霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

序文(じよぶん)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第55巻 真善美愛 午の巻 篇:前付 よみ:
章:序文 よみ:じょぶん 通し章番号:
口述日:1923(大正12)年02月26日(旧01月11日) 口述場所:竜宮館 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:前付 1頁 八幡書店版:第10輯 29頁 修補版: 校定版:前付 1頁 普及版:前付 1頁 初版: ページ備考:
派生[?]この文献を底本として書かれたと思われる文献です。[×閉じる]出口王仁三郎全集 > 第二巻 宗教・教育編 > 【宗教編】第六篇 宗教雑感 > 第十三章 神書の光
001(明)()けく(をさ)まる御代(みよ)三十一年(みそまりひととせ)(はる)如月(きさらぎ)九日(ここのか)天教山(てんけうざん)鎮座(ちんざ)したまふ木花姫命(このはなひめのみこと)神使(しんし)斯世(このよ)
002(治)(をさ)めむと神々(かみがみ)協議(けふぎ)結果(けつくわ)をもたらし(まし)丹波(たんば)(くに)曽我部(そがべ)(むら)(うし)()牧童(ぼくどう)辛未(かのえひつじ)(とし)(うま)
003(三)()ツの御魂(みたま)因縁(ゆかり)ある三葉彦命(みつばひこのみこと)再生(さいせい)なる神柱(かむばしら)三千世界(さんぜんせかい)修理固成(しうりこせい)神業(しんげふ)先駆(せんく)(めい)
004(十)字架(じふじか)()はしめたまひしより今年(こんねん)大正(たいしやう)十二年(じふにねん)正月(しやうぐわつ)十八日(じふはちにち)まで(まん)二十五年間(にじふごねんかん)出口王仁(でぐちおに)
005(一)心不乱(いつしんふらん)神国(しんこく)成就(じやうじゆ)のために舎身的(しやしんてき)活動(くわつどう)(つづ)けて宇宙(うちう)万有(ばんいう)一切(いつさい)(ため)心身(しんしん)()がし(まつ)(じふ)
006(年)(ねん)一日(いちじつ)(ごと)三千世界(さんぜんせかい)諸天人民(しよてんじんみん)至上(しじやう)(こころ)()せしめ(かみ)御国(みくに)安住(あんぢう)せしめむと妙法真(めうはふしん)
007(如)(によ)光明(くわうみやう)顕彰(けんしやう)暗黒(あんこく)社会(しやくわい)照破(せうは)すべく変性男子(へんじやうなんし)精霊(せいれい)(とも)(あや)聖場(せいぢやう)()高天原(たかあまはら)(あらは)
008(月)光菩薩(げつくわうぼさつ)神業(しんげふ)心事(しんじ)(いへ)()(よく)()てて(かみ)(しもべ)となり微妙真心(びめうしんしん)()こし一向(ひたすら)(わが)神国(しんこく)
009(九)山八海(きうざんはつかい)諸神(しよしん)念願(ねんぐわん)(もろもろ)功徳(くどく)(しう)して高天原(たかあまはら)万人(ばんにん)(すく)はむことを(こひねが)大国常立大神(おほくにとこたちのおほかみ)
010(日)()大神(おほかみ)(つき)大神(おほかみ)(かみ)(あい)(かみ)理解(りかい)信真(しんしん)(とく)()たされたる(もの)天界(てんかい)(すく)ふべく()
011(高)(たか)神人(しんじん)(ひき)ゐて霊肉脱離(れいにくだつり)(さい)来迎(らいがう)(ただ)ちに宝座(ほうざ)(まへ)(みちび)きて七宝(しつぱう)(はな)(うてな)成道(じやうだう)(とら)
012(熊)(くま)(おほかみ)などの悪獣(あくじう)をも(おそ)れざる不退転(ふたいてん)地位(ちゐ)(ぢう)して智慧勇猛(ちゑゆうもう)神通自在(じんつうじざい)ならしめ(たま)(ああ)天教(てんけう)
013(山)(ざん)(あら)はれたまふ木花姫(このはなひめ)無上(むじやう)神心(しんしん)神習(かむなら)大功徳(だいくどく)修行(しうぎやう)して顕幽(けんいう)両界(りやうかい)神柱(かむばしら)となり(ひと)
014(の)(ひと)たる本分(ほんぶん)(つく)さしめ(たま)伊都(いづ)御魂(みたま)大御心(おほみこころ)有難(ありがた)瑞月(ずゐげつ)多年(たねん)(あひだ)千難万苦(せんなんばんく)(はい)
015(修)行(しうぎやう)(かう)()(やうや)神界(しんかい)より(ゆる)されて(ここ)(つつし)(かし)こみ三世一貫(さんぜいつくわん)物語(ものがたり)口述(こうじゆつ)するを()たり
016(行)(ぎやう)して神使(しんし)となること(あた)はずとも(まさ)無上(むじやう)神心(しんしん)(おこ)一向(ひたすら)天地(てんち)大祖神(だいそしん)祈願(きぐわん)真心(まごころ)
017(よ)り可成的(かせいてき)善行(ぜんかう)(しう)して斎戒(さいかい)奉持(ぶぢ)(かみ)聖社(せいしや)建立(こんりふ)するの一端(いつたん)(つか)神使(しんし)飲食(おんじき)(こころ)
018(り)供養(くやう)神号輻(しんがうふく)(まつ)灯火(とうくわ)(けん)祝詞(のりと)奏上(そうじやう)(かみ)御前(みまへ)拝跪(はいき)せば天界(てんかい)(うま)れしめ(たま)はむ
019(今)生(こんじやう)()ふも(さら)なり来世(らいせ)(いた)りて智慧証覚(ちゑしようかく)(まつた)ふし愛善(あいぜん)(とく)(ぢう)して()光明(くわうみやう)放射(はうしや)(てう)
020(年)(ねん)(ひさ)しき第二(だいに)天国(てんごく)安住(あんぢう)()べし(また)十方世界(じつぱうせかい)諸天人民(しよてんじんみん)にして至心(ししん)ありて天国(てんごく)浄土(じやうど)
021(大)往生(だいわうじやう)()げむと(ほつ)するものは(たと)(もろもろ)功徳(くどく)()(あた)はずと(いへど)(つね)にこの物語(ものがたり)(しん)無上(むじやう)
022(正)覚(しやうかく)()一向(ひたすら)厳瑞二神(げんずゐにしん)一意専念(いちいせんねん)せば神徳(しんとく)いつとなく()具足(ぐそく)して現幽両界(げんいうりやうかい)(とも)完全(くわんぜん)
023(十)足(じゆつそく)生涯(しやうがい)(たのし)(おく)ることを()べしこの深遠(しんゑん)なる教理(けうり)真解(しんかい)して歓喜(くわんき)信楽(しんらく)して疑惑(ぎわく)せず
024(二)心(にしん)()一向(いつかう)神教(しんけう)神助(しんじよ)(しん)至誠一貫(しせいいつくわん)(もつ)天国(てんごく)復活(ふくくわつ)せむ(こと)(ねが)(とき)臨終(りんじう)(さい)
025(正)(まさ)(ゆめ)(ごと)くに厳瑞二神(げんずゐにしん)(すなは)日月(じつげつ)(かみ)()たてまつりて至美(しび)至楽(しらく)第三天国(だいさんてんごく)復活(ふくくわつ)すべし
026(月)神(げつしん)信真(しんしん)によりて智慧証覚(ちゑしようかく)光明(くわうみやう)()くること第二(だいに)(すなは)中間天国(ちうかんてんごく)天人(てんにん)(ごと)くなるべし
027(十)方世界(じつぱうせかい)無量無辺(むりやうむへん)不可思議(ふかしぎ)聖徳(せいとく)具有(ぐいう)する諸神諸仏如来(しよしんしよぶつによらい)宣伝天使(せんでんてんし)大国常立大神(おほくにとこたちのおほかみ)(とく)
028(八)荒(はつくわう)(かがや)(たま)ふを称讃(しようさん)して()出現(しゆつげん)聖場(せいぢやう)たる蓮華台上(れんげだいじやう)(あつま)(たま)無量(むりやう)無数(むすう)菩薩(ぼさつ)衆生(しうじやう)
029(日)月(じつげつ)(ひかり)(あふ)(まつ)りてここに往詣(わうげい)して洪大無辺(こうだいむへん)神徳(しんとく)(よく)()恭敬(くげふ)礼拝(らいはい)供物(くもつ)(けん)じた
030(ま)ひて神慮(しんりよ)(なぐさ)()五六七(みろく)神政(しんせい)胎蔵経(たいざうきやう)たる経緯(けいゐ)神諭(しんゆ)(せい)なる霊界物語(れいかいものがたり)歓喜(くわんき)聴受(ちやうじゆ)
031(て)顕幽二界(けんいうにかい)消息(せうそく)(つう)天下(てんか)蒼生(さうせい)至上(しじやう)神理(しんり)宣布(せんぷ)東西南北(とうざいなんぼく)四維上下(しゆいじやうげ)光輝(くわうき)月光(げつくわう)
032(満)()ちて一切(いつさい)神人(しんじん)各自(かくじ)天界(てんかい)妙華(めうげ)宝香(ほうかう)無価(むか)神衣(しんい)とを(もつ)無量(むりやう)証覚(しようかく)供養(くやう)顕幽(けんいう)
033(二)大世界(にだいせかい)咸然(かんぜん)として天楽(てんがく)(そう)和雅(わげ)(こえ)暢発(てうはつ)最勝最妙(さいしよさいめう)大神柱(だいかむばしら)謳歎(おうたん)神徳(しんとく)(さと)
034(十)方無碍(じつぱうむげ)神通力(じんつうりき)智慧(ちゑ)とを究達(くだつ)して深法界(じんぽうかい)(もん)遊入(いうにふ)功徳蔵(くどくざう)具足(ぐそく)して妙智(めうち)(とう)(りん)()
035(五)逆(ごぎやく)消滅(せうめつ)して慧日(ゑにち)世間(せけん)()らし生死(しやうじ)(くも)消除(せうぢよ)(たま)ふべし嗚呼(ああ)惟神(かむながら)霊光(れいくわう)(てん)(かがや)(つき)(じつ)
036(星)(せい)(ごと)くにして荘厳(しやうごん)清浄(しやうじやう)天国(てんごく)(げん)じたまふ霊主体従(れいしゆたいじゆう)至上心(しじやうしん)発揮(はつき)(かみ)奉仕(ほうし)する(とき)
037(霜)雪(さうせつ)寒気(かんき)(たちま)(へん)じて春陽(しゆんやう)生気(せいき)(くわ)三界(さんかい)一時(いちじ)(かたち)(うご)かして欣笑(ごんせう)(こゑ)(はつ)無限光(むげんくわう)
038(を)(いだ)して十方世界(じつぱうせかい)()らさせ(たま)霊光(れいくわう)(もつ)()囲繞(ゐげう)せしめ円相(ゑんさう)()天人(てんにん)(とも)踊躍(ゆやく)
039(経)緯(けいゐ)神人(しんじん)()つて大歓喜(だいくわんき)心境(しんきやう)遊入(いうにふ)すべし()(ひと)にして善徳(ぜんとく)なき(とき)()神啓(しんけい)神書(しんしよ)
040(た)るを(さと)らず()理解(りかい)()ざるべし清浄無垢(しやうじやうむく)にして小児(せうに)(ごと)心境(しんきやう)()(もの)にして根本(こんぽん)
041(り)(その)真実味(しんじつみ)()くことを()べし驕慢(きやうまん)()しき(へい)懈怠(けたい)とは容易(たやす)神示(しんじ)()(なり)たる()
042(霊)語(れいご)神声(しんせい)(しん)ずる(こと)(あた)はざるべし心身(しんしん)清浄(しやうじやう)にして()(かみ)(しん)()(かみ)(つか)(かみ)(あい)精霊(せいれい)
043(界)(かい)諸消息(しよせうそく)探知(たんち)したるものは歓喜雀躍(くわんきじやくやく)してこの神言(しんごん)霊教(れいけう)聴聞(ちやうもん)聖心(せいしん)(きは)めて一切(いつさい)()
044(物)(ぶつ)開導(かいだう)するに(いた)るべし神界(しんかい)主神(すしん)たる大国常立大神(おほくにとこたちのおほかみ)愛善(あいぜん)(とく)信真(しんしん)光明(くわうみやう)弥広(いやひろ)(げん)
045(語)()(つく)()(ところ)にあらず二乗(にじやう)測知(そくち)()(かぎ)りにあらず(ただ)大神(おほかみ)自身(じしん)のみ(ひと)明瞭(めいれう)にこの(かん)
046(の)経緯(けいゐ)真相(しんさう)知悉(ちしつ)したまふ而已(のみ)たとへ一切(いつさい)(ひと)にして智慧証覚(ちゑしようかく)具備(ぐび)して(みち)(さと)りこれを
047(くち))に()(あら)はさむと(ほつ)するも(また)本空(ほんぐう)真理(しんり)()万億劫(まんおくごふ)神智(しんち)(いう)する(とも)到底(たうてい)これを(くち)
048(述)()ぶること(あた)はざる()(かみ)智慧(ちゑ)証覚(しようかく)には辺際(へんざい)なく絶対(ぜつたい)なりアア愚眛頑固(ぐまいぐわんこ)なる人間智(にんげんち)
049(ひら))きて最奥第一(さいあうだいいち)天界(てんかい)()ふも(さら)なりせめて第三(だいさん)下層天界(かそうてんかい)消息(せうそく)(さと)らしめ無限(むげん)絶対(ぜつたい)()
050(始)()無終(むしう)神徳(しんとく)(よく)せしめむとする吾人(ごじん)苦衷(くちう)何時(いつ)()にかこの目的(もくてき)(たつ)()むや口述(こうじゆつ)開始(かいし)
051(よ)り(すで)十五ケ月(じふごかげつ)(いま)神諭(しんゆ)目覚(めざ)めたる人士(じんし)(きは)めて少数(せうすう)にして偶々(たまたま)(しん)ずる(もの)あるも(もと)
052(り)上根(じやうこん)(ひと)にあらざれば(わづ)かにその門口(かどぐち)(たつ)したる(まで)状態(じやうたい)にありアア如何(いか)にせむ神将(しんしやう)(さん)
053(十)三相(じふさんさう)具備(ぐび)(たま)へる観世音菩薩(くわんぜおんぼさつ)最勝妙如来(さいしようめうによらい)道化(だうけ)妙法(めうほふ)(みづ)御魂(みたま)千変万化(せんぺんばんくわ)大活動(だいくわつどう)(あな)
054(五)教(なひけう)大本(たいほん)五六七(みろく)仁慈(じんじ)(よく)して各自(かくじ)にその智慧(ちゑ)()たせ(ふか)神諭(しんゆ)深奥(しんあう)()()りて()
055(箇)()神性(しんしやう)(てら)神理(しんり)妙要(めうえう)究暢(くてう)神通無礙(じんづうむげ)境地(きやうち)()りて諸根(しよこん)明利(めいり)ならしめたまへと
056(月)光如来(げつくわうによらい)聖前(せいぜん)拝跪(はいき)して鈍根劣機(どんこんれつき)男女(なんによ)をして神意(しんい)()らしめ五濁(ごぢよく)悪世(あくせ)(しやう)じて(つね)(しふ)
057(着)(じやく)妖雲(えううん)(つつ)まれ(くる)しめる蒼生(さうせい)をして(きよ)(ただ)しく理解(りかい)するの神力(しんりき)(あた)金剛法身(こんがうほつしん)(きよ)(りやう)
058(手)()日月(じつげつ)(ひかり)(にぎ)らせ(たま)鈍根(どんこん)劣機(れつき)痴愚(ちぐ)生涯(しやうがい)(おく)りつつある(かみ)(しもべ)瑞月(ずゐげつ)(つつし)(かし)こみ
059(日)()()真心(まごころ)(ささ)げて天下万民(てんかばんみん)のために大前(おほまへ)祈願(きぐわん)(まつ)三五教(あななひけう)聖場(せいぢやう)五六七(みろく)大神殿(だいしんでん)
060(数)多(あまた)聖教徒(せいけうと)日夜(にちや)参集(さんしふ)して道教(だうけう)宣伝(せんでん)妙法(めうほう)演暢(えんちやう)したまふ神使(しんし)(げん)歓喜(くわんき)心解(しんげ)()
061(は)四方(しはう)より自然(しぜん)神風(しんぷう)(おこ)りて(あまね)松柏(しようはく)宝樹(はうじゆ)()()らし五大父音(ごだいふおん)神声(しんせい)(いだ)して天下(てんか)()
062(二)()妙華(めうげ)()らし(かぜ)(したが)つて宇内(うだい)周遍(しうへん)(あま)岩戸(いはと)(びら)きの神業(しんげふ)易々(いい)として天地主宰神(てんちしゆさいしん)()
063(百)万(ほよろづ)(かみ)(とも)宇都(うづ)神業(しんげふ)大成(たいせい)され神示(しんじ)(もと)になれる(これ)神書(しんしよ)霊界物語(れいかいものがたり)(あら)はしたる(れん)
064(日)(じつ)辛苦(しんく)稍々(やや)その光明(くわうみやう)(かがや)かし()るに(いた)()大聖(たいせい)五六七(みろく)神霊(しんれい)地上(ちじやう)降臨(かうりん)して宇宙間(うちうかん)
065(に)羅列(られつ)棊布(きふ)せる一切万有(いつさいばんいう)済度(さいど)(たま)ふその仁慈(じんじ)大海(だいかい)(ごと)慧光(ゑくわう)また明浄(みやうじやう)にして日月(じつげつ)(ごと)
066(し)清白(せいはく)神法(しんぽふ)具足(ぐそく)して円満(ゑんまん)豊備(ほうび)せること天教山(てんけうざん)(ごと)(もろもろ)神徳(しんとく)()らし(たま)ふこと等一(とういつ)にし
067(て)(きよ)きこと大地(だいち)(ごと)浄穢好悪(じやうゑかうお)(とう)異心(いしん)なきが(ゆゑ)()清浄(しやうじやう)なる(いづみ)(ごと)塵労(ぢんらう)もろもろの
068(五)逆十悪(ごぎやくじふあく)洗除(せんぢよ)(たま)ふが(ゆゑ)()火王(くわわう)(ごと)一切(いつさい)煩悩(ぼんなう)(たきぎ)焼滅(せうめつ)(たま)ふこと(なほ)大風(たいふう)(ごと)
069(十)方世界(じつぱうせかい)()くに障礙(しやうげ)なきが(ゆゑ)()虚空(こくう)(ごと)一切(いつさい)()(おい)執着(しふちやく)()きが(ゆゑ)(はちす)(ごと)
070(五)濁(ごぢよく)汚染(わぜん)なく(しん)(つき)皎々(かうかう)として蒼天(さうてん)(かがや)くが(ごと)()(つき)大神(おほかみ)真相(しんさう)にして霊界物語(れいかいものがたり)
071(編)述(へんじゆつ)する(とき)吾人(ごじん)心境(しんきやう)なりアア何時迄(いつまで)志勇(しゆう)精進(せうじん)にして心神(しんしん)退弱(たいじやく)せず()灯明(とうみやう)となり(やみ)
072(を)()らし(つね)導師(だうし)となりて愛善(あいぜん)(とく)(ぢう)(ただ)しきに(しよ)して万民(ばんみん)(やす)んじ三垢(さんく)(さは)りを(めつ)
073(終)身(しうしん)三界(さんがい)のために大活躍(だいくわつやく)せしめ(たま)ひて口述者(こうじゆつしや)(はじ)筆録者(ひつろくしや)真心(まごころ)永遠(ゑいゑん)(かがや)かし(たま)へと(いの)
074(る)も(うれ)五十五編(ごじふごへん)霊界物語(れいかいものがたり)(ここ)(つつし)(かしこ)神助(しんじよ)天祐(てんいう)(あつ)きを感謝(かんしや)(たてまつ)るアア惟神(かむながら)(たま)(ちはへ)坐世(ませ)
075   大正十二年三月五日 旧正月十八日