霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一章 心転(しんてん)〔一四〇九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第55巻 真善美愛 午の巻 篇:第1篇 奇縁万情 よみ:きえんばんじょう
章:第1章 第55巻 よみ:しんてん 通し章番号:1409
口述日:1923(大正12)年02月26日(旧01月11日) 口述場所:竜宮館 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5501
愛善世界社版:9頁 八幡書店版:第10輯 37頁 修補版: 校定版:9頁 普及版:3頁 初版: ページ備考:
001(あふ)げば(たか)久方(ひさかた)
002高天原(たかあまはら)()れませる
003天地(てんち)造主(つくりぬし)とます
004大国常立大御神(おほくにとこたちおほみかみ)
005(みづ)御霊(みたま)()(たま)
006霊国(れいごく)にては(つき)(かみ)
007天国(てんごく)にては()(かみ)
008(あら)はれまして天地(あめつち)
009(もも)(みたま)(ことごと)
010荘厳(さうごん)無比(むひ)天界(てんかい)
011(たす)けむものと御心(みこころ)
012(くば)らせ(たま)三五(あななひ)
013(をしへ)天地(てんち)拡充(くわくじゆう)
014(もも)神々(かみがみ)()()して
015三千世界(さんぜんせかい)宣伝使(せんでんし)
016代表神(だいへうしん)となし(たま)
017(もも)(つかさ)統一(とういつ)
018黄金山(わうごんざん)四尾山(よつをやま)
019コーカス(ざん)やウブスナの
020斎苑(いそ)(やかた)神柱(かむばしら)
021堅磐(かきは)常磐(ときは)()(たま)
022世人(よびと)(みちび)(たま)ひつつ
023天国(てんごく)浄土(じやうど)()(うへ)
024(きづ)かせ(たま)(たふと)さよ
025三千世界(さんぜんせかい)(うめ)(はな)
026一度(いちど)(ひら)常磐木(ときはぎ)
027(まつ)(みどり)もスクスクと
028(てん)(むか)つて()びて()
029(いづ)御霊(みたま)瑞御霊(みづみたま)
030三五(さんご)(つき)大空(おほぞら)
031(まる)姿(すがた)(あら)はして
032下界(げかい)(のぞ)(たま)夜半(よは)
033猪倉山(ゐのくらやま)渓谷(けいこく)
034(みぎ)()()(ひだり)(わた)
035バラモン(けう)曲軍(まがいくさ)
036三千余騎(さんぜんよき)(たむろ)せる
037岩窟(がんくつ)さして(のぼ)()
038ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
039(かみ)(ちから)()()けて
040(しこ)雲霧(くもきり)(ことごと)
041治国別(はるくにわけ)一行(いつかう)
042(ひる)(なほ)(くら)松林(まつばやし)
043(こころ)(きよ)松彦(まつひこ)
044聖地(せいち)(あと)竜彦(たつひこ)
045(つかさ)(とも)にスタスタと
046辿(たど)りて(のぼ)(よる)(みち)
047万公司(まんこうつかさ)肩肱(かたひぢ)
048()つて先頭(せんとう)()(なが)
049()()(わた)(かぜ)(ごと)
050(たに)(なが)れの(はや)(ごと)
051(なら)(おぼ)えし宣伝歌(せんでんか)
052四辺(あたり)山彦(やまびこ)威喝(ゐかつ)して
053勢込(いきほひこ)んで(のぼ)()
054鬼春別(おにはるわけ)久米彦(くめひこ)
055(いくさ)(きみ)(とら)はれて
056岩窟(いはや)(なか)陥穽(おとしあな)
057()くも悲惨(ひさん)境遇(きやうぐう)
058おかれし四人(よにん)肉体(にくたい)
059(すく)(いだ)すは(この)(とき)
060(いは)()()()()みさくみ
061(やうや)岩窟(いはや)辿(たど)()
062治国別(はるくにわけ)諸共(もろとも)
063(かみ)(ちから)(まも)られて
064(いくさ)(きみ)言向(ことむ)けつ
065四人(よにん)(すく)ひスタスタと
066猪倉山(ゐのくらやま)()(くだ)
067玉木(たまき)(むら)のテームスが
068(やかた)()して(かへ)()
069五十五巻(ごじふごくわん)物語(ものがたり)
070天津(あまつ)()(かみ)中空(ちうくう)
071(かがや)(たま)へど(かぜ)(さむ)
072竜宮館(りうぐうやかた)(よこ)たはり
073十一日(じふいちにち)()(どき)
074四角(しかく)火鉢(ひばち)(よこ)におき
075焜爐(こんろ)のゴトゴト(たぎ)(おと)
076いと面白(おもしろ)()(なが)
077四角(しかく)炬燵(こたつ)(もぐ)りこみ
078四角(しかく)座布団(ざぶとん)()(かさ)
079(まくら)となして()べて()
080(あが)言霊(ことたま)発射(はつしや)をば
081万年筆(まんねんひつ)()(にぎ)
082四角(しかく)(つくゑ)()りかかり
083(ただ)一言(ひとこと)()らさじと
084手具脛(てぐすね)ひいて松村(まつむら)()
085(こころ)真澄(ますみ)(そら)(きよ)
086いとスクスクと(しる)()
087五六七(みろく)(かみ)物語(ものがたり)
088いよいよ(ここ)につけとむる
089ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
090御霊(みたま)恩頼(ふゆ)(たま)へかし
091(はな)()(とり)君ケ代(きみがよ)
092(さか)えを(うた)(はる)()ぎて
093青葉(あをば)もそよぐ初夏(しよか)(かぜ)
094(かは)(なが)れも(あわ)()ちて
095ライオン(がは)(のぼ)(あゆ)
096小鮒(こぶな)(うなぎ)(なまず)まで
097ピンピンシヤンと()(なが)
098一瀉千里(いつしやせんり)(さかのぼ)
099(みづ)御霊(みたま)物語(ものがたり)
100(いま)より三十五万年(さんじふごまんねん)
101三五教(あななひけう)神人(かみびと)
102舎身苦行(しやしんくぎやう)有様(ありさま)
103()べゆく今日(けふ)こそ(たの)しけれ
104(あさひ)()(とも)(くも)(とも)
105(つき)()(とも)()くる(とも)
106仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)(とも)
107(あが)言霊(ことたま)寿(ことぶき)
108幾万年(いくまんねん)(すゑ)までも
109堅磐常磐(かきはときは)()せざらむ
110(この)()(すく)生神(いきがみ)
111(うづ)言霊(ことたま)滔々(たうたう)
112千代(ちよ)八千代(やちよ)(なが)れゆく
113(その)水上(みなかみ)一滴(ひとしづく)
114万年筆(まんねんひつ)切先(きつさき)
115(したた)(つゆ)御恵(おんめぐみ)
116(かわ)()てたる(みたま)をば
117(うるほ)()かす物語(ものがたり)
118(まも)らせ(たま)惟神(かむながら)
119御稜威(みいづ)(たか)大八洲彦(おほやしまひこ)
120(かみ)(みこと)御前(おんまへ)
121(かしこ)(かしこ)()ぎまつる。
122 敗軍(はいぐん)大将(たいしやう)123退却(たいきやく)名人(めいじん)124色情狂(しきじやうきやう)(ひと)しき鬼春別(おにはるわけ)125久米彦(くめひこ)両将軍(りやうしやうぐん)は、126今度(こんど)こそは如何(いか)なる(てき)襲来(しふらい)(おそ)るる(こと)なき金城鉄壁(きんじやうてつぺき)と、127(こころ)(ゆる)し、128猪倉山(ゐのくらやま)岩窟(がんくつ)に、129玉木(たまき)(むら)豪農(がうのう)テームスの(むすめ)130スミエル、131スガールの二女(にぢよ)誘拐(いうかい)し、132権威(けんゐ)(まか)せ、133獣欲劣情(じうよくれつじやう)発揮(はつき)せむと軍務(ぐんむ)打忘(うちわす)れ、134両将軍(りやうしやうぐん)(たがひ)(こひ)(あらそ)ひつつ、135(こころ)(なや)ませ、136競争(きやうそう)真最中(まつさいちう)137三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)道晴別(みちはるわけ)()()まれ、138周章狼狽(しうしやうらうばい)結果(けつくわ)奇計(きけい)(もつ)四人(よにん)男女(だんぢよ)(ふか)陥穽(おとしあな)投込(なげこ)み、139(また)もや(いづ)れかの婦女(ふぢよ)誘拐(いうかい)し、140(こひ)欲望(よくばう)(たつ)せむと、141(こころ)(なや)ます(をり)もあれ、142治国別(はるくにわけ)一行(いつかう)に、143夜中(やちう)()()まれ、144二度(にど)ビツクリの結果(けつくわ)145いよいよ前非(ぜんぴ)()丸腰(まるごし)となつて、146治国別(はるくにわけ)謝罪(しやざい)をなし、147卑怯(ひけふ)未練(みれん)にも山寨(さんさい)()てて、148四人(よにん)男女(だんぢよ)()ひ、149玉木村(たまきむら)のテームスが(やかた)に、150(おそ)(おそ)謝罪(しやざい)(かね)()(こと)となつた。
151 治国別(はるくにわけ)鬼春別(おにはるわけ)久米彦(くめひこ)両将軍(りやうしやうぐん)(むか)ひ、
152治国(はるくに)『ゼネラルの御威勢(ごゐせい)153御芳名(ごはうめい)(かね)(うけたま)はつて()りましたが、154(した)しくお()にかかるのは今日(けふ)(はじ)めてで(ござ)います。155()()御両所(ごりやうしよ)(とも)156御壮健(ごさうけん)にてお目出度(めでた)(ござ)います。157()くなる(うへ)四海同胞(しかいどうはう)158(もと)より拙者(せつしや)とゼネラルとの(あひだ)(おい)て、159(なん)怨恨(えんこん)もなければ面倒(めんだう)なる経緯(いきさつ)もありませぬ。160(おな)天地(てんち)(あひだ)(せい)()けたる(かみ)御子(みこ)161どうか、162今後(こんご)(よろ)しく(たがひ)御懇親(ごこんしん)(ねが)ひたう(ござ)います。163(てき)なきに軍隊(ぐんたい)(うご)かし、164(あるひ)(ちひ)さき欲望(よくばう)(ため)165一人(ひとり)暴虐者(ぼうぎやくしや)(ため)従僕(じゆうぼく)となつて、166豺狼(さいらう)(ひと)しき(たたかひ)(したが)ふは、167人間(にんげん)として(これ)以上(いじやう)悲惨事(ひさんじ)はありますまい。168人生(じんせい)(わづ)三百年(さんびやくねん)169(この)(みじか)生命(せいめい)(うち)に、170不老不死(ふらうふし)なる第二(だいに)霊界(れいかい)()ける生涯(しやうがい)(ため)に、171遺憾(ゐかん)なき準備(じゆんび)をしておかねば、172人間(にんげん)として現世(げんせ)(うま)(きた)りし本分(ほんぶん)永遠(ゑいゑん)保持(ほぢ)する(こと)出来(でき)ますまい。173(ひと)遷善改過(せんぜんかいくわ)神性(しんしやう)惟神的(かむながらてき)に、174(かみ)より賦与(ふよ)されて()りますから、175(いま)(この)(とき)(おい)懺悔(ざんげ)生活(せいくわつ)()り、176(かみ)御子(みこ)たる本分(ほんぶん)発揮(はつき)されむ(こと)希望(きばう)(いた)します』
177鬼春(おにはる)『ハイ有難(ありがた)(ござ)います。178今日(こんにち)となつて吾々(われわれ)(はじ)めて天地開明(てんちかいめい)気分(きぶん)になりました。179(たふと)有難(ありがた)(かみ)慈光(じくわう)()らされて、180(いま)(まで)()(きた)りし暴虐無道(ばうぎやくぶだう)行動(かうどう)が、181(にはか)(おそ)ろしくなり、182(ひろ)天地(てんち)()()(どころ)なき(くるし)みに(もだ)えて()ります。183一日(いちじつ)(はや)()(あらた)め、184(まこと)(みち)立帰(たちかへ)りたう(ござ)ります。185何分(なにぶん)(よろ)しく御指導(ごしだう)御願(おねがひ)(いた)します』
186久米(くめ)治国別(はるくにわけ)神司様(かむつかささま)(はじ)め、187御一同様(ごいちどうさま)(つつし)んで、188鬼春別(おにはるわけ)将軍(しやうぐん)同様(どうやう)に、189(わが)()御指導(ごしだう)(くだ)さらむ(こと)懇願(こんぐわん)(いた)します。190(じつ)只今(ただいま)拙者(せつしや)(こころ)(やみ)(はな)れて(あさひ)(むか)つた(やう)気分(きぶん)になりました。191そして神様(かみさま)神力(しんりき)()たれて、192()()(どころ)もなき(ほど)(はづか)しく(くる)しくなつてきました。193何卒(なにとぞ)三五(あななひ)(たふと)(をしへ)御指導(ごしだう)あらむ(こと)を、194(つつし)んでお(ねがひ)(いた)します』
195万公(まんこう)『モシ先生(せんせい)196眉毛(まゆげ)(つば)をつけてお()きなさいませや、197第二(だいに)高姫(たかひめ)かも()れませぬぞや。198……(こは)(くる)しさの改心(かいしん)(なん)にもならぬぞよ。199(こころ)から発根(ほつこん)改心(かいしん)でなければ、200すぐに(あと)(もど)るから、201何程(なにほど)うまい(こと)(まを)しても、202メツタに()るではないぞよ……とお筆先(ふでさき)()()りますぞや。203万公(まんこう)一寸(ちよつと)御注意(ごちゆうい)(いた)します』
204竜公(たつこう)『コリヤ万公(まんこう)205(まへ)(わか)(こと)ぢやない。206(だま)つて(ひか)えて()なさい』
207万公(まんこう)『ヘン、208偉相(えらさう)仰有(おつしや)いますなア。209(ゆめ)(うち)第一天国(だいいちてんごく)探険(たんけん)したと(おも)うて、210さう威張(ゐば)るものぢやありませぬぞや』
211治国(はるくに)『ゼネラル(さま)212(しか)らば(これ)より四人(よにん)男女(だんぢよ)(すこ)(ばか)負傷(ふしやう)して()りますれば、213()(かく)玉木村(たまきむら)のテームス(やかた)(まで)(おく)らねばなりますまい、214貴方(あなた)一緒(いつしよ)(まゐ)りませう』
215鬼春(おにはる)『ハイ、216是非(ぜひ)(とも)をさして(いただ)きませう。217()いては四人(よにん)負傷(ふしやう)さしましたのも、218(まつた)吾々(われわれ)(ござ)いますから、219(この)山阪(やまさか)()()(まを)して(おく)らして(もら)ひませう』
220治国(はるくに)左様(さやう)(こと)をなさらいでも、221貴方(あなた)家来(けらい)沢山(たくさん)あるでせう』
222鬼春(おにはる)『イエイエ何程(なにほど)家来(けらい)があつても、223家来(けらい)()つた(こと)ではありませぬ。224(また)今日(こんにち)(ただ)(いま)改心(かいしん)(いた)しました(うへ)は、225一人(いちにん)家来(けらい)()ちませぬ。226何卒(どうぞ)罪亡(つみほろ)ぼしに、227道晴別(みちはるわけ)(さま)(うま)となつて()()せ、228(おく)(とど)けさして(もら)ひませう。229(これ)がせめてもの拙者(せつしや)罪亡(つみほろ)ぼし、230()げてお(ゆる)しを(ねが)ひます』
231治国(はるくに)(しか)らばお(のぞ)みに(まか)しませう』
232久米(くめ)拙者(せつしや)はシーナさまを()()ひ、233(とも)(いた)しませう』
234万公(まんこう)拙者(せつしや)はスガールさまを()()うてお(おく)(いた)しませう』
235久米(くめ)『ヤ、236滅相(めつさう)な、237スガールさまはエミシに()はせませう』
238鬼春(おにはる)『オイ、239スパール、240(まへ)責任(せきにん)がないとは()へぬ。241何卒(どうぞ)スミエルさまを()()うてお(おく)(まを)すやうにしてくれ』
242万公(まんこう)『モシ先生(せんせい)243何程(なにほど)改心(かいしん)したと()つても、244こんな半獣的(はんじうてき)豪傑(がうけつ)(をんな)(わた)すのは剣呑(けんのん)です。245一人(ひとり)()()ひ、246一人(ひとり)拙者(せつしや)()()いて、247(おく)りますから、248婦人部(ふじんぶ)(この)万公(まんこう)御委任(ごゐにん)(ねが)ひます。249油断(ゆだん)のならぬ(をとこ)(ばか)りですからなア』
250治国(はるくに)『アハハハ、251万公(まんこう)なら、252(なほ)剣呑(けんのん)だ。253()(かく)鬼春別(おにはるわけ)(さま)御意見(ごいけん)(まか)(こと)にする』
254万公(まんこう)『ヘーエ、255さうですかなア、256……コレ松彦(まつひこ)さま、257貴方(あなた)()(かんが)へますか、258どうもマ(ひと)(この)万公(まんこう)油断(ゆだん)がならないやうな()がしますがなア』
259松彦(まつひこ)『さうだ、260万公(まんこう)(くらゐ)油断(ゆだん)のならぬ(をとこ)はないだらう、261アハハハ』
262 鬼春別(おにはるわけ)はシヤム、263マルタのカーネルを()んで自分(じぶん)(いよいよ)前非(ぜんぴ)後悔(こうくわい)し、264三五教(あななひけう)帰順(きじゆん)し、265普通(ふつう)信者(しんじや)となつて、266(かみ)(ため)()(ため)相当(さうたう)(はたら)きをなし、267()(かく)るる(こと)()げ、268軍隊(ぐんたい)一般(いつぱん)(むか)つて(その)(よし)伝達(でんたつ)せしめ、269()(いづ)れも本国(ほんごく)(かへ)つて、270正道(せいだう)につき(おのおの)(その)家業(かげふ)(はげ)むべき(こと)伝達(でんたつ)せしめた。271三千(さんぜん)軍隊(ぐんたい)(あん)相違(さうゐ)命令(めいれい)(あき)()て、272(よろこ)んで(かへ)るものもあり、273(また)ブツブツ小言(こごと)()つて自由自在(じいうじざい)本国(ほんごく)へは(かへ)らず、274(おも)(おも)ひの事業(じげふ)(かんが)へ、275()振方(ふりかた)(さだ)むるもあり、276種々雑多(しゆじゆざつた)方向(はうかう)(むか)つて(わか)()(こと)となつた。277されど(もと)より烏合(うがふ)(しう)のみなれば残党(ざんたう)(あつ)めて、278(いま)一戦(ひといくさ)(おこ)し、279バラモンの教主(けうしゆ)大黒主(おほくろぬし)(ため)一肌(ひとはだ)()がむとする勇者(ゆうしや)()なかつたのは、280天下(てんか)(ため)(さいはひ)である。
281 治国別(はるくにわけ)()第一(だいいち)岩窟(がんくつ)()で、282数多(あまた)軍人(ぐんじん)(かく)解散(かいさん)(めい)()けて、283一言(ひとこと)(つぶや)かず抵抗(ていかう)もせず素直(すなほ)(かへ)()くを()て、284(まつた)大神(おほかみ)御神力(ごしんりき)と、285大地(だいち)静座(せいざ)し、286三五教(あななひけう)(まも)(たま)大神(おほかみ)(はじ)め、287バラモン(しん)(および)盤古神王(ばんこしんわう)(あつ)守護(しゆご)感謝(かんしや)し、288(いよいよ)猪倉山(ゐのくらやま)一行(いつかう)十二人(じふににん)(くだ)()く。
289大正一二・二・二六 旧一・一一 於竜宮館 松村真澄録)