれて、ハルナ本人の意向を確認することになった。エクスはハルナに問いかけて、ハルナの思い人が確かに右守の妹・カルナ姫であることを聞きだした。エクスから、父のキュービットもこの結婚には前向きであることを聞かされたハルナは、ひとり舞い上がっていた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5303
愛善世界社版:35頁 八幡書店版:第9輯 516頁 修補版: 校定版:38頁 普及版:19頁 初版: ページ備考:
001 ビク王国(わうこく)制度(せいど)は、002左守司(さもりのかみ)(わう)師範役(しはんやく)となり、003国内(こくない)一切(いつさい)枢要(すうえう)なる事務(じむ)取扱(とりあつか)ふこととなつてゐた。004そして右守司(うもりのかみ)軍馬(ぐんば)(けん)(にぎ)り、005内寇外敵(ないこうぐわいてき)鎮圧(ちんあつ)(つと)むる職掌(しよくしやう)であつた。006左守司(さもりのかみ)のキユービツトは、007家令(かれい)のヱクスと(とも)密談(みつだん)()らしてゐる。
008左守(さもり)『ヱクス、009どうも今日(こんにち)国情(こくじやう)()(つき)悪化(あくくわ)し、010国民(こくみん)怨嗟(えんさ)(こゑ)四方(しはう)()ち、011各所(かくしよ)動乱(どうらん)(おこ)り、012暴徒(ばうと)(その)(すき)(じやう)じて民家(みんか)()(はな)ち、013白昼(はくちう)強盗(がうたう)往来(わうらい)し、014(ひと)()り、015婦女(ふぢよ)(はづかし)め、016天下(てんか)(あさ)(ごと)(みだ)れて()たではないか。017ビクトリア王様(わうさま)御老齢(ごらうれい)()(もつ)て、018日夜(にちや)宸慮(しんりよ)(なや)ませ(たま)ひ、019()(むか)つて種々(いろいろ)鎮圧(ちんあつ)(みち)をお(たづ)(あそ)ばすけれ(ども)020(なに)()うても()かる(とき)には兵馬(へいば)(けん)(にぎ)つてゐない(ため)に、021強圧的(きやうあつてき)一時(いちじ)なり(とも)鎮圧(ちんあつ)することが出来(でき)ない。022(なん)とかして右守司(うもりのかみ)職権(しよくけん)左守(さもり)(うつ)さなくては仕方(しかた)がない。023(なん)とか妙案(めうあん)があるまいかな』
024ヱクス『(なん)(まを)しましても、025右守司(うもりのかみ)026奸侫邪智(かんねいじやち)にして、027ヒルナ(ひめ)(さま)取入(とりい)り、028(けん)(ほしいまま)(いた)して()りますれば、029刹帝利様(せつていりさま)も、030左守司様(さもりのかみさま)も、031(ほとん)有名無実(いうめいむじつ)有様(ありさま)032(じつ)残念(ざんねん)(ござ)います。033(くは)ふるに右守司(うもりのかみ)034野心(やしん)包蔵(はうざう)し、035国内(こくない)動乱(どうらん)煽動(せんどう)し、036紛擾(ふんぜう)をして益々(ますます)(だい)ならしめむとするの傾向(けいかう)(ござ)いまする。037(すこ)(はや)軍隊(ぐんたい)(うご)かし、038鎮撫(ちんぶ)にかかつたならば、039斯様(かやう)(こと)にはならないのですが、040右守司(うもりのかみ)(むね)一物(いちもつ)ある(こと)とて、041(この)紛擾(ふんぜう)傍観(ばうかん)し、042軍隊(ぐんたい)(もつ)(たみ)(むか)ふは、043政治(せいぢ)本義(ほんぎ)ではない、044民心(みんしん)(いか)らしむるは危険(きけん)至極(しごく)だと主張(しゆちやう)し、045(かげ)から暴動(ばうどう)煽動(せんどう)し、046自発的(じはつてき)貴方(あなた)退位(たいゐ)余儀(よぎ)なくせしめ、047(みづか)()つて(かは)らむとの野心(やしん)仄見(ほのみ)えて()ります。048(なん)とか(いま)(うち)用意(ようい)(いた)さねば、049取返(とりかへ)しのつかぬ大事(だいじ)(おこ)るだらうと、050(わたし)昼夜(ちうや)心胆(しんたん)(くだ)いて()ります。051(くは)ふるに、052(はなはだ)申上(まをしあ)(にく)(こと)(なが)ら、053左守司(さもりのかみ)(あと)をお()(あそ)ばすべき御賢息様(ごけんそくさま)は、054耽美生活(たんびせいくわつ)だとか、055軟文学(なんぶんがく)だとか()つて、056(しきり)(めう)議論(ぎろん)をまくし()て、057国家(こくか)(こと)などはチツトも念頭(ねんとう)において(ござ)らぬのだから、058(こま)つた(こと)(ござ)います』
059左守(さもり)如何(いか)にも、060(おや)()にも、061彼奴(あいつ)(こま)つた(やつ)だと(おも)つてゐるのだ。062(なん)とか(かれ)(うま)改心(かいしん)させ、063王様(わうさま)(ため)舎身的(しやしんてき)忠勤(ちうきん)(はげ)むやうにさせたいものだなア。064(しか)(ほの)かに()けば(せがれ)のハルナは右守(うもり)(いもうと)065カルナに(たい)しラブ・レタースを取交(とりかは)してゐるとやら()いたが、066それが(はた)して(まこと)なら、067(なん)とかして(この)結婚(けつこん)成立(せいりつ)させ、068(わざはひ)未発(みはつ)(ふせ)手段(しゆだん)(めぐ)らさねばならぬ。069国内(こくない)紛擾(ふんぜう)(をさ)めむとすれば、070()城内(じやうない)暗闘(あんとう)(ふせ)ぎ、071一致(いつち)団結(だんけつ)しておかねば右守司(うもりのかみ)術中(じゆつちう)(おちい)るやうな(こと)があつては(じつ)(こま)るからなア』
072ヱクス『如何(いか)にも御尤(ごもつと)もな御説(おせつ)073ハルナ(さま)とカルナ(ひめ)との(あひだ)に、074左様(さやう)消息(せうそく)があるとすれば、075(ひと)つハルナ(さま)此処(ここ)()(もら)つて、076御意見(ごいけん)(うけたま)はつた(うへ)077(なん)とか工夫(くふう)(いた)さうだありませぬか』
078左守(さもり)『それも(ひと)つの方法(はうはふ)だ。079ヱクス、080(まへ)一寸(ちよつと)(せがれ)()うて、081意見(いけん)(たた)いて()てくれまいかな』
082ヱクス『ハイ(かしこ)まりました。083直様(すぐさま)ハルナ(さま)御面会(ごめんくわい)(ねが)ひ、084御意見(ごいけん)(うけたま)はつた(うへ)085詳細(しやうさい)なる復命(ふくめい)(いた)しませう』
086左守(さもり)(しつ)(あと)にしてハルナの居間(ゐま)(おとづ)れた。087ハルナは一生懸命(いつしやうけんめい)(つくゑ)(もた)れて、088(すこ)青白(あをじろ)(かほ)をし(なが)ら、089マトリモーニアル・インスティチューシャンズを(ひもと)き、090()(ふけ)つてゐた。091そこへ頑強(ぐわんきやう)無粋(ぶすゐ)忠義(ちうぎ)一途(いちづ)のヱクスが、092(ふる)(あたま)をニユツと突出(つきだ)して、093(のり)つけ(もの)のバチバチを()たやうな四角張(しかくば)つたスタイルで、094ソツと(ふすま)(ひき)あけ、
095ヱクス『ハイ、096御免(ごめん)(くだ)さいませ。097ヱクスで(ござ)います』
098 ハルナは(この)(こゑ)(みみ)這入(はい)らぬとみえて、099一生懸命(いつしやうけんめい)結婚制度史(けつこんせいどし)(うへ)()(そそ)ぎ、100ゲツティング・マリドだとか、101フヰジオロヂー・オブ・ラブなどと(くび)をかたげて(かんが)へて()る。102ヱクスは頓狂(とんきやう)(こゑ)()して、
103ヱクス『モーシ、104ハルナ(さま)
105(よば)はる(こゑ)にハツと()がつき、106(あわ)てて結婚制度史(けつこんせいどし)(つくゑ)引出(ひきだ)しにしまひこみ、107素知(そし)らぬ(かほ)をして、108(ひざ)(うへ)両手(りやうて)をキチンとおき、
109ハルナ『ヤ、110(まへ)はヱクスだないか、111(ぼく)勉強(べんきやう)してる(ところ)突然(とつぜん)やつて()たものだから、112(めん)くらつて(しま)つたよ』
113ヱクス『(また)軟派文学(なんぱぶんがく)でも耽読(たんどく)してゐられましたのでせう』
114 ハルナはハツとし(なが)ら、115(くび)左右(さいう)()り、
116ハルナ『アアイヤイヤ、117軟派(なんぱ)文学(ぶんがく)などは青年(せいねん)()むべきものでない、118(おれ)硬派文学(かうはぶんがく)耽読(たんどく)してゐるのだ』
119ヱクス『それでも、120貴方(あなた)121(つくゑ)(うへ)にマトリモーニアル・インスティチューシャンズがチヨコチヨコおいてあるだありませぬか』
122ハルナ『ウンあれか、123あれは結婚制度史(けつこんせいどし)だから、124(まへ)のやうな既婚者(きこんしや)必要(ひつえう)はないが、125吾々(われわれ)には(あなが)不必要(ふひつえう)(だん)ずることは出来(でき)ない。126(しか)(なが)(すこ)(ばか)軟派(なんぱ)でも硬派(かうは)研究比較上(けんきうひかくじやう)127一度(いちど)()んでおかなくちやならないからなア』
128ヱクス『もし、129ハルナ(さま)130(わたし)軟文学(なんぶんがく)大好物(だいかうぶつ)(ござ)いますよ。131貴方(あなた)不在中(ふざいちう)にも、132チヨコチヨコ拝借(はいしやく)しまして、133(のぞ)()みをさして(いただ)きましたが、134随分(ずいぶん)面白(おもしろ)いものですな』
135ハルナ『吾々(われわれ)参考書(さんかうしよ)無断(むだん)で、136(まへ)()んだのか、137()しからぬだないか』
138 ヱクスは(あたま)()(なが)ら、
139ヱクス『ヘー、140(まこと)()みませぬ、141(あま)面白(おもしろ)いものですから、142父上(ちちうへ)に、143ソツとお()(まを)しました(ところ)144(この)(やう)軟文学(なんぶんがく)(けが)らはしい、145雪隠壺(せつちんつぼ)へでも()()んで(しま)へ……とお目玉(めだま)(いただ)くかと(おも)ひの(ほか)146流石(さすが)はハルナ(さま)のお(とう)さま(だけ)あつて、147ヘヘヘヘヘ、148(ひら)けたお(かた)ですよ。149(うち)(せがれ)もここ(まで)徹底(てつてい)したか、150流石(さすが)(わし)息子(むすこ)だ。151これならば左守(さもり)(あと)()がしても大丈夫(だいぢやうぶ)だ……と(もつ)ての(ほか)のお(よろこ)び、152(くち)(きは)めて御讃嘆(ごさんたん)153イヤもう(この)頑固爺(ぐわんこおやぢ)意外(いぐわい)(かん)()たれ、154それから(のち)といふものは、155スツカリ軟派(なんぱ)改悪(かいあく)……(いな)改良(かいりやう)(いた)しまして、156(この)(ふる)(あたま)もチツと(ばか)(あたら)しくなりました。157(この)書籍(しよせき)のお(かげ)(まつた)くヰータ・ヌーバの気分(きぶん)になり、158どこともなしに(こころ)(わか)やいで()ましたがな、159アハハハハ』
160とうまくハルナの精神(せいしん)にバツを(あは)さうとしてゐる(その)老獪(らうくわい)さ。161ハルナはヱクスの心中(しんちう)()らず、162(おほい)(よろこ)んで、
163ハルナ『成程(なるほど)父上様(ちちうへさま)も、164時代(じだい)目覚(めざ)(あそ)ばしたと()えるなア、165イヤ有難(ありがた)有難(ありがた)い。166(もと)より左守家(さもりけ)殺伐(さつばつ)軍馬(ぐんば)(けん)(あつか)(いへ)だない、167文学(ぶんがく)(いへ)だから、168(とう)さまがさうなられるのも当然(たうぜん)だ。169(まへ)(いま)(まで)(やう)拙者(せつしや)恋愛論(れんあいろん)(つい)て、170(この)(うへ)ゴテゴテ苦情(くじやう)()はないだらうなア』
171ヱクス『ハイ、172(おほ)(まで)(ござ)いませぬ、173(あたま)禿()げても、174()はヤツパリ十七八(じふしちはち)175貴方(あなた)御主義(ごしゆぎ)全部(ぜんぶ)共鳴(きようめい)して()ります。176アハハハハ』
177ハルナ『父上様(ちちうへさま)はそこ(まで)人間味(にんげんみ)がお(わか)りになつた以上(いじやう)は、178(ぼく)主義(しゆぎ)にキツト賛成(さんせい)して(くだ)さるだらうかな。179レター・ライタの(なか)普通(ふつう)一般(いつぱん)往復文(わうふくぶん)(なか)にラブ・レターズが混入(こんにふ)してゐる今日(こんにち)教育法(けういくはふ)だから、180ラブ・イズ・ベストの真理(しんり)(わか)つてゐるだらうなア。181コーエデュケーシヤンの(おこな)はれてゐる今日(こんにち)182(ふる)道徳(だうとく)(とら)はれて、183夫婦別(ふうふべつ)あり、184男女(だんぢよ)(せき)(おなじ)うせずなどと、185旧套語(きうたうご)をふり(まは)したり、186門閥結婚(もんばつけつこん)187強圧結婚(きやうあつけつこん)188無情結婚(むじやうけつこん)189自分(じぶん)以外(いぐわい)(もの)(さだ)める結婚(けつこん)などの迷夢(めいむ)()まされたであらうなア』
190ヱクス『(けつ)して御心配(ごしんぱい)なさいますな。191(とう)さまはジュネス・アンテレック・テーエルですよ。192キヨロキヨロしてゐると、193貴方(あなた)よりも(はる)かに(あたら)しうなられますからな』
194ハルナ『さうすると、195(ぼく)のゲツティング・マリドに(つい)ては(けつ)して干渉(かんせう)せないと()御方針(ごはうしん)だな。196(いま)(まで)前達(まへたち)()つて()つた、197アメージング・マリーヂな(こと)(しひ)られると、198(おれ)のやうな文明人士(ぶんめいじんし)はサイキツク・トラウマを(きた)何時(いつ)()にか、199ヒステリックになつて(しま)ふ。200今日(こんにち)(おや)はすべてを(その)()自由意志(じいういし)(まか)すのが賢明(けんめい)なる(おや)たるの(みち)だからなア』
201ヱクス『(じつ)貴方(あなた)明敏(めいびん)頭脳(づなう)持主(もちぬし)ですな、202(この)(おや)にして(この)()あり、203イヤ(はや)204(この)頑固(ぐわんこ)なヱクスも(おそ)()りました。205()いては貴方(あなた)理想(りさう)(つま)となさる御方(おかた)はきまつて()りますか』
206ハルナ『きまつたでもなし、207きまらぬでもなし、208(いま)熟考中(じゆくかうちう)だ。209(なん)()機会(きくわい)があつたらお(まへ)相談(さうだん)してみたいと(おも)つてゐたのだが、210何分(なにぶん)(いま)(まで)のお(まへ)(おれ)とは思想上(しさうじやう)距離(きより)(あま)(はなはだ)しいので、211つい()()しかね、212今日(こんにち)(まで)煩悶苦悩(はんもんくなう)(つづ)けて()たのだよ』
213ヱクス『ハハハ、214そんな御心配(ごしんぱい)がいりますか、215(むすめ)乳母(うば)(うち)あけるやうに、216(わたし)左守家(さもりけ)家令(かれい)(ござ)いますから、217万一(まんいち)(とう)さまが()くなられた(あと)は、218貴方(あなた)直接(ちよくせつ)御家来(ごけらい)219どんな(こと)でも、220腹蔵(ふくざう)なく仰有(おつしや)つて(いただ)きたう(ござ)います。221(こころ)秘密(ひみつ)家令(かれい)(わたし)にお打明(うちあ)けなさらぬとは、222(じつ)にお水臭(みづくさ)御心根(おこころね)223ヱクスはお(うら)(いた)します』
224とワザとに(そで)空涙(からなみだ)(ぬぐ)ふ。225ハルナは得意(とくい)になり、
226ハルナ『ヤア、227そんなら打明(うちあ)かすが、228(じつ)(ところ)右守司(うもりのかみ)(いもうと)カルナ(ひめ)とゲッティング・マリドの予約(よやく)出来(でき)てゐるのだ』
229ヱクス『エツ、230(なん)(おほ)せられます、231あのカルナ(さま)情約締結(じやうやくていけつ)(ととの)うたと仰有(おつしや)るのですか……ヘーエ……(なん)貴方(あなた)辣腕家(らつわんか)ですな。232(この)ヱクスもゾツコンから感服(かんぷく)(いた)しました。233ヤ、234(おほい)におやりなさいませ、235双手(もろて)をあげて家令(かれい)のヱクス賛成(さんせい)(いた)します』
236ハルナ『お(まへ)賛成(さんせい)してくれても、237肝心要(かんじんかなめ)父上(ちちうへ)御意思(ごいし)(うかが)はねば、238まだ安心(あんしん)する(ところ)へは()けない、239よく(かんが)へて()よ。240右守(うもり)左守(さもり)両家(りやうけ)暗闘(あんとう)時々刻々(じじこくこく)激烈(げきれつ)になつて()てゐるのだからなア』
241ヱクス『貴方(あなた)にも似合(にあは)(こと)仰有(おつしや)いますなア。242両家(りやうけ)暗闘(あんとう)暗闘(あんとう)だありませぬか。243人生(じんせい)()つて肝心要(かんじんかなめ)の、244それが(ため)に、245結婚問題(けつこんもんだい)までも犠牲(ぎせい)にするといふ(こと)がありますか、246ソレヤ問題(もんだい)(ちが)ひますよ。247キツトお父上(ちちうへ)(この)問題(もんだい)()いては賛成(さんせい)(あそ)ばすことは受合(うけあひ)です。248貴方(あなた)決心(けつしん)()まれば、249一時(いちじ)(はや)く、250(およ)ばず(なが)(この)ヱクスが斡旋(あつせん)(らう)をとらして(いただ)きます。251御安心(ごあんしん)なされませ』
252 ハルナはさも(うれ)しげに、253(つつ)みきれぬやうな(ゑみ)(ほほ)(うか)べて、254(はづ)かしげに(うつむ)いた。255ヱクスはしてやつたりと、256心中(しんちう)(うなづ)(なが)ら、
257ヱクス『ハルナ(さま)258(ぜん)(いそ)げで(ござ)いますから、259直様(すぐさま)父上(ちちうへ)申上(まをしあ)げ、260先方(せんぱう)掛合(かけあ)(こと)(いた)しませう』
261とイソイソとして、262(この)()立出(たちい)左守司(さもりのかみ)居間(ゐま)一伍一什(いちぶしじふ)報告(はうこく)すべく(すす)()く。
263 (あと)にハルナは(てん)にも(のぼ)心地(ここち)して、
264ハルナ『あああ、265時節(じせつ)()たかなア、266よく(ひら)けた父上(ちちうへ)だ。267盤古神王様(ばんこしんのうさま)268何卒(どうぞ)(この)(こひ)完全(くわんぜん)成就(じやうじゆ)(いた)します(やう)に、269(まも)らせ(たま)へ、270(さきは)(たま)へ、271惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)ませ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)ませ』
272合掌(がつしやう)し、273結婚(けつこん)成立(せいりつ)祈願(きぐわん)した。274天井(てんじやう)から(ねづみ)がクウクウクウ チウチウチウ チーチー ドドドドド、275バタバタバタと()(なが)(はし)(こゑ)(きこ)えて()る。
276大正一二・二・一二 旧一一・一二・二七 於竜宮館 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。