霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第七章 比翼(ひよく)〔一三七〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第53巻 真善美愛 辰の巻 篇:第1篇 毘丘取颪 よみ:びくとりおろし
章:第7章 第53巻 よみ:ひよく 通し章番号:1370
口述日:1923(大正12)年02月12日(旧12月27日) 口述場所:竜宮館 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年3月8日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
左守の司キュービットの館において、右守の妹カルナ姫と、左守のせがれハルナとの神前結婚式が厳粛に円満に挙行された。
宣伝使兼内事の司タルマンは、仲人として祭主を勤めた。この結婚によって左守家・右守家の年来の確執は一掃されるであろうと、城内の注意を引いた。タルマンは、四五音の言霊の祝歌を歌った。
左守のキュービットは嬉しさに堪えず、手を打って歌いだした。続いてカルナ姫もこの結婚の歓びを歌い舞い、拍手の声は雨あられと響き渡った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5307
愛善世界社版:70頁 八幡書店版:第9輯 529頁 修補版: 校定版:74頁 普及版:37頁 初版: ページ備考:
001 左守(さもり)(かみ)キユービツトの(やかた)(おい)ては、002右守(うもり)(かみ)(いもうと)カルナ(ひめ)(その)(せがれ)ハルナとの神前結婚式(しんぜんけつこんしき)厳粛(げんしゆく)円満(ゑんまん)挙行(きよかう)された。003宣伝使(せんでんし)(けん)内事(ないじ)(つかさ)タルマンは仲介人(なかうど)(こと)とて祭主(さいしゆ)(つと)める(こと)となつた。004婚姻(こんいん)儀式(ぎしき)首尾(しゆび)よく()んで一同(いちどう)祝宴(しゆくえん)(うつ)つた。005()結婚(けつこん)によつて左守(さもり)006右守(うもり)両家(りやうけ)年来(ねんらい)確執(かくしつ)一掃(いつさう)さるる(こと)であらうと、007城内(じやうない)一般(いつぱん)注意(ちうい)()いた。008タルマンは結婚式(けつこんしき)(しゆく)するため、009(うた)(はじ)めたり。
010有難(ありがた)有難(ありがた)
011ドムの(かみ)のはからひで
012()より(ふか)恋仲(こひなか)
013(にし)(むす)(をは)せたる
014大御恵(ほみめぐみ)(たふと)けれ
015くも目出度(めでた)婚姻(こんいん)
016()(みこと)()ふも(さら)
017国民(にたみ)(とも)(ゑら)()
018()しき(いや)しき村雲(むらぐも)
019(ころ)(そこ)より払拭(ふつしき)
020らたまりての交際(かうさい)
021()しく(むす)今日(けふ)(よひ)
022皇大神(めおほかみ)のはからひで
023世界(かい)(また)二人(ふたり)ない
024()ひも(そろ)うたよい夫婦(ふうふ)
025()(はばか)らず今日(けふ)よりは
026(から)(かぎ)()(かぎ)
027()(をつと)(をつと)(つま)
028手厚(あつ)くもてなし(いへ)(なか)
029(との)(おや)によく(つか)
030()きミロクの(すゑ)(まで)
031コニコニコと(むつ)()
032()()しならぬ(かすがひ)
033ンネを()んで(むつま)じく
034長閑(どか)なホームを(つく)りませ
035()陽気(やうき)()()ちて
036()もいと(なが)くなりぬれば
037夫婦(うふ)()()()(かは)
038ソポタミヤの顕恩郷(けんおんきやう)
039秀妻(つま)(くに)新婚(しんこん)
040まの旅行(りよかう)をなされませ
041()れば()(ほど)(うる)はしき
042娘盛(すめざか)りのカルナ(ひめ)
043目出度(でた)今日(けふ)宴会(うたげ)をば
044百歳(もとせ)千歳(ちとせ)(かは)りなく
045八千代(ちよ)(はる)玉椿(たまつばき)
046()(いだ)かれいつ(まで)
047愉快(くわい)(くら)せハルナさま
048(にし)(いと)大神(おほかみ)
049さしのままに()ゆるなく
050側目(きめ)もふらず(みち)()
051()(あは)せて(つと)めかし
052現世(つしよ)幽世(かくりよ)(へだ)てなく
053()(した)しみ(かみ)(ため)
054王家(うけ)のために(はげ)むべし
055ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
056御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ』
057四十五音(しじふごおん)言霊歌(ことたまうた)(もつ)て、058両人(りやうにん)結婚(けつこん)(しゆく)した。059左守司(さもりのかみ)のキユービツトは(うれ)しさに()へず、060()()つて(うた)()したり。
061(かみ)(おもて)()れまして
062(めぐみ)(つゆ)(くだ)しまし
063老先(をいさき)(みじか)左守(さもり)をば
064(すく)はせたまふ(うれ)しさよ
065ビクの御国(みくに)(かく)れなき
066神徳(しんとく)(たか)きビクトリア
067(きみ)(みこと)のはからひで
068(ほまれ)(たか)右守(うもり)(かみ)
069ベルツの(きみ)御妹(おんいもうと)
070カルナの(ひめ)()()ちて
071(せがれ)(とも)(むつま)じく
072(はる)(はな)()くホームをば
073(つく)らむ(こと)(たの)しさよ
074これも(まつた)くウラル(けう)
075(かみ)(はしら)()れませる
076盤古神王(ばんこしんわう)()ふもさら
077刹帝利様(せつていりさま)やヒルナ(ひめ)
078タルマン(さま)御恵(おんめぐ)
079父祖(ふそ)(だい)より(もつ)れたる
080両家(りやうけ)暗闘(あんとう)(いま)よりは
081速河(はやかは)()(なが)()
082(きみ)御為(おんた)(くに)()
083大臣(おほみ)(みち)をばよく(つく)
084国民(くにたみ)(まで)(たひら)けく
085いと(やす)らけく知召(しろしめ)
086(きみ)のみわざを麻柱(あななひ)
087万世不易(ばんせいふえき)国家(こくか)をば
088(まも)らむ(こと)(うれ)しさよ
089(せがれ)ハルナを(はじ)めとし
090淑徳(しゆくとく)(たか)きカルナ(ひめ)
091幾久(いくひさ)しくも(わが)(いへ)
092(とど)まりまして神業(しんげふ)
093参加(さんか)せられよキユービツトが
094(こころ)()めて(たの)()
095朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
096(つき)()つとも()くるとも
097仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
098(ほし)(そら)より()つるとも
099(おも)()うたる(この)夫婦(ふうふ)
100仮令(たとへ)如何(いか)なる(こと)あるも
101(けつ)して(かは)(こと)(あら)
102カルナの(ひめ)今日(けふ)よりは
103(いや)しき(われ)(ちち)として
104(まも)らせ(たま)左守(さもり)(かみ)
105(あか)(こころ)(その)(まま)
106(ここ)(あら)はし(たの)()
107ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
108御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ』
109 カルナ(ひめ)(また)(うた)ふ。
110神徳(しんとく)(たふと)左守(さもり)(かみ)
111(うづ)御子(おんこ)()れませる
112名望(めいばう)(たか)きハルナさま
113(たふと)(かみ)御恵(みめぐみ)
114よりて(いよいよ)結婚(けつこん)
115(しき)()げさせ(たま)ひたる
116今宵(こよい)(そら)(あきら)けさ
117(つき)御空(みそら)皎々(かうかう)
118(かがや)(わた)諸々(もろもろ)
119(ほし)一面(いちめん)(きら)めきて
120(あま)河原(かはら)北南(きたみなみ)
121輪廓(りんくわく)(ただ)しく(なが)()
122七夕姫(たなばたひめ)(かみ)さへも
123(ねん)一度(いちど)逢瀬(あふせ)ぞと
124()きしに(まさ)(わらは)こそ
125(よる)(ひる)との区別(くべつ)なく
126夫婦(ふうふ)(たがひ)顔合(かほあは)
127(きよ)月日(つきひ)(おく)()
128(その)(さいはひ)天国(てんごく)
129天津乙女(あまつをとめ)天人(てんにん)
130日毎夜毎(ひごとよごと)(たの)しみも
131(われ)には()かじと(おも)ふなり
132ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
133刹帝利様(せつていりさま)やヒルナ(ひめ)
134タルマン(つかさ)御恵(みめぐみ)
135(うれ)しき今宵(こよい)首尾(しゆび)()
136(この)(よろこ)びは何時(いつ)(まで)
137孫子(まごこ)()(まで)(わす)るまじ
138左守(さもり)(ちち)兄上(あにうへ)
139いざこれよりは両家(りやうけ)とも
140所在(あらゆる)障壁(しやうへき)撤回(てつくわい)
141(たがひ)(こころ)(あは)しあひ
142(きみ)御為(おんため)(くに)のため
143いや永久(とこしへ)赤心(まごころ)
144(つく)させ(たま)惟神(かむながら)
145(かみ)御前(みまへ)()ぎまつる』
146(うた)(をは)()(をは)(もと)()についた。147拍手(はくしゆ)(こゑ)雨霰(あめあられ)(ひび)(わた)りける。
148大正一二・二・一二 旧一一・一二・二七 於竜宮館 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。