霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一八章 真信(しんしん)〔一四〇四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第54巻 真善美愛 巳の巻 篇:第5篇 神光増進 よみ:しんこうぞうしん
章:第18章 第54巻 よみ:しんしん 通し章番号:1404
口述日:1923(大正12)年02月23日(旧01月8日) 口述場所:竜宮館 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年3月26日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5418
愛善世界社版:225頁 八幡書店版:第9輯 702頁 修補版: 校定版:227頁 普及版:106頁 初版: ページ備考:
001緑葉(りよくえふ)(したた)初夏(しよか)(こう)
002山野(さんや)木々(きぎ)自然(しぜん)のカブオットをなし
003(かぜ)自然(しぜん)和琴(コウド)(だん)
004見渡(みわた)(かぎ)原野(げんや)には
005首陀(しゆだ)耕奴(かうど)三々伍々(さんさんごご)
006(れつ)(ただ)して
007(いのち)(なへ)()ゑつける
008(その)光景(くわうけい)天国(てんごく)
009地上(ちじやう)(うつ)せしごとくなり
010ビクトル(さん)頂上(ちやうじやう)より
011(ひとみ)をはなてば(うる)はしき
012譬方(たとへがた)なきフリイスの
013棚引(たなび)くごとく()えにけり
014ミンシンガーは(なん)()
015(てん)(ゑが)ける大画帖(だいぐわてふ)
016画中(ぐわちう)(ひと)何人(なんびと)
017(うし)()ひゆくパストラル
018カンタビールナ(うた)うたひ
019(あるひ)(まじ)るプレストの
020(その)対照(たいせう)面白(おもしろ)
021百日(ひやくにち)百夜(ひやくや)丹精(たんせい)
022(やうや)(ここ)(あら)はれて
023ビクトル(さん)勝地(しようち)をば
024(ぼく)して()てる御舎(みあらか)
025いと荘厳(さうごん)(かみ)まつり
026()祝詞(のりごと)天地(あめつち)
027(ひび)(わた)りて霊国(れいごく)
028天国界(てんごくかい)天人(てんにん)
029(かな)でたまへる
030ロンドの(ゆか)しさ
031走法(そうはふ)(また)軽快調(けいくわいてう)
032クラブイコードを中空(ちうくう)
033(なら)べて(かな)づるアダヂオス
034メロデイー、モーティフ
035マヂヨワ、アビニシモ
036フアンセット、トンブルノ
037生言霊(いくことたま)順序(じゆんじよ)よく
038フレーズの(かぎ)りを(つく)
039リズム(ただ)しく天地(あめつち)
040(かみ)(こころ)(なぐさ)むる
041(その)光景(ありさま)()(あた)
042(れい)目覚(めざ)めし(ひと)(みみ)
043いと(すず)やかに(きこ)えくる
044治国別(はるくにわけ)祭主(さいしゆ)とし
045ビクの国王(こきし)刹帝利(せつていり)
046ヒルナの(ひめ)やアールの(きみ)
047(その)(ほか)(もも)司達(つかさたち)
048(せき)(ただ)して遷宮(せんぐう)
049(しき)(れつ)せる(いさ)ましさ
050開闢(かいびやく)以来(いらい)盛況(せいきやう)
051()(たた)へぬはなかりけり。
052 ビクトル(さん)頂上(ちやうじやう)檜皮葺(ひはだぶき)立派(りつぱ)社殿(しやでん)落成(らくせい)大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)(はじ)(たてまつ)り、053天照皇大御神(あまてらすすめおほみかみ)054神伊邪那岐大神(かむいざなぎのおほかみ)055神伊邪那美大神(かむいざなみのおほかみ)056神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)057豊国姫大神(とよくにひめのおほかみ)058稚桜姫大神(わかざくらひめのおほかみ)059木花姫大神(このはなひめのおほかみ)060()出神(でのかみ)(はじ)め、061盤古神王(ばんこしんわう)別殿(べつでん)(まつ)り、062荘厳(さうごん)なる祭典(さいてん)(しき)無事(ぶじ)終了(しうれう)された。063刹帝利(せつていり)のビクトリア(わう)国家(こくか)無事(ぶじ)(をさ)まり、064王家(わうけ)安泰(あんたい)曙光(しよくわう)(みと)めかつ神殿(しんでん)落成(らくせい)した(こと)感謝(かんしや)すべく、065神殿(しんでん)(むか)つて(うやうや)しく祝歌(しゆくか)奏上(そうじやう)した。
066刹帝(せつてい)謡曲調(えうきよくてう))『久方(ひさかた)
067天津御空(あまつみそら)永久(とこしへ)
068(しづ)まり()ます天地(あめつち)
069元津御祖(もとつみおや)(かみ)()れませる
070大国常立(おほくにとこたち)大御神(おほみかみ)
071豊国主(とよくにぬし)大御神(おほみかみ)
072天津(あまつ)()御国(みくに)
073()べさせ(たま)
074神伊邪那岐(かむいざなぎ)大御神(おほみかみ)
075(つき)御国(みくに)()べたまふ
076神伊邪那美(かむいざなみ)大御神(おほみかみ)
077(いづ)御霊(みたま)()れませる
078国治立(くにはるたち)大御神(おほみかみ)
079(みづ)御霊(みたま)()れませる
080神素盞嗚(かむすさのを)大御神(おほみかみ)
081大地球(くぬち)御魂(みたま)()れませる
082金勝要(きんかつかね)大御神(おほみかみ)
083(うみ)(そこ)ひの(かぎ)りなく
084()(まも)ります大海津見(おほわだつみ)(かみ)
085天教山(てんけうざん)()れませる
086木花姫(このはなひめ)大御神(おほみかみ)
087()出神(でのかみ)(はじ)めとし
088三五教(あななひけう)(まも)ります
089(もも)(つかさ)神柱(かむばしら)
090常世(とこよ)(くに)()れませる
091盤古神王(ばんこしんのう)塩長彦(しほながひこ)(みこと)
092(その)(ほか)(もも)神達(かみたち)大前(おほまへ)
093天地(てんち)(とも)(かぎ)りなき
094(かみ)(さづ)けしビクの(くに)
095国王(こきし)(つか)へまつりたる
096御国(みくに)(まも)刹帝利(せつていり)
097ビクトリアの(かみ)(しもべ)
098(たふと)(きよ)大前(おほまへ)
099(つつし)(ゐやま)天地(あめつち)
100(たか)(めぐみ)(よろこ)びて
101海河山野(うみかはやまぬの)種々(くさぐさ)
102美味(うま)しものをば(たてまつ)
103(あつ)(めぐみ)千重(ちへ)一重(ひとへ)にも
104(むく)(まつ)らむとして
105今日(けふ)御祭(みまつ)(つか)(まつ)
106天津神(あまつかみ)(たち)八百万(やほよろづ)
107国津神(くにつかみ)(たち)八百万(やほよろづ)
108(あが)心根(こころね)(あはれ)みて
109ビクの御国(みくに)()ふも(さら)
110吾等(われら)(いのち)永久(とこしへ)
111(まも)らせ(たま)国民(くにたみ)
112一日(ひとひ)(はや)(おだや)かに
113(かみ)(めぐみ)(ひた)りつつ
114(いへ)()(さか)生業(なりはい)
115(えら)(たの)しむ御代(みよ)となし
116月日(つきひ)(とも)永久(とこしへ)
117(しげ)(さか)ゆべく
118(まも)らせ(たま)惟神(かむながら)
119(かみ)御前(みまへ)()ぎまつる
120朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
121(つき)()つとも()くるとも
122仮令(たとへ)(この)()(かは)るとも
123皇大神(すめおほかみ)御恵(おんめぐみ)
124治国別(はるくにわけ)宣伝使(せんでんし)
125松彦(まつひこ)竜彦神司(たつひこかむつかさ)
126ビクの御国(みくに)(すく)ひましし
127(その)勲功(いさをし)はいつの()
128(わす)(まつ)らむ惟神(かむながら)
129(かみ)御前(みまへ)赤心(まごころ)
130(つつし)(かしこ)(ちか)ひおく
131ビクの御国(みくに)(いま)(まで)
132ウラルの(かみ)御教(みをしへ)
133(はしら)となして()(をさ)
134蒼生(あをひとぐさ)(いつくし)
135(つか)へまつりてありけるが
136ミロクの御代(みよ)(さきがけ)
137(あら)はれませる素盞嗚(すさのを)
138(たふと)(かみ)御教(みをしへ)
139目覚(めざ)めし(うへ)はビクトリア(じやう)
140(もも)(つかさ)(はじ)めとし
141国民(くにたみ)(こぞ)りて神恩(しんおん)
142(した)(まつ)りて永久(とこしへ)
143(うづ)(をしへ)(まも)るべし
144治国別(はるくにわけ)神司(かむつかさ)
145御前(みまへ)(つつし)再生(さいせい)
146御恩(ごおん)感謝(かんしや)(たてまつ)
147ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
148御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ』
149 ヒルナ(ひめ)白装束(しろしやうぞく)紫色(むらさきいろ)のスカートを穿(うが)銀扇(ぎんせん)()らいて、150アッコムパニメントを(なら)ばせ(なが)翼琴(クラブイコード)(だん)じさせ、151(みづか)祝歌(しゆくか)(うた)ふ。
152ヒルナ(ひめ)『ビクトル(さん)千木(ちぎ)(たか)
153大宮柱(おほみやばしら)(ふと)しりて
154(しづ)まり()ます皇神(すめかみ)
155(うづ)御前(みまへ)(つつし)みて
156感謝(かんしや)言葉(ことば)(たてまつ)
157抑々(そもそも)ビクの国柄(くにがら)
158(とほ)神代(かみよ)(むかし)より
159月日(つきひ)(とも)(つた)はりて
160(きみ)(おみ)との差別(けじめ)をば
161(ただ)しく(まも)りし(かみ)(くに)
162雲井(くもゐ)(そら)()(うへ)
163(むつ)(した)しみ(おや)()
164(ごと)くに(をさ)まり(きた)りしが
165天津御空(あまつみそら)()(なが)
166(つき)ゆき(ほし)(うつ)ろひて
167(しこ)魔風(まかぜ)()(すさ)
168四方(よも)山辺(やまべ)木々(きぎ)(えだ)
169(つめ)たき(かぜ)(たた)かれて
170羽衣(はごろも)()ぎし(ごと)くなる
171いと浅猿(あさま)しき国柄(くにがら)
172(たちま)(みだ)(さび)れけり
173御国(みくに)(はしら)()れませる
174()()(きみ)刹帝利(せつていり)
175(ふか)(こころ)(なや)ませつ
176常世(とこよ)(くに)()れませし
177塩長彦(しほながひこ)大神(おほかみ)
178(あさ)(ゆふ)なに(いの)りつつ
179(あめ)(した)をば(たひら)けく
180いと(やす)らけく(をさ)めむと
181(いの)(たま)ひし丹精(たんせい)
182水泡(みなわ)()えて曲津神(まがつかみ)
183八岐大蛇(やまたをろち)醜鬼(しこおに)
184(あら)びすさめる()となりぬ
185ライオン(がは)滔々(たうたう)
186(みづ)永久(とこしへ)(なが)るれど
187()えなむ(ばか)りの刹帝利家(せつていりけ)
188既倒(きたう)(これ)挽回(ばんくわい)
189(すく)ひて(きみ)神慮(しんりよ)をば
190(なぐさ)(やす)んじ(まつ)らむと
191(をんな)繊弱(かよわ)(こころ)より
192悪逆無道(あくぎやくぶだう)曲神(まがかみ)
193あらぬ秋波(しうは)(おく)りつつ
194(わが)()血潮(ちしほ)(にご)したる
195(その)(あやまち)()(まつ)
196御仁慈(ごじんじ)(ふか)三五(あななひ)
197(かみ)御前(みまへ)()(なほ)
198()(なほ)されて(もと)のごと
199(をさ)まるアーチ・ダッチェス
200()有難(ありがた)(かぎ)りなり
201かくも(たふと)神恩(しんおん)
202(むく)いまつらむ赤心(まごころ)
203(しるし)とここに大宮(おほみや)
204刹帝利様(せつていりさま)(ねが)()
205治国別(はるくにわけ)神人(しんじん)
206やつと(ゆる)され(うづ)(みや)
207(つか)(をは)りし(うれ)しさよ
208ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
209皇大神(すめおほかみ)永久(とこしへ)
210ビクの御国(みくに)()ふも(さら)
211(わが)君様(きみさま)百司(ももつかさ)
212四方(よも)国民(くにたみ)(つつが)なく
213(この)(うるは)しき現世(うつしよ)
214(いのち)(なが)らへ日々(にちにち)
215()生業(なりはい)(はげ)みつつ
216(くに)(さか)えを(まつ)()
217常磐堅磐(ときはかきは)聖代(せいだい)
218(すす)ませ(たま)惟神(かむながら)
219御前(みまへ)(つつし)()ぎまつる』
220(うた)(をは)つて()についた。
221大正一二・二・二三 旧一・八 於竜宮館 加藤明子録)