霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一〇章 女丈夫(ぢよぢやうふ)〔一三七三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第53巻 真善美愛 辰の巻 篇:第2篇 貞烈亀鑑 よみ:ていれつきかん
章:第10章 第53巻 よみ:じょじょうぶ 通し章番号:1373
口述日:1923(大正12)年02月13日(旧12月28日) 口述場所:竜宮館 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年3月8日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
関守長カントの報告に、一同は打ち驚いた。国家の危急にさすがの右守もいままでの確執よりも防衛に焦慮しだした。そして、一切の作戦計画を王家と左守家に一任するときっぱり言ってのけた。
そこで左守と王・王妃が、軍を二隊に分けてそれぞれ左守と右守が率い、迎撃態勢を整えるように命じたが、右守はなんだかんだと言い訳をつけて、城を動こうとしない。そうしている間にも次々に敵軍による被害の報告が上がってくる。
実は右守はこの事態に腰を抜かして自力で立てなくなっていた。それを悟られたくないためだけに、危急のときにあたっても立ち上がろうとしなかった。妹のカルナ姫は自分が出陣すると言って兄を振り切り、夫のハルナを促して部屋を出て行った。
ビクトリヤ王は右守の不甲斐なさに怒って、右守を切りつけようとした。王妃ヒルナ姫は王に取りすがり、右守がここまで慢心してしまった責任は自分にあり、右守の野心を探り、改心させるために、右守と不義の交わりをしたと告白した。
ビクトリヤ王は、ヒルナ姫の忠義を認め、離縁を言い渡しながらも、感謝を述べて今後も王家につかえるように言い渡した。ヒルナ姫はとっさに自害しようとしたが、タルマンはそれを止め、今は防衛に全力を勤めるように諭した。
ヒルナ姫はタルマンの諭しを容れ、武装を整えて戦陣に向かった。左守は老齢のため王のそばに仕えることになり、タルマンも出陣して行った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5310
愛善世界社版:99頁 八幡書店版:第9輯 539頁 修補版: 校定版:103頁 普及版:49頁 初版: ページ備考:
001 カントの報告(はうこく)打驚(うちおどろ)いて、002一同(いちどう)(しばら)沈黙(ちんもく)(まく)()ろした。003(ことわざ)にも兄弟(きやうだい)(かき)にせめぐ(とも)004(ほか)(その)(あなど)りを(ふせ)ぐとかや、005(ちち)()して(いへ)にせめぐ()なし、006……とは(うべ)なるかな。007国家(こくか)危急存亡(ききふそんばう)目睫(もくせふ)(あひだ)(せま)れるを()いて、008流石(さすが)右守(うもり)(いま)(まで)争論(そうろん)をケロリと(わす)れ、009()(かく)外敵(ぐわいてき)(ふせ)がむとのみに焦慮(せうりよ)()した。010右守(うもり)(あわ)てて(くち)(ひら)き、
011右守(うもり)刹帝利様(せつていりさま)012国家(こくか)危急(ききふ)013目睫(もくせふ)(せま)りました。014斯様(かやう)(とき)内紛(ないふん)(かも)すのは(もつと)不利益千万(ふりえきせんばん)(ござ)います。015(この)右守(うもり)(きみ)(ため)016(くに)(ため)017一切(いつさい)主張(しゆちやう)()げて、018(わが)君様(きみさま)019ヒルナ(ひめ)(さま)020左守殿(さもりどの)一任(いちにん)(いた)します、021何卒(どうぞ)よきに御取計(おとりはか)らひを(ねが)ひませう』
022()つて(かは)つた挨拶(あいさつ)に、023ビクトリア(わう)(やうや)(かほ)をあげ、
024刹帝利(せつていり)(なんぢ)赤心(まごころ)只今(ただいま)(あら)はれた。025(ひと)(いよいよ)(とき)にならねば本心(ほんしん)(わか)らぬものだ。026サア(これ)から左守(さもり)027右守(うもり)028タルマン、029一致(いつち)(うへ)(ふせ)ぎの用意(ようい)(いた)されよ』
030ヒルナ(ひめ)左守殿(さもりどの)031如何(いかが)(ござ)る。032其方(そなた)三軍(さんぐん)(ひき)ゐ、033右守殿(うもりどの)(ちから)(あは)せ、034防戦(ばうせん)にお(むか)ひなさらぬか』
035左守(さもり)『ハイ、036委細(ゐさい)承知(しようち)(つかまつ)りました。037(しか)らば(これ)より、038右守殿(うもりどの)039軍隊(ぐんたい)二手(ふたて)(わか)ち、040(その)一班(いつぱん)拙者(せつしや)(あづか)りませう』
041右守(うもり)『これは()しからぬ、042軍学(ぐんがく)経験(けいけん)なき其方(そなた)043左様(さやう)(こと)如何(どう)して出来(でき)ませうか。044(この)防戦(ばうせん)拙者(せつしや)にお(まか)(くだ)され。045一兵(いつぺい)(うご)かさずして、046樽爼折衝(そんそせつしよう)(あひだ)解決(かいけつ)をつけてみせませう』
047 かかる(ところ)第二(だいに)使者(ししや)として、048(あわ)ただしく()(きた)るはエムであつた。049エムは一同(いちどう)(まへ)平伏(へいふく)し、050(あせ)(ぬぐ)(なが)ら、
051御注進(ごちうしん)申上(まをしあ)げます、052(てき)()(あま)大軍(たいぐん)053バラモンの勇将(ゆうしやう)054鬼春別(おにはるわけ)055久米彦(くめひこ)両将軍(りやうしやうぐん)指揮(しき)(もと)数千騎(すうせんき)(もつ)押寄(おしよ)(きた)り、056(たちま)表門(おもてもん)破壊(はくわい)し、057陣営(ぢんえい)焼払(やきはら)い、058民家(みんか)()(はな)ちました、059(とき)(おく)れては一大事(いちだいじ)060一時(いちじ)(はや)防戦(ばうせん)用意(ようい)あつて(しか)るべし。061いで(それがし)は、062(いのち)(まと)にあらむ(かぎ)りの奪戦(ふんせん)(いた)し、063(きみ)(ため)一命(いちめい)()(まを)さむ。064(はや)御用意(ごようい)あつて(しか)るべし』
065()ふより(はや)く、066韋駄天走(ゐだてんばし)りに()()だし、067何処(いづこ)ともなく()()せたり。
068左守(さもり)只今(ただいま)となつて、069拙者(せつしや)貴殿(きでん)意思(いし)(そむ)き、070内紛(ないふん)(つづ)くる(こと)(この)(まを)さぬ。071(しか)らば(わが)(きみ)御身辺(ごしんぺん)保護(ほご)(つかまつ)るべければ、072貴殿(きでん)(これ)より三軍(さんぐん)(ひき)ゐ、073華々(はなばな)しく(たたか)ひめされ、074日頃(ひごろ)(きた)へし武術(ぶじゆつ)手並(てなみ)075(あら)はし(たま)ふは(この)(とき)ならむ。076(はや)(はや)御用意(ごようい)あれ』
077とすすむれど、078右守司(うもりのかみ)泰然(たいぜん)として(うご)きさうにもない。
079ヒルナ(ひめ)右守殿(うもりどの)080国家(こくか)危急(ききふ)場合(ばあひ)081一時(いちじ)(はや)防戦(ばうせん)におかかりなさらぬか』
082右守(うもり)『これはこれはヒルナ(ひめ)(さま)のお言葉(ことば)とも(おぼ)えませぬ。083(てき)()にあまる大軍(たいぐん)084勝敗(しようはい)(すう)(すで)(けつ)してをりまするぞ。085あたら勇士(ゆうし)(かばね)戦場(せんぢやう)(さら)すよりも、086(しばら)(てき)蹂躙(じうりん)(まか)し、087極端(きよくたん)無抵抗主義(むていかうしゆぎ)発揮(はつき)して、088(てき)をしてアフンと(いた)さすが兵法(へいはふ)奥義(おくぎ)(ござ)る。089右守(うもり)胸中(きようちう)(たくは)へたる神算鬼謀(しんさんきぼう)発揮(はつき)するは(またた)(うち)090まづまづお()たせあれ。091()いては(こと)仕損(しそん)ずる、092英雄(えいゆう)閑日月(かんじつげつ)あり(てい)度量(どりやう)がなくては国家(こくか)処理(しより)する(こと)出来(でき)ますまいぞ。093アハハハハ』
094とクソ落着(おちつ)きに落着(おちつ)き、095(なに)(こころ)()する(ところ)あるものの(ごと)くなりき。096(その)(じつ)右守(うもり)実際(じつさい)卑怯者(ひけふもの)(はや)くも(こし)()かしてゐたのである。097(しか)(なが)らヒルナ(ひめ)(および)(その)()(なみ)ゐる歴々(れきれき)手前(てまへ)098(おどろ)いて(こし)()けたといふ(わけ)にも()かず、099さりとて軍隊(ぐんたい)左守(さもり)(わた)せば、100(ふたた)兵馬(へいば)(けん)(わが)()(かへ)つて()ない。101()でて武勇(ぶゆう)(あら)はさむとすれば、102(すで)(こし)()けてゐる。103(また)勝算(しようさん)見込(みこみ)がない。104なまじいに(たたか)つて敗北(はいぼく)をなし、105自分(じぶん)沽券(こけん)(おと)すよりも、106太刀(たち)()かざれば、107(その)勝劣(しようれつ)(わか)らないであらう、108(なん)とかならうから……といふズルイ(かんが)へが咄嗟(とつさ)(おこ)つた。109ヒルナ(ひめ)(こころ)弱点(じやくてん)があるので、110右守司(うもりのかみ)(たい)して(きび)しく叱咤(しつた)する(こと)出来(でき)ず、111(じつ)煩悶苦悩(はんもんくなう)(きよく)(たつ)した。112刹帝利(せつていり)(こころ)(いら)ち、
113『アイヤ右守殿(うもりどの)114(はや)くお()ちなされ、115日頃(ひごろ)軍隊(ぐんたい)()(きた)ふるは、116斯様(かやう)(とき)必要(ひつえう)ある(ため)ではないか。117(なんぢ)武勇(ぶゆう)(あら)はすは(この)(とき)ではないか、118(はや)(はや)く』
119()()つる。120左守(さもり)(そば)によつて、
121右守殿(うもりどの)122(はや)くお()ましなされ。123貴殿(きでん)(おい)不賛成(ふさんせい)とあらば、124拙者(せつしや)軍隊(ぐんたい)(あづか)り、125防戦(ばうせん)()かけませう。126(はや)返答(へんたふ)()かして(くだ)さい』
127双方(さうはう)から()めかけられ、128右守(うもり)一言(ひとこと)(こた)へず(こし)()かした(まま)129(くび)左右(さいう)()つてゐる。
130 カルナ(ひめ)(そば)(ちか)()つて、
131『お(にい)さま、132(きみ)御心慮(ごしんりよ)(なぐさ)め、133貴方(あなた)忠誠(ちうせい)(あら)はすは、134(いま)(この)(とき)(ござ)います。135(かざ)りおいたる弓矢(ゆみや)手前(てまへ)136かやうの(とき)にお(はたら)きなさらねば、137(かへつ)武門(ぶもん)恥辱(ちじよく)(ござ)いまするぞ』
138右守(うもり)『エエ()ざかしき(をんな)差出口(さしでぐち)139(かま)つてくれな、140右守(うもり)右守(うもり)としての成案(せいあん)があるのだ。141燕雀(えんじやく)(なん)大鵬(たいほう)(こころざし)()らむやだ。142ひつ()みをらう』
143(いもうと)(むか)つて、144噴火口(ふんくわこう)()けた。
145カルナ(ひめ)『エエ不甲斐(ふがひ)ない兄上(あにうへ)146ようマア右守司(うもりのかみ)だと()つて、147今日(こんにち)(まで)威張(ゐば)られたものだ。148こんな卑怯未練(ひけふみれん)(あに)があるかと(おも)へば、149カルナ(ひめ)残念(ざんねん)(ござ)います。150イザ(これ)よりは(この)カルナが三軍(さんぐん)指揮(しき)し、151戦陣(せんぢん)(むか)ひませう、152兄上(あにうへ)さらば』
153といふより(はや)立出(たちい)でむとする、154右守(うもり)はカルナの()をグツと(にぎ)り、155()(いか)らして、
156『コレヤ(いもうと)157(をんな)分際(ぶんざい)として戦陣(せんぢん)(むか)ふとは何事(なにごと)だ。158越権(ゑつけん)沙汰(さた)ではないか』
159カルナ(ひめ)『エエ(この)()(およ)んで、160越権(ゑつけん)鉄拳(てつけん)もありますか、161(かみ)はタルマンを(はじ)(しも)一兵卒(いつぺいそつ)(はし)(いた)(まで)162(ちから)(あは)(こころ)(いつ)にして、163王家(わうけ)国家(こくか)(まも)らねばならぬ(この)場合(ばあひ)164ササそこ(はな)して(くだ)さい』
165ともがけど、166剛力(がうりき)(つか)まれたカルナ(ひめ)細腕(ほそうで)容易(ようい)(はな)れなかつた。167カルナ(ひめ)(さいはひ)(ひだり)()(にぎ)られてゐたのだから、168(みぎ)()にて懐剣(くわいけん)(さや)(はら)ひ、169右守(うもり)()(うで)をグサツと()()せば、170パツと()血潮(ちしほ)(いた)さに(おどろ)いて()(はな)したり。171カルナ(ひめ)は、
172『ハルナ殿(どの)173サア、174(ござ)りませ。175(わらは)(とも)防戦(ばうせん)用意(ようい)176(わが)君様(きみさま)177ヒルナ(ひめ)(さま)178御身(おんみ)御安泰(ごあんたい)に』
179()(なが)ら、180一目散(いちもくさん)()()した。
181刹帝利(せつていり)(なんぢ)不届至極(ふとどきしごく)右守司(うもりのかみ)182(この)場合(ばあひ)になつて、183卑怯未練(ひけふみれん)にも防戦(ばうせん)用意(ようい)(いた)さぬとは、184不忠不義(ふちうふぎ)曲者(しれもの)185一刀(いつたう)(もと)()りつけてくれむ、186覚悟(かくご)いたせ』
187大刀(だいたう)をスラリと()いて()りつけむとする。188ヒルナ(ひめ)(わう)(うで)にすがりつき、
189(わが)君様(きみさま)190(しばら)くお()(くだ)さいませ。191(わらは)(わる)いので(ござ)います、192ここにて一切(いつさい)罪科(ざいくわ)自白(じはく)(いた)しまする。193何卒(どうぞ)右守(うもり)をお()(あそ)ばすならば、194それより(さき)(わらは)御手(おて)にお()(くだ)さいませ。195そして臨終(いまは)(きは)申上(まをしあ)げておかねばならぬ(こと)(ござ)います。196(この)右守(うもり)(おもて)忠義面(ちうぎづら)(よそほ)ひ、197数多(あまた)軍隊(ぐんたい)(よう)し、198内々(ないない)()をまはして国民(こくみん)煽動(せんどう)し、199各地(かくち)暴動(ばうどう)(おこ)させ、200収拾(しうしふ)(べか)らざるに(いた)るを()ち、201()むなく王様(わうさま)退隠(たいいん)(いた)させ、202(みづか)()つて(かは)つて、203刹帝利(せつていり)たらむとの野心(やしん)(いだ)いて()りまする。204(わらは)(かげ)になり(ひなた)になり、205(この)野謀(やぼう)()(あらた)めしめ、206王家(わうけ)(すく)はむ(ため)に、207(かれ)不義(ふぎ)(まじ)はりを(いた)しました。208これも(まつた)王家(わうけ)(おも)一念(いちねん)より(をんな)あさはか(こころ)から、209(をんな)として()(べか)らざる(みち)(とほ)りました不貞(ふてい)(つみ)210万死(ばんし)(あたひ)(いた)しますれば、211何卒(どうぞ)(わらは)(さき)御手(おて)にかけ(くだ)さいまして、212右守(うもり)御成敗(ごせいばい)(くだ)さいます(やう)213(ひとへ)にお(ねがひ)(まを)します』
214 刹帝利(せつていり)(これ)()いて、215怒髪(どはつ)(てん)()き、216一刀(いつたう)(もと)にヒルナ(ひめ)()()つるかと(おも)ひきや、217(かたな)座敷(ざしき)()()て、218ドツカと()し、219両手(りやうて)()み、220(なみだ)をハラハラと(なが)して()ふ、
221刹帝利(せつていり)『ヒルナ(ひめ)222其方(そなた)心遣(こころづか)ひ、223(われ)(うれ)しう(おも)ふぞよ。224(をんな)()(べか)らざる(みち)()つて(まで)も、225王家(わうけ)(まも)らむとした(その)誠忠(せいちう)226(じつ)感歎(かんたん)(あま)りである。227(しか)(なが)(その)自白(じはく)()(うへ)は、228最早(もはや)(わが)(きさき)として(はべ)らす(こと)出来(でき)ない。229可愛相(かあいさう)(なが)ら、230夫婦(ふうふ)(えん)()る。231(しか)(なが)以前(いぜん)(かは)らず、232王家(わうけ)(ため)(つく)してくれ、233其方(そなた)赤心(まごころ)(じつ)感謝(かんしや)(いた)すぞよ』
234とヒルナ(ひめ)()()でて(なぐさ)めた。235ヒルナ(ひめ)(わう)愛情(あいじやう)(ほだ)され、236()つてもゐてもゐたたまらず、237懐剣(くわいけん)()くより(はや)(わが)(のんど)につき()てむとしたるを、238タルマンは目敏(めざと)(これ)をみて(ひめ)()(かた)(にぎ)(なみだ)(とも)に、
239(ひめ)(さま)240(わが)(きみ)のお(ゆる)しある(うへ)は、241国家(こくか)危急(ききふ)場合(ばあひ)242自殺(じさつ)などなさる(ところ)では(ござ)いませぬ。243そこ(まで)覚悟(かくご)をお()めなさつた以上(いじやう)は、244王家(わうけ)(ため)(いま)一息(ひといき)(いのち)(なが)らへ、245(てき)陣中(ぢんちう)()()り、246仮令(たとへ)一人(ひとり)なり(とも)(てき)(なや)ませ、247(いさ)ましく討死(うちじに)なさつたらどうで(ござ)いませう。248さすれば(ひめ)(さま)死花(しにばな)()くといふもの、249勇猛(ゆうまう)女武者(をんなむしや)として、250千載(せんざい)(その)芳名(はうめい)(つた)はるでせう、251(しばら)(おも)()まつて(くだ)さいませ』
252(なみだ)(なが)らに諫止(かんし)する。253(ひめ)()(うなづ)き、
254『ああ如何(いか)にも、255其方(そなた)()(とほ)り、256王様(わうさま)(ため)陣中(ぢんちう)()()んで(いのち)()てませう。257(いま)此処(ここ)自害(じがい)して()つれば、258犬死(いぬじに)同様(どうやう)259不義不貞腐(ふぎふていくさ)れの(をんな)よと、260醜名(しうめい)(のち)()(なが)すのも残念(ざんねん)(ござ)います。261ああよい(ところ)()がついた』
262()取直(とりなほ)し、263(にはか)武装(ぶさう)(ととの)へ、264後鉢巻(うしろはちまき)(りん)としめ、265薙刀(なぎなた)小脇(こわき)()()み、266門外(もんぐわい)さして(ただ)一人(ひとり)267トウトウトウと足早(あしばや)()()(その)(いさ)ましさ。268(わう)後姿(うしろすがた)見送(みおく)つて、269()(あは)せ『盤古神王(ばんこしんわう)(まも)らせ(たま)へ』と祈願(きぐわん)(こら)し、270()(ひめ)天晴(あつぱれ)271功名(こうみやう)手柄(てがら)(あら)はして、272華々(はなばな)しく凱旋(がいせん)せむ(こと)祈願(きぐわん)した。273左守司(さもりのかみ)老齢(らうれい)(こと)とて、274(わう)(めい)により(わう)(そば)(ちか)(つか)へた。275タルマンは、
276タルマン『われも(これ)より戦陣(せんぢん)(むか)ひ、277一当(ひとあて)あてて(てき)(きも)(ひや)してくれむ、278(わが)君様(きみさま)279さらば』
280()(のこ)し、281武装(ぶさう)(ととの)へ、282(おもて)をさして一目散(いちもくさん)()けり()く。
283大正一二・二・一三 旧一一・一二・二八 於竜宮館 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。