霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

余白歌

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第53巻 真善美愛 辰の巻 篇:余白歌 よみ:
章:第53巻 よみ:よはくか 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年3月8日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm538801
愛善世界社版: 八幡書店版: 修補版: 校定版: 普及版: 初版: ページ備考:
(うつ)()(ひと)はともあれかくり()
(ひと)(たま)まですくふ大道(おほみち)〈序文(初)〉
()(なげ)(くに)(おも)ひて空蝉(うつせみ)
()(たも)ちつつ神業(みわざ)いそしむ〈序文(初)〉
(あめ)下隈(したくま)なく(まこと)御教(みをしへ)
宣伝(せんでん)せむと(はか)御子(みこ)たち〈序文(初)〉
熱湯(ねつたう)のたぎる(おと)をば()きながら
(かみ)御書(みふみ)にこころを(あら)〈総説(初)〉
まがつみの(しこ)のやかたに()ぢられて
心平(こころたひ)らに月日(つきひ)をおくる〈総説(初)〉
宣伝歌(せんでんか)声高(こゑたか)らかに()()げて
(むね)神国(みくに)(はな)手折(たを)りつ〈総説(初)〉
()のために(うま)(きた)りし我身(わがみ)には
世人(よびと)()らぬ(くる)しみもあり〈総説(初)〉
いたつきの()今朝(けさ)(また)もの()はず
()して(いの)りぬ(ひと)()のため〈第1章(初)〉
弥勒(みろく)世早来(よはやこ)よかしと(いの)りつつ
岩戸(いはと)(ひら)(とき)()つかな〈第2章(初)〉
愛信(あいしん)(をしへ)大本(おほもと)いづみたま
みづのみたまに()りてかがやく〈第2章(初)〉
(ひる)(よる)(あま)かけりつつ(つか)れたる
わがたましひも(かみ)(いき)する〈第4章(初)〉
(たか)()(かぜ)にもまれてふるひつつ
根本(ねもと)小草(をぐさ)(やす)(ねむ)れる〈第6章(初)〉
千万(ちよろづ)のなやみ(くるし)()めつくし
(いま)また根底(ねそこ)(やみ)にもだゆる〈第9章(初)〉
(かみ)(くに)霊界(れいかい)聖談(せいだん)まめ(ひと)
玉章(たまずさ)こそはわが(ちから)なり〈第9章(初)〉
筆持(ふでも)てど(うた)()かばず()()かず
(すずり)(うみ)にたましひ(しづ)〈第9章(初)〉
()(こと)(ちから)(かぎ)(つく)しつつ
(わる)()らるる浅問(あさま)しの()〈第9章(初)〉
陸奥(みちのく)安達ケ(あだちが)(はら)(おも)ひしに
これの神書(みふみ)天津神国(あまつかみくに)〈第10章(初)〉
牢固(らうこ)たる身魂(みたま)(つく)()神書(ふみ)
神国(みくに)(いた)(あま)磐橋(いははし)〈第10章(初)〉
国々(くにぐに)聖人(ひじり)もかつて(さと)らざる
(まこと)()かす(これ)神書(かみふみ)〈第11章(初)〉
(なみ)(はな)(かぜ)(こずゑ)(をさ)まりて
いづ高砂(たかさご)(かみ)のおとなひ〈第11章(初)〉
類例(るゐれい)()神界(しんかい)実況(じつきやう)
詳細(つばら)(さと)(これ)物語(ふみ)かな〈第12章(初)〉
いすくはし高天原(たかあまはら)のありさまを
まのあたり()(これ)神書(ふみ)かな〈第12章(初)〉
月清(つききよ)雲間(くもま)()でて()(くだ)
伝達(でんたつ)したる(うづ)(ふみ)かな〈第13章(初)〉
月光(つきかげ)西(にし)御空(みそら)にかくれてゆ
常世(とこよ)(そら)黒雲(くろくも)(のぽ)〈第14章(初)〉
(みづ)月深(つきふか)くかくして大旱(たいかん)
(くる)しむ邪神(まがみ)(あは)れなるかな〈第14章(初)〉
むし(あつ)岩戸(いはと)一夜(いちや)たへかねて
(みづ)御霊(みたま)()れむとぞ(おも)〈第17章(初)〉
暗雲(やみくも)()ざされ(なや)(つき)かげも
科戸(しなど)(かぜ)(あと)にかがやく〈第18章(初)〉
()はよしや虎伏(とらふ)野辺(のべ)()つるとも
御国(みくに)のために(いのち)をしまず〈第19章(三)〉
まことある(かみ)(まこと)のとりつぎを
はやすけに()(まこと)ある(ひと)〈第19章(三)〉
東南や東北東より風()かば
天侯(てんこう)(わる)(かは)るものなり〈第22章(初)〉
西南(せいなん)西北西(せいほくせい)より風吹(かぜふ)かば
   天候(てんこう)(もと)(たち)かへるなり〈第22章(初)〉
()(あか)()(かがや)きて風清(かぜきよ)
   秋津島根(あきつしまね)()らぬ風光(ふうかう)〈第23章(初)〉
神軍(しんぐん)(すす)まむ(みち)(さは)りなし
   国常立(くにとこたち)神業(みわざ)首途(かどで)〈第23章(初)〉
何事(なにごと)(かみ)経綸(しぐみ)にまかすこそ
   (かみ)使(つかひ)(つとめ)なりけり〈第23章(初)〉
[この余白歌は八幡書店版霊界物語収録の余白歌を参考に作成しました]
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)